PandoraPartyProject

ギルドスレッド

スレッドの一部のみを抽出して表示しています。

Wiegenlied

【5】Gesang

【シリトヴの森】

レガド・イルシオン郊外。
東のそらが白みはじめ、鴉、次いで小鳥が歌い出す頃。
木々が、草花が、白露を帯びている。

白銀の枝葉を揺らす風に乗せて。
微かな歌声が、静寂の森に満ちていた。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

1:1RP。
アイラとわたしの、或る日の一幕。
…………、

(変じゃない、と。告げられたことのはに。
 困ったように眉下げて。それから、くしゃりと破顔した)

ありがとう。
わたし、特異運命座標に選ばれる前は、人間種のひとしかまわりにいなかったの。
だからかな。植物や動物と話せるのはおかしいことだって、みんなにこわがられてしまったの。

わたしも……生まれ持ったものを受け入れて貰えなかったことが、かなしかった。
でも……、みんなはきっと、”しらないもの”、”理解できないもの”が、こわかっただけだとおもうの。

(だから。過去を憂いはすれども、恨めしいと思ったことは無いのだと添えて)

ふふ、アイラってば。
あんまりたくさんほめたら、てれちゃう。

アイラのそばには、いっしょにわらってくれるひとがいるんだね。
それだけで、ひとはつよくなれるんだって聞いたことがあるの。
……いつか。このせかいのどこかで、また会えるといいね。

(あなたに、さちあれ。僅かだけれど、この祈りが彼女のちからになりますようにと)

…………わ、……わたしたち、も。……おともだちに、なれる……かな……?

(消え入りそうな声で。顔を上げた娘は、恐る恐る青いひとみを見つめ)

キャラクターを選択してください。


PAGETOPPAGEBOTTOM