PandoraPartyProject

ギルドスレッド

スレッドの一部のみを抽出して表示しています。

Wiegenlied

【5】Gesang

【シリトヴの森】

レガド・イルシオン郊外。
東のそらが白みはじめ、鴉、次いで小鳥が歌い出す頃。
木々が、草花が、白露を帯びている。

白銀の枝葉を揺らす風に乗せて。
微かな歌声が、静寂の森に満ちていた。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

1:1RP。
アイラとわたしの、或る日の一幕。
わたしはそうおもうの。
こおりは、たべものを腐らせないまま、春まで守ってくれる。
雪は。せかいをましろに染めて、ふたたび色付くための準備をしてくれる。

(だから。戦闘では苛烈な一面を際立たせるかもしれない。けれど、
 そうでない場所であるならば。
 やさしいちからの使い方だって、きっとある筈だと告げて)

しろと、ゆきと、ちょうちょ。
アイラのまほうはきれい。とっても。

(澄んだ冬の空気を纏った、清廉とした。
 だから、どうか俯かないでと。出来得る限りやわらかい声音で)

それにね……、……ふふふ。
さむい、さむい冬の日に。
あたたかいシチューをたべて、香草湯に肩まで浸かって。
おひさまをいっぱい浴びた毛布に包まるとね……。
”ふゆのにおい”で満たされて、いつのまにか眠ってしまうの。
そうするとね、やさしいゆめがみれるんだよ。

(枕元に、秋の間に作ったポプリを添えたら、尚のこと!
 しってた?なんて、ひそやかに)

キャラクターを選択してください。


PAGETOPPAGEBOTTOM