PandoraPartyProject

ギルドスレッド

スレッドの一部のみを抽出して表示しています。

Wiegenlied

【5】Gesang

【シリトヴの森】

レガド・イルシオン郊外。
東のそらが白みはじめ、鴉、次いで小鳥が歌い出す頃。
木々が、草花が、白露を帯びている。

白銀の枝葉を揺らす風に乗せて。
微かな歌声が、静寂の森に満ちていた。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

1:1RP。
アイラとわたしの、或る日の一幕。
うれしい。
このかんむり、たからものにするね。

(おんなのすがたで居るようになってから、短く無い時間を過ごした。
 うつくしいものを、そうだと。素直に受け止め共感すること。嗚呼、何と幸福なことなのだろう!)

……じゃあ、……アイラにも。
おはな、おそろい。

(ぽつりと零した音。足元に咲く瑠璃色の花を、そうっと)
(叶うなら、彼女の髪に触れるか触れないかのところで、髪を飾るように挿し込もうと)

キャラクターを選択してください。


PAGETOPPAGEBOTTOM