PandoraPartyProject

ギルドスレッド

スレッドの一部のみを抽出して表示しています。

Wiegenlied

【5】Gesang

【シリトヴの森】

レガド・イルシオン郊外。
東のそらが白みはじめ、鴉、次いで小鳥が歌い出す頃。
木々が、草花が、白露を帯びている。

白銀の枝葉を揺らす風に乗せて。
微かな歌声が、静寂の森に満ちていた。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

1:1RP。
アイラとわたしの、或る日の一幕。
(かわいい、だなんて!)

…………えへへ。うれしいな。

(咄嗟に否定をのぼらせかけたけれど。それが失礼なことだと、学んできた
 言われたままを受け取ること。それもきっと、”おともだち”にはヒツヨウなこと!)

――――、

(彼女から齎された声なき声。こころのおとに、ぱちりと目を瞬かせた。
 ああ、これは、
 身に覚えのある”揺らぎ”。けれど、少女から視線を逸らす事はなく)

どうしてわるいこなの?
だれにだってにがてなことはあるもの。なんにもおかしくないよ。

(それに、)

奪うばかりが冬のすべてじゃない。
それを、わたしは知っているよ。

(いのちを留める氷。いのちを包み込む雪。触れればとてもつめたいけれど。
 それがとてもうつくしいものであることを、知っているのだと告げて)

わたしも。……わたしも、自分のちからのことを、長い間受け入れられなかったの。
みんなはずっとわたしのそばにいてくれたのに……。
ふふ、だからね。……アイラのきもち、ちょっぴりだけわかるの。

キャラクターを選択してください。


PAGETOPPAGEBOTTOM