PandoraPartyProject

ギルドスレッド

スレッドの一部のみを抽出して表示しています。

Wiegenlied

【5】Gesang

【シリトヴの森】

レガド・イルシオン郊外。
東のそらが白みはじめ、鴉、次いで小鳥が歌い出す頃。
木々が、草花が、白露を帯びている。

白銀の枝葉を揺らす風に乗せて。
微かな歌声が、静寂の森に満ちていた。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

1:1RP。
アイラとわたしの、或る日の一幕。
すごいでしょう、いろんな食べ方を教えて貰ったの。
アイラは、ふだんはローレットに?

(自分は幻想の町外れに住んでいるから。
 もしもあなたが遠くの住まいなら、待ち合わせ場所を決めようと頷き)

冬は、眠りの季節だから。
いのちを育み、芽吹きのときをじっと待っている。
……だからかな。雪の葉の下に花を抱いて、いきものが訪れることを待っている。

(木々の声に耳を傾ける。彼らから、負の感情は流れてこなかった)

ふふ、みんな『うれしい』って。

(精霊たちを怖がらない彼女になら。彼らの声も、きっと、)

そうなの。……ヒトときちんとことばを交わせるようになったのは、大規模召喚の日を経てから。
それまではずうっとひとりでいたから、どうやって話したらいいのかわからなくって。

(今も練習中なのだと、眉下げ微笑み)

アイラは、混沌のそとからきたの?
それじゃあ、不安なことがたくさんあったでしょう。

(見慣れぬヒト。見慣れぬ景色。見慣れぬ風習、何もかもが。
 不便はないか、心細くはないかと首を傾いで)

キャラクターを選択してください。


PAGETOPPAGEBOTTOM