PandoraPartyProject

ギルドスレッド

スレッドの一部のみを抽出して表示しています。

Wiegenlied

【5】Gesang

【シリトヴの森】

レガド・イルシオン郊外。
東のそらが白みはじめ、鴉、次いで小鳥が歌い出す頃。
木々が、草花が、白露を帯びている。

白銀の枝葉を揺らす風に乗せて。
微かな歌声が、静寂の森に満ちていた。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

1:1RP。
アイラとわたしの、或る日の一幕。
うん、うん。もちろん。
あのね……、おはなのジャム、パンに塗るだけじゃないの。
お湯で溶くとね、はなびらが浮かぶお茶にもなっちゃうんだよ。

(楽しみ方は色々。甘酸っぱい風味と、仄かな花弁の食感を楽しむのだそうな。
 果物のジャムとはまた違う、華やかな香りを閉じ込めた。
 彼女の驚く顔が見たくて。わたしもたのしみ、なんて目を細めた)

一年中、冬のいろを閉じ込めたふしぎな森。
わたしも、この森がすき。
すこしつめたい朝の空気を、胸にいっぱい吸い込むと……すうっと、からだが軽くなる気がするの。

(息をすること。当たり前のこと。
 けれど、嘗てはそれさえ”上手に”出来なかった。
 だからだろうか。澄み切った空気を臓腑に満たすと、
 生きている実感がするのだ……と迄は、流石に口にしなかったけれど)

あんまり、ヒトとおしゃべりすることがなかったの。
でも……ふふ、勇気を出してよかった。
こうしてアイラと、おなじすきなものを分かち合えたんだもの。

(不安げに此方を伺う声に、ふるりとかぶりを振ってみせ)

もっとたくさん。たくさん、ききたいな。
あなたのこと。あなたのおはなし。

キャラクターを選択してください。


PAGETOPPAGEBOTTOM