PandoraPartyProject

ギルドスレッド

スレッドの一部のみを抽出して表示しています。

Wiegenlied

【5】Gesang

【シリトヴの森】

レガド・イルシオン郊外。
東のそらが白みはじめ、鴉、次いで小鳥が歌い出す頃。
木々が、草花が、白露を帯びている。

白銀の枝葉を揺らす風に乗せて。
微かな歌声が、静寂の森に満ちていた。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

1:1RP。
アイラとわたしの、或る日の一幕。
(少女のゆびさきが、魔法を手繰るように器用に花を編んでいく。
 何時か見た機織りとはまた違う。みどりを編む。その所作に見惚れて、ほう、と感嘆の息漏らし)

アイラ、すごい。じょうず。
……で、でも、わたし、へんじゃないかな?

(なんて。気恥ずかしさを滲ませて、ちょっぴりの不安を零したけれど。
 彼女が頭を、と促してくれたなら、娘は恐る恐るこうべを垂れる事だろう)

もちろん。
アイラは……じゃあ、じゃあ。ちょうちょのおひめさま。

(以前彼女が自分に届けてくれた言の葉。その、奇跡のひとかけら。
 あのうつくしいひかりの蝶は、姫君の象徴にふさわしいのではないかと。
 少々興奮気味に身を乗り出し乍ら。あなたのまほうは、とてもきれいだと告げて)

……あなたはきっと、みんなをこわがらないから。

(だから。”みんな”も、ここにいてもいいかな。
 なんて、内緒話のように囁いた)

花にも、風にも、水にも……ぜんぶ、ぜんぶいのちが宿っていて。
わたしはみんなのちからを借りて、魔法をもたらすの。

キャラクターを選択してください。


PAGETOPPAGEBOTTOM