PandoraPartyProject

ギルドスレッド

スレッドの一部のみを抽出して表示しています。

Wiegenlied

【5】Gesang

【シリトヴの森】

レガド・イルシオン郊外。
東のそらが白みはじめ、鴉、次いで小鳥が歌い出す頃。
木々が、草花が、白露を帯びている。

白銀の枝葉を揺らす風に乗せて。
微かな歌声が、静寂の森に満ちていた。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

1:1RP。
アイラとわたしの、或る日の一幕。
…………うん!

(手伝いを、と。少女からの申し出に、眉下げたへたくそな笑顔で頷いて)
(『それじゃあ、さよなら』と。そそくさと逃げ帰ってしまわない勇気)
(歩み寄りたい、胸の奥から沸き立つ想いを無視せずに。きちんと、彼女と向き合って)

そのままだと枯れて、土に還って、めぐりゆくいのちだけれど……。
こうして森からいのちをもらって、くらしの”さいわい”をおすそ分けしてもらうの。
ジャムができたら。アイラにもあげたいな。

(春と秋にしか採れない味覚のひとつ)
(もしも彼女がそれを知らないなら、この彩を知ってもらえたらうれしいと添え)

……ほんとう?
それって、…………とっても。とっても、すてき。

(同じ森を愛し、慈しんで。草花に触れ、森の廻りとひとつになること)
(それを共有出来るだなんて。それって、なんだか。”とくべつ”!)

わ、わたしね。
あんまり……、……その、じぶんのすきなことを、しゃべったりすることが、なくて。
だから……ふふふ、アイラが、なんでもないことみたいに頷いてくれるから。

(うれしくて、と。熱持つ頬を両のてのひらで押さえ)

キャラクターを選択してください。


PAGETOPPAGEBOTTOM