PandoraPartyProject

ギルドスレッド

スレッドの一部のみを抽出して表示しています。

Wiegenlied

【5】Gesang

【シリトヴの森】

レガド・イルシオン郊外。
東のそらが白みはじめ、鴉、次いで小鳥が歌い出す頃。
木々が、草花が、白露を帯びている。

白銀の枝葉を揺らす風に乗せて。
微かな歌声が、静寂の森に満ちていた。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

1:1RP。
アイラとわたしの、或る日の一幕。
うん。
森の中は歩きづらいところもあるし、おなかをすかせた動物がいることもあるから。

(彼らが森に親しく、慣れている事は十分承知だけれど)
(年老い、思うように体が動かせなくなった今では、思わぬ怪我をしてしまうかもしれないからと添え)

朝摘みのおはなをつかったジャムはね、とってもいいかおりがするの。
おはなによって味はちがうのだけれど……、ほら、そこのうすべにいろのおはな。
そのこは、甘酸っぱくていろのきれいなジャムになるんだよ。

(花の部分だけを捻るようにすれば、きれいに摘み取ることが出来る)
(やってみる?と、まだすこし余裕がありそうな籠を示し乍ら)

ふふ、そっか。
アイラにとっても、シリトヴの森が”すきなもの”のひとつになってくれていたなら、うれしいな。

(草花を慈しむ様子を見れば、彼女が自然に親しいものである事を知る)
(彼女の”当たり前”が嬉しくて。あかく染まった耳の先を跳ねさせ)

わ……わたしも。わたしも!
も、もり、とか。おはなが、すきなの。

(おともだち、をつくるには)
(すきなものをしること!と。精一杯の勇気を振り絞って同意を返した)

(喋る事が不得意なのは。どうやら娘も同じのようだった)

キャラクターを選択してください。


PAGETOPPAGEBOTTOM