PandoraPartyProject

ギルドスレッド

スレッドの一部のみを抽出して表示しています。

Wiegenlied

【5】Gesang

【シリトヴの森】

レガド・イルシオン郊外。
東のそらが白みはじめ、鴉、次いで小鳥が歌い出す頃。
木々が、草花が、白露を帯びている。

白銀の枝葉を揺らす風に乗せて。
微かな歌声が、静寂の森に満ちていた。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

1:1RP。
アイラとわたしの、或る日の一幕。
(お互い一拍ずれた『おはよう』が、なんだかおかしい)
(くすくす、ふふふ!)
(挨拶を交わし合うことが擽ったくて。ぎこちない、けれど確かな微笑み湛えて)

…………お、おひめ、さま?

(少女の賞賛、感嘆に。じわりじわりと頬染めて)
(ちょっぴり背伸びしすぎているかしらと視線を泳がせ)

わ、わたしも、まだ、じょうずじゃないの。
おひめさまはきっと、もっと……!

(もっと淑やかで。もっともっと、可憐で、うつくしくて――)
(口をついて出そうになった否定のことばを、嗚呼、けれど口にしたくはなくて)
(彼女が心から齎してくれたことのはを、否で塗り潰したくはなかった、から)

……えへへ。
じゃあ、……じゃあ、わたしは。
きょうだけ、精霊さんのおひめさま。

(こうやるんだよ、なんて。いっぱいの照れを滲ませ乍ら)
(それでも、羨望の眼差しを向けてくれた少女へ、足の折り方示して見せて)

キャラクターを選択してください。


PAGETOPPAGEBOTTOM