PandoraPartyProject

ギルドスレッド

スレッドの一部のみを抽出して表示しています。

Wiegenlied

【5】Gesang

【シリトヴの森】

レガド・イルシオン郊外。
東のそらが白みはじめ、鴉、次いで小鳥が歌い出す頃。
木々が、草花が、白露を帯びている。

白銀の枝葉を揺らす風に乗せて。
微かな歌声が、静寂の森に満ちていた。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

1:1RP。
アイラとわたしの、或る日の一幕。
(名を呼ばれること。自分の名を呼ばれることに、まだ)
(一瞬反応に遅れたけれど、きちんと彼女の名を呼ぶ事が出来た)

あっ。……い、いまは。おはようございます、だね。

(ひととあいさつを交わす事。練習をしているつもりではあるのだけれど、まだまだ不慣れだ)
(それでも。彼女が嬉しそうに笑ってくれるから、きっと”だいしっぱい”には至っていないのだろう)
(安堵の息を吐き、駆け寄る少女をぎこちないカーテシーで迎え)

こ、このあいさつ、ね。おともだちに、おしえてもらったの。

(上手にできているかな、なんてはにかみ乍ら)

キャラクターを選択してください。


PAGETOPPAGEBOTTOM