PandoraPartyProject

ギルドスレッド

スレッドの一部のみを抽出して表示しています。

Wiegenlied

【5】Gesang

【シリトヴの森】

レガド・イルシオン郊外。
東のそらが白みはじめ、鴉、次いで小鳥が歌い出す頃。
木々が、草花が、白露を帯びている。

白銀の枝葉を揺らす風に乗せて。
微かな歌声が、静寂の森に満ちていた。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

1:1RP。
アイラとわたしの、或る日の一幕。
(薔薇のしずく、雨のいろ、風の歌声)
(あまい、あまいチョコレート、ぴかぴかの靴)
(お気に入り、お気に入り、たくさん、わたしのお気に入り)

(どこかで聞いたうた。旅芸人が紡いでいたそれを、自分のものになぞらえて)
(籠に満たす。あか、しろ、きいろ。花をたくさん、いろを、たくさん)

…………わあ!

(ふと。かさりと草を踏みしめる音に。か細い問いかけに)
(すっかり油断していたのだろう、素っ頓狂な声を上げて)

キャラクターを選択してください。


PAGETOPPAGEBOTTOM