PandoraPartyProject

ギルドスレッド

Wiegenlied

【5】Gesang

【シリトヴの森】

レガド・イルシオン郊外。
東のそらが白みはじめ、鴉、次いで小鳥が歌い出す頃。
木々が、草花が、白露を帯びている。

白銀の枝葉を揺らす風に乗せて。
微かな歌声が、静寂の森に満ちていた。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆

1:1RP。
アイラとわたしの、或る日の一幕。
(或る日の夜明け。娘は再び、白銀の森を訪れていた)
(木々の切れ間、花咲き綻ぶその場所で)

――――、

(『くすくす』『うふふ』『あはは!』)
(おんなの歌声。それから、幾つかの幼子のような笑い声)

(音を頼りに花畑に足を踏み入れるものが居たならば)
(すがたを”うつつ”に表した精霊たちに囲まれた娘が、花を手折っている様子を窺うことができるだろう)

(声をかけられたなら。或いは、物音を立てたなら)
(娘は尖った耳を跳ねさせて、恐る恐る音のする方へと振り向く筈で)
(きらきら、きらきら)
(この森は煌めいていた。あの日と同じように)
(だから。だから、再び此処に来たのは、偶然ではなく――)

――声。誰かの…声が、する。
こんな森の奥で……誰、だろう。

(声を辿るように視線を向ければ、そこは花畑。満開の、美しいその場所)
(心配の気持ちと、それから好奇心半分を胸に秘め)
(一歩。木陰から踏み出して、そこにいるであろうヒトに声をかけようとした)

……あの、えっと。
ここは、あなたの森、ですか…?

(少し上擦った声で、問いかけた)

キャラクターを選択してください。


PAGETOPPAGEBOTTOM