PandoraPartyProject

ギルドスレッド

遥か夏のカプリチオ

【入団報告】右も左も分からないなら正面だけ見ればいい

「というわけで、永遠に続く廊下を作ってみたんだけど、どうかな?」
「どうかなと言われても」

 柊木 涼花、という。漫画であれば『どこにでも居るような』なんて形容詞を付けられるような、要するに見目の整った少女である。
 涼花には記憶がない。ということはもちろん行く宛もない。そんな中で見つけたとあるギルド。社交の挨拶として、ありきたりに言葉を言ったのだ。

「右も左もわからないようなものですが」と。

 そしたらなんかギルドオーナーを名乗る謎の生き物が上記のようなことを言い出した。ふざけたやつである。

「それで」
「うん」
「出たいんですが」
「うん、無理」
「……無理?」
「そう、永遠に続く廊下だから」

 涼花は可愛そうなものを見る目をする。空想と現実の区別がつかなくなったものを見る目だ。だがしかし、現実として彼女が今立っているところを見回してみれば、終点が見えないほどに長く続く廊下があるだけだ。
 廊下であれば、途中に扉があっても良さそうなものだが、そのようなものは一切目に入らない。

「右と左にはなにもないよ、右も左も分からないから」
「言葉の綾って言葉を知らない人ですか?」

 知らない人だったかもしれない。だがしかし、ここは知らない人にはついていってはいけないという禁を破った己の迂闊を呪ってほしい。

「で」
「……なに?」
「どうやって出るんですか、ここから」
「あぁ、それはね」

 愚かな生き物はそこでとても絵になるほほ笑みを浮かべた。

「前だけを見て歩くことをやめなければ、いつか行く先が見つかるんだよ」
「良いこと言った風になるのやめてくれません?」

 結局、壁を蹴破って脱出したそうな。









というわけで今回の入団者。
柊木 涼花さんでーす。

ミュージシャンですよミュージシャン。
しかもかわいいミュージシャン。
これは売れるでぇ。放課後のお茶会でミリオン取れちゃうね。
何も知らないけど。

そんな感じっす。
では、以後よろしく。

→詳細検索
キーワード
キャラクターID
上記内容は概ねフィクションだと思われます。
はい、そんなこんなで足首を犠牲に壁を蹴破りました。
ご紹介にあずかりました柊木涼花です! これからよろしくお願いします!
何かが壊れる音がしたけど今度は何やらかしたのですよーー!?
あと向こうの無限に続いてそうな廊下は何でしてーー!?
あっ!……えっと、新人さんですよ?
ルシアでして!よろしくお願いするのですよ!
一昨日の工事これの所為だったのか
まぁいい、邪神もどきのマカライトだ。ここはこういうことがよく起きるから体調は万全にしておけ
私が毎度なにかやらかすみたいな言い方はやめてもらおうか
>ルシアさん、マカライトさん
新人です、よろしくお願いします! これ日常茶飯事なんですね……覚悟はしました……(遠い目)

>やらかし
クワガタが増殖……? うん……?(宇宙猫)
なんでまた手に負えない方向に向かおうとするんだねオーナー
クワガタも生き物だからね、ほっとくと増えるよ、それは
エクスマリア=カリブルヌス、だ。

クワガタは、高く売れるとも、聞くぞ。
その刺激が癖になるんだよ。
あのクワガタ変な変異してるから買い取れないってさ
また工事するとか聞いてねーっすよー!?クワガタも何か知らんっすけど、やめておいてっすよ!
あ、私はリサ・ディーラングっす!柊木さんはよろしくっすねー!
>エクスマリアさん、リサさん
よろしくお願いします!

>クワガタ
買い取れないほど妙な変異……? とても気になりますけど、皆さんの反応からしてろくなことにならない気がしますね……うん、ワタシハナニモキイテイマセン(目を逸らしながら)
えー、なんだよー、深く聞いてこないのかよー(面倒くささを発揮する)
一定行動で倍々になるスライムを配合したクワガタだよ。
同じ特性受け継いでて増える上に凶暴な奴だった
倍に……増える……? 凶暴……? それクワガタの形をした別のナニカでは……? もしかしてわたし、とんでもないところに来てしまいました……? いえ、まぁ廊下の件で察してはいましたけれど
だいじょうぶ、かぷりちお、こわくない。みんな、ともだち
かぷりちお、みんな、ともだち。すずかおぼえました(ぐるぐる目)
じゃあそろそろ一人死んでもらおうか(銃の撃鉄を起こす)
友達のためなら命すら懸けられる美しい感じのアレだよ

キャラクターを選択してください。


PAGETOPPAGEBOTTOM