PandoraPartyProject

シナリオ詳細

怒れるギャングとリゾートの闇

完了

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

●誰がために金は動く
 ラサの商人、豊穣や海洋などのツアー客、鉄帝からの貿易船と技術協力チーム。あらゆる人々が、ひと時の安らぎと欲望を求め、こぞって訪れるリゾート地。それは複数の島々で構成され、一大リゾートへと発展した『シレンツィオ・リゾート』である。

 かつてイレギュラーズが冠位魔種や竜種との激闘を繰り広げたフェデリア諸島やその周辺は、観光拠点として大いに栄えていた。
 島の南側、ダガヌ海域に面する行政地区――一番街(プリモ・フェデリア)には、ローレット・フェデリア支部も設営されている。フェデリア支部にはワープポイントが存在し、空中神殿を経由していつでも島にワープすることが可能だ。

 人々が集う場所には、何かとトラブルがある。すなわち、ローレットに依頼が舞い込む。富裕層にも人気のリゾート地となれば、金払いのいい客からの依頼も来るに違いない。すなわち、多くの金が動く匂いがする――。
 金欲に忠実なこの情報屋――『強欲情報屋』マギト・カーマイン(p3n000209) がフェデリア支部に顔を出さない訳がなかった。

「ここは、どんな依頼も引き受けてくれるのか?!」

 ローレット・フェデリア支部の受付に、複数の男たちが駆け込んできた。
 見た目からして鉄騎種であり、おおよそ堅気らしくない威圧感を放つ風貌。最初に懇願してきた男の1人は、何やら顔に殴られたような青あざを作っている。
 いわゆるギャング的な裏社会オーラを漂わせる5人組だが、マギトは誠意を以て対応する。

「もちろんです、困っている(金払いのいい)お客を助けるのがうちの商売ですよ」

 マギトの表向きの営業スマイルと言葉を信じ、男はローレットに訪れた事情を語り始めた。
「ニュー・キャピテーヌストリートで、人探しを手伝ってほしい――」

●物理的に首を飛ばされたくない依頼人
 一見華やかな南国情緒あふれる観光地ではあるが、影の部分があるのも事実。観光客を狙ったスリが横行していることが、度々問題にあがる。そのスリの大半が、島のスラムに住むような貧困者たちである。

 今回の依頼者も、スリによる被害を受けてローレットに駆け込んできたのだが──。
「依頼者の首が物理的に飛ばされないためにも、皆さんにはネックレスを盗んだスリ探しに協力してもらいます」

 ローレット支部に招集されたイレギュラーズは、マギトから依頼の概要を説明される。
 とあるギャングのボスが、シレンツィオ・リゾートに滞在していた。そのボスは依頼人の上司であり、部下である依頼人は、ボスとその妻を警護するために共に島に訪れていた。

 依頼人のボスは注文していた商品を受け取るため、ニュー・キャピテーヌストリートの宝石店に立ち寄った。ボスは愛妻家で、妻へのサプライズプレゼントを用意していたというのだ。オーダーメイドのネックレスを受け取り、店を出た後に事件は起きた――。

「いかにもな高級宝石店の紙袋を下げていたボス殿は、気づかない間にまんまとネックレスをすられてしまったようで――」
 そう言って肩をすくめるマギトは、そばで警護していたくせにスリを見逃した依頼人が、ボスの逆上によって散々な目に合った実状を聞かされたという。

「金を継ぎ込んだ一点もののオーダーメイドのネックレスを盗まれたボス殿の怒りは、半端ではないようです。とにかく盗んだ人間を突き止めて連れて来いと無茶な命令をされ、わらにも縋る思いでローレットを頼ったという訳ですな」

 三番街(セレニティームーン)にあるニュー・キャピテーヌストリート――有名ブランド店が軒を連ねる繁華街は、観光地区の1つである。有力な手がかりといえば、その場所で犯行が行われたことくらいではないのか──。他に手がかりはないのか、その疑問にマギトは答える。

「依頼人のクルーデン殿も、そこまでぼーっとしていた訳ではないようです──」

 クルーデンはボスを警護していた際に、同じ模様の入れ墨を彫った2人の人物を見かけていた。
 1人目はトラム(路面電車)に乗車していた時で、若い男の手首に彫られていたのをクルーデンは覚えていた。その入れ墨は、手首に巻きつくイバラを模したデザインだったという。
 クルーデンが同じ入れ墨をまた目撃したのは、杖をついた老人がボスにぶつかりそうになった瞬間だった。老人の手首にも、同じイバラの入れ墨が彫られていたのだ。それは宝石店から退店した後のことだった。

「クルーデン殿はイバラの入れ墨の人物が怪しいとお考えで、今も三番街で他の部下の方と血眼になって探しているはずです」

 マギトは「すぐに向かってもらえますか?」とスリ探しを続ける依頼人の下に向かうよう促した。またマギトは、クルーデンがネックレスを取り戻すためなら手段を選ばないであろうことも示唆した。

「名も知らぬ窃盗犯が運悪くギャングにボコボコにされようがどうでもいい気はしますが……お優しい誰かさんがスリに同情して、ネックレスを返すよう説得してくれれば話は別ですけどねぇ」

GMコメント

●シレンツィオ・リゾートについて
 三番街に関する詳細についてもご参照ください。↓
https://rev1.reversion.jp/page/sirenzio


 こちらのラリーシナリオは2章構成、各章の採用人数は5〜8名程度を予定しています。
 1章目は、ネックレスを盗んだスリの捜索(場合によっては戦闘あり)→2章目は、スリを見つけた後のアクションを決める流れになります。
 各PCが捜索などで得られた情報は、皆で共有できるものとします。ついでに三番街を散策するのもありです。



●情報精度
 このシナリオの情報精度はCです。
 情報精度は低めで、不測の事態が起きる可能性があります。

●1章目の成功条件
 スリを見つけ出す。
●2章目の成功条件
 スリをギャングに引き渡すか、ネックレスを返すよう説得するか、ネックレスを奪い返す。

●捜索場所について
 ニュー・キャピテーヌストリート、三番街(セレニティームーン)の繁華街。キャピテーヌ・ピカデリー(映画館)を中心とした範囲内。
 クルーデン(依頼人)を含めたギャング5人も捜索しています。スリを捕まえるためなら積極的に協力してくれるでしょう。
 土地勘のある相手と、観光客の人混みを避けながらの追跡戦が予想されます。

 個性豊かなイレギュラーズの皆さんの参加をお待ちしています。

  • 怒れるギャングとリゾートの闇完了
  • GM名夏雨
  • 種別ラリー
  • 難易度NORMAL
  • 冒険終了日時2022年09月04日 22時00分
  • 章数2章
  • 総採用数10人
  • 参加費50RC

第1章

第1章 第1節

十夜 縁(p3p000099)
幻蒼海龍

 ──よりにもよってギャングのボスを狙うとは、とんだ命知らずもいたモンだ。
 三番街(セレニティームーン)の繁華街に赴いた『幻蒼海龍』十夜 縁(p3p000099)はピカテーヌ・ピカデリーを背にし、早速その付近の捜索を始めた。
 多くの観光客でにぎわう繁華街。観光客に紛れる怪しい人物がいないか探していた矢先、縁は1人の男に声を掛けられた。
「そこの兄さん。あんた、カジノに興味はあるかい?」
 縁と同年代に見えるその男は、縁に無視されてもしつこく付きまとう。
 縁の横を歩きながら、男はめげずに気さくに語りかける。
「あんたが必ず得する情報を教えてやってもいいぜ? 俺は地元のカジノを知り尽くしてる。必ず勝てる方法を知りたくないかい?」
 縁はあえて立ち止まり、いかにも何か裏がありそうな男の言葉に耳を傾ける。
「……必ず勝てる方法だって?」
 ようやく反応を返した縁に対し、
「ああ、勝率はあんたの心掛け次第だけどな……」
 男は金銭を要求するジェスチャーを見せ、縁の反応を窺う。
 縁は懐から財布を取り出す素振りを見せる。だが、その行動は男の油断を誘うものだった。
「なあ、おい──」
 縁はわずかな間に距離を詰め、男の首に瞬時に腕を回し、そのまま男を建物の影に連れ込んだ。
「俺がそんな馬鹿に見えたのかい?」
 縁は、もがき続ける男の腹部に膝打ちを食らわせると、
「手首に茨の刺青を入れたやつについて、何か知らねぇかい?」

成否

成功


第1章 第2節

 縁の射抜くような鋭い眼光を正面から受け止めた男は、はっとしたような表情を見せた。縁の素性を悟った男は、縁の財布をかすめ取ろうとしていた手を引き戻す。
 入れ墨の男について、知らないとは言わせない縁の雰囲気に気圧され、追い詰められた男は観念したように情報を吐く。
「そ、そいつとよくつるんでる仲間がいる場所は知ってる……。シロタイガー・ビーチに向かう通りの、フィオナズ・キッチンという店でよく見かける――」
 フィオナズ・キッチン――もしも記憶の片隅に三番街のレストランエリアの情報があったなら、大衆向けのレストランであることがまず思い浮かぶだろう。また、絶品のコーヒーとサンドウィッチが売りの店である。


第1章 第3節

レーヴェ・ブランク(p3p010731)

 ──動き出す前に、まずは情報だな。
 レーヴェ・ブランク(p3p010731)は手始めに、パレスティーノ・オークションハウスへと向かった。
 ローレットからの依頼を請け負うかたわら、レーヴェは貿易を生業としていた。そのため商人の知り合いも多く、オークションハウスに出入りしている同業者にも心当たりがあった。
 多くの商人が行き交うオークションハウスのロビーに踏み入ると、案の定レーヴェは声をかけられた。
「おや、奇遇だなレーヴェ──」
 白髪混じりの中年の男──顔見知りのラサの商人とレーヴェは挨拶を交わす。リゾート島の情報にも精通していそうな商人を捕まえて、早速レーヴェはスリに関することを尋ねた。
「──という訳で、ネックレスを盗んだスリを探しているんだ。……最近の手口をどう思う? 何か対策はしてるか?」
 商人はわずかな間考える素振りを見せた後、スリの特徴を言い連ねる。
「観光客のフリをしている奴も多いな。一見無害そうな夫婦や親子を装って、道を尋ねて相手の注意を引いている隙に、仲間が金目のものをかすめ取るのさ」
 更に商人は興味深い見解を示した。
「――人混みで声を掛けられたとしても、無視しちまうに限る。世間一般から見た弱者となれば、油断しやすいだろ? わざわざ老人に変装していてもおかしくはねぇよな」

成否

成功


第1章 第4節

寒櫻院・史之(p3p002233)
若木

 ──犯人像から考えてみよう。
 『若木』寒櫻院・史之(p3p002233)は、依頼人クルーデンの証言から犯人像を導き出す。
 ──変装が得意で、一点物のオーダーメイドをギャングのボスから護衛の目を盗んでとなると、相当手練れのスリ。計画的犯行の可能性もある。
「……俺だったら、逆に人がたくさんいる場所へ逃げ込むかな」
 そう予想した史之は、アクセサリーショップも多いシロタイガー・ビーチ方面のエリアへ向かった。
 ビーチとショッピングエリアが融合した一角、アクセサリーショップの店内に史之はふらりと立ち寄る。
 「あんまり質がいい宝石って、素人目には逆におもちゃに見えるよね」と心中でつぶやきながら、店内に並んだハンドメイドのアクセサリーを眺めていた。そこへ「いらっしゃいませ~」とハイトーンな声を店内に響かせる女性店員がやって来て、「何かお探しですか?」と史之に尋ねた。
 史之は適当に話を合わせる。
「最近、知り合いがネックレスを盗まれてしまって、落ち込んでいて――」
 スリはめずらしいものではないらしく、地元民の店員は同情を寄せる。
「それは御気の毒ですね~。この辺にも質屋はありますけど、盗品かどうか、どうやって判断するんでしょうね~」

成否

成功


第1章 第5節

イサベル・セペダ(p3p007374)
朗らかな狂犬

 ──……ええと。この場合、盗品を返しても、結局殺されるのでは……?
 『朗らかな狂犬』イサベル・セペダ(p3p007374)は、殺気立つクルーデンとその部下たちを横目に心中でつぶやいた。
 ──とりあえず、殺してしまわないようにだけ気を付けましょうか。
 イサベルは捜索に協力するために、クルーデンらについて回る。
 クルーデンらは、シロタイガー・ビーチ周辺のショッピングエリアを中心に捜索を続けていた。イバラの入れ墨の男を見つけ出そうと躍起になるクルーデンらに、イサベルは半歩ほど離れた距離から付き従う。
 見るからに堅気らしくない威圧感を放つクルーデンがいながら、よくも高価な品を盗む気になったものだと、イサベルは改めて呆れるのだった。現にクルーデンを避けるような人混みの流れができており、積極的に関わろうなどと思う恐れ知らずはいないように思われた。
 周囲の気配に抜かりなく注意を向けていたイサベルは、ある者の存在に気づいた。無防備そうに見えたイサベルの上着のポケットに不意に伸ばされた腕は、瞬時に捕えられる。
「そちらから来てくれるとは、ありがたいですねぇ」
 イサベルは財布を盗もうとした男の腕をひねり上げ、その男の悲鳴に気づいたクルーデンらも男に詰め寄った。
 男はあっという間に人目を避けられる建物の間に連れ込まれ、尋問されることになった。
「その入れ墨の男も無謀でしたね、同じギャングを狙うとは……」

成否

成功


第1章 第6節

 クルーデンに胸倉をつかまれて押さえつけられた状態の男は、イサベルの一言を聞いて表情を歪ませながらも口走る。
「あのこそ泥がギャングだって? どうせギャンブルの負けが込んでて焦ってたんだろうよ――」
 滑稽そうに話す男だったが、男を凝視するクルーデンの目付きにはっとして押し黙る。
「ほお……そのこそ泥について、よく知ってるらしいな」
 クルーデンは情報を吐かせようとするが、男は慌てて否定する。
「し、ししし知らねえよ……! 人伝に聞いただけだって!! 知ってるのは名前くらいだ、教えるから勘弁してくれ!!!!」
 男は同じくスリを生業にしている者――イバラの入れ墨の男の名前は、間違いなく『ネルクス』だと明かした。


第1章 第7節

フーガ・リリオ(p3p010595)
雪の花婿

 標的である入れ墨の男――ネルクスがよく出入りしている飲食店の情報を共有した『黄金の旋律』フーガ・リリオ(p3p010595)は、『フィオナズ・キッチン』に向かった。
 フーガは客として店に入り、中央付近にあるカウンター席に座った。カウンターの席はすでに複数の客で埋まっていた。1つ分空いた更に隣りの席では、3人の男が話し込んでいる。
 人並はずれた聴力を駆使するフーガは、カウンター席の3人の男の会話に何気なく聞き耳を立てた。
「――腕はいいが、ネルクスも見境のねえ野郎だ」
「ギャンブルも弱けりゃ、おつむも弱いな」
「俺たちがポーカーでカモにしたときも、バレなかったしなぁ」
 どことなく擦れた雰囲気を感じさせる3人組の男は、ネルクスが盗んだネックレスのことについても言及した。
「あのネックレスも、すぐに足がついちまうんじゃねえか?」
「珍しい宝石だったしな。光の加減でオレンジや紫に変化する――」
 男たちの会話の内容から、ネルクスのことを詳しく知っているに違いないと判断したフーガは、「ちょっといいか?」と声を掛ける。
「ギャンブルがどうとか聞こえたんだが、あんたらここら辺のカジノには詳しいのか?」
 フーガはそれらしい理由を取り繕い、男たちにカジノの場所を尋ねた。男たちは口をそろえて、『スチーム・オブ・ドリームス・カジノ』を薦めた。どうやらネルクスを含めた仲間とよく出入りしていることは確かなようだ。

成否

成功


第1章 第8節

モカ・ビアンキーニ(p3p007999)
Pantera Nera

 『Pantera Nera』モカ・ビアンキーニ(p3p007999)はパレスティーノ・オークションハウスに居た。オークションハウスの一角にある待合室――VIP専用ブースには、モカともう1人の女性の姿があった。
 体の一部分の大きさを自在に変えられるアンドロイドでもあるモカは、凛々しい男装姿で相手との交渉に臨む。
 モカは盗品を売買している者や、その市場について情報を聞き出そうと探りを入れる。裏市場について詳しい女性は、全身から漂う香水の匂いに負けないほどの甘ったるい猫なで声で語る。
「私の知ってる質屋が、その入れ墨の男とよく話してたわ」
「へえ、それでその質屋の店はどこに――」
 間を置かずに尋ねるモカだったが、女性はモカを制して聞き返す。
「私の望む答えをご存知? ビアンキーニさん」
 女性は隣りに座るビアンキーニの脚に自らの脚を絡ませながら、艶めかしい仕草でモカを口説く。
「今度一緒に、お食事しましょう♪」
 明らかに食事以上のことを期待されていることは容易に想像できたが、モカは情報と引き換えに女性の誘いに応じる。
「もちろんですよ、お姫様」
 笑顔を絶やさないモカの一言に、女性は満足そうな反応を示した。



成否

成功


第1章 第9節

 モカはイバラの入れ墨の男と組んでいる質屋の情報を聞き出した。
 シロタイガー・ビーチ方面のエリア──ショッピングエリアの中央付近、路地裏のような奥まった場所に、女性が話していた質屋があるという。入れ墨の男は、盗品をさばくためにその質屋と懇意にしているそうだ。質屋の店主は、『サルトル』という名前の男であることも判明した。


第1章 第10節

レイチェル=ヨハンナ=ベルンシュタイン(p3p000394)
祝呪反魂

 『祝呪反魂』レイチェル=ヨハンナ=ベルンシュタイン(p3p000394)は、今までの捜査で集められた情報を元に、『スチーム・オブ・ドリームス・カジノ』に訪れた。そこにはクルーデンらの姿もあった。
 多くのポーカーテーブルがずらりと並ぶ、カジノの施設内の一角。20数台のテーブルは、すでに多くの客で埋まっていた。
 ポーカーに興じる客の手首にイバラの入れ墨がないか、レイチェルとクルーデンらは協力して各テーブルを見て回る。
 ――この人混みの中からスリを探すのは……砂漠の中で1本の針を探し出す様なモンだ。
 レイチェルはあえて高級感漂うハンドバッグを持ち歩き、高級そうな衣服に身を包んでいた。
 普段の言動とはかけ離れた、どこぞのお嬢様のような風格を漂わせるレイチェル。人の多い観光地という悪条件がそろっていることを考慮し、レイチェルは自身をエサにしてネルクスを誘き寄せようとする。
 しばらくテーブルの間を行き来していたレイチェルは、蒸し暑い気候にも関わらず、長袖の衣服を着た男になんとなく注意を向けた。ゲームを降りたらしい長袖の男は席を立ち、テーブルを離れながら、身につけていた中折れ帽を目深に被り直そうとした。その時、頭に伸ばされた男の右手首に、イバラの入れ墨が垣間見えた。
「ネルクス!」
 声を張り上げて呼び止めるレイチェルに対し、長袖の男は振り返った。

成否

成功


第1章 第11節

 ネルクスの存在に気づいたクルーデンは、鋭いを声をあげた。ネルクスもクルーデンの姿に気づき、瞬時に危機を察知したように顔色を変えた。

PAGETOPPAGEBOTTOM