PandoraPartyProject

シナリオ詳細

<チェチェロの夢へ>未来の名産チキンを守れ

完了

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

 鉄帝国南部の町、ノイスハウゼン上空に発見された伝説の浮遊島、アーカーシュの調査が始まった。
 調査は鉄帝国軍と、依頼を受けたローレットのイレギュラーズの合同で行われている。
 百年前に消息不明となった探索隊の子孫──レリッカ村の住人の協力もあり、進捗は順調だ。
 新発見は既に百年前の探索隊によるものを大きく凌駕し、島に関する様々なことが明らかになってきた。
 何やらアーカーシュの未踏の遺跡を巡って、鉄帝では派閥抗争の動きがあるとか──そういう事情はひとまず置いておこう。

 島内唯一の小さな村『レリッカ』では、調査隊と協力して『アカキジ』の品種改良、繁殖を試みる計画が進んでいた。
 アーカーシュではおいしいチキンとして有名なアカキジだが、最近ではその数が減少している傾向にあるという。
 地上から持ち込んだ家禽(※かきん。家畜として飼育される鳥)と交配させることで、新たな品種、交配種を育てていた矢先のことだった。
「農場から交配種が逃げ出してしまったんです……! どうか捕まえるのを手伝ってもらえませんか?」
 協力を求める村人の1人が、調査隊のベースキャンプに駆けつけた。その場に居合わせたイレギュラーズは、交配種が逃げ出した経緯を説明される。
 飼育小屋がエルディアン(古代獣)に襲われ、食い殺される被害を受けたというのだ。その残骸は2羽確認されているが、農場の外でも複数の交配種が確認されているため、村人はまだ生き残っている交配種がいることを確信していた。
 「調査隊の皆さんのために、試食会を開こうとしていたのですが……」と村人は嘆いた。
 ──このままでは貴重なチキンが! せっかく育てた交配種が!
 交配種を狙う古代獣にも注意しつつ、農場の周辺に散らばった多くの交配種を確保することが求められる。
 交配種は白い羽毛だが、鶏とキジをかけ合わせたような姿をしている。警戒心はそれなりに強いが、交配種は全力で追いかければ捕らえられないほどの速さではなく、鶏とさほど変わらない。無傷で捕らえるためには、エサで誘き寄せるなど、罠などの仕掛けも必要だろう。
 農場周辺で確認されている古代獣は、骸骨の頭部に犬のような獣の体を持つ怪物――ホワイトヘッド(白骸犬)である。エサを求めて農場周辺にまで縄張りを広げているようで、獲物への諦めが悪い厄介な性質を持っている。再度農場が襲撃される事態を防ぐためにも、古代獣の掃討が急務である。

GMコメント

 こちらのラリーシナリオは2章構成、各章の採用人数は5〜8名程度を予定しています。
 1章目は交配種の捜索、捕獲&農場周辺の古代獣を追い払う→2章目は集団戦+αでチキンの試食会という流れになります。
 ちなみに、『アカキジ』はアーカーシュアーカイブスにも登録されています。

●特殊ルール『新発見命名権』
 浮遊島アーカーシュシナリオでは、新たな動植物、森や湖に遺跡、魔物等を発見出来ることがあります。
 発見者には『命名権』が与えられます。
 アカキジとの交配種の名前は、まだ明確に決められていません。交配種の捜索活動に最も貢献した方に命名権が与えられます。
 ※命名は公序良俗等の観点からマスタリングされる場合があります。
 特に名前を決めない場合は、発見者にちなんだ名が冠されます。
 ※ユリーカ草、リーヌシュカの実など。
 命名権は放棄してもかまいません。
 ※放棄した場合には、何も起りません。

●情報精度
 このシナリオの情報精度はBです。
 依頼人の言葉や情報に嘘はありませんが、不明点もあります。

●1章目の成功条件
 交配種を6羽以上見つけ、捕獲すること。
●2章目の成功条件
 古代獣の群れの掃討。


●捜索場所について
 交配種が目撃されているのは、農場から半径100メートル以内の範囲である。捜索範囲内には、飼育小屋の裏方面にある川も含まれている。
 川の周辺では古代獣の目撃情報も上がっている。

●古代獣について
 骸骨の頭部に、犬のような獣の体を持つ怪物――ホワイトヘッド(白骸犬)。
 鋭い牙(物近単)で襲いかかり、単体では目立った芸はないが、タフで素早く獰猛。また、マークやブロックを駆使して防御の薄い者へ集中攻撃をするなど、群れでの連携を得意とする。獲物への諦めが悪い、厄介な性質。


 個性豊かなイレギュラーズの皆さんの参加をお待ちしています。

  • <チェチェロの夢へ>未来の名産チキンを守れ完了
  • GM名夏雨
  • 種別ラリー
  • 難易度NORMAL
  • 冒険終了日時2022年06月29日 18時15分
  • 章数2章
  • 総採用数16人
  • 参加費50RC

第1章

第1章 第1節

雨紅(p3p008287)
刑天(シンティエン)

 ──今後増えてもらうためにも、ちゃんと捕まえねば。
 『刑天(シンティエン)』雨紅(p3p008287)は逃げ出した交配種の確保に使命感を燃やす一方で、新種のチキンの味にも大いに興味を抱いていた。
 雨紅は慎重に農場周辺を捜索し、白い羽毛が落ちている場所などを確認する。
 目星をつけた場所に、雨紅はお菓子を砕いてばら撒き、交配種を誘き寄せる準備を整えた。
 雨紅は長身な体を隠すために、枝葉が生い茂る樹の上を選んだ。その上から、交配種がエサ場に近づく瞬間を待ち構える。やがて近くの茂みの向こうから1羽の交配種が現れ、雨紅はその1羽がエサをついばむ様子を捉えた。
 エサをついばむのに夢中になっている隙に、雨紅は交配種の頭上から一気に飛びかかった。逃げる間もなく雨紅に首根っこをつかまれた交配種は、がっちりと脇に抱え込む雨紅によって農場へと連行された。
「観念してください。村の人たちのためなのです」
 雨紅はそうつぶやきつつ、アーカーシュ産のチキンを味わえるチャンスに心踊らせるのであった。

成否

成功


第1章 第2節

カイト・シャルラハ(p3p000684)
有翼の捕食者
ナハトラーベ(p3p001615)
黒翼演舞

 有翼の飛行種である『太陽の翼』カイト・シャルラハ(p3p000684)と『黒翼演舞』ナハトラーベ(p3p001615)は、農場付近の上空を旋回しながら、逃げ出した交配種を探す。
 カイトは見晴らしのいい川原を注視し、そこに鶏のエサを撒いておくことを思いつく。降下しようとしたカイトだったが、何かを咀嚼する音に気を取られ、その音の方に視線を向けた。音の主は共に飛行を続けていたナハトラーベだった。食欲旺盛なナハトラーベはおやつのとり天を頬張りつつ、交配種の捜索に臨んでいた。
 カイトの視線は、とり天をくわえたままのナハトラーベと交わる。カイトを見つめ返すナハトラーベの視線は、何か言いたげなようにも見えた。
 鷹の飛行種であるカイトは、慌ててナハトラーベに対し強く言い含める。
「……俺は喰えないからな、捕食者だからな!!!!」

 農場から程近い川辺では、古代獣の姿が目撃されていた。そして、今まさに1羽の交配種が古代獣──ホワイトヘッド(白骸犬)に襲われていた。
 交配種を追い回す1匹の古代獣に対し、上空から急速に迫る影があった。交配種を古代獣の牙から救った影──ナハトラーベは古代獣の目の前から交配種をかすめ取る。その直後、滑空してきたカイトは古代獣を追い払うために炎の力を発揮する。
「そいつは俺たちの獲物だ!」
 炎と羽根を舞い上げる旋風が古代獣へと押し寄せ、古代獣はその勢いに耐え切れず転げ回る。古代獣はたまらずその場から退散していく。
 ナハトラーベは平然とした様子で交配種を抱えているが、とり天をくわえたナハトラーベを見た交配種は、一層激しく抵抗を始めたように見えた。
 カイトは更に川辺でもう1羽の姿を捉え、「捕まえたぜ、鶏肉!」と颯爽と空中へ交配種をさらった。
 つい食材としての名称を口走っていたカイトは、頭をかきながらつぶやく。
「──えっと、家禽ていうのか? 名前ないと困るなこれ!」

成否

成功


第1章 第3節

絶刃(p3p010648)
墓守

 交配種を捕まえるために、『墓守』絶刃(p3p010648)はニワトリなどの生態についていろいろ調べていた。
 絶刃なりに調べた結果、絶刃はある罠を仕掛けようと準備を始めた。
「この罠なら、絶刃にもできそうです」
 村人からカゴや紐を借りた絶刃は、そのカゴに紐を括り付けておく。木の幹を支えにして、絶刃はそのカゴを逆さまにして斜めに立てかけておいた。更にカゴの下に鶏のエサをまいておき、即席の罠を完成させた。交配種がカゴの下まで誘き寄せられたところで、紐を引いてカゴをかぶせる寸法である。
 近くの茂みの影に隠れ、絶刃は辛抱強く交配種が訪れるのを待った。
 気配を殺すことに集中していた絶刃の視界に、やがて白い影が現れる。1羽の交配種がカゴの下まで近づく様子を、絶刃は注意深く観察する。
 絶好のタイミングを見定め、絶刃は真下に入った交配種をカゴの中に納めることに成功した。
「さあ、農場に帰るのです」
 カゴを引きずりながら移動しようとする交配種を押さえつけ、絶刃は見事に目標を捕えた。

成否

成功


第1章 第4節

志屍 瑠璃(p3p000416)
遺言代行業

 あることを思いついた『遺言代行業』志屍 瑠璃(p3p000416)は、鳥獣避けとして役立つ液体を用意した。
 唐辛子やハッカ、ミントの葉などを混ぜ合わせたもので、瑠璃はあえて鳥獣が嫌がる刺激臭を農場の周辺に散布していく。
 ただ闇雲に散布する訳ではない。外周から徐々に内側へと追い詰めるように、刺激臭に耐えかねた交配種が、鶏舎側へ逃げ込むことを狙ったうえでの行動だった。
 他の家畜を刺激しないためにも、瑠璃は効果が長続きしない程度に、抜かりなく液体の量を調整していた。
 ──私にも臭いが……移っているでしょうね。
 液体を散布していたことで、瑠璃は衣服などについた臭いを気にかける。
 臭いのせいで交配種が暴れることを懸念した瑠璃は、鶏舎の様子を遠目から探り、1匹、2匹と鶏舎に引き返す交配種の様子を確認した。

成否

成功


第1章 第5節

フーガ・リリオ(p3p010595)
雪の花婿

 『黄金の旋律』フーガ・リリオ(p3p010595)は自らの鋭敏な聴覚を頼りに、交配種の鳴き声がする方角を探った。その付近の場所に見当をつけ、フーガは罠として1つの樽を置いておく。横に置かれた樽の中には、交配種が好みそうなエサが入っている。樽の中に入り込み、エサに夢中になっている隙をついて交配種を確保しようと、フーガは大木の影にじっと身を潜めていた。
 ──チキン……鳥料理、食いてえ……腹が減ってきた……。
 交配種が罠にかかるのを待つ間にも、フーガは空腹を満たすチキンの味に思いを馳せる。
 はっと我に返ったフーガは、再度集中力を研ぎ澄ます。
 ──……いや、今は確保に集中しよう……。
 しばらく身構えていたフーガの視界に、1羽の白い鳥──交配種が姿を見せる。交配種は周囲を警戒する様子を見せつつも、ゆっくりと樽の中に入っていく。
 樽の奥へと入り込んだのを確認したフーガは、樽の下へすばやく向かい、瞬時に交配種を閉じ込めた。
 樽のフタを閉じられ、交配種が中で羽根をばたつかせているのがわかった。逃げ出せないように、樽の向きを変えた直後、フーガは何かの気配を察知して振り返る。
 そばの茂みが揺れているのを認め、フーガは樽を守るように構えた。案の定、茂みから飛び出したのは1体の古代獣であった。
 フーガは咄嗟の判断で身を屈め、飛びかかる古代獣のアゴの付け根あたりを打ち据えることで相手を突き飛ばした。

成否

成功


第1章 第6節

 あえなく攻撃を防がれた古代獣は、鳴き声を発する代わりに、威嚇するように牙をガチガチと鳴らして後ずさる。その直後に、古代獣はフーガの前から退散し、茂みの間を駆け抜けていく。逃げ出した古代獣は、川のある方角へと向かっていた――。

PAGETOPPAGEBOTTOM