PandoraPartyProject

シナリオ詳細

<盈揺籠>ちいさなあなたへ

完了

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

⚫︎ゆれるゆれる、こもりうた

 おかあさんがいいました。
「きょうは、だれがいっしょにねむるばんだったかしら?」
 あつまったこどもたちは、みんなてをあげていいます。
「おれだよ? おれ!」
「ちがう、ちがう、ぼく!」
「わたしだもん」
 あらあら、たいへん。みんなみんな、じぶんがよくてゆずろうとしません。
 おかあさんはそんなわがこをみわたして、いとおしそうにわらいます。
「ええ、ええ。かわいい、かわいい、よいこたち」
 ひとりひとりあたまをなでて、なまえをよびます。
 さいごにやさしくよんだのは、ねむそうにめをこすっているこ、それから、となりでにこにこわらっているこのなまえ。
「なぁに、おかあさん……?」
「……ハルとハナ、だよね?」
「そうね。きょうはあなたたちのひだったわね」
 ふたりはかおをみあわせて、こっくりとうなずきます。
「ハナたちのひなの。ねえ、ハル?」
「うん、そうだね……ハルたちのひ」
 いまにもとじてしまいそうなめで、なにかをさがしてハルがみわたします。
「ムク……ナオ……?」
「よんだ?」
「いるよ?」
 ナオがムクのてをひいて、こえがきれいにかさなります。
「いっしょにねよう?」
 むにゃむにゃと、ねごとのようなおさそいにえがおでこたえるふたり。
 おかあさんは、そんなよにんをじゅんばんこにみてうなずきます。
「それじゃあ、まくらとごほんをもって。おおきなもうふはあたためておくわ」
 ハル、ハナ、ナオ、ムクはぱたぱたとじゅんびをはじめました。
「それから、あなたたちも。おかあさんのしんしつにいらっしゃい?」



⚫︎ひるさがり、ゆめをみたなら

 並んで天辺を指す時計の針に注がれる木漏れ日のような淡いひかり。そこは境界図書館内でもあまり人の立ち入らない区画で、静けさも相まって絶好のお昼寝スポットのようだった。
「……、……んみゃ?」
 床に転がる紫色の塊が子猫のように震え、大きな欠伸と共にぐぐっと伸びをする。緑の瞳がゆっくりと瞬きをして世界を認めると、涎の跡もそのままににんまりと笑った。うたた寝するのにいい季節だね、と悪びれもせずに。

「それじゃあ気を取り直して!」
 ぐるりと集まった面々へ新人案内人が掲げて見せたやわらかな色合いで描かれた表紙に、おや、と思う者もいるだろう。それに気づいた緑色が秘密を共有しようと目配せを送った。
「この本の世界はね、たったひとりのお母さんを除いて、みぃんな子供なんだって! それでね、子供たちは大きな家で暮らしてて、街に出るとぬいぐるみがお店を開いたり、大人の代わりに働いてるなんてまるで夢の国じゃない?」
 大きな観覧車と優しいティーカップが回り、玩具の鼓笛隊がパレードする遊園地。
 小動物から大型哺乳類、幻獣まで網羅する動物園と水族館。
 子供でなくとも心踊るラインナップの他には『外』との繋がりを示す山羊の郵便局、それから洋菓子店のショーウィンドウにはお腹も心も満たされる子供たちの『主食』が並ぶ。
 そんなメルヘンな箱庭がその本の中には収められている、と案内人・Lächeln(レッヘン)は言った。
「まぁ残念ながら今回はお出かけはしないんだけどね!」

 子供の成長には休息、特にお昼寝も大事な要素である。そして、この世界においては夢は重要な役割を持つらしい。
「普段は大きなお部屋に布団を並べてみんなでお昼寝。でも順番が回ってきたら、お母さんのお部屋で一緒に寝るんだ。その時にさ、『家族』の夢を見るんだって」
 お母さんと子供たちだけの世界ではない、知らない『家族』と違う『自分』——おそらくは『外』の何かを夢に見るのだそうだ。甘くて柔らかい箱庭に不満なんてありもしないのに、夢の中の『自分』があまりにも幸せそうに笑うから、大好きなお母さんと寝るのが少しだけ怖い子もいるのだとか。
「だから蜂蜜たっぷりのホットミルクを飲んであったまりながら、怖くないように声をかけてあげたり、手を繋いだり、ちょっとだけ手助けしてあげてほしいんだ」
 ちなみにお母さんの子守唄があるから眠れないってことはないよ、と案内人は捕捉した。
「起きたらどんな夢を見たか、話すのもいいんじゃない? 帰ってきたらぼくにも教えてね!」

NMコメント

こんにちは、氷雀です。
<盈揺籠>シリーズ4本目となります。
同じ世界での物語であるためシリーズと括っておりますが、お昼寝するだけの簡単なお仕事です。
どなた様も気軽にご参加くださいませ。
見る夢が軽いものかどうかは皆様次第ですが……


⚫︎主旨
簡単に言うと幼児化シナリオになります。
「生まれた時から大人でした!」という種族であれ、この世界に立ち入った時点で強制的に人間の幼児サイズ(4、5歳程度)に縮んでいただきます。
今とは違う姿(髪や瞳の色が違う、など)を指定したい方はプレイングに記載してください。
なお、中身はそのままです。そのままです。
基本的には普段どおりの能力が発揮できると思って大丈夫です。
話す言葉が舌足らずだったり、歩幅が小さかったり、身体的なペナルティを被りたい方は自由に設定していただいても構いません。
前回、前々回を何かしらの形で『知っている』or『知らない』で最初の反応が変わるかと思います。
その辺りも含めて、存分にお子様ライフをお楽しみください。


⚫︎世界
おかあさんとたくさんの子供達のためのふわふわメルヘンランド。
彼らの暮らす大きな家を出ると、お店や遊び場がいくつも並ぶまっすぐな大通り。
そこに本来いるべき大人達の代わりに玩具達が働いています。

⚫︎目標
おかあさんとお子様たちとお昼寝をする。
みんなで一緒にベッドに入るだけでOKですので、直接何かをしてあげなくても最終的には問題はありません。

おかあさんの部屋にはとても大きなベッド、ふかふかの毛布、寝付きをよくするホットミルクが用意されています。
お気に入りの枕や絵本を抱えて集まるお子様のひとりとして、PC様には加わっていただきます。
安眠のために持ち込みたいものがあればどうぞご自由に。

⚫︎夢について
おかあさんのベッドで眠ると意識的に、或いは無意識に望んだ『理想の家族』の夢を見ます。
それは思い出の再現だったり、あり得なかった過去の改変だったり、まさに将来の夢だったりするでしょう。
※隣で眠っても余程強い結び付きが無ければ同じ夢は見られません。ご注意ください。



⚫︎各章で出来ること

第一章:ねむるまえ
縮んだ自分の姿に驚いたり喜んだり笑ったり
お子様達やおかあさんとの交流もこちら
お気に入りの寝具や絵本、入眠グッズ
ホットミルクに入れる隠し味も持ち込みOK

第二章:ゆめのなか
描写するのは貴方が見る夢の内容のみ
より夢の記憶を鮮明にしたい方はこちら

第三章:めざめたら
怖かった?楽しかった?嬉しかった?
お子様達の夢の内容を聞いてあげたり
逆に話して聞かせたり
おかあさんに聞いてみるのもこちら

※複数人での参加は同行者のID指定か【タグ】の記載をお願いいたします
ただし、夢についての注意事項はお忘れなく

※全章共通タグ:【ソロ】
PC・NPC問わず絡みが発生しません

※第二・第三章共通タグ:【悪夢委託】
プレイングとステータスシートから捏造した氷雀産の夢を提供します



⚫︎登場NPC

おかあさん
みんなのお母さん。たったひとりの大人。
母性・包容力カンスト。みーんな可愛い我が子です。
必殺技は泣く子も眠る子守唄。この世界においてそれに抗える者はいません。
眠る準備が整ったなら、やさしい歌声で夢へと誘ってくれます。

ハル
ハナとは双子。明るく元気な動の子。
興味の先も表情もころころ変わります……が、今日はもう既におねむな様子。
ただ『夢』を見たくなくてベッドに入るのを躊躇っています。
好き:全部

ハナ
ハルとは双子。無口で大人しい静の子。
視線の先にはだいたい片割れがいます。眠たそうな笑顔は標準装備。
ハルを心配しており、寝入るのを見届けるまでは眠らないでしょう。
好き:ハル

ムク
ナオとは双子。天然ちゃん。目を離すとふらふらどこかに行ってしまう。
ナオが喜びそうなことを見つけるのがうまい。
そわそわして落ち着かず、ベッドから抜け出そうとするかもしれません。
好き:うさぎ

ナオ
ムクとは双子。真面目ちゃん。きちんと話せば素直に聞いて従ってくれる。
ムクが心配でいつも後ろを追いかけている。
もしムクが抜け出したなら後をついていってしまいます。
好き:ペンギン

ミオ
フクとは双子。感嘆符のほう。呼ばれれば来ます。
言葉は単語ばかりでやや意図は掴みづらいが、とにかく元気で自由な子。
お気に入りの絵本を1冊読み終わらないと寝たくないとグズります。
好き:絵本

フク
ミオとは双子。疑問符のほう。呼ばれれば来ます。
言葉は流暢で、ミオの言いたいこともカバーしてくれるが、流されやすいのんびり屋さん。
不安そうな子がいると自分も眠れなくなってしまうようです。
好き:蜂蜜キャンディ

  • <盈揺籠>ちいさなあなたへ完了
  • NM名氷雀
  • 種別ラリー(LN)
  • 難易度-
  • 冒険終了日時2022年01月05日 21時30分
  • 章数3章
  • 総採用数7人
  • 参加費50RC

第1章

第1章 第1節

ヨタカ・アストラルノヴァ(p3p000155)
断片の幻痛
武器商人(p3p001107)
闇之雲

 光を湛えた昼下がりの静けさ。幼子をのせ、ふわふわと揺れる籠。あたたかく見守る瞳と子守唄が満たす夢の中で、ふたりは揃って目を覚ました。

 紅葉のようなふくふくとした手を見、円い頬に触れる。それから、常より低い視界の中に見つけた小さな足で愛しい番の元へ。
「しづき、しづき」
 転がる鈴の音に似た舌足らずな声に、紫月と呼ばれた子供は銀糸をゆるりと靡かせる。幾度目かの来訪にすっかり慣れた縮んだ体よりも、見るべきはふわふわの髪に柔らかな頰、飴玉みたいな甘い瞳。どこをとっても愛らしい幼い姿の番を駆け寄るままに抱き留めた。
「ヨタカはかわいいねぇ」
 えへへ、と零れた笑みに思わず頬擦る。ぎゅうっと回した両腕の中に閉じ込め、閉じ込められ、『断片の幻痛』ヨタカ・アストラルノヴァ(p3p000155)と『闇之雲』武器商人(p3p001107)のふたりで完成した世界。そこへ飛び込む眠たげな声、ふたつ。
「……しょーにんも、おひるね?」
「ほんとだ、ヨタカもいっしょ?」
 色違いの枕を抱えたハルとハナ。顔見知りを見つけてお誘いに来たようだった。
 ぱあ、と瞳を綻ばせたヨタカは武器商人の手を引いていく。体に引っ張られたような子供らしい挙動はこの優しい世界に心を許しているから。とてとてと拙い足取りすら、きっと抑えきれない感情に逸るからこそで——背中と繋いだ手から伝わるリズムに武器商人は後ろでこっそり笑うのだった。
 少しだけ眠気を追いやって弾む、嬉しい再会。持ち寄ったものを見せ合い、くふくふと笑い合う声を溶かしたホットミルクの甘い湯気と香りに包まれる。
「……みてみて、このまくら。くもみたいにふかふかでしょ」
「ハナもおそろいなの……だから、なにもこわくないのよ?」
「あのね、あのね、おれはねぇ……えほんもってきたよ、ねむるまえにみんなでみようねぇ……」
「えほんであれば、あたしがよんであげようか?」
「いいの?」
「やったあ」
 知らない世界を綴った絵本は小さな冒険心を擽り、『夢』への不安に惑う足も素直にベッドへ向かわせてくれた。

 夜空に並んだ星と月。満ちては欠け、巡るふたつの下で起きるたくさんの喜劇と、ほんの少しの悲劇。人間も、動物も、植物も、精霊も。誰もがそれぞれに持つ願いの物語。やや辿々しくも綺麗な音でゆるりゆるりと紡がれるそれは、幼子を眠りへ導く特効薬だった。
 子守唄は必要ないわね、と微笑むおかあさん。おだやかな寝顔達を見つめていた武器商人は頷いて答える。夢見の良くない番を安心して寝かせられる場所として選んで正解だった、と小さな指と指を絡めて自身も毛布へ潜り込んだ。
「おやすみ、あたしのことり。よいゆめを」

成否

成功


第1章 第2節

カイト・シャルラハ(p3p000684)
空の王

「……ぴっ!?」
 自身の変化に気づいて上げた甲高い声に『鳥種勇者』カイト・シャルラハ(p3p000684)は重ねて驚く。元よりもふもふな鳥人ではあったが今は更に柔らかそうな羽根に覆われ、大きさも周囲の幼子と同程度。端的に表すならば、ぬいぐるみのような——
「——ぴよちゃんだ」
 小さな一言は泉に落ちたひと雫だ。広がる波紋。集まる視線。駆け出したなら津波と呼ぶのに相応しく、雛鳥が飲み込まれるのは一瞬だ。
「ぴよちゃん、ふわふわ!」
「まてまて、おれはヒヨコじゃねーよタカだぞ!」
「あたしもさわりたーい!」
 ぴぃぴぃと必死な抵抗も興奮した彼らの耳には届かない。逃げ出そうにも未熟な羽は思うようにならず、これ以上は力加減を誤りそうで竦んでしまう。
 そこへ現れたのはベッドを抜け出したナオとムクだ。うんしょ、うんしょ、と荒波を掻き分けてやって来た双子は声を揃えた。
「ことりさん。ナオたちとあっちでねよう?」
「いっしょに、おかあさんのへやにいこう?」
 既にもみくちゃなカイトにとっては渡りに船だった。

「あったかいねぇ」
「おふとんみたい」
 羽毛布団じゃないからな、と訂正しながらも両側から抱き着くムクとナオに毛布を掛けてやる。幾分もしないうちにシンクロする寝息と、ぽかぽかと伝わってくる温もり。
「むう。おれも、ねむくなってきたぞ……」
 こっくり、こっくり。おかあさんの子守唄を道標に、カイトも『夢』の中へと旅立った。

成否

成功


第1章 第3節

 ぽつり、ぽつり、と残っていた声も微睡みに溶けてしまえば、木漏れ日のなか、抜け落ちたような空白。おだやかな呼吸のリズムだけを道づれに、やさしく、あまく、満たすような声が、やわい瞼を順になぞっていく。



 いま めをとじて

 つめたい つきと
 かわいい あなた

 ふるえる よるも
 たのしい ゆめを

 つないだ てとて
 にぎりしめたなら

 ひがさす あさも
 となりに いるの

 つながる ひびに
 うたいつづけよう

 ぶかっこう でも
 ごまかさないでね

 えがおなら ほら
 あたたかくなるの

 げんきなあなたを
 よぶ こえがする



 ——さあ。貴方を呼んだのは、だあれ?

PAGETOPPAGEBOTTOM