PandoraPartyProject

シナリオ詳細

再現性沖縄20XX:翔波へようこそ

完了

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

●再現性沖縄とは
 そこはまるで……《沖縄》であった。
 練達の一区画に存在する再現性沖縄。さらにその一区画には翔波と呼ばれる地域が存在する。
 それは異世界『地球』よりこの世界に召喚された人々の言う《沖縄》を何か凄い勘違いして、「大体こんな感じだろう」というイメージで出来上がった魔境である。
 沖縄にはあらゆる夢がある。沖縄は食べ物が美味しい。
 そんなイメージを植え付けられた料理人たちは「沖縄こそは料理人に約束されし聖地である」と思い込み、事実翔波ではあらゆる食材が手に入る。
 そして全ての物事は料理でのみ解決され、あらゆる暴力は此処では排除される。
 料理こそ全て。料理が世界を救う。
  火と油、水と調味料に囲まれた世界こそ我が人生……それに気付かないなど料理人として愚かだし何なら皿洗いからやり直せばいい出直してこいやド素人が……その境地に至らなければ料理人としては未熟に過ぎ、究極の一皿になど永遠に届きはしない。だからこそ、街は今日も料理バトルの音が鳴り響いているのであった。

●再現性沖縄へようこそ
 キィン……。
『R-Sence<リョウリ・センス>』……再現性沖縄<アデプト・オキナワ>翔波に染まった人間のみ使用できる謎の超感覚だ。現代科学を特に利用せず練達の科学者をもってしてよく分からん謎の感覚をお手軽クッキング感覚で会得するこの超人性は翔波で生きる上では必要不可欠の能力……を手にしたチーサ・ナコックは何かに気付いたように顔を何処かへ向ける。ちなみに念のために言うと、この訳の分からん能力は外では使えない。使えないのだ。
「ああ、来たですね。新しい料理人達が……」
 飛んできたチラシの1枚を、チーサは掴む。
 この常夏の場所では、常にあらゆる食材が手に入る。
 外にもある食材、外にはない食材。何処にもないだろふざけんな、という食材。
 此処では、あらゆる料理を望むままに作ることが出来る。
 此処では、料理の腕だけがものを言う。
 何か言う前に皿で語れ。
 剣を握る前に鍋を握れ。
 その為に、翔波に来る人間には何か思い出したように試練が与えられる。
 それすなわち、野生の料理人による料理バトル。
 そう、此処では外でいうモンスター……クッキングモンスターが生息している。
 幸いにも新人が降り立つエリアには大したクッキングモンスターは生息していないが、それすら自らの皿で倒せないようでは、此処では生きていけはしない。
「外での実力は通用しないこの場所……これをクリアできねーようなら、此処での仕事はできねーです」

GMコメント

料理人の皆様、再現性沖縄<アデプト・オキナワ>へようこそ。
え? イレギュラーズ? そんな肩書此処じゃ牛脂1つ分の価値もありゃしないぜ!
そんな感じです。
翔波の浜辺に降り立った皆さんは、襲ってくるクッキングモンスターを撃破して案内所と呼ばれる施設に辿り着かなければいけません。
案内所は郵便とかそういうのを一手に担っているので、此処に「手紙」を見事持っていく事が出来れば見事クリアになります。
なお、必要な食材や調味料は「基本的」にはその辺に生えています。
豚肉の木とか砂糖の実とかあります。超怖ぇ。
幻の食材と言われる類のものは特殊な場所、あるいは状況でしか存在しなかったりします。
(逆転が必要なシーンで偶然見つかったりするかもしれません)

□今回の敵
ゴブリン皿洗い×1
アロハのゴブリン。流暢に喋って勝負を仕掛けてきます。
果物をそのまま出すしか出来ないスーパーザコです(沖縄基準)
ゴブリンシェフ×8
料理服を着たゴブリン。皆さんが沖縄を理解した頃合いで流暢に喋って勝負を仕掛けてきます。
得意料理は全員海鮮チャーハン。
プリップリのエビやイカ、貝をぜいたくに使った塩チャーハンです。

●翔波
 再現性沖縄20XXに存在する料理バトルの街
 何かあれば料理で解決する料理馬鹿の聖域。
 ローレットのイレギュラーズの皆さんは料理人として参入することができます。
 此処では全てのステータスは無意味です。武器は振ってもハリセン程にも通じず、ギフトもスキルも無効化されてしまいます。
 ただし、相手より美味い料理を作れば大ダメージを与えて海老ぞりで大空に吹っ飛ばすことができます。
 相手の料理の方が美味ければ自分がそうなるってことですよ。
 なお、必要な食材や調味料は「基本的」にはその辺に生えています。
 豚肉の木とか砂糖の実とかあります。超怖ぇ。
 幻の食材と言われる類のものは特殊な場所、あるいは状況でしか存在しなかったりします。
(逆転が必要なシーンで偶然見つかったりするかもしれません)

●情報精度
 このシナリオの情報精度はAです。
 想定外の事態は絶対に起こりません。

  • 再現性沖縄20XX:翔波へようこそ完了
  • GM名天野ハザマ
  • 種別通常
  • 難易度NORMAL
  • 冒険終了日時2021年09月10日 22時05分
  • 参加人数8/8人
  • 相談5日
  • 参加費100RC

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

参加者一覧(8人)

ノリア・ソーリア(p3p000062)
半透明の人魚
サイズ(p3p000319)
カースド妖精鎌
江野 樹里(p3p000692)
ジュリエット
ミルキィ・クレム・シフォン(p3p006098)
甘夢インテンディトーレ
メイ=ルゥ(p3p007582)
シティガール
フォークロワ=バロン(p3p008405)
嘘に誠に
コルネリア=フライフォーゲル(p3p009315)
慈悪の天秤
冬兎 スク(p3p010042)
跳び兎バニー

リプレイ

●翔波に降り立つ
 再現性沖縄<アデプト・オキナワ>翔波。
 波の音響く常夏の場所。
 日差しは暑く、けれど空気はカラッと爽やか。
 過ごしやすいこと、この上ないこの場所に『ミルキィマジック』ミルキィ・クレム・シフォン(p3p006098)達は立っていた。
「料理ですべてが決まる聖地再現性沖縄! 料理をするものとしては血沸き肉躍るってやつだよね! うおおおー! やるぞー!」
 やけに気合の入ったミルキィの咆哮も、仕方ないといえば仕方ないだろう。
 何しろ、此処はあらゆる料理人の聖地。料理の腕だけがモノをいい、それ以外の全ては意味がない場所なのだ。
「そう、メイは謎の料理人シティガール仮面‼スパイスの扱いなら誰にも負けないのですよ! ドバドバーっと入れていっぱい辛い料理を作るのですよクッキングバトルどんとこいなのですよ!」
 そのせいだろうか、『シティーガール仮面』メイ=ルゥ(p3p007582)もテンションが非常に高い。
 仮面をつけて、指の間にいくつものスパイスの小瓶を挟んで、腕をクロスさせたカッコいいポーズで沖縄に降り立っているのは、なんとなく似合っている感がある。
「とにかく、今回の依頼は手紙を案内所とかいう場所に持っていけばいいわけですが……何処にあるんでしょうね?」
 『ゆめうさぎ』冬兎 スク(p3p010042)が周囲をキョロキョロと見回していると……『嘘に誠に』フォークロワ=バロン(p3p008405)が何かを見つけて「ん?」と声をあげる。
「アロハを着たゴブリンがこちらに近づいてきましたね」
「本当ですね。あれは……」
 敵意を全く感じないアロハゴブリンに『半透明の人魚』ノリア・ソーリア(p3p000062)は首を傾げるが……やがてやってきたアロハゴブリンは「ヘッ」と笑う。
「どぉやらお前さん達、沖縄は初めてみてえだな?」
「一応、どうして分かったか聞いときましょうか」
『慈悪の天秤』コルネリア=フライフォーゲル(p3p009315)の問いにアロハゴブリンは笑う。
「決まってんだろお! 余所じゃどうだか知らねえが、此処じゃ俺等クッキングモンスターに出会ったら即、周囲の素材の確認! そんな基礎すら知らねえザコ料理人が相手たあ、俺っちも運が向いてきたぜえ!」
「つまり料理バトルって事よねぇ? アタシにどうしろってぇのよもう……最近こんな依頼ばかり寄越されてる気がするわねぇ……
まぁいいわ、仕事ってなら全力で唸らせてやりましょ」
「いいえ、ここは私が」
 コルネリアを抑え、フォークロワは前に出る。
「へっ、お前さんでいいんだな?」
「受けて立ちましょう」
「よおし勝負だ! 調理台、カモオオオオオオン!」
 ズン、と。互いの目の前に調理台が生えてくる。試しにノリアが水道を捻ってみると水が出てくる。ちゃんと淡水だ。
「くくく、素人のお前らに教えてやるぜ! 此処ではあらゆる食材が手に入る! そして俺っちが選ぶのは……こいつだあ!」
 アロハゴブリンはパイナップル……何故か木になっているそれをもいで、包丁で切り始める。
「なるほど……では私が出すのは……」
 言いながらフォークロワは周囲を探し、ハムのなっている木を見つける。実に不気味である。
「これ削げばいいんでしょうか……」
 そんな事を言いながらも、互いに調理が終了する。
「出来たぜ! 新鮮パイナップル盛りだ!」
「塩味のクレープ……クレープ・サレでございます」
 互いに料理名を伝えると同時、2人の皿が互いの眼前に移動していく。
「此処じゃあ料理に嘘はつけねえ……真に美味いもんを作った奴だけが勝利って寸法よ!」
「なるほど、では」
「おうよ……いざ、実食!」
 互いに料理を口にして……数秒後に、アロハゴブリンが海老ぞりで大空に吹っ飛んでいく。
「ぐ、ぐああああああ! 満足感がすげええええええ!」
 そのままドシャリと倒れて動かなくなるアロハゴブリンを見て、全員が「完全に外とルールが違う」と理解する。
 つまり、美味しいモノを美味しくないと嘘をつくことが不可能なのだ。
「うぐ……これはシャイネンナハトの時みたいな武器デバフ……まあ、今回のデバフはそれなりだから非戦スキル行使には問題ないかな……料理関連以外は軒並み力がでないが……まあ、とりあえず料理作ればいいんだってことは理解できたな」
「目と目が合った瞬間、それは料理バトルの始まり……」
『カースド妖精鎌』サイズ(p3p000319)と『ジュリエット』江野 樹里(p3p000692)が、この沖縄のルールを理解し呟く。
 そう、此処は料理の腕のみがモノを言う 再現性沖縄<アデプト・オキナワ>翔波。
 それ以外の全ては雑音にもなりはしないのだ。

●翔波式の歓迎を受ける
「フッ……すでに言葉はいらねえようだな」
 分かっていると言うかのように頷く樹里に、8人並んだゴブリンシェフが笑う。
「ならいくぜ! 調理台、カモオオオオオオン!」
 掛け声と共に、全員の前に調理台が出てくる。
 何を作るにも不足の無い立派な調理台を前に、全員が調理を開始する。
「わたしは、聞いたことが、ありますの……沖縄という場所は、たくさん、魚が、いるのだと。せっかく、新鮮な魚に、めぐまれているのですから……レシピは、当然、その利を、活かしたものですの。つまり……おさしみ!」
 そう、ノリアの選んだメニューは「おさしみ」だ。
「わたしは、マアナゴの、海種ですからアナゴはもちろん、ウナギや、ウミヘビなども、死体を見るのは、嫌ですけれど。形の、似ていない、魚なら、とくに、抵抗は、ありませんの。白身のグルクン、赤身のアカマンボウ、青肌のイラブチャー……料理は、見た目から、はじまりますから、とりどりの色で、勝負しましょう」
 その包丁さばきは、実に手慣れている。相対するゴブリンシェフが唸る程だ。
「もちろん、お味のほうも、おろそかには、しませんの……まったり系のお魚には、うすくち醤油、さっぱり系のお魚には、たまり醤油。お好みで、わさび代わりに、七味唐辛子や、シークヮーサー果汁をくわえても、かまいませんの」
 しかし、ここでは終わらない。ノリアには、秘策があった。
「でも……それだけでは、良にしか、なれないでしょう。ですので……優になるために、もう一品。自慢の、つるんとしたゼラチン質のしっぽを……薄切りにして、出しますの! 食とは、命の遣り取りの上で、なりたつ贅沢……殺していいのが、殺される覚悟がある者だけであるように、真の美食とは、食べられる覚悟がある者にだけ、作れるものですの」
 なんたることか、自身の食材適正をも使った貪欲な調理である。
 ノリアがトバしている中……サイズが選択したメニューはカレーだ。
「俺は野菜カレーを作る。使う具は人参、じゃがいも、とうもろこし、ナス、玉ねぎ……肉はそうだな、ハンバーグにしてトッピングにするか……ハンバーグにはアクセントとして徹底して刻んで存在感をけしたピーマンを入れておくか……辛口カレーならほぼ気づかれることはないだろう」
 中々に手慣れている。それに肉をハンバーグにするあたり、こだわりも見えている。
 更にはとうもろこしやナスなど夏の食材を入れる辺り、沖縄という場所にリスペクトも見えている。
「しかし敵が作る料理…栄養のバランスとか考えられているのだろうか……? 俺は武器ゆえ自分で食べるものにはあんまりそういうの考えないが…子供に食べさせる物はしっかりしたもんを食べさせたいものだな……」
 しかもこの心遣いだ。暖かさを感じるが……一方で方向性のかなり違うものを作っているのは樹里だ。
「私のめにゅーはびーふしちゅーです」
 言いながら、なんと地面に食材として生えているゴブリンの頭を引っこ抜いた。
 無論、普通の食材ではないレア食材の類だ。見つけたのは樹里の運のなせる技だろうか?
 いや、違う。踊る大蒜、空飛ぶ人参、泣きわめく玉葱、燃え盛るセロリ。
 特殊な食材を的確に見つけてきているので審美眼の類かもしれない。
 ちなみにここで見つかる食材は全て食用に適した形になるので浄化などの特殊な手段は省かれている。
「そして、出る灰汁や油を取り除きながらじっくりことこと煮込みます」
 ちなみに対戦相手のゴブリンシェフはすでに「あれを食うのか……?」という顔をしている。それが勝負である。
「さて、ぶいよんが完成したのでマンドラゴラのひき肉、人魚の無精卵の卵白、それとさっきの野菜群を再び収穫して細かく刻んでねりねりねり。そこに先のぶいよんを入れてさらにふつふつと煮込んでこんそめを作りましょう。よぉし、それじゃあ張り切ってこのこんそめからでみぐらすそーすを作っていきますよ。ここまでくればしちゅーまであと少しです」
 さて、ビームシチューのはずが黒い仔山羊のもも肉を地面から収穫している樹里の調理風景はさておいて。
 ミルキィの調理風景は、中々に安心できる感じである。
「沖縄のレベルを確かめるのにはちょうどいい相手だね、ボクの必殺スイーツを味わせてあげるよ☆」
「ヘッ、俺のチャーハンを食っても同じ事を言えるか試してやらぁ!」
 ゴブリンシェフと言いあいながらも、すでに調理は始まっている。
「沖縄スイーツといったらサーターアンダギーってドーナツが名物だってね! 再現性東京で買った旅行誌で紹介されてたよ☆ となったらまずはそれを作って勝負するしかないね!」
 そう、それは正しい。まさに正統派沖縄スイーツであり、揚げ時間の見極めが完成度の差に繋がるスイーツでもある。
「こだわりポイントは普通の砂糖の実じゃなくて、黒砂糖の実を使うところだね! 黒砂糖は沖縄パワーがつまってるからね! 独特の灰汁があるから素人には使いこなすのが難しいけど、それを活かせば沖縄グルメ感が付与されてパワーアップ!」
 言いながらも、かき混ぜていく手はリズミカル。実に安心できる正統派の調理風景だ。
「後は沖縄スイーツ感を引き出す紫芋! この鮮やかな色とホクホクした芋の甘味を活かしたサーターアンダギー、このダブルアンダギーコンボで勝負を挑むよ! これで倒せない相手にはダメ押しのパイナップルケーキを召し上がれってね♪」
 そしてシティガール仮面を名乗るメイの選択したメニューはカレーだ。
「ふふふ、メイも大好き激辛カレーをつくるのですよ! スパイスをドバァーっと入れて、赤を通り越して黒になった、辛いカレーなのですよ! それをどんどん、継ぎ足してバトル毎に味を洗練していくのですよ。ニンジン、タマネギ、ジャガイモ、牛肉、お野菜とお肉の味をバトル毎に継ぎ足すことで、カレーに染み込ませて辛いけど美味しいカレーを最終的に完成させるのですよ! これがシティガール仮面の進化するカレーなのですよ!!」
「何言ってんだ。次回のバトルに持ち込みなんかできるわけねえだろうが。その度に作り直しだよ」
「マジなのですかー!?」
「おう、まあバトルに関係ない料理ならそういうの出来るけどよ……ほら、300年受け継いだ秘伝のタレとか出したらズリィだろ?」
「うう、ゴブリンにめっちゃ正論言われたのですよ……でも! シティガール仮面の黒カレーは初期状態でも負けないのです!」
「ハハハ! そいつはどうかな!」
 ちなみにこのカレーには本人の都合によりピーマンは入っていないが、さておこう。
 そしてコルネリアが選択したのは天ぷらだ。新鮮な材料がいくらでも手に入るここでは、中々に戦闘力の高いメニューだ。
「アタシの天ぷらはそんじょそこらとは違うわよぉ。にしても食材が生えてるってすごい状況ねこれ……必要な材料を収穫してっと。始めるわよ」
 包丁も鍋も何もかも揃っている。ならばとコルネリアの自炊能力が光り輝く。
「先ずはエビの下処理、殻を割って身を取り出し背わたを除く。尻尾は油はねが危ないから戦端切り落としておくわよ。そのまま揚げると丸まって見た目綺麗ならないから筋を切るように切込みを入れて真っ直ぐに成形するわ。白身魚は食べやすい大きさにカットして皮は削いでおく。大丈夫だとは思うけど生臭さが気になるのが居たら面倒だし、下準備に醤油と酒と生姜を混ぜたタレに少し漬けておくわ。予め冷やしておいた材料を取り出して……」
 ちなみに料理バトルでは「あらかじめ冷やしておいた」や「寝かしておいた生地」もすぐに出来る。
 沖縄の可能性は無限大だ。
「基本は卵1個に水200cc、小麦粉200g片栗粉20g……今回は多めに作るから卵は3個くらい使っておきましょ。他の材料もそれに合わせてって感じ。卵と水を混ぜて、片栗粉を加えた小麦粉をふるいで落としながら入れてくわ。掻き回しすぎないで少しダマになるくらいまででOKよ。グルテンが多くなっちゃうと粘り気でサクサク感が減るから注意よ? ペーパーで水気を切ったエビと白身を衣に潜らせ160度の油で2分程揚げて……引き揚げて盛りつければ完成よ!」
 フォークロワは再びクレープを作っているようだが……スクが選んだのは、なんとラーメンだ。
「ボクは豚肉と中華麺を利用した、そう、ラーメンを作りますよ! お肉たっぷり食べ応えのあるメインディッシュです!」
 豚肉はそこの木に成っているチャーシューと角煮を採取する。これは自分で煮込む事も出来るが、そこは特にこだわりポイントではないのだろう。麺はツルのように垂れ下がっている細麺を選択。
「チャーシューと角煮は少し多め、大体どちらも3、4枚といったところでしょうか。逆に麺は細麺を普通盛りにすることによってスープをあまり絡ませず、食べやすくします。お肉の味をしっかりと味わえるようにして、かつ肉の滲み出た旨味を程よく麺ですすれるようにしたあと、スープをそのまま飲めるといった算段です!」
 ちぢれ麺の案もスクの中にはあったがチャーシューと角煮の濃いめの濃い味付けを追加で濃いめのスープを多く絡めてしまうと食べ飽きてしまうのを懸念しての細麺だった。
「料理は創作。新鮮さと飽きない程度の深みを見せるのが大事です」
 そう、そして。全員の料理がついに出来上がる。
「俺達は海鮮チャーハンだ!」
「さあ……究極の新鮮さの、おさしみを、特級天然海塩で、おめしあがりくださいですの」
「辛口野菜カレーだ」
「びーふしちゅーです」
「ダブルアンダギーコンボだよ♪」
「激辛カレーなのです!」
「さぁどうぞ、クレープ・シュクレ"翔波風"でございます」
「特製天ぷらよ! エビは天つゆ、白身は下味付いてるからそのまま、もしくは塩で食べなさぁい」
「ラーメンです! さぁ、ボクの料理を召し上がってください♪」
 びーふしちゅー担当のゴブリンシェフが死地に挑む目になっていたが……互いの試食後、ゴブリンシェフ全員が海老ぞりで空高く吹っ飛ばされていく。
 此処での適応能力の高さは、すなわち翔波適性の高さ。
 導かれるように案内所に辿り着いた樹里達が案内所の女性に手紙を渡すと、ニコリと微笑みを返してくれる。
「確かに受け取りました! それと……ようこそ、翔波へ!」
「ふぅ……長く辛い戦いで危うくお手紙を煮込むところでした」
 そんなちょっと危険な発言もあったりしたが……翔波の眩しい太陽は、彼女達を熱く祝福するかのように輝いていた。

成否

大成功

MVP

なし

状態異常

なし

あとがき

コングラチュレーション!
皆さんの沖縄適性が高すぎて文字数足りなくなるかと思いました!

PAGETOPPAGEBOTTOM