PandoraPartyProject

シナリオ詳細

深海からの呼び声

完了

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

●深海からの呼び声
 ネオ・フロンティア海洋王国。
 その海域を構成する一角にあたるは、フェデリア島近海域。
 過去、激しい大戦が行われたものの、今となってはその影も、形も消え失せ、広大な海と、平穏な海が広がるばかり。
『ヨーソロー!! さぁ、今日も大航海の始まりだー!』
『『『おーーー!!』』』
 と、威勢良い声が響いては、その木霊が帰ってくる……そんな元気良い海の漢達。
 交易物資やら、軍需品やら……様々な物を島から島へと運び廻る彼らは今日も又、海へと漕ぎ出していく。
 しかし、そんな海の底には……先の大戦で死した多くの死者が眠る訳で……度々囁かれるのは、この海域に現れるという幽霊船の話。
『まぁ、今日も大丈夫だよなぁ!?』
『ああ、もう長年やってるんだ。幽霊船なんて居る訳ねーよ!』
 と……今迄遭っていないからこそ、もう大丈夫という慢心も出てくる。
 ……そんな慢心を心に抱いた彼らの船が、幾つもの夜を経て、次の日には目的地に到着するだろう……と言った頃合いにで。
『……ウォォォ……ゥゥゥゥ……』
 遠くから聞こえてきたのは、何か苦しそうな声。
 その声を聞いた船員が、灯をその咆吼に照らすと……朧気に姿を現わす船。
 帆も、船体もボロボロで……航行できているのが不思議なくらい。
 しかしその船は、間違い無く海の上を浮かんでいる……そして、自分達の船に向けて一直線に進んできている。
『お、おい! 面舵、面舵一杯ー!!』
 慌てて舵を切る指示を出すが……何故か舵が切れない。
 己が船体の左、右、前後……全ての所から、亡者達が登ってきていた。
 亡者によって船の制御も出来ず、そして一直線に突撃してくる海賊船……そんな二つの事象に、極々普通な交易船の船員達は対処出来ず、海の藻屑に消え失せて行った。


「……ん? ああ、もう集まってたか。遅れて済まないな。んじゃ、早速だが始めようか」
 と、『黒猫の』ショウ(p3n000005)はイレギュラーズ達に軽く頭を下げつつ。
「今回皆に頼みたい依頼なんだが……海洋王国のフェデリア島の近海域に出没する『幽霊船』の退治を頼みたいんだわ」
「まぁもう皆も耳にタコかもしれんが、この海域には過去の大戦によって、沢山の船が海に沈んでいる。勿論、行方不明になった者も多い……そしてそんな海域には、幽霊船というものがよくよく出没しているようなんだわ」
「今回出没する『幽霊船』が、その大戦の被害者かどうか……というのを直接結びつけるような証拠は無い。とは言え幽霊船がこの海域に出没し、船を沈める事故が起きている、というのは間違い無いんだわ」
「それにこの幽霊船が出現する時には、船に亡者の霊が大量に取り憑くことで、船の動きを制限する……という事も仕掛けてくる様なんだ。それ故に今回の依頼は、船の動きを制限する亡者の対応と、幽霊船の対応を同時に行う必要が有る……ってな訳さ」
「勿論幽霊船だから、奴等が姿を現わすのは深夜の丑三つ時……周りに船も無く、一艘しか居ない時にしか現れない。確実に一艘一艘ずつ潰す事で、仲間を芋づる的に増やしているのかもしれんな……」
「ま、とにかくこの幽霊船を退治しない事には事件解決の糸口すらつかんだろう。という訳で皆、宜しく頼むな?」
 とショウは、皆の肩を軽く叩くのであった。

GMコメント

 皆様、こんにちわ。緋月 燕(あけつき・つばめ)です。
 多数幽霊船が現れるアクエリア島近海……今回も、幽霊船退治となります。
 
●成功条件
 幽霊船を撃退する事、ただ一つです。

●情報精度
 このシナリオの情報精度はBです。
 依頼人の言葉や情報に嘘はありませんが、不明点もあります。

●周りの状況
 今回、幽霊船は深夜の刻に現れます。
 幽霊船が現れる条件は『一艘だけの構成である事』なので、複数隻でやってくると、姿を現わしません。
 又幽霊船の登場と同時に、大量の亡者達が船に取り憑き、沈めようとします。
 亡者達はスクリューなり、稼働部に取り憑いたりするので、船で逃げようとしたり、舵を切ろうとしたりしても、一切操作できません。
 また多くの亡者達が甲板に到達したら重くなりすぎて船が沈む可能性もありますので、幽霊船退治と亡者退治を同時並行で行わなければなりません。

●討伐目標
・幽霊船船員 x 10人
  幽霊船から乗り移り、攻撃為てくる幽霊船の船員達です。
  彼らは剣と鎧を装備し、皆様と個々に対峙できる位の戦闘能力を持ちます。
  基本的には至近距離での攻撃しか行いませんが、亡者の叫び声を叫ぶことで、周囲に呪いのバッドステータスを常に及ぼします。

・亡者達 x たくさん
  亡者達は次々と、皆様の船に取り憑いてきます。
  こいつらは戦闘能力はほぼ皆無で、範囲攻撃で次々と薙ぎ倒すことが可能ですが……無尽蔵に海から姿を現わします。
  彼らを止めるには、幽霊船を退治する他には手段はありません。
  ただ幽霊船船員達だけに対峙していると、亡者達が甲板に大量に押し寄せて、積載量オーバーで船が沈む……という事が充分にあり得ますので、ご注意下さい。

 それでは、イレギュラーズの皆様、宜しくお願い致します。

  • 深海からの呼び声完了
  • GM名緋月燕
  • 種別通常
  • 難易度NORMAL
  • 冒険終了日時2021年08月10日 22時10分
  • 参加人数8/8人
  • 相談7日
  • 参加費100RC

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

参加者一覧(8人)

十夜 縁(p3p000099)
幻蒼海龍
海音寺 潮(p3p001498)
揺蕩う老魚
ハッピー・クラッカー(p3p006706)
爆音クイックシルバー
アルヴィ=ド=ラフス(p3p007360)
航空指揮
モカ・ビアンキーニ(p3p007999)
Pantera Nera
イズマ・トーティス(p3p009471)
誠の鋼に至る者
フォルトゥナリア・ヴェルーリア(p3p009512)
挫けぬ笑顔
白妙姫(p3p009627)
慈鬼

リプレイ

●海の藻屑に
 ネオ・フロンティア海洋王国の一角を構成する、フェデリア島近海域。
 過去に繰り広げられた大戦も今は昔……今となっては広大な青い海と、平穏な波が押しては返し、棲まう人々は心安らかに海の生活を過ごしている。
 ……しかしそんな平和な海だからこそ、交易物資や軍需品などの、様々な品物を島から島へと運び出すお仕事をする人達もいる訳で、彼らは次々と海へ漕ぎ出していく。
 そんな船乗り達の船出を見届けながら、『幻蒼海龍』十夜 縁(p3p000099)が。
「いやしかし……夏になると、どうにもこの手の依頼が多いねぇ……」
 肩を竦め、溜息がちに一言。
 ……そんな彼の呟きに元気いっぱいな幽霊(?)の『爆音クイックシルバー』ハッピー・クラッカー(p3p006706)が。
「ほんとうだね! なんかね! あちこちでね! 幽霊仲間がすみませんね! 私が悪い訳じゃねぇけどな!!」
 とにっこり笑顔。
 自分が幽霊と言う割には感情もはっきりしているし、幽霊っぽくない……まぁ、確かに脚が無くてふわふわ浮かんでるが。
 ……でも、その程度この場に居る皆が驚くような事ではない……そんなの、慣れきってしまっていた。
「やれやれ……過去の大戦で散った亡霊……ね。仲間が欲しいって気持ちは分かるが、これを許す訳にもいかんな」
 そんな仲間の言葉を聞いた『航空猟兵』アルヴァ=ラドスラフ(p3p007360)に、『慈鬼』白妙姫(p3p009627)と『揺蕩う老魚』海音寺 潮(p3p001498)が。
「うはは、そうじゃのう。沈めにかかる幽霊船とは、恐ろしいのぅ」
「そうだな。戦乱があった故、無数の凄絶な思いがこの海には沈んでおるのじゃろう」
 と、そんな仲間達の言葉に『テント設営師』フォルトゥナリア・ヴェルーリア(p3p009512)と、『Pantera Nera』モカ・ビアンキーニ(p3p007999)。
「そうかもしれないね。でも幽霊船が出れば当然、交易に影響をおよぼす。それで困る人が大勢出る……そうでなくても亡者の人には安らかな眠りに着いて欲しいし、対処する必要があるね」
「ああ、海洋王国などで飲食店を経営している身としては、こういう問題が起きて流通に影響が出ては困るのだよ……だから亡霊どもは、私たちが掃除する!」
 並々ならぬ気合いを込めたモカが凜々しく海原を見据える。
 そんな仲間達の言葉に縁が。
「ま、今迄もそれなりに沈めてきた筈だが、中々減らんモンだ。今回もサクッと片付けて、港で冷えたサマービールでも飲むとしようや」
 と言うと、アルヴァと潮、白妙姫も。
「ああ。せめて俺等の手で安らかに成仏させてやるさ」
「そうじゃな。彼らの想いを完全に消し去る事は不可能かもしれん。だがこうやって一時的なり、少しなり祓い続けていかんとな……では、頑張ろうかのう」
「うむ。どれ、張り切って幽霊退治と行こうではないか」
 そして『青き鋼の音色』イズマ・トーティス(p3p009471)が。
「では、出航するとしよう。一艘で居る所でしか襲ってこないという話故、周りに船が居ない状況を作り出さなければならないし、必要に応じて周りの船に航路変更を頼む必要もあるだろうからな」
 と言うと、ハッピーが。
「うん! あ、でもその辺りは私じゃない方がいいよね! ほら、脚ないし、私が幽霊だーって逃げ帰られちゃこまるし!」
「そうだね……それじゃ、その辺りは私が交渉させて貰うわね」
「了解、頼んだ!!」
 と、軽く打合せた後、イレギュラーズ達は一艘の船に乗り合い、その海域に向けて漕ぎ出していくのであった。

●亡者の応酬
 そして……数夜を経て、イレギュラーズ達はその亡者が現れるという海域へと辿り着く。
 交易路の一角故、昼は船が度々通りがかるような場所。
 そこに一艘だけの状況を作り出すには……取りあえず通りがかる船に伝え、この他の船にも伝えてくれ……と御願いをする事を始める。
 勿論ここに幽霊船が出るから、安全の為に迂回して欲しい……イレギュラーズ達として対処する、と言われれば、戦う力を持たない交易船達からすれば渡りに船。
 ああ、分かったと協力を約束し……深夜の刻を刻む頃には、周囲からは他の船の気配は、一切しなくなる。
「しかし今度の幽霊船……夜道を一人で行く者を狙う様な手法か……馬鹿には出来ないな」
 とイズマが呟く都、それに白妙姫が。
「うむ。それに幽霊船員を片付けつつ、あふれ出る亡者どもを追い払い続ける必要がある様じゃ。となれば、ある程度手を分けねばならぬじゃろう」
「そうだね。しかし……幽霊船もバリエーション豊かだな。あの手この手でこちらを沈めようとしてくる。皆違って皆い……いや、よくはないか。沈められる前に討伐しないとな」
 イズマと白妙姫二人の会話に、潮が。
「そうじゃな。不意打ちを受ける訳にもいかんし……中々に面倒な敵じゃ」
 一つ溜息を吐きながら、船を海のど真ん中へと停泊させる。
 波が船を軽く揺らし……この海域の『静寂の青』の呼び声に相応しい静けさが、その海域を包む。
 ……そして暫くの間、その静寂の中に息を潜めていると……今迄張れていた周囲に、段々と夜霧の様な物が立ちこめてくる。
「……ん? 霧が立ちこめてきた様だな……そろそろか」
 静かに縁は青刀『ワダツミ』を手に持ち、臨戦態勢。
 そして縁の準備にアルヴァも、おろし立ての魔導銃を撫でつつ。
「さて……まさか初実戦が海上になるなんてな。堕ちないでくれよ」
 ……そんなイレギュラーズ達の臨戦態勢を知ってかどうかは分からない。
 とは言え……段々とその夜霧は濃く立ちこめてきて……そして。
『……ウォォォ……ゥゥゥゥ……』
 と、突然聞こえてきたのは、亡者の呻き声。
 その呻き声が鳴り響くと共に、ガコンッ、と船を襲う衝撃。
 何かに乗り上げたのではないか、と感じたが、次の瞬間。
『ウォォゥ……ウゥゥゥ……』
 船の縁へと取り憑き、呻き声を上げながら登ってこようとする……亡者。
「む……どうやら現れた様じゃな」
 早速潮が発光する事で、亡者来襲を仲間達に報せると、それに合わせる様にアルヴァが船を範囲に結界を発動。
「これで亡者に傷付けられても大丈夫……だといいが、まぁわかんねえな。んじゃ、船は頼むぜ」
 そう言いながらアルヴァは船の情報へと飛行し、発光に照らされる亡者の影を発見。
「いつも無理させて悪いね。今回も無理させちまうが頼むぜ、愛銃」
 と言いながら、昇ってくる亡者を銃撃する。
 そして、更にヴェルーリアは、昇ってくる亡者達に。
『ねえ…なんで船を沈めようとするの? 何か理由があるの? 人の命を奪ったり、船を沈めようとしたりする以外で未練があるのなら、なんとか出来るかもしれないから教えて?』
 と、霊魂を通して呼びかける。
 ……だが、ヴェルーリアの言葉に何かの反応を返す事は無い。
 そして、そんなイレギュラーズ達が亡者の対応をしている所へ、真っ正面から航路をとり、近づいてくるのは……ボロボロの船。
 そのボロボロ度合いは、本当に浮かんでいるのが不思議……といった具合のレベルではあるが、その甲板に乗っているのは、骨だけになった幽霊船員達。
『ウゥゥゥ……コロス、コロス……ゥゥ……』
 心底に込めた積年の恨みが籠もった、彼らの叫び。
 その叫びに呼応するかの如く、船に取り憑いた亡者達も勢いを上げて左舷、右舷、前後……様々な所から次々と乗り上げてくる。
「やれやれ、人の船に手を出そうとは船乗りの風上にも置けねえなぁ、お前さん方」
「そうだな。無賃乗車はお引き取り願おう。沈むのは困るんでね」
 縁とアルヴァはそう言いつつ、幽霊船が至近距離に近づいてくるまでは、亡者の対応へ。
 アルヴァはデタラメに放つ無数の弾丸を亡者達に仕向けていき、縁は刀を一閃し、海へと叩き落とす。
 一方、潮は敢えて船から飛び降りる。
 無論理由あっての事……亡者が船の稼働部に取り憑くことで、例え倒しても動けない……という状況を防ぐ為に、事前にクリティカルな部分の亡者を一掃していく。
 更にモカは特に亡者達が集まっている処をターゲットポイントにし、口上を述べて亡者のターゲットを自分へと集中させた上で、近づいて来た敵を次々と拳で殴る。
 そうして、取りあえず船に取り憑いてくる亡者達を一匹ずつ、確実に仕留める事で、船が主さに沈没しないように動き回るイレギュラーズ。
 とは言え亡者の数は多く、倒しても倒しても、次から次へと海の中から姿を表すので、きりがない。
 ともあれそんな対処をしながら数分経過し……こちらへと向かってきていた幽霊船を、操舵輪を切り返して直撃を避けつつ、船体を掠めさせて敵船の勢いを削ぎ、停止させる。
 そんな停止した船よりは、10人のヒトガタの骸骨達が、道連れにしよう、と次々と乗り込んでくる。
」そういえば、こやつら接舷して乗り込んでくるのかの。後衛も居る故、わしより後ろに行かれるのは不味いか。盾役、惹きつけを頼めるかの?」
 と白妙姫の言葉に、ハッピーが。
「うん、さぁー現れたね! 私が相手になるよ!!」
 とどこか嬉しそうにしながら、幽霊船船員達に向けて。
「全員私を見ろおらぁーー!!」
 荒々しい口調で挑発を行い、幽霊船船員、更に亡者達の注目を集め、様々な方角から次々と攻撃をしかけてくる。
 ……さすがに手数が多過ぎるので、ハッピーに次々と攻撃が命中……だが。
「余裕余裕! バッチコイうぎゃー!! 全然平気だおらぁー! わびゃーー!!」
 と、悲鳴を揚げるが……ターゲットの固定化に貢献。
 そして固まったターゲットの所に、白妙姫が。
「わしは一対一を得意とする。幽霊船員の方に当たらせてもらうぞぅ!」
 と言いつつ、取りあえず幽霊船員の一人を確実に倒す為、朧月夜を掲げ。
「さぁ、この刀の露と消えるのじゃ!」
 格好良いセリフと共に放たれた一撃が、敵を五月雨式に切り刻む。
 その一閃により、大ダメージを受けた幽霊船員……すかさず縁も。
「まぁ、お前達からすれば仲間が欲しいだけなのかもしれんが……生憎とまだオレ達はこの世に生きているんだ。お前達に連れて行かれる訳にはいかねえ」
 と言い放ち、彼の周りに無数の火の玉の幻を浮かび上がらせ……それを幽霊達に仕向けていく。
『……ウグゥゥ……』
 その火の玉に、何か思う所があるのか、呻き声のテンションが少しだけ変わる。
 ……だが、それに縁は。
「嘘か本当かは知らないが、海に浮かぶ火は龍神が魂を送る為に灯したもの、なんて逸話もあったらしいぜ? 生憎と俺は龍でも神でもねぇが……それでも、お前さん方を弔う送り火位にはなるだろうさ」
 とだけ言い、火を見て狂気に囚われた者達へ、赤と黒の双撃を叩き込み、確実に仕留める。
 更にイズマが敵陣へとツッコミ、細剣を振るう範囲攻撃で総じて体力を削る。
 と、幽霊船船員に対峙するのは主にこの三人。
 残るイレギュラーズ達は、終わるとも知れない亡者達の討伐だけに注力する……さもないと、船が沈んでしまう可能性があるから。
 故に殲滅するペースはかなり遅く、時間は掛かってしまう。
 ……だが、そんな敵の攻撃に。
「大丈夫大丈夫! 私に任せとけー!!」
 ハッピーは……幽霊故に死ぬ概念は微妙だけれど、死を厭う事無く敵のターゲットを全て自分に集めていき、動き回る。
 そんな彼女のダメージは、ヴェルーリアがその体力を注意して見極める事で、出来うる限り回復。
 ……そして、注意が彼女に向いて居る途中は、他の仲間達が幽霊船船員を一人ずつ、確実に仕留める。
 そう、イレギュラーズ達が手分けして敵を殲滅する事で、船への被害を最小限に抑えつつ、幽霊船船員10人の数を確実に減らしていく。
 ……そして、亡者達が船に取り憑き始めてから、十数分。
 亡者の勢いは変わらぬ物の、残る幽霊船船員は後一人。
『……ウゥゥ……』
 零した呻き声は今の状況への悲観か、それとも……苦しみを訴えかけているだけか。
「……その真実は闇の中だな。ともあれ、もうこれ以上苦しまなくていいんだ……この一撃で、静かに眠れ」
 と最後の一体に向けて、イズマが放つ、正確無比な刺突の一閃。
 その一撃により致命の効果が発動し、一気に防御力が低下する。
 そして……。
「はぁ、はぁ……た、大変だったけどこれで終わりだぜー! よーっし、これでも喰らえーー!!」
 息を切らせながら、ハッピーが放つ大火力の一撃。
 至近距離からの一撃は避ける間もなく……最後の幽霊船船員はその火に巻き込まれて……その姿は消失していった。

●一艘の影に
 ……そして、幽霊船の船員達を全て倒した直後。
『……う、ぁぁ……』
 と、そんな呻き声を上げた亡者達。
 そして次の瞬間には……まるで今迄のが幻が如く、次々と具現化した姿は、霧の中に消えていく。
 数刻の後に霧が晴れれば……後に残るは、再び静寂だけが支配する海の上。
「……ふぅ……幽霊船員達の消失と共に、亡者達も消えた様だな」
 汗を拭うモカ……それに頷くヴェルーリア。
「その様ですね……あの亡者達は、幽霊船により殺されたり、死んだりした人達なのでしょう……」
 瞑目するヴェルーリア……そして白妙姫が。
「うむ……それにしてもげに恐ろしきは亡者の数よの。いつかこれは、代替的に供養してやらねばならんのではないか?」
 と軽く頚を傾げると、アルヴァとイズマも。
「ああ。今回の幽霊船船員は、それなりの武装だったけど……生前は何をしてたんだろうな……」
「そうだな。救われない魂たち、せめて安らかであれ……なんて、柄でもねぇけど」
「ああ……幽霊船も姿を消した。彼らの具体的な痕跡は、何一つ残っていない……いや、この傷とやらが、彼らの苦しみを訴えかけた証……なんだろうな」
 己が受けた傷に目を配るイズマ。
 ……ともあれ亡霊と幽霊船員という、この海に恨み辛みを孕んだ亡者達の痕跡は、今ここに目に見える形には残っていない。
 そして、先ほど迄幽霊船があった場所に向かい……静寂の海に向けてイズマが。
「……気休めだが、レクイエムをプレゼントしよう。死者の安息を願う歌を」
 と鎮魂歌を奏で、死者を弔う。
 ……その鎮魂歌を聞きながらアルヴァが。
「幸運にも、こうして俺たちと逢えたんだ。安らかに眠るといいさ……」
 と、弔いの祈りを捧げる。
 そんなイレギュラーズ達の冥福の祈りが届いたかどうかは分からないけれど……こうして、この海に眠る亡者達が、少しでも休まれば、と願う。
 そうして仲間達の弔いを捧げた後に、船体の確認をしていた潮が甲板へと戻ってくる。
「ん……船体の状況はどうだった?」
 と縁の問いかけに、潮は。
「ああ……まぁ航行に影響無い程度には修理したのじゃ。しかしなぁ……後で船にお札でも貼った方が良いんじゃろうか……」
 とぼやく。
 幾度となく幽霊船退治の依頼を熟したけれど……何だか自分の船が呪われているような、そんな気さえする。
 そんな潮に縁は。
「……ま、それは帰ったらにしようや。ほら、熱い夏の夜だ、サマービールが美味しいだろうさ!」
 とその背中を叩きつつ、イレギュラーズ達は帰航路へとつくのであった。

成否

成功

MVP

なし

状態異常

なし

あとがき

真夏と言えば幽霊船……という訳ではなりませんが、幽霊船退治に参加頂きありがとうございました!
正直亡者が次々と現れるなんてスプラッタな光景、体験したくは無いですね……。

PAGETOPPAGEBOTTOM