PandoraPartyProject

シナリオ詳細

流星神社の異変

完了

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

●流星神社の異変
 七月某日――。
 気温も上がり、少し歩くだけで汗が出始めるこの季節。
 町一体が七夕飾りで彩られ、掲示板には『流星祭り』と文字が書かれたチラシが何枚も張られている。

「神主さん、これは何処に運べばいい?」
「ああ、その材料は社務所の方へ――」
 此処は流星神社。星の神である天津甕星を奉る神社である。
 今年の流星祭りの為、神主や巫女達、町の住民などが境内に訪れ準備を進めていた。
 神主が丁寧に境内を掃除し、ふぅと額から流れる汗を拭う。
「ここらで少し休憩しましょう。今すぐお茶を……おや?」
 手伝ってくれた皆さんにお茶を淹れて休憩しよう。そう思い神主が振り返ったが手伝ってくれていた住民たちの姿が見つからない。
「おかしいですね……星宮さん、皆さんはどちらに?」
「あれ? さっきまでいらしたのに……」
 通りかかった巫女に神主が尋ねるが巫女も不思議そうに首を傾げている。
 社務所にて流星守りの準備をしていた巫女に同じように尋ねても首を振るばかりで手水舎、拝殿、神楽殿、倉庫、あらゆる場所を探したがどこにも見当たらない。
 いくらなんでもおかしいと神主が探し回っていると本殿の前にハンカチが落ちているのを発見した。
「本殿は立ち入り禁止……そも鍵がかかっていて部外者は入れない筈ですが……」
 まさか……神主の顔がさぁっと青ざめた。

●流星神社の神隠し
「お前さん達、流星神社って覚えてるかい? ああ、いや初めてだったらそれでもいいんだが」
 境界案内人、朧は流星守りを指で弄びながらあなた方に問う。
 ある者は頷き、ある者は首を横に振りながら続きを促す。
「とある世界にある天津甕星って星の神さんを奉っていて毎年流星祭りっていう七夕にちなんだ祭りを執り行っているんだが……その準備を手伝っていた人々が忽然と姿を消したらしい」
 神主から話を聞いた信心深い人々はアマツ様の神隠しだ――などと恐れている様だ。
 ともあれ、このままでは流星祭りの開催どころか流星神社の存続に関わってくる。
「多分、行方不明者が神隠しにあったってのは本当だろうな。お前さん達なら異世界の人間だから神域に入ることも可能だろう。だが……」
 朧は顎に手をやり数秒考えこんだ後に口を開いた。
「本当に『アマツ様』の神隠しなのかね……?」
 その辺りも含めて探ってきてくれと朧はあなた方を送り出した。

NMコメント

 初めましての方は初めまして、白です。
 今回は現代日本で探索をしつつ神隠し事件の謎を解いて流星祭りを無事に開催しましょう。
 ちょっぴりCOC的要素を混ぜつつ、和な雰囲気の夏のシナリオをお楽しみください。

 同行者さんや、複数で行動する際はお手数ですがグループタグの表記をお願いします。
 なお、プレイングは何度送っていただいても大丈夫です。
 一回のプレイングに付き探索できる場所は一箇所でお願いいたします。

●目標
 神域に入り神隠し事件の手がかりを探す。

●舞台
 流星神社という星の神様を奉る神社です。
 現代日本の神社によく似ています。
 大きなお社が特徴です。
 第一章はこの流星神社の神域に入ります。
 現実世界の流星神社と建物などは変わりがありませんが

・常に星が煌めく夜である
・本殿に鍵がかかっていない
 という違いがあります。
 皆さんは本殿の前に見えた不思議な結界にはいり既に神域に潜入している、という体です。


●探索箇所
 ・鳥居
 参道から聳える立派な鳥居です。邪なる者は入れないとされています。
 ・手水舎
 手を清める場所です。ひんやりとした清らかな水が湛えられています。
 ・拝殿
 所謂お賽銭を投げる場所です。参拝箱、本坪鈴等があります。
 ・本殿
 神様、もとい天津甕星が居るとされている場所です。
 現実では入れない場所ですが神域の中では入れるようで……?

●NPC
 神主
 ほわほわしたおっとりおじいちゃん神主です。とっても優しく仕事にも真面目な人です。神主であったため神隠しに遭わなかった模様です。
 
 星宮
 流星神社でずっと働いている巫女さんです。きびきびとしてしっかり者です。
 OPには出てきますがプレイングに書かれぬ限り登場しません。
 なお星宮さんという名前は今回からつきました。神主さんと同じく神隠しには会いませんでした。

 天津甕星
 流星神社に祀られている星の神様です。
 末路わぬ神、悪神としての神話も残る彼ですがかつて建御雷神、経津主神という神様達よって平定されました。
 今作では流星神社、ならびにこの星神町の守り神として人々に慕われているという扱いです。神隠しは彼の仕業なのではないか? とも言われています。
 OPに名前は出てきていますが神域の中なら探せば見つかるかも……?


●境界案内人
 朧
 ご指定がなければ登場しません。ご指名があればホイホイついていきます。
 彼も『流星神社の世界』の者ではないので神域についていくことも可能です

●プレイング例
 アマツ様の神隠し……ね。
 本当にアマツ様の仕業だとして動機がさっぱり見えてこねぇな。
 もし見つけられれば何か話を聞けるかもしれねぇな。
 本殿の辺りにいたりしねぇか?

 こんな感じです。
 貴方にとって良き旅路になります様に。それではいってらっしゃい!

  • 流星神社の異変完了
  • NM名
  • 種別ラリー(LN)
  • 難易度-
  • 冒険終了日時2021年08月10日 22時11分
  • 章数3章
  • 総採用数15人
  • 参加費50RC

第1章

第1章 第1節

わんこ(p3p008288)
シャウト&クラッシュ

「おや、流星神社とは懐かしい名前デスネ。初詣に行ったなぁ……」
 半年前、参拝客でごった返していた流星神社の境内を思い出し、わんこは神域へ入った。
「流星神社は良い所デシタ、放っておくのは忍びない。ならば調査といきマショウカ! そうですネ、ちょっと鳥居に向かってみましょうカ」
 此処に来る前に聞いていた情報を思い返しながらわんこは、鳥居に歩みを進めた。

「邪なる者は入れないってんなら……その近くはそういう連中の溜まり場になったりしてないんデスカネ」

 神サマというよりは魑魅魍魎の類が人を攫ってるのでは?
 
 それがわんこの立てた仮説であった。
 鳥居に向かうに連れ、清廉な空気の中に嫌なニオイが混じる。
「嫌な予感がしマスネ」
 顔を顰めながら、すぐに戦闘態勢に移行できる様に指ぬきグローブを嵌めなおす。唾を飲み、わんこは鳥居の外へ慎重に足を踏み出すが、魑魅魍魎が跋扈しているどころか人影一つない。
「アテが外れましタカ?」
 わんこが首を傾げた同時にニオイが強くなり、一瞬だが僅かに空気が揺らいだ。
「!」
 直感的に鳥居の内側へ身を引くとわんこが立っていた場所にじわりと黒い『ナニカ』が現れる。巨大な手に見えるそれは暫く彷徨っていたが、やがて地面へ溶ける様にして消えた。
「あれが何か関係している可能性がありマスネ。暫くは戒したほうが良さそうデス」
 鳥居の影からわんこは『ナニカ』が消えた場所をじっと見つめていた。

成否

成功


第1章 第2節

ルビー・アールオース(p3p009378)
正義の味方

「神社に神隠しかぁ……」
 幼馴染が神隠しに逢い、迎えに行った時のことをルビー・アールオースは思い出していた。大切な人がいきなりいなくなった時の戸惑いや悲しみはルビー本人が体験していた。あの時の痛みと虚無はもう味わいたくない。
 どうしても他人事とは思えず、ルビーは今回の神隠しの調査に名乗り出た。

「きっと助けを求めている人が居るはず。消えた人たちは戻れなくなって困ってるだろうし、こんな事になって困ってるのは祀られてる神様だってそうかも! だって町の守り神として人々に慕われている神様なら無闇にこんな事しないもんね。それなのに疑われたら可哀そうだよ」
 拝殿の賽銭箱に小銭を投げ入れ、手を合わせる。
 誰か見つかります様に。
 小さくお願いし、胸の前で祈る様に手を組み瞳を閉じて『助けて』という声を探す。
 沢山の人を救いに行くんだと幼馴染と、スピネルと約束したから。
 最初は聞こえてこなかった声が、ルビーの真直ぐな想いに応える様に段々聞こえ始めた。

 ――助けて。
 ――帰りたい。
「聞こえた! 場所は……本殿からだね!」
 足早に駆け寄り扉の前でルビーは立ち止まる。何故か自然と背筋が伸びた。
「もしかして……神様も、居るの?」
 神様に対して可哀そう、なんて失礼かもしれないが。
 もし本当に困っているのなら、助けを求めているのなら力になりたい。
 ルビーは大きく頷いた後、鍵のかかっていない本殿の扉に手をかけた。

成否

成功


第1章 第3節

すみれ(p3p009752)
しろきはなよめ

「流星神社……此処には初めて来たはずなのに、何だか全力で恋愛お百度参りしたような感覚になるのが不思議ですね……」
 自身を慕う菫色の蝶を愛でながら、すみれは流星神社に謎の既視感を感じていた。
 ――全財産を賽銭箱にブチ込んで本気(マジ)で真剣(ガチ)の参拝をしてやります!
「はっ、私は何を……?」
 突然口から飛び出た謎のワードに口元を抑えながら、すみれは拝殿へ向かう。
「七夕に因んだ祭りとなれば、此方で参拝する方も多いのでしょうね」
 名前も祀っている神も星に因んでいるこの神社は七夕祭りを開催しているのだと聞いていた。確か現実の流星神社では本殿の前にハンカチが落ちていた。ならば、拝殿には何か落ちていないだろうかとすみれは探索する。
「何となくですけれど、アマツ様はいきなり無差別に人を消すような神様ではないと思うのです。本当の神隠しとあらばハンカチすら完璧に消してしまいそうな気もしますが……」

 真実は神のみぞ知る。

 心の内だけで呟き、すみれは賽銭箱へ小銭を淹れる。
 深く二礼をし、ゆっくり二拍手。
 消えた皆様が無事に戻ってきますように。
 一礼して神前を下りようとした時だった。
「あら……」
 賽銭箱の脇に紙片が落ちていることにすみれは気が付いた。
 拾い上げると、走り書きではあるがこう書いてある。

「黒い手が追ってきたけど、かっこいい人に助けてもらった。星の髪飾りを付けたその人は本殿に来いと言っていた。」

成否

成功


第1章 第4節

祝音・猫乃見・来探(p3p009413)
淡き白糖のシュネーバル

「流星神社の神様はアマツ様だけど、この世界、他にも神様いるよね……? アマツ様なら守る為に。他の神様等なら何か目的があって神隠しした、のかな」
 神域に降り、祝音・猫乃見・来探は空を見上げた。
 雲一つない見事な星空が満天の輝きを放ち、ほうと祝音は感嘆の息を漏らす。
「お星さま、綺麗……」
 ずっと見ていたくなるが、ふるりと頭を横に振りアマツ様や消えた人々を探す。
「アマツ様、皆、どこ……?」
 声に反応は無いが、ふと手水舎が目に入る。そういえば神様に会うときは手を清めるが作法だ。手を清めつつ祝音は手水舎を調べてみる。
「何か落ちてたりしないかな……? あっ」
 星の形をしたお守りが底に沈んでいることに祝音は気が付いた。ごめんなさいと心の内で唱えつつ、祝音は水の中に手を入れお守りを掴み取る。腕まで登ってきた水の冷たさに耐えながら引き上げると、流星守りは美しい蒼の布のほとんどが黒く染まっていた。何かに侵されているかのように。
「お守り……汚れてるだけ……ってことは無いよね」
 大事そうにハンカチに包んで、胸元に仕舞う。
 その足で拝殿に向かった祝音は賽銭を投げ、鈴を鳴らした。
「にはい、にはくしゅ、いちれい? ……だっけ?」
 少しぎこちなくなりつつも、手を合わせ祈る。
(いなくなった皆が見つかって、傷ついてるなら癒されて……お家に帰れますように)
「アマツ様にも、聞こえるかな……?」
 本殿から何かの音がした。

成否

成功


第1章 第5節

鳶島 津々流(p3p000141)
四季の奏者

「星の神様を祭る神社で七夕にちなんだお祭りかあ。僕のいた世界にも七夕祭りはあったから、何だか懐かしいね。」
 こんなに綺麗な星夜なら、織姫と彦星も再会できているだろうと鳶島 津々流は夜空を仰いだ。キラキラと空を彩る星々は此処が見えているのだろうか。
「でも神隠しとは穏やかじゃないなあ、みんな困ってしまうから早く解決出来ればいいのだけど……」
 朧は『アマツ様』の神隠しなのか、と疑っていた。津々流もまた同意見であった。
「神社の守り神として人々に慕われているって話だし、悪さをするような神様だとは思えなくて……それか、何か事情があってこちらに連れてきたって可能性もあるかな」
 どちらにせよ、と 津々流は本殿へと歩を進める。
「アマツ様に話を聞いてみないと分からないね」
 鍵のかかっていない本殿の扉をそっと押し開ける。
 本殿内は不思議な青い炎が灯された燭台が四隅に置かれており予想外に明るく、中の光景をしっかり確認できた。

「……これは」
 肩を寄せ合い、帰りたいと嘆く人々。
 パパ、ママと親を探しまわり泣いている幼子。
 最奥の少し奥まった場所に『彼』は片膝を着いて座っていた。
「……お前も迷い人か? それとも……奴らの仲間か?」
 ゆったりと立ち上がり、彼は腰に差した星の装飾が施された刀の切っ先を 津々流に向ける。
「話を聞きに来たんだよ」
「……ほう?」
 彼は、 天津甕星は目を細めた。

成否

成功

PAGETOPPAGEBOTTOM