PandoraPartyProject

シナリオ詳細

<Rw Nw Prt M Hrw>狂いし求めの果てに

完了

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

●<Rw Nw Prt M Hrw>
 大陸中央部に広がる砂漠地帯、そこに点在する遺跡群『FarbeReise』。
 その最奥部に存在していたのは、大精霊ファルベリヒトの祠。
「……ここ、は……」
 と、目を煌めかせていたのは、大鴉盗賊団の者達。
 足を踏み入れた祠の周域には、彼らが求めていた色宝が多く舞い踊る。
 しかし……そこに存在したファルベリヒトは『博士』と、その精神をどうかさせた結果『狂気』状態へと陥いってしまう。
 その影響かはわからないが、同じく最奥近くに存在していたホルスの子供達もまた……狂気状態へと苛まれる。
 いや、ホルスの子供達だけではない……大鴉盗賊団の者達も、ファルベリヒトを取り込もうとし、狂気に侵されてしまった者も多々存在する。
 そんな盗賊団達は暴徒と化し、なりふり構わず暴れ回る。
 ……そんな大鴉盗賊団を退け、狂気状態で暴走を行うファルベリヒトを行わなければ、その力がさらなる暴走を呼び込み、ラサ全域に暴走が広がりかねないだろう……。

●狂いし求めの果てに
「センパイ、センパイ!! 大変っす、手伝ってほしいっす!!」
 と、『パザジールルメスの少女』リヴィエール・ルメス(p3n000038)は、ネフェルストに居た君達に騒がしく声をかける。
 そして立ち止まり、話を聞いてくれる君達に笑顔を見せながら。
「ありがとうっす、センパイ! 『ファルベライズ』遺跡の最深部で、事件が起きてしまったんっす!!」
「遺跡中核は、輝くクリスタルで埋め尽くされてるんっすけど、その最奥部には祭壇があったんッス。この最奥部……週胃に色宝が舞い踊っていて、とても幻想的な空間なんっすけど……ここには色宝の影響が強く表れてしまう様なんっす」
「その結果、この最奥部へ足を踏み入れた大鴉盗賊団達も、色宝の力によって狂化してしまってる様なんっす。もちろんホルスの子供達も……っす」
「彼らが狂気に苛まれているのは色宝の力であるのは間違いない様なんっす。ただ狂ってしまった彼らを救うには、その場から引き離すだけではだめっす。一度倒して、狂気を払って上げる必要があるっす」
「狂気に包まれたままの子供達と大鴉盗賊団を放置しておくと、洞窟の外に出てきて殺戮の限りを尽くしかねないっすから、できる限り洞窟の中で全てを押しとどめておきたい所っすよね。イレギュラーズの皆さんには協力してもらってばかりっすけど……本当、どうにか御願いっす。宜しく頼むっすよ!!」
 と、勢いよく頭を下げるのであった。

GMコメント

 皆様、こんにちわ。緋月 燕(あけつき・つばめ)と申します。
 ラサに広がるファルベライズ……とうとう、最奥部へと到達した様ですが、そこは狂気と隣り合わせの空間だった様です。

 ●成功条件
   大鴉盗賊団、ホルスの子供達共に倒す事です。
   尚、大鴉盗賊団については気絶させる(死亡ではなく、不殺で戦闘不能にする)でも問題ありません。

 ●情報精度
  このシナリオの情報精度はBです。
  依頼人の言葉や情報に嘘はありませんが、不明点もあります。

 ●周りの状況
   今回の戦場となるのは、ファルベライズの最奥部です。
   周囲には色宝が浮遊していますが、特にこれに当たってもダメージとかはありません。
   ただ、色宝を全て回収できたとしても、既に狂気に包まれてしまっている子供達、盗賊団はそのままでは元に戻りませんので、倒さなければならないのは代わりません。

 ●討伐目標
   今回相手となるのは大きく2種類です。
   どちらの敵も、イレギュラーズを攻撃対象としているので、彼らから逃げる事は難しいです。
   
   1)狂化したホルスの子供達 15体
     子供達くらいの大きさをした、土塊の生き物です。
     彼らは理由は分かりませんが『生き物を傷付ける』事を最優先として動く為、イレギュラーズ及び大鴉盗賊団達を攻撃ターゲットとして優先的に狙って来ます。
     攻撃手段は、その土塊の拳を振り回して攻撃しかしません。
     バッドステータスは特にないものの、ただ単純に攻撃力が高い一撃なので、直撃を受けない様に注意が必要です。
   
   2)狂化した大鴉盗賊団 10体
     色宝の力によって狂気に苛まれてしまった盗賊団です。
     今迄の様々な苦難の結果、人数がかなり少なくなってしまいましたが、残る彼らは精鋭……と言えるかもしれません。
     ただ、狂化してしまっており、彼らは浮かぶ色宝は全て自分のもの、それを奪いに来たイレギュラーズは許せない……とばかりに攻撃してきます。
     尚、狂気については一度気絶(不殺)すれば解けます。
     とは言え色宝が多数浮かぶこの空間に放置しておくと、再び狂気に包まれてしまう可能性はゼロではありませんので、倒した後も出来る限り早めにその場から退避させる必要があります。
 
 それでは、イレギュラーズの皆様、宜しくお願い致します。

  • <Rw Nw Prt M Hrw>狂いし求めの果てに完了
  • GM名緋月燕
  • 種別通常
  • 難易度NORMAL
  • 冒険終了日時2021年02月21日 22時40分
  • 参加人数8/8人
  • 相談6日
  • 参加費100RC

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

参加者一覧(8人)

マルク・シリング(p3p001309)
浮遊島の大使
シラス(p3p004421)
竜剣
エレンシア=ウォルハリア=レスティーユ(p3p004881)
一ノ太刀
庚(p3p007370)
宙狐
ブレンダ・スカーレット・アレクサンデル(p3p008017)
導きの戦乙女
一条 夢心地(p3p008344)
殿
ノルン・アレスト(p3p008817)
願い護る小さな盾
物部 支佐手(p3p009422)
黒蛇

リプレイ

●狂いし者達
 大陸中央部に、広大に広がる砂漠地帯、ラサ。
 その一つの遺跡『FarbeReise』の最奥部、大精霊ファルベリヒトのほこら。
 最奥部へと到達し……周りに浮かぶ大量の色宝を視認したノルン・アレスト(p3p008817)。
「まさか……ファルベライズの奥がこんな場所だったなんて……」
 と、衝撃を受ける。
 そんなノルンの言葉に対し、『宙狐』庚(p3p007370)は。
「ええ。色とりどりの色宝が煌めく洞窟。見た目は美しゅうございますが、狂気を誘っているのはいささか……いただけませんよねぇ。せっかくの幻想的な場も形無しです」
 と目を細め、それに『黒蛇』物部 支佐手(p3p009422)も。
「ほう……こんなに色宝が……琴への土産に一つくらい取っときたいもんじゃが、今はそれどころではない……か」
 庚と支佐手の言葉の通り……イレギュラーズ達の周囲には大量の色宝が舞い踊っている。
 しかし、それによりホルスの子供達はおろか、色宝を手にしようとやってきた大鴉盗賊団達をも狂わされてしまっていて。
『クソがよ、てめぇらにこの色宝なんて渡してたまるか!』
『そうだそうだ! 後から来て自分の者なんかにさせてたまるかよ!!』
 と、大鴉盗賊団はいきり立ち、一方のホルスの子供達は。
『……ウゥォオオゥ……!』
 と、人語を解さない咆吼を揚げている。
 そんなホルスの子供達と大鴉盗賊団達の狂い具合を見た『至剣ならざる至槍天』エレンシア=ウォルハリア=レスティーユ(p3p004881)と、マルク・シリング(p3p001309)、『鳶指』シラス(p3p004421)の三人も。
「やれやれ……宝を求めて遺跡に来てみたら、狂気に憑かれた、か」
「そうだね。ホルスの子供達に、大鴉盗賊団……か」
「俺の知ったことじゃないが……これは救いが無いねぇ……盗賊に身を落として命懸けで流れ着いた末路がこんなものか……狂気から覚めたところでお縄だろうよ」
 シラスの言う通り、大鴉盗賊団達が例え正気になったとしても……色宝を奪う行為を繰り返していた彼らはその後捕まる他に道は残されていないだろう。
「まぁ……今のところは問題ないが……あまり気持ちの良い場所ではないな」
 と『艶武神楽』ブレンダ・スカーレット・アレクサンデル(p3p008017)が目を閉じ、唇を噛みしめると『殿』一条 夢心地(p3p008344)も。
「そうじゃな。得体の知れぬ悲報が人を狂わす……良く聞く話ではあるがの。しかし譫妄を引き起こした者たちを目の当たりにすると、いやはや恐ろしいものよ……ここで止めねばならぬし、そして繰り返すことの無き様、何があったかを広く語らせねばならぬ。己が正気を失い、人でなくなりかけたことを。他でも無い自分達の口からのう……」
 そして。
「この件、詳しく調べたいですけど、まずはこの人たちを何とかしないとですね……倒せなくても、受け止めてみせます!」
 ぐっと拳を握りしめる。
 そんなアレストの気持ちを理解する様に頷いた支佐手が。
「そうじゃな。悪党どもが全滅するまで放っておいても良いんじゃが、マルクさん達が納得せんでしょうからの……しゃあない、ここらで一仕事といきやしょう!」
 そしてエレンシアとマルク、庚に夢心地も。
「外に出られて暴れられる訳にもいかんし、放置する訳にもいかないか」
「うん、どちらも狂化していて、数も多い、と……数の有利に推しきられない様に気をつけないとね」
「ええ。無粋な敵様を早く意識を飛ばしてやり、ここからたたき出して差し上げましょうね」
「うむ。来るってしまった者どもを倒すのじゃ」
 と、各々の気合いと共に、イレギュラーズ達は暴走に落ちたる盗賊団と子供達へと対峙した。

●苛まれた者達
『殺す、殺す殺す殺すゥウ……!!』
 対峙するイレギュラーズ達へ、明確な敵対視と共に、殴りかかってくる大鴉盗賊団……その数は十人。
 その攻撃を躱しつつ、いったん間合いを取るイレギュラーズ。
 ……今迄に対峙してきていた多数の大鴉盗賊団とは違い、対峙する者の数は、たった10人。
 それに加えて、同じく狂いしホルスの子供達が更に15体という、併せて25体に対し、イレギュラーズは8人。
「しかし、これはずいぶんな数だな。相手にするには骨が折れるぜ」
 と、溜息を吐くエレンシア。
 それにシラスが。
「そうだな。早いところ数の不利を何とかしなくちゃ押しきられる」
 と頷く、そして。
「それでは、さっさと片付けてしまうとしよう。こういう戦いは大剣向きだしな」
「そうだな、よろしく頼むぜ? ……という訳で、だ。お前達、夢を抱いたまま逝きな」
 ブレンダにシラスが僅かに微笑む。
 そしてシラスが即応し、仕掛けてきた盗賊……ではなく、回り込みホルスの子供達の方へ。
 しかしそれを妨害しようと動く者。
 そんな盗賊に対し、エレンシアが飛刃六短を飛ばして足止め。
 足止めされた所へ更に夢心地が。
「ルメスの言によれば、狂気をはらう事は叶うとの事……ならば麿はその可能性に賭けるとしようぞ」
 と、同じく敵へと接近。
 手近にあった色宝を握りしめて。
「お主等、これがほしいのであろう?」
『当たり前だァ! これは全部俺達の物だ!!』
「ふむ……しかしこれにより、お主らもあの子供達の様になるかもしれぬぞ? 先ほど、お主らはこれがほしいと言うた。しかしこれは人を狂わすものじゃ……お主らにも心当たりあろう?」
 敢えて色宝が狂わせた、という事を伝える夢心地。
 ……しかし、そんな言葉に盗賊達はというと。
『うるせえ! てめえらがほしいから嘘をついてるんだろうが!! 何であろうと、てめぇらを殺して、全部俺達のもんだ!!』
 やはり狂気に包まれているからか、全く聞く耳を持たない。
 そんな敵の反抗に苦虫をかみつぶした様な表情を浮かべ、夢心地は剣を振るう。
 更に続いてブレンダが。
「手荒になるのは許せよ。貴様らが欲に目が眩んだのが悪いのだ!」
 と名乗り口上で盗賊達をこちらへと惹きつけつつ、マルクが神気閃光で範囲攻撃。
 撃ち抜かれた盗賊達が、ウギャアアと悲鳴を揚げて、苦しみもだえる。
 そして、前衛達が盗賊達を惹きつけてくれたおかげもあり、シラスは盗賊の包囲網を抜けて子供達の下へ。
『……ウゥグォオオ……!!』
 人語ではなく、狂いし子供達はその拳を振り回す。
 ……そんな敵の攻撃を、直撃を避けるようにしながら躱し、零域で瞬間的に集中し、そのままバジリスクの一瞥を、子供達のど真ん中で発動。
「--燃え尽きろォ!!」
 更にその一撃に乗った数多の効果により、怒濤の連続攻撃の勢いで敵を穿つ。
 さすがにシラス地震にも反動の衝撃は行くが、決死の一撃は子供達にかなりのダメージを振りまいていく。
 そしてシラスの攻撃が落ち着いた所に、アレストがクローズドサンクチュアリで自己再生付与しつつ、ミリアドハーモニクスでシラスを回復し、危険一歩手前で回避。
 そして支佐手と庚の後衛二人が続いて。
「さて……取りあえずシラス様が子供達を抑えている間に、カノエらで盗賊達を仕留め……いや、気絶させませんとね」
「そうじゃな」
 と声を掛け合う。
 そして支佐手がドゥームウィスパー、庚がエメスドライブで攻撃。
 次の刻。
 とは言っても知性的な行動は取れない為、行動は攻撃一本。
 さすがに15体を相手にするシラス一人では、全てを躱す事は難しく、子供達は一人一人の攻撃力が高いのでかなりのダメージとなる。
 ……そんな敵の動きに合わせて、アレストはすぐにミリアドハーモニクスで回復するのだが……それだけではさすがに回復仕切れない。
 その為マルクも一時的に回復薬へと周り、大天使の祝福で支援する。
 シラスを支援しつつ、残るイレギュラーズ達は盗賊達への攻撃。
『クッ……ふざけやがって!!』
『諦めるな! こいつらを倒せば、巨万の富が手に入るんだ!!』
 狂気と共に、金に目を眩ませた盗賊達。
 そんな盗賊達の声に、あえてブレンダが。
「狂った貴様らに負ける道理は無いな! 私達は逃げも隠れもしないぞ、さぁ、かかってこい!」
 名乗り口上を更に加え、万が一にもシラスの方に向かわない様、ターゲットを誘引。
 誘引された敵にエレンシアのギガクラッシュと、夢心地の外三光が至近距離から攻撃し、確実に敵の体力を減らす様に動く。
 ……そして、イレギュラーズ達の猛攻を受けて、瀕死になりつつある盗賊を見つけると。
「さて、ではそろそろねんねしてもらうと致しましょう!」
「ああ、よろしく頼む。トドメは任せたぜ。アタシも進んで殺しをしたいわけじゃねぇからな!」
 と、『腐食結界『ラヴィアンローズ』』を発動し、敵を呪殺の識別範囲攻撃で、仕留める庚、そしてエレンシアが威勢良く声を張る
 そして……倒れた敵を次の刻、庚は攻撃をせずに、倒れた敵をその場から退避。
「まぁ、もしかしたら死んでるかもしれませんけれど、できる限りは救わさせていただきますよ、ええ」
「そうだね……無罪放免とはいかないけれど、生きていれば更生の機会があるかもしれない……死んでしまえば、終わりだから」
 と、そんな庚の動きに頷くマルク、そして、夢心地も。
「うむ。そうじゃな、麿も極力殺さぬ様……この剣を振るわせてもらおう」
 と『秘剣・大丈夫』で不殺の一撃。
 そしてブレンダも、『姫騎士の奏鳴曲』で不殺。
 イレギュラーズ達の不殺の連携で、盗賊達を死へと追いやらない様にできる限り注意して対処し……そして倒れた敵は、庚が退避させる事で、その後の戦いの流れ弾で死なない様に注意。
 ……そして10人いた盗賊達が全て崩れ、残るはホルスの子供達。
 今迄一人で対処していたシラスは、かなりの疲弊はあるものの、マルクとアレストの回復のおかげで戦線は守り切る。
 そして、仲間達がシラスの戦列に加わると共に。
「さあ、貴様らに加減をするつもりは無い。全力で斬り捨ててやろう」
 とブレンダが『閃光娘の追走曲』を放ち、敵への反撃の尖端を切る。
 彼女の声に頷き、今迄回復に手を取られていたマルクも攻撃傾注へシフト。
 そしてエレンシアが。
「さて、こいつ等は遠慮無く潰せるな! よし、今まで遠慮してた分全力で叩いていくぜ!」
 思いっきり全力で攻撃集中からのギガクラッシュ。
 更マルクの神気閃光に、夢心地の黒顎魔王。
 それら前衛の怒濤の攻撃が、土塊の躰にたたき込まれていく。
 勿論かなりの体力を誇る子供達は、なかなか倒れない。
 更にその土塊の拳を振り回して、近づくイレギュラーズを振り薙いでいく。
 そのダメージにすぐアレストが。
「すぐに、立て直します……! 輝夜、力を貸してください!」
 と盾を構えたまま、輝夜を開き、横に振るようにして天使の歌を奏で、仲間達を範囲回復。
 その回復の後、支佐手がファントムチェイサー、庚がピューピルシールを放つ。
 そんなイレギュラーズ達の猛襲の前に、少しずつ傷つく土塊の躰。
『グゥ……ゥゥ……』
 と、苦悶の呻き声を上げはじめる。
 そんな敵に対し、あえてブレンダが。
「貴様たちに加減をするつもりはない。全力で斬り捨ててやろう……土は土に返るがいいさ」
 と吐き捨てる様な言葉で言い放つ。
 そして、シラスが。
「さぁ、もう遠慮はしないぜ……一気に仕掛ける!」
 と強く宣言すると共に、惨影の一閃。
 その一撃が土塊の躰を切り刻み……地面に転がる。
「まずは一体……さぁ、次じゃ」
 支佐手は悲哀を感じる事も無く、二躰目、三躰目……狙いを、次々と変えていく。
 そんなイレギュラーズ達の勢いの前に転がる土塊。
「体力は高いが、其れを漁がする猛攻で押せば良い……さぁ、全て倒すぞ!』
 と、エレンシアが仲間達を鼓舞しながら、イレギュラーズは全ての子供達を、全力で仕留めていった。

●舞い踊る色宝の力
 そして……。
『……グルゥオオ……』
 と、最後まで立っていたホルスの子供が、目の前で土塊へと化す。
 今まで人のような姿形をしていた土が、もはやただの地面に転がる路傍の土となり、動くことももはや無く。
「……数が多く難儀な依頼じゃが、殿敵存在としてこれは見過ごすわけにもゆかぬな。綺麗に片付けるとしようかの」
 と、夢心地が呟きながら、子供達の土塊を履いて掃除。
 ……その一方で、アレストは気絶し、辺りに転がっている大鴉盗賊団達へ。
「……ええと……盗賊ですし、やっぱり捕まえて連行するべきでしょうか?」
 と仲間達に問いかけると、それにマルクが。
「そうだね……ただ、ここに居続けると、盗賊達が目を覚ましたらまた、狂気に苛まれてしまうかもしれない。取りあえず手足を縛って、暴れても大丈夫な様にしようか」
 そんなマルクの言葉にブレンダが。
「ああ。後はこの……浮かぶ色宝を回収しておくとしよう。何か不思議な力を持っているかもしれないからな、ラサに持ち帰れば、その辺りを調べる事も出来るだろうしな」
 そんなマルクとブレンダの言葉に支佐手が。
「そうじゃな。ならばわしが盗賊達を縛るとしよう。その間に、色宝の方を回収しておいてくれ」
「あ……ボクも手伝います……!」
 アレストが進んで手を上げて……気絶している内に、全ての盗賊達が暴れたりしない様、しっかりと捕縛。
 その間にアレクとブレンダ、そしてシラスらが、手が届く範囲に浮かんでいる色宝達を全て回収。
 ……回収した色宝を手にし、まじまじと見つめてみるブレンダ。
「手に取った限りは……普通の色宝と同じ様だが」
「……ま、人を狂わせる力は今迄の色宝も同じさ。取りあえず回収を急ごう」
「そうだな……使い道があるかはわからんが……私が思いつかなくとも、誰かが思いつくだろう」
 シラスが仲間達を促し、色宝を手際よく回収。
 そして、一通り回収を終えたらば、色宝を持つメンバーと、盗賊達を背負い連れて行くメンバーに別れて……ファルベライズ遺跡を脱出。
 ……首都に到着する直前には……気絶していた盗賊達が、一人、二人……目を覚ます。
『……ん……な、何だこれ……くそ、はずせよ!!』
 と思いっきり暴れる盗賊達だが、そんな登録達の腕と足には、しっかりと縄が食い込んでいて、逃げれる隙は微塵も無い。
 ……そんな盗賊達を首都ネフェルストまで引っ張っていき……傭兵団の前へ突き出す。
『くそ……やめろ、この……!!』
 まだまだ暴れる盗賊達だが、マルクは。
「……大鴉盗賊団出身で、改心した事例もあります。もし彼らが悔い改めるなら……どうか、更生の機会を与えてやって下さい」
 と頭を下げる。
 ……そんなマルクの言葉の一方で、支佐手とエレンシアがじたばたしている盗賊達に。
「別に、わしは死なせても良かったんじゃ。だが、おんしらが更生するなら……再びまっとうに生きる機会を与えてやろう、という慈悲じゃよ?」
「ああ。アンタ達に殺されてしまったのも居るだろう……更生しなければ、そのまま断罪されるだけの事。選択するのはアンタ達だ」
 と、静かな忠告……それにいったんは大人しくなる盗賊達。
 彼らが更生するかどうかは分からないが……イレギュラーズ達により救われた事実を目の当たりにし、彼らはうなだれるのであった。

成否

成功

MVP

シラス(p3p004421)
竜剣

状態異常

なし

あとがき

ファルベライズ依頼、皆様ご参加、ありがとうございました!
皆様のお力で、どうにか決着が着き、更に盗賊達も何とか無事でした。
勿論、彼らが更生するかどうかは分かりませんが……でも、生きていれば、きっと……と思います。

PAGETOPPAGEBOTTOM