PandoraPartyProject

シナリオ詳細

イ=ルーナクの今夜も無茶振りNightここの単語募集中

完了

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

●今日の
「ぴん、ぽん、ぱんぽーん!深夜■■時をお知らせします!
今夜もやっていきましょう、イ=ルーナクの今夜も無茶振りNightここの単語募集中ふざけんなよお前。

毎回タイトルを変える方式に文句があるわけじゃないんだよ私はね。
ただね、やるからにはちゃんと責任持とうぜって言いたいわけ。
思いつかなかったなら素直にそう言いなさいよ。人に投げっぱなしにしないで。
と言うか誰に向けての募集なんだよこれ。
今回そんなお題とか出してないからね。
その辺も片手落ちなんだよ。

まぁそれは次回までに反省してもらうとして最初のお便り読んでいきますね。

RN『クワガタ』さんからのお便りでーす。
めっさシンプルなRN来たわね。逆に珍しいわ。

『オウゴンオニクワガタはとてもきれいなので好きです』

うん。

『オオクワガタは強いのでもっと好きです』

うん。

……。
…………。
……………………。

えっ、これだけ?

ごめんね、ラジオの放送事故ギリギリまで黙っちゃったけども。
他になんか文字がないかとかね、まさかあぶり出しになってんじゃないかって一生懸命手紙ひっくり返して調べてたんだわ。

うん、これだけだね。
いや、文句があるわけじゃないの。どんな思いで日々を生きていてもあなたの自由だし、クワガタかっこいいもんね。
でもね、それだけ送られてきても困るの。
なんて言ってあげればいいかわからないわ流石の私でも。
こんなときどんな顔したらいいかわからないの。ラジオだから顔は見えませんけど。

えーと言うわけでそうですね。『クワガタ』さんにはもっとカブトムシとかにも目を向けて協調性を学んで貰いたいって思ったけど虫から学ぶ協調性ってなんか嫌だわね。
もっと友達とかとおしゃべりするといいんじゃないかしら。

うん、シンプルすぎて逆に忘れられない思い出になったわ」

●境界図書館にて
「やぁ、いらっしゃい」

境界案内人、カストルはいつものようにイレギュラーズを歓迎する。

「いつものやつ。で、もういいかな。このラジオにお便りを出してほしいんだ」

NMコメント

そろそろカストルくんの下りは省略していいんじゃないかなって気持ちになってきた。
こんばんは、小柄井枷木です。はじめましての人ははじめまして。
ラジオ系ラリーシナリオ、第8回となります。

・いつもの説明
 このシナリオの舞台である世界は、一つの大きな屋敷と、その中の各部屋に据え付けられたラジオ、そしてお便りを入れるためのポストだけが存在する小さな世界です。
 住人らしき人は見当たりませんが、屋敷は常に清潔に保たれ、ラジオからは常に誰かの声が流れています。ポストに入れたお便りはラジオの番組宛てに送られたものとされ、番組の中で読み上げられたりします。
 このラジオがこの世界で唯一動きのあるものであるため、お便りを出すことで世界の活性化、ひいては滅亡からの救済となるという理屈はつけられますが要するにラジオにお便りを出して楽しもう、という趣旨のシナリオになります。

 章ごとに違うお題が設定されていますので、それに沿った内容のお便りを送ってください。

プレイングという形で皆様のキャラが出したお便りをラジオパーソナリティのNPCが読み上げる、という形のシナリオになりますので、キャラの描写自体はかなり少なくなります。ご留意ください。

・プレイングについて
 お便りとしてNPCに読み上げてほしい部分を『』で囲んで書いてください。
 それ以外の、キャラクターがこういう心情でこのお便りを書いている、などの読み上げてほしくはない部分は『』の外に書いてください。
 RN(ラジオネーム)をつけたい場合は併記してください。書かれていない場合はキャラクター名での読み上げになります。

 また、イ=ルーナクさんが認識している世界は現代日本に近いものです。ゲームの舞台となる無垢なる混沌の知識は持ち合わせていません。お便りを書く際の参考までに。

・今回のお題について
・第1章
『教えて!イ=ルーナクさん』
 いつものやつ。皆様のキャラクターが抱えるちょっとしたお悩みや疑問をイ=ルーナクさんがズバッと解決、できたら良かったのにね。ってコーナーです。無茶振り歓迎。

・第2章
『逆にイ=ルーナクさんが質問するコーナー』
逆にイ=ルーナクさんが質問するコーナーです。
「こう言う質問だったら答えられる!」って言う事柄をお便りに書いてください。
それについてイ=ルーナクさんが質問してみたり「いやそんなことで悩んだ事ないわ」って突っ込んだりします。

・「私は毎日ゴブリン退治をして生計を立てているのでゴブリンについての質問ならどんとこいです」
イ=ルーナクさん「ゴブリンを退治して生活しようと思ったことなんてないわ」

そんな感じです。
それでは皆さんのお便りお待ちしております。

  • イ=ルーナクの今夜も無茶振りNightここの単語募集中完了
  • NM名小柄井枷木
  • 種別ラリー(LN)
  • 難易度-
  • 冒険終了日時2020年10月15日 21時40分
  • 章数2章
  • 総採用数13人
  • 参加費50RC

第1章

第1章 第1節

テルル・ウェイレット(p3p008374)
料理人

「では次のお便り。
RN『母の便りがおかしいです』さんから。
何があったのか。聞きたいような怖いから聞きたくないような。

『イ=ルーナクさん、毎回のお手紙ですが、今回も失礼します。
以前の木像は、とりあえず味のあるオブジェととして扱われるようになったことを報告します』

収まるところに収まった感じね。

『さて、そろそろ涼しさの中に寒さも見えてくるこの頃、いかがお過ごしでしょうか?』

こたつ出すには早いかなーとか考えながら過ごしてるよ。

『もうじき季節も移り変わるということで食べる物もですが、風景についても変わり、喫茶店側も模様替えしようかと思っておりました』

いいねー、季節感のある喫茶店って。行く楽しみが増えて。

『そこでイ=ルーナクさんに質問です。イ=ルーナクさんにとって、秋らしい風景と言うのは何でしょうか?飾りひとつでも様々ありますので、何か参考にしたく……
もしよろしければ、是非お店にも導入したいな、ということで筆を執らせて頂きました』

まぁ大方の期待通りの回答だと思いうけど食欲の秋だよね。
お芋とか栗とかかぼちゃとかね。
うん、これを風景って言うとただの畑になっちゃうからちょっと考えるわ。

うーん、ちょっと月並みだけどやっぱ真っ赤に染まった山を見ると秋だなーって思うよね。
まぁ紅葉そのものっていうかカラーリングかな。
赤とか黄色とかね。茶色はちょっと地味かもしれないけど。
そんな感じで。参考になったかしら」

成否

成功


第1章 第2節

フラーゴラ・トラモント(p3p008825)
恋する探険家

「ハイでは次のお便り。

RN『恋するオオカミ』さんから。
貪欲に獲物を狙ってるのねー。

『イ=ルーナクさんこんにちは
こうやってお便りを出すのは2回目です』

はいどうもですよー。

『追いかけていた思い人ですが
なんとデートに連れて行ってくれると言ってくれました』

ほほう!

『色々あってデートはなくなってしまったんですが
デート用に買った服をお披露目したら「かわいい」と言ってくれました』

あら、残念。
でもなさそうね。この調子だと。

『さらにシャイネンナハト(クリスマス)もどこかに連れて行ってくれるようです』

あらあら。

『最近は膝の上に乗せてくれるし、マントの下にも入れてくれます
思い出すだけでも顔がにやけてしまいます』

あらま、もう完全に仕留めちゃってるじゃん。
仕留めるって言い方はアレだな。射止める?

『質問ですが、思い人ともっと進展するにはどうしたらいいですか?』

それ以上?!
割ともう最上位のスキンシップの実績解除してない?

まぁ面白そうなのでアドバイスっていきます。

そうね、距離を詰めていく段階は終わりと見て良いわ。
詰める距離がなさそうだもの。

だから、次の段階として。
可愛げのあるワガママなんかを聞いてもらうの。
手間を掛けさせるというかね。
距離が近づいたからって放っておいたらだめだよって思わせるのね。

でもあんまり無茶なのはだめよ。
手間に見合わないって思われたらリリースされちゃうから。

ってな感じで。お役に立つかしら?」

成否

成功


第1章 第3節

九重 縁(p3p008706)
月下美人の花言葉は

「次のお便りでーす。
RN『ルナ・ヴァイオレット』さんから。
紫色の月かしら。幻想的ね。

『はじめまして、イ=ルーナクさん! いつもラジオ楽しく聞かせていただいています!』

お、ありがとうございます!

『ちょっと前にトラックにばーんどーんされて異世界転生を果たしたのですが』

そろそろこのくらいのパンチだとあんまり動じなくなってきた自分に気づいて微妙な気持ちになってるよね。

『ロボットに乗りながらイケメンと学生生活を謳歌していたらひょんなことからまた別世界へ飛ばされてしまいました。今回はアイドルを始めようと思い』

方向転換の思い切りが良すぎない?

『取り敢えず地道に頑張ってはいるのですがマネージャーも見つからないしなかなか難しいです』

まぁ楽じゃないよね、アイドル。

『芸能界の先輩としてイ=ルーナクさんに人気になるためのアドバイスを頂きたいです! お願いします! 難しそうならそろそろ寒くなってくるので、好きなおでんの具材をお願いします!』

たまごが好きですね。

まぁそれはさておき。
別に私も人気タレントってわけじゃないからねー。
そもそもアイドルではないし。
それでよければのアドバイスになるけど。

まぁとにかくレッスンよね。まず基礎がしっかりしてないとお話にならないからね。
んで後は人目につく機会を逃さないように。
人に顔覚えてもらってなんぼの商売だからね。
多少強引でも目立つことを心がけると良いんじゃないかしら」

成否

成功


第1章 第4節

Luxuria ちゃん(p3p006468)
おっぱいは凶器

「次のお便りでーす。
RN『自宅がなぜか託児所になった女』さんから。

『お久しぶりです。4度目のお手紙になります。
前回、自宅のキャバクラに成人男性が来ましたが背後に子供がいるのと相談したのですがその後の話です』

ほうほう。

『なんと、その子供の要望でカレーライスを出しました』

定食屋さんかな?

『自宅兼お店なので、カレーライスを作って出すくらいはわけないのですが、
しっとりと大人の男性とお酒を飲んでいるところにカレーを作る羽目になりまして』

もうしっとりしてる場合じゃないわね。スパイシーな匂いに勝てないわ。

『子供も男性もカレーは美味しいと言ってくれているのですが、
キャバクラという看板の存在意義を見失っています。
そのことに頭を悩ませ夜も眠れません。
肌荒れには気を付けてスキンケアをしています。
是非、イ=ルーナクさんの意見をお聞かせください』

そうね、お肌の健康を守るためにお答えしていきますよ。

まぁ、キャバクラも軽食くらい出すでしょうからね。
そう考えるとカレーを出したくらいじゃキャバクラとしてのアイデンティティは揺らいでいないんじゃないかな。

キャバクラもサービスを売るお店だからね。
お客さんがカレーを望んだときにカレーを提供できたなら立派にサービスを冠水できたってことですからね。

だからね、何も恥じることはないのよ。
うん、あなたはね、立派にキャバクラを経営できているわ。ってことにしておいてください」

成否

成功


第1章 第5節

メリー・フローラ・アベル(p3p007440)
汚い魔法少女

「どんどん行くわよ
RN『RNで悩みすぎた』さんから。
今日の社会問題の時間ですよ。

『なんで人間が野生動物の住処を奪うのが良くないって考える人が多いの?』

環境問題に物申してきたわね。

『動物も他の生き物の住処を力づくで奪って自分の縄張りにしたりしてるでしょ?
人間が同じことをして何が悪いの?

他の生き物がみんな滅んだら人間も生きていけないから、全滅はしないようにしなきゃいけないけど、一種や二種ぐらいなら滅んだって大丈夫でしょ!
だからそこまで気を使う必要はないと思うんだけど、どう思う?

それに人間だって自然の一部なんだから、人間が動物バンバン撃ち殺して、木をガンガン切り倒して、工場ぶっ立てて廃水垂れ流すのだって自然現象の一種じゃない?』

たまに見る論理ですねー。
言いたいことはわからないでもないけど。

一種や二種くらい滅んでもって言うけど、そんなふうに思ってると結局自分以外のすべてが滅ぶまでやるよ、人間って。滅ぼさないつもりなら全部を滅ばさないくらいのつもりでやってかないと。

んでまぁ野生動物の住処を奪っちゃいけない理由ね。
これはねー、世界に存在するものの種類が大いに越したことはないから、って思うよ。

例えばなんかの病気が流行したとき、それに耐えられない生き物ばっかりだったら一気に滅んじゃうわけよ。
生き物の種類がいっぱいあればその病気に耐えられるやつも増えるよね。
みたいな理論。
これで納得できたかしら?」

成否

成功


第1章 第6節

朔・ニーティア(p3p008867)
言の葉に乗せて

「次行くわよ。
RN『ただのみこ』さんから。
『イ=ルーナクさん、こんばんわ。そしてはじめまして。
ただのみこと申します。教えて!ということなので常日頃からの疑問を!』

はいはい、お聞きしますよ。

『先日、色々あってバブオギャさせていただいたんですが』

おん。

『世間には年下のママがあまりにも少なすぎると思うんです。
バブ味を感じるならば間違いなくロリ』

うん。

『ロリの膝枕で世俗という殻から解き放たれたいと願うのみ。
でも私よりも年下のママが いなさすぎるのです。
どうしてなんでしょうか、私が罪深いからでしょうか。
それともやはり12歳以下のママを探すことが駄目なのでしょうか。
ついでに幼女とデートする方法が知りたいです。
教えて下さい、イ=ルーナクさん!!!』

怖いよーぅ。

非常に申し訳ないんだけどすごく怖い。
なぜなら人間は理解できないものに恐怖を抱くから。

なまじ単語単語の意味は理解できるから逆に全体像がわからなくなるのよね。
盲目の人が手探りで象の形を探るみたいな話。

何の話をしていたんだっけ?
えー、そうね。年下のママ?こうも見事に相反する単語を連結できるものなのね。
とりあえずただのみこさんが罪深いことは間違いないと思います。
百歩譲って実際に罪を犯していないとしても業の深さがヤバいわ。除夜の鐘が負けそう。

というわけで幼女とデートする方法を考える前に滝に打たれてみると良いんじゃないかなって思いました。」

成否

成功


第1章 第7節

海紅玉 彼方(p3p008804)
レディ・ガーネット

「では次のお便りです。
RN『カナタ・ルビーオーシャン』さんから。

『三度目のお便りです。まず、師匠は無事領地を手に入れました』

貴族様かな?

『ですが、最近は領地運営のほうに力を入れるあまり金欠になっていきます……』

まぁ何事も投資のし始めは赤字になるものだからね。

『本題に入ります。以前お話したように私は元アイドルですが、最近はとある場所でアイドルとしての活動を再開しました』

領地持ちアイドル。新しいわね。

『ですが、その場所の近くには私の実家があります。実家の家族には家出をしてからしばらく会っていないので正直不安です。なので、家出をしてアイドルになった際の家族との話の仕方を教えてほしいです
追伸:入れる単語には「オーシャン」「ルビー」なんてどうでしょうか』

難しいこと聞きますね。
ないからね、家出をしてアイドルになってから家族と再開する経験。

ただでさえ難易度高いのに更にしばりプレイまで入れ来てますからね。
「オーシャン」と「ルビー」って単語を入れてご家族に説明するの?
「それがアイドル名です」って言うしかなくない?

まぁ真面目に言うんなら元気で生きてるならご家族もそうそうひどいことにはならないと思いますよ。
家出の原因が何だったかにもよるけど。
ご家族の方に問題があって家出してたってことならマネージャーさんとかに相談して顔合わせないようこしてください」

成否

成功


第1章 第8節

ノリア・ソーリア(p3p000062)
半透明の人魚

「ハイでは次です。
RN『透明しっぽの人魚姫』さんから。

『このまえ、わたしが、リスナーの皆様に、イ=ルーナクさんの、職場見学に、一緒にいきましょうと呼びかけたのを、憶えてらっしゃるでしょうか?』

そうですね。私史上初めての経験なのでよく覚えてるよ。

『その結果…なんと!』

うん。

『応募数…ゼロですの!』

でしょうね。

『どうしてでしょうか…わたしには、やっぱり、イ=ルーナクさんみたいに、たくさんのお手紙を、いただくことは、むずかしいのでしょうか?
よかったら、お手紙をいただける、コツを、お教えいただきたいですの…』

コツも何もお手紙もらわないと成り立たない仕事だからね。
そうね、人魚姫さんもラジオとか始めてみたらどうかしら。
最近はネット配信とかで結構簡単にできるだろうし。
ちょっと趣旨が違うかな?

『…ところで、わたしの家の、住所というのは、どんなふうに書けば、いいのでしょうか?
番地とか、好きな数字を、選んでしまえば、いいのでしょうか…?』

良くはないね。
よくこの人のお便り今までうちにちゃんと届いてたな。

『イ=ルーナクさんの、お勧めの数字を、教えてくださったら、参考にしますの』

誕生日が6月だから6が好きね。
いやそうじゃなく。

アレかな?海の中って住所って概念がないの?
なさそうだな。区画整理とかできなさそうだもんね。

ていうか手紙が届かない理由それじゃない?
行政に海の中に手紙届けて貰う方法聞いたほうが良いわよ」

成否

成功


第1章 第9節

溝隠 瑠璃(p3p009137)
ラド・バウD級闘士

「次のお便りいきます。
RN『瑠璃蝶』さんから。
雅なお名前ね。

『はじめまして、イ=ルーナクさん! いつもラジオ楽しく聞かせていただいています!』

あら、ありがとうございます。

『僕は学生業と「瑠璃蝶」というリングネームで闘士業を兼任して生活してるんですが』

何も雅じゃなかったわ。
なに、格闘マンガの世界の人?

『先日両親から闘士業を控える様に言われました』

でしょうね。

『多分、この前テストで苦手科目で赤点取ったのが原因だと思います』

そうかなぁ。

『父からは「暗殺者が有名になるんじゃない」と言われ、母からは「いい加減夢魔らしく房中術も学んでほしいのだけど」と言われました』

ご両親もそっち系の世界家の人なの?

『ムカッと来たので両親と喧嘩してその日の晩ご飯に強力な痺れ薬盛って動けなくした所をボコボコにしてから親友の家に家出してやりました、勝った!』

勝ちに貪欲。

『そこで相談なのですが…両親と仲直りするにはどうすればいいですか?』

仲直りって段階じゃなくない?
法廷で争うフェーズに入ってきてない?
それともそっちの世界観ではそれくらいは親子喧嘩の範疇なの?

私はそっちの作法は知らないので一般論でお答えすることになるけど。
とりあえず手を出しちゃってるからそこは謝らないとね。
「先にそっちが~」言い出したら泥沼だからね。まずは謝るの大事。

んでまぁ成績が悪かったのが喧嘩の原因ってことなので、勉強はちゃんとしたほうが良いわよ」

成否

成功


第1章 第10節

溝隠 瑠璃(p3p009137)
ラド・バウD級闘士

「次行くわよ。
RN『瑠璃蝶』さんから。

『イ=ルーナクさん、こんばんわ。先日は相談にお答えいただきありがとうございます
あの後、すぐさま両親に謝りに行きました。そしたら両親は許してくれました!
闘士業の事も小さい頃からの夢だと殴り合いの説得をしたら最終的に認めてくださいました、やった!』

あらスピード解決。
仲直りできたんなら良かったわ。

『さて相談なんですが家出中に親友の家に転がり込んだんですが…』

うん。

『その時にいつも通り親友とバトったのですが…』

うん?

『怒らせてしまいました…何がいけなかったのだろう…』

バトったことじゃないかな。

『ただ入浴中に隙ありと襲ったら溺れさせちゃって慌てて人工呼吸して蘇生したら「私のファーストキスが…」と言われてそれから相手してくれません』

余罪が積み上がっていくわね。

『謝ってもすぐに逃げられてしまって…どうすればいいでしょうか?』

どうしようもねぇな。
いや、流石にそんなふうに切って捨てたりはしないけど。

けど時が解決してくれるのを待つターンじゃないかなぁ、これは。
格闘漫画の世界の人ならまたバトルして友情を確かるのかもだけど。
けど私はその世界観の人じゃないから、そういう文脈はちょっと考慮しきれないわ。

なので私視線のアドバイスになるけど。
今は謝意を見せつつ距離感を図っていこうね。
慌てても逃げられるだけだからね。野生動物相手にする気持ちでじっくり行こう」

成否

成功


第1章 第11節

「おっと、そろそろ次のコーナーの時間だね。
今回もたくさんのお便りありがとうねー。

さて、それじゃあ一回CM入りまーす。」

PAGETOPPAGEBOTTOM