PandoraPartyProject

シナリオ詳細

魔王スライム:ゼノクリファ討伐
魔王スライム:ゼノクリファ討伐

完了

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

●最弱から最強へ

 ぬるり、ぬるり――地下道に粘性の水音が響く。

 蠢く巨大な影。黒赤に染まるそれはスライム――と呼ぶには些か巨大すぎた。
 その場に存在する生命を、有無を言わさず取り込み貪り喰らう。
 もはや自分に敵う存在はいないのだと、力を誇示するように自らのテリトリーを広げ続けていた。
 魔王スライム――ゼノクリファと呼ばれたそのスライムは、最弱スライムピノクリファの最終成体。最弱から最強クラスへと至った恐るべき魔物だ。
 ――時は満ちたのだ。
 長く苦しい地下での暮らしは終わりの時が来た。今こそ陽の下に出でて魔物としての本能を遺憾なく発揮する時だ。
 蠢く巨大な影が、移動を開始した。

 ――ゼノクリファは夢想する。魔王として君臨するその時を――。


「――ゼノクリファ討伐に興味があるのね? ふふふ、良いわ話を聞いて頂戴」
 情報屋の『黒耀の夢』リリィ=クロハネ(p3n000023)が依頼書を見せながら魔王スライム、ゼノクリファについて語って聞かせた。
「最弱スライム、ピノクリファの成長体という事だけれど、正直もはや別物ね。大きさも体色もまるっきり別物。その性格も怯えて暮らすピノクリファに対して、動く物はなんでも捕食しようとするゼノクリファ。力を手に入れ気が大きくなっているのね」
 スライムにそのような知能があるのかは甚だ疑問だが、リリィの言うように力を振るいたくて仕方がないという印象を受ける。
「まあ、魔王だ最強だといってもスライムであることに変わりないわ。少し前に皆が戦った『獣王』や『生気喰らい』、『色黒天』なんかに比べたら、まだ対処は容易のはずよ」
 上げられた名前はどれも恐るべき脅威をもたらした相手ばかりだ。匹敵するとは言わないものの、油断できる相手ではないのは間違いないだろう。
 依頼書の一点を指さしたリリィは依頼について話を続ける。
「そんなわけで、この依頼は経験豊富なイレギュラーズの皆さんに任せるわ。まだ経験の乏しい人は、別の場所で存在が確認されたピノクリファ討伐の依頼を考えて見てね」
 最弱のスライムと、最強のスライムが同時期に発見されるとは因果を感じるが、どちらも放っておく訳にはいくまい。
「その巨大さゆえに張り付きは脅威よ。身体を構成する酸は骨をも溶かす勢いらしいから、張り付かれたらすぐさま後退することね」
 スライムに取り込まれ消化される様はあまり想像したくない。リリィが言うにはスライムらしく物理耐性を持ち、ただ殴れば倒せるという訳にはいかないようだ。しっかりと対策練る必要があるだろう。
「皆の今まで積み重ねてきた経験がきっと活きると思うわ。大変かもしれないけどがんばってみてね」
 微笑みながら応援するリリィが依頼書を渡してくる。
 魔王スライム、ゼノクリファ。放っておけばきっと更なる力を得てしまうだろう。
 未来の脅威の芽を摘み取る為にも、この依頼成功させようじゃないか。

GMコメント

 こんにちは。澤見夜行(さわみ・やこう)です。
 最強へと至った魔王スライム討伐依頼です。
 これ以上脅威になるまえに討伐しましょう。

●依頼について
 本依頼はLv4以上のイレギュラーズが対象です。
 Lv3以下の方は『最弱スライム:ピノクリファ討伐』をご検討ください。
 ※連携シナリオではありませんので、依頼中に別の依頼の方と遭遇することはありません。

●依頼達成条件
 ・魔王スライム、ゼノクリファの討伐

●情報確度
 情報確度はAです。
 想定外の事態は起きません。

●ゼノクリファについて
 赤黒に変色した最弱スライム、ピノクリファの成長体。
 動くものはなんでも襲いかかり今なお成長、増殖を繰り返しています。
 その身体は骨をも溶かす勢いの強酸です。焼けるような痛みに襲われます。
 物理攻撃に耐性を持ちます。ダメージは入りますが、物理だけでは倒しきるのはかなり辛いです。また捕らえどころのない粘液のため、ブロック・マークが無効となります。
 経験豊富なイレギュラーズならば問題なく倒せるでしょうが、それ相応の被害も負うことでしょう。油断は厳禁です。
 その巨大な身体を伸ばし、全身を取り込む『捕食』を使用します。
 『捕食』(物近範・猛毒・苦鳴)
 
 足は遅いので逃走の心配はありません。巨大さゆえ隠れるのが苦手です。
 苦労せず見つけることができるでしょう。

●想定戦闘地域
 ある街の地下道になります。ある程度の広さがあり戦闘は問題なく行えます。その他目に付く障害物はなく戦闘に支障はでないでしょう。

 皆様の素晴らしいプレイングをお待ちしています。
 宜しくお願いいたします。

  • 魔王スライム:ゼノクリファ討伐Lv:4以上完了
  • GM名澤見夜行
  • 種別通常
  • 難易度NORMAL
  • 冒険終了日時2018年04月25日 22時20分
  • 参加人数 8/8人
  • 相談6日
  • 参加費100RC

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

参加者一覧(8人)

エンヴィ=グレノール(p3p000051)
ふわふわな嫉妬心
クロバ=ザ=ホロウメア(p3p000145)
夜刀一閃
那木口・葵(p3p000514)
布合わせ
エクスマリア=カリブルヌス(p3p000787)
愛娘
グレイ=アッシュ(p3p000901)
灰燼
祈祷 琴音(p3p001363)
特異運命座標
風巻・威降(p3p004719)
悲劇を断つ冴え
アイオーラ・イオン・アイオランシェ(p3p004916)
奇跡の一刺

リプレイ

●遭遇
 その地下道は、街の東西南北を繋ぐ緊急用の避難路として作られ、老朽化から廃棄された場所だった。
 中は複雑ではないにしても、入り組んだ作りになっており、街の者以外が入れば迷子になってもおかしくない場所だ。
 今回はご丁寧に街の者から借り受けた地図があるので、迷子の心配はしなくて済みそうだ。
 ――最弱から最強に至ったモノ。
 この地下道に生息するのは、長い年月を耐え凌いぎ、遂に頂きへと辿り着いた魔物だ。
 その生き様、辿り着いた場所に、『”死神”を背負わされたモノ』クロバ=ザ=ホロウメア(p3p000145)は憎たらしいほどに憧れを覚える。
 そう自身の目指すべき高み。スライムとはいえ、その高みに辿り着いた感想はどのようなものだろうか。地下道の黒洞々とした入り口を睨めつけ思う。
 最強を目指し戦い続けるクロバは、だからこそ今回の相手――魔王スライムゼノクリファ――に負けるわけにはいかなかった。
 腰に差した一対の短剣の柄を握り、覚悟を固める。
 この場に集まったイレギュラーズは皆、多かれ少なかれローレットの依頼をこなしてきた者達だ。
 その経験からか、皆手早く準備を済ませると、必要最低限の荷物を背負い、立ち上がった。
「それじゃ行こうか」
 『瞬風駘蕩』風巻・威降(p3p004719)が仲間達に声を掛け、一歩地下道へと足を踏み入れた。
 暗く湿った風の吹く地下道は、老朽化しているとはいえ、整備された道だった。
「よかった。下水みたいな場所だったらどうしようかと思ったわ」
「下水は臭いものねぇ」
 ディープシーの『揺蕩いの青』アイオーラ・イオン・アイオランシェ(p3p004916)の言葉に『とにかく酒が飲みたい』祈祷 琴音(p3p001363)が鼻を押さえて頷く。
「坑道の広さも大したものだね。これなら戦いの邪魔にならなそうだ」
 『灰燼』グレイ=アッシュ(p3p000901)の言うように、地下道の広さはかなりのものだった。走り回ったり低空であれば飛行も可能なように思える。これだけの地下道を作り上げた技術もさることながら、それを老朽化したからといってあっさり封鎖する街の贅沢さが伺い知れる。
「ふむ……、そういえば最弱のスライムピノクリファは小さくて可愛らしいそうですけど、魔王と呼ばれるまでに成長するとは。
 きっと多くの修羅場を潜り抜けた猛者、これは注意して戦わないといけませんねー」
 『布合わせ』那木口・葵(p3p000514)が周囲を見回しながら言葉にすると、グレイが頷いて、
「経験のあるイレギュラーズを集めるくらいだしね。気を引き締めていこう」
 その言葉にイレギュラーズ達は頷く。言われるまでも無く、皆適度な緊張と共に集中してゼノクリファの気配を探っていた。
「右奥の方、僅かに物音が聞こえるわ」
 特に『ふわふわな嫉妬心』エンヴィ=グレノール(p3p000051)は超聴力を駆使し、僅かな異音を感じ取りながら仲間達を先導する。
 その鼓膜には確かに粘液が地面を引きずる音を感じ取っていたのだ。
「右奥か……東の資材置き場の方角だな」
 地図を覗き見る『神話殺しの御伽噺』エクスマリア=カリブルヌス(p3p000787)が仲間達に告げる。そう遠くない道の先にその資材置き場があることがわかる。
「いってみよう」
 イレギュラーズは頷き合うと、手元の明かりを頼りに奥へと進んでいく。
 幾つかの曲がりくねった道を抜け、崩れた外壁の角を曲がる。慎重に、出来るだけ音を立てぬように。
 奇襲に対応できるように視界は全方位に向けて。
「近いわ」
 エンヴィが静かに伝える。超聴力が、はっきりとした地擦れの音を感じ取ったのだ。
 視界の先に左へ曲がる角がある。クロバが壁に張り付くとゆっくりと顔を覗かせた。
 クロバの瞳が、それを捕らえた。
 魔王スライム――ゼノクリファ。
 異様なほどに肥大化したその粘性の身体は二メートルを越える。禍々しいほどの赤黒い身体が蠢くように揺れ動く。
「いたぞ――」
 ハンドサインを交えながら小声で仲間達に合図すると、イレギュラーズは様子を伺う。
「うわ、でかいな。熊か何かか?」
「……こんなになるまで生き延びるとはなかなか厄介そうねぇ」
 威降と、琴音が嘆息しながら感想をもらすと、
「まだ此方には、気づいていないようだな」
 エクスマリアが冷静に状況を周知する。
「見て――あれ、何かの骨かしら」
 アイオーラが指させば、その先に見えるは動物かなにかの骨だろうか。ゼノクリファの身体から吐き出されるように地面に落ちる。
「お食事中ですね。……どうします?」
 葵の言葉は言外に「仕掛けますか?」と訊ねていた。
「気づかれていないならチャンスだね。やろう」
 グレイの提案にイレギュラーズは首を縦に振る。
 そこからの動きは素早かった。
 荷物を下ろし、戦闘に必要なものだけ装備すると、武器を握る。
 全員の準備が完了したと同時に、音もなく走り出す。一気にゼノクリファを自身の間合いに入れる。
 瞬間ゼノクリファがイレギュラーズ達に気づいたように蠢いた。だが、遅い。
 遠距離術者の放つ魔力がゼノクリファに直撃し、生み出された爆煙の中をクロバと威降、アイオーラが疾駆し鋭き獲物を振るった。
 鈍い手応えと共に、肌を焼く鋭い痛み。ゼノクリファから削り取った身体の粘液が飛沫となって襲いかかったのだ。
 奇襲の効果を確認するために間合いを取れば、そこにそびえ立つは悠然たる魔王の姿。
 奇襲は成功した。だが、その効果はゼノクリファにとって微細なものだった。
 ゼノクリファがその巨大な身体を震わせる。それは怒りによるものか、はたまた新たな獲物を前に喜びを表したのか。
 微細な震動が周囲の空気を振るわせ音となってイレギュラーズの鼓膜を振るわせる。
 それはまるで、恐るべき魔物の咆哮のようだった。
「――くるぞ!」
 赤黒きオーラ纏う魔王の名を冠するスライム――ゼノクリファが動き出した。

●魔王の戦い
 熾烈にして苛烈。魔王たるゼノクリファが暴虐の限りを尽くす。
 強酸たるその肉体は、捕食した者に強烈な痛みを与える。肉を焼き骨を溶かす勢いだ。
 さらに傷を受ければその強酸を返り血のように飛ばしてくる。捕食されることに比べれば大したものではないが、肌を焼く痛みが集中力をジワジワと削ってくる。
「もう、強酸とか。お肌荒れちゃーう」
 威降、クロバとともに至近距離での戦いを続けるアイオーラは、強酸に肌を焼かれながら愚痴る。
 暗殺者としての傍らバーレスクダンサーで生計を立てている身には、酷な仕打ちだろう。
 今もまた、ゼノクリファがその身体を大きくうねらせ、鞭のように撓ったかと思えば、その勢いのままアイオーラを捕食する。
「この――っ」
 昇天の鐘の音を運ぶもの――愛用の短剣”うすばね”を、ゼノクリファの身体を内側から穿つようにして突き刺し脱出を試みる。
 同時に仲間達から放たれた攻撃によって窮地を脱したアイオーラは飛び出した勢いのまま地面を転がった。
 強酸によって溶ける衣服に焼ける肌。
「あーあ、これじゃしばらく舞台に上がれないじゃない!」
 白煙すら上げかねないその痛みに奥歯を噛み締める。
 ゼノクリファはその粘性の身体を利用し、手当たり次第にイレギュラーズに襲いかかる。
 目に付いたものは何もかも貪り食うように。腹を空かせた狼が可愛く見えるほどだ。
「スライムはマリアの世界でも居たが、これだけの大物は中々見ないな。魔王の名も頷ける」
 スライムという種族を知るエクスマリアはその強大な力を前に納得する。自分の知る世界のスライムとは似て非なるものなのだと。
「こっちに来ますか――ならば」
 ゼノクリファが葵に迫る。落ちついて、冷静に、作戦通りに対処を行う。
 放たれる青い衝撃波がゼノクリファの身体を刮ぎ落とす。が、浅い。
「くっ――もう一発です!」
 続けて放った衝撃波が地面を抉りながらゼノクリファに向かう。足の遅いゼノクリファは続けざまに放たれた衝撃波を避けること敵わず直撃する。
 大きく吹き飛ばされるゼノクリファ。そこに仲間達の攻撃が集中する。
 強酸を撒き散らしながら蠢く巨体、どのように狙いを付けているかは不明だが、今このときその狙いは琴音に向いていた。
 クロバが察知し走る。
「後ろを守るとはまた慣れない戦いだがな……いいさ、狙うべきは誰かを思い知らせてやる」
 逆手にもった対の短剣。琴音へと向かうゼノクリファの背後から一気に肉薄すると、深くまで間合いを踏み込み一刀の元に斬り込む。大量の強酸が噴き出るも、些細なことと目もくれず、次の行動へと即座に映る。
「”魔王”ってのはその程度かよ!!」
 極限まで集中した居合いの一閃が迸る紫電と共に放たれた。
「助かったわぁ。回復は任せてねぇ」
 強酸に塗れるクロバを琴音が即座に簡易治癒魔術で回復する。琴音が呟く短尺の詠唱に合わせ魔力が光り、クロバの焼け付きただれた肌を癒やしていった。
「そら――こっちだ!」
 琴音がクロバを治療する傍ら、威降がゼノクリファの注意を引きつける。
 死にそうなくらい怖いほうがやる気がでると言う威降は、熊の様にそびえ立つ魔王スライムゼノクリファを前にしても一歩も引かずに立ち向かう。
 この地下道からゼノクリファを出してしまえば、街の人々が捕食されることになりかねない。
 ゼノクリファもまだまだ増殖するという。これ以上の脅威となる前に、ここで倒す必要があるのだ。だから――。
「……全力で挑ませてもらうよ!」
 放つは飛ぶ斬撃。ゼノクリファを強襲する斬撃が、ゼノクリファの身体を大きく抉りとりその体勢を崩す。
「本当に厄介な奴だね――その粘性の身体、荊で封じさせてもらうよ!」
 グレイが詠唱すれば、ゼノクリファの足下から絡みつくように襲いかかる茨達。ゼノクリファの身体に突き刺さり生命を簒奪するそれは、ゼノクリファの体色を模したように赤黒く染まり、美しく咲き誇った。
 藻掻くゼノクリファが粘性の身体を歪ませ茨から逃げ出すと、そばにいた威降の身体を捕食する。
 体内にまで浸食し、その身体に潜む猛毒を与えると共に、呼吸器を塞ぎ苦鳴をもたらす。
 藻掻きながら武器を振るい――仲間達の攻撃もあって――辛くも抜け出す威降だが、体内に留まるゼノクリファの肉体が苦しみを継続させる。
「すぐに治癒するわ、我慢してね」
 駆け寄るエンヴィが天の神々に祈りを捧げれば、光り輝く奇跡が威降の身体に浸透する。内部から治癒され悪しき力が取り除かれると、威降は大きく咳き込みながら礼を返した。
 ――一進一退の攻防を繰り広げながら、戦いは徐々に数で勝るイレギュラーズのペースとなっていく。
 攻撃を受けるたびに僅かながらその身体が萎んでいくゼノクリファ。未だ巨大差は感じるものの、戦闘開始時のようなプレッシャーは感じられなくなってきていた。
 追い詰めている。
 イレギュラーズは確信と手応えを覚えながら、焼かれる肌の傷みを耐え攻撃を積み重ねた。
 ゼノクリファも追い詰められたことでその攻撃を一段と熾烈にする。その身体を鞭のように振るいながら強酸を浴びせ、捕食した相手を逃さぬように身体を蠢かせる。
 恐るべき猛攻の数々に、一番被弾することになったアイオーラが倒れ、パンドラに縋ることとなった。
 奇蹟によって立ち上がったアイオーラが傷ついた身体でゼノクリファに肉薄する。
「もう、そろそろ倒れて欲しいわ」
 狂熱的なダンスで運命を弄ぶアイオーラ。捉え所のない生物であるゼノクリファだが生きて居ることに変わりはない。呪殺を狙う効果は確かにもたらされ、ゼノクリファを苦しめる。
「そろそろ、お終いとしようか!」
 斬撃を飛ばすと同時に駆ける威降が不意をついて大ダメージを狙う。閃く白刃の一閃がゼノクリファの身を斬り飛ばす。
「この距離、タイミング。一気に畳み掛けるよ」
 グレイの魔力が逆巻き、渦巻く嵐となって放たれる。全てを飲み込まんとする魔素の渦は、単純故に純粋な破壊のみをもたらす。
「……此処まで成長するのは大変だったと思うけど、人に害を与えるなら見過ごせないから……」
 僅かな同情を抱きながら、魔力によって集めた死者の怨念を一条に束ねて放つエンヴィ。
 死霊の弓から放たれた呪殺の矢がゼノクリファの肉体を穿ちその呪いをもって苦しめていく。
「確実に仕留めるために、もう暫く痺れてもらいますよ!」
 ここまでの戦いで繰り返し使われたオーラの縄を、駄目押しと言わんばかりに放る葵。
「これはおまけです!」
 束縛され動きが阻害されたゼノクリファに向け、追加の魔力弾を叩き込む。
 強酸を吹き上げながらゼノクリファが身体を大きく仰け反らせた。
「私も、畳み掛けるわよぉ」
 これまで仲間達の回復を担当していた琴音も、ゼノクリファの終わりが近いことを悟って攻撃に加わる。
 地を蹴り一足飛びに間合いを詰めると、両の手に魔力を生み出し、息を吐かせぬ猛烈な格闘術式を叩き込む。
 のんびりとした雰囲気からは想像のできない鮮やかな乱打が華麗に極まった。
「終いだな。クロバ」
「あぁ、試してみたい構えがあるんだ……ちょっとした力自慢の奴の真似さ!」
 エクスマリアが魔力立ち上らせ光弾として放つ。遠距離から放たれる魔力弾はゼノクリファへと吸い込まれるように向かうと衝撃と共に爆ぜる。
 その魔力弾を追うようにして疾走していたクロバが短剣を握る手に力を籠めてゼノクリファに肉薄する。
 噴きしきる強酸の雨の中、深い構えから捨て身とも言える渾身の突きを繰り出した。
 とある動きを真似てできたその一撃は計り知れない破壊力となってゼノクリファの身体を穿った。
「悪いが最強を剋するのがオレの目標だ。死神に出会った事を悔め」
 クロバの言葉を受けたゼノクリファが苦しげな咆哮を上げるように、身体を震動させ空気を揺さぶる。そして、急速に萎むようにして動きを止めた。
「終わった――?」
 葵の言葉に全員が顔を見合わせる。
「いや、まだ油断しないほうが、いいだろう。異質な生き物だ、何が起きるかわからない」
「そうね、毒を持つ生き物は、死んだあともその毒が発揮される場合があるわ」
 幼く辿々しい声ながら冷静に言うエクスマリアと、毒を持つカツオノエボシのディープシーであるアイオーラの言葉に、「確かに」と同意したイレギュラーズはゼノクリファの死骸から離れると、遠距離術式を死骸に放ち様子を見ることにした。
 噴き出る強酸。変わらず動きがないことに安堵したイレギュラーズが、死骸へ近づこうとした瞬間――。
「なっ――」
 鼓膜を揺らす強烈な破裂音と共に、ゼノクリファの身体が爆発した。
 慌てて離れるイレギュラーズ。
 ゼノクリファの死骸があった場所の周囲は地面が抉れクレーターになっていた。強酸が地下道に撒き散らされる。
「……危なかったわねぇ。傍にいたら即死もあったわよぉ」
「やれやれ、最後の最後まで魔王様らしい厄介な奴だったね」
 突然の出来事に苦笑する面々は、そうしてゼノクリファの討伐を確認すると、地下道の入り口に向けて歩き出すのだった。

●戦い終わり
「それにしても、強かったな……」
 地下道の入り口でゼノクリファを思い返した威降は誰に言うでもなく呟いた。
 まだまだ成長の見込みがあったというゼノクリファ。長生きした個体は更なる強さを手に入れているのだろうか。想像して、恐怖に首を振る。
「強さか――」
 生きるために手に入れた強さを否定はしない。クロバは自身の戦う理由を思う。
「――強くなる。それが戦う理由だ」
 クロバもまた人知れず呟き、自身に残された”約束”に思いを馳せた。
「うーん、これはちょっとダメかもですね……」
 自身のボロボロの服を見ながら葵が頬を掻く。試しにと、破れ穴の空いた場所へ手を当て念じれば、見事に修復される。ただし、とても派手な布でパッチワークされているが。
「……いや、多分これ作り直した方がいいかもですねー。はい」
 最低限外を歩ける程度にまでは修復しようと葵は思った。
「……流石に疲れたな。湯浴みと食事をしたい」
「賛成よぉ。お酒も飲みたいわぁ」
 エクスマリアの提案に琴音が手を上げ賛成する。街に行けば宿があるだろう。討伐報告をする前に寄っていくのも良いかもしれない。服はボロボロだが。
「もう着替え持ってくるんだったわ」
「着替えもそうだけど、その怪我は大丈夫かい」
「ああ、私の怪我は海水にでも浸かって、魚介類食べれば早く治ると思うから。気にしないでね」
 アイオーラ平気よという顔で心配する威降に薄く微笑みかける。
「……無事に討伐できてよかったわ」
 大きく息を吐いたエンヴィ。その言葉で何かを思い出したかのようにグレイが口を開く。
「討伐といえば、魔王スライムになるっていう最弱のスライムの方はうまく討伐できたのかな?」
「きっと大丈夫ですよ。なんといってもイレギュラーズですからね」
 ぐっと拳を握る葵。その言葉には何故か頷いてしまう説得力があった。
 強敵だったが目先の脅威は排除することができた。
 現在進行形で幻想を包む不穏な空気。今後も想定外な事態、難敵と対峙する依頼が舞い込むことだろう。
「それじゃ街へ戻ろうか」
  新たな戦いの予感を感じながら、イレギュラーズは、依頼達成の報せを土産に街への帰路についた――。
 

成否

成功

MVP

なし

状態異常

なし

あとがき

澤見夜行です。
依頼お疲れ様でした。

最後の爆発は演出ですが、近づいていたら危なかったと思います。
ダイスの結果集中攻撃される方が出てしまいましたが運が悪かったということで。

傷ついた身体をゆっくりと休め、次の依頼へと向かって下さい。
ご参加ありがとうございました。

PAGETOP