PandoraPartyProject

シナリオ詳細

<月蝕アグノシア>白き雷霆

完了

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

●ともだち
 小さな村を稲妻が貫いた。
 色鮮やかな花々は炭へと変わる。
 生活感のあった小さな家々は土台しか残らず、石畳も内側から爆ぜ割れていいた。
「みんなーっ!?」
 妖精郷にいるはずの友達を助けるため、無理を押し通して戻って来た小妖精が悲鳴をあげた。
「よんだー?」
「しぬかとおもったー」
 瓦礫の下から見知った顔が現れる。
 2人とも、髪が焼けてちりちりだ。
「みんな、よかっ……へぶっ」
 安堵のあまり泣き出した小さい妖精を、アフロ妖精達が左右から抱え上げて走り出す。
「はなしはあとだよー」
「ごめん、ちょーマズイの」
 妖精の気配のない村を3人の妖精が駆ける。
 途中でゴーレムっぽいモンスターに遭遇はしたが、ギャグ世界の住民っぽく復活するアフロ妖精が小妖精を庇ってそのまま逃げる。
「あのっ……あの、子は」
 魔種が現れるまで、いつも4人で遊んでいた。
 ここにいるのは3人だけ。
 聞かなくても答えが予測できるけれど、聞かずにはいられなかった。
「たぶんー」
「きたーっ!?」
 凶悪ないかずちが空間を覆う。
 重なり合う爆音を伴い、重金属製ゴーレムを弾けさせ、止まった。
「あのなかなのー」
「ぼくらじゃちょっとむりかなー」
 妖精の中では腕自慢で、4人目を助けるために残った2人が今にも泣きそうだ。
 白い影が立ち上がる。
 背は人間ほどもあり、形も人間に近い。
 虎と雷という強そうな要素を併せ持っているのに、表情も雰囲気も朗らかだ。
「誰? ううん、何なの、これ」
 小妖精が体を震わせる。
 物珍しげにあたりを……半ば残骸と化した家々を眺めるそれは無邪気に見える。
 サイズを無視すれば4人目の親戚と勘違いしかねいほど姿が似て、性格にも共通点がある。
「わかんないー」
「ライちゃんのにおいが、しんぞーっぽいほーじゅからするの」
 白い少女が虎の手と虎の膂力でゴーレムの残骸をひっくり返している。
 悪意はなく、力の加減もなく、剣跳ね返せるはずの金属が粘土のように曲がった。
「助けないと」
 そう口にした本人が最も、己の言葉に説得力を感じない。
 ただ歩くだけで妖精も人間も無意識に踏みつぶしてしまいそうな、危険過ぎる存在を前にたちすくむ。
「ヲはよゥ?」
 少女がにこにことしている。
 その口から零れる音は、知性は感じられるが妖精のそれとはズレている。
「アそぼ?」
 その笑みと響きの中に4人目を感じ取り、ともだちを諦めたつもりだったアフロ達が動揺した。
「駄目っ」
 小さな妖精が2人を引っ張る。
 大きな爪が高電圧の稲妻を纏って、直前まで2人がいた空間を切り裂く。
 余波ですらない風が3人を吹き飛ばす。
 嗅ぎ慣れない、オゾンの臭いが漂った。
「ひぅっ」
 小精霊が悲鳴をあげる。
 手を伸ばせが届く距離に白い彼女が立っている。
 もう、逃げ場はなかった。
「ごめんなさい」
 小さな妖精が涙をこぼす。
 心配したくれた人達を振り切って出て来てこの有様だ。
 アフロの2人だって、自分が呼びかけなかったらこっそり活動して見つからなかったかもしれない。
「2人とも、逃げてっ」
 怯える体に力を入れて前に出る。
 虎雷をもとにつくられたアルベドが微笑み、白い光が妖精達を照らした。

●たすけて
「妖精さんを最優先にして欲しいのです」
 『新米情報屋』ユリーカ・ユリカ(p3n000003)はきっぱりと行った。
「以前、錬金術っぽいモンスターがイレギュラーズの髪とか血とか取っていったの知ってるです?」
 大迷宮ヘイムダリオン攻略やその周辺の事件での出来事だ。
 当時は当時で優先すべきことが多数あり、モンスターに持ち逃げされたことが何度かあった。
「あれでコピーっぽいものを造られたみたいです」
 名を、アルベドという。
 髪や血の持ち主を100パーセント再現するのは無理でも、得意分野をある程度再現し膨大な生命力などのモンスター要素を付け加えられた個体もいる。
「多分倒すの大変です」
 イレギュラーズは時点で強い。
 それが一部とはいえコピーされ強化されたら大変なことになる。
「倒すのに専念できるなら倒すべきなんでしょうが……」
 今回は妖精救出を優先して欲しいということだ。
「妖精さんを……今無事な妖精さんが助けられたなら依頼は成功なのです」
 危険を承知で今の妖精郷に留まる妖精や、ともだちが心配になって1人で飛び込んでしまった妖精達だ。
 説得の難易度は高い。
 多少強引に連れ戻しても問題ない。
「でも、できれば」
 多くを助けようとすれば困難は増え、失敗すれば流れる涙の量も激増だ。
 だが、より良い未来を掴める可能性を持っているのはイレギュラーズだけなのだ。
「妖精さんが笑ってすごせるようしてあげてください!!」
 そう言って、精一杯詳細に描いた地図をイレギュラーズに渡すのだった。

GMコメント

 アルベドは強敵です。
 遠距離からは特大の雷が飛んできて、近距離ではもっと強力な帯電爪が襲って来ます。
 より大きな成功を目指せる依頼でもあります。
 熱いプレイングをお待ちしております。


●成功条件
 妖精3人の救出。


●ロケーション
 モンスターに占領された小さな村。
 妖精がいない状況で『アフロ妖精』が潜入し、『アルベド』に見つけられ襲われたタイミングで『小妖精』が到着しました。


●エネミー
『アルベド』×1
 防御技術が比較的苦手なことと、人格が安定しないことを除けば弱点らしい弱点はありません。
 戦闘開始時点では、己の強力な力を自覚せず、興味のまま他者に触れて破壊してしまう人格です。
 罪悪感は持っていません。
 イレギュラーズが強いと判断した後は、積極的に『アイアンゴーレム』を利用しようとします。
 攻撃手段は以下の通り。いずれも強烈。
 ・いかずち【物超域】【麻痺】
 ・つめ【物近範】【必殺】


『アイアンゴーレム』×6
 この村に配置されている錬金術モンスターです。相撲取り体型。
 足は遅く、防御技術は高く、特殊抵抗は並以下です。
 『アルベド』と連携して侵入者であるイレギュラーズを倒そうとします。
 妖精は、意識しては狙いませんがついでに殺せる場合は殺します。
 攻撃手段は以下の通り。
 ・体当たり【物至単】高威力。
 ・通せんぼ【神近単】【怒り】低命中。


●救出対象
『アフロ妖精』×2
 非常にタフな妖精です。EXFがとても高い。
 ゴムに縁がある妖精。もとは綺麗な長髪でしたが今はアフロです。
 まだやる気はありますがどうすれば良いか分からず混乱しています。

『小妖精』×1
 単に小柄な妖精です。戦闘力は低く、雷が掠めただけで即死します。
 なかよし4人組の頭脳担当でした。
 心が折れる寸前で、イレギュラーズに何かを言われるとそのまま従ってしまいます。


●他
『ライちゃん』×1
 この村に住んでいた、雷系統の妖精です。
 とても元気で無邪気でした。
 今は宝珠にされ、アルベトの心臓として機能しています。
 救助は不可能ではありません。ただし難易度は高いです。


●地図
 1文字縦横10メートル。戦闘開始時点の状況。無風。上が北。
 abcdefgh
1■■■■□□鉄家
2■■□□■■□□
3■鉄□□妖■■■
4■■■■雷□□□
5■■■□□家□家
6イ■■■□□イイ

 ■=瓦礫です。高さは最大で2メートル。地上移動時は機動力-1
 □=平地または石畳。
 家=妖精の家。無人です。
 雷=『アルベド』が、ゆっくりと妖精達に近づいています。
 鉄=『アイアンゴーレム』が、慎重に『アルベド』に接近中です。
 妖=3人組の妖精が怯えています。
 イ=平地。イレギュラーズ初期位置。各人が好きな位置を選択可能。


●情報精度
 このシナリオの情報精度はCです。
 情報精度は低めで、不測の事態が起きる可能性があります。

  • <月蝕アグノシア>白き雷霆完了
  • GM名馬車猪
  • 種別通常
  • 難易度HARD
  • 冒険終了日時2020年07月16日 22時05分
  • 参加人数8/8人
  • 相談6日
  • 参加費100RC

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

参加者一覧 (8人)

ヘイゼル・ゴルトブーツ(p3p000149)
旅人自称者
サイズ(p3p000319)
カースド妖精鎌
ジェイク・夜乃(p3p001103)
『幻狼』灰色狼
雨宮 利香(p3p001254)
永遠のキス
マニエラ・マギサ・メーヴィン(p3p002906)
策士
シャルティエ・F・クラリウス(p3p006902)
不退転
ソア(p3p007025)
雷虎
長月・イナリ(p3p008096)
狐です

リプレイ

●白い稲妻
 全ての細胞、魂魄の一欠片まで焼き尽くす巨大なエネルギーが、『狐です』長月・イナリ(p3p008096)の周囲に溢れている。
 全てが白く染まり、しかしイナリに恐れはない。
「威力だけは褒めてあげるわ」
 イナリの狐尻尾が強気に揺れる。
 黄金を思わせる小麦色の長髪が、雷霆とすらいえる力に冒されずにふわりと揺れた。
「妖精を心臓に動く化け物さん」
 言われた白いアルベドは目を丸くしていた。
 稲妻が効き難いものはあっても全く効果が無い相手は初めてだ。
 ふわりと笑って、イナリの反応を楽しむかのように膨大な電撃を連射する。
 雷霆の行く先はイナリを含む広大な領域……ではなく、言葉と銃で挑発した『『幻狼』灰色狼』ジェイク・夜乃(p3p001103)だ。
「おめえの相手は俺だ。しかしまあ、フザけたものを作りやがって」
 敵の攻撃の方向が分かっているなら庇うこと自体は簡単だ。
 ジェイクを庇うイナリにのみ攻撃が集中する。
 イナリは2つの高度な結界を同時に維持をして、いきなり目の前の出現した虎の爪へ鋭い目を向けた。
「本当っに」
 とんでもない。
 魔種が体を白く塗ったと言われたら信じてしまいそうな威力だ。
 イナリは油断せず結界の向きを変更。爪の直撃を裂け結界への直撃を防いで受け流す。
 今の所、結界を砕いてしまような技術は感じないがこの敵には成長の気配を感じる。いくら警戒してもし足りない相手だ。
「きゃァ!?」
 白い雷霆に酷似した、規模は小さくても質では明らかに上回る稲妻がアルベドに直撃した。
 あれほどの攻撃を行ったとは思えない脆さで、アルベドの気配が乱れて眉も下がっている。
「あなたの雷の方が大きいけれど、ボクのやつの方が上手だもん!」
 得意気に胸を反らす『雷虎』ソア(p3p007025)はこのアルベドのモデルだ。
 ただし、見比べると力も気配とあらゆる面で自然であることが肌で感じられる。
「いけるか」
「もちろん」
 ジェイクとイナリが互いに目を向けずに不敵に笑う。
 そしてジェイクが、全く衰えないどころか鋭さを増しつつある雷霆に押されたかのように後ろへ下がった。
 アルベドが機嫌を良くする。
 ネズミを弄ぶ猫を思わせる仕草で、ジェイクを追って妖精の家にしては大きな家に……アルベドにとってもジェイク達にとっても小さすぎる家に入り込む。
「ここなら爪に巻き込まれる人も出ない」
「本気でぶちのめしてあげるわ!」
 灰色狼と黄金狐が加速する。
 アルベドの攻撃を封じた上で、狙い澄ませた銃弾を柔らかな喉に当てる。
 魔を祓い滅する斬撃が、外見だけなら可愛らしいアルベドを切り裂いた。

●妖精救出
 妖精3人が震え上がる。
 イレギュラーズ相手に戦うアルベドの強さは予想の範囲を軽々と飛び越えている。
 敵は他にもいる。
 重さも固さもアルベドよりありそうな鉄ゴーレム6体が、イレギュラーズに足止めされながらも妖精3人にも注意を向けている。
 足と羽から力が抜けても仕方が無い、絶望的な状況だった。
 どん、と小さいのに重く堅い着地音が帯電する空気に響く。
 暗い色をした鎌を構えた『カースド妖精鎌』サイズ(p3p000319)が、妖精にとっての異次元の戦場から彼等を庇う。
「お待たせ、もう大丈夫だよ! 後は僕達に任せてっ!」
 少年騎士が駆けてくる。
 サイズとは逆に分かり易い優しさと明るさがある。
「大きく息を吸って、吐いて、うん、いい顔になった」
 『 Cavaliere coraggioso』シャルティエ・F・クラリウス(p3p006902)は習い覚えた人心掌握術を駆使する。
 私利私欲ではなく、弱い立場にある妖精の助けるために、誠意と善意を以て技術を使いこなすのだ。
「うん、乗って」
 小さな精霊を優しく抱き上げて、彼女から見えない角度で小さな家を警戒する。
 アルベドの気配がそれまでとは比較にならない速度で弱くなり、けれどまだ気配が大きすぎる。
「わーい!!」
 アフロな妖精2人がサイズの両肩にそれぞれ抱きついた。
 頼りになると本能で感じ取り、決して邪魔はしないよう万一のときは盾になる覚悟でいる。
「……任せて」
 虚ろな目な瞳に強い覚悟が一瞬浮かんで、サイズは瓦礫も家も全て飛び越え妖精達を安全な場所へと運ぶ。
 アルベドは強い。
 心臓として使われる妖精の救出は、8人で挑む試練としては難易度が高すぎる。
「死なせたりなんてするもんか……! 騎士として、絶対助けてみせる!!」
 それを理解した上で、シャルティエは強い覚悟で約束するのだった。

●鉄人形
 相撲取りの形をした大重量金属人形。
 接触すれば『旅人自称者』ヘイゼル・ゴルトブーツ(p3p000149)の骨が折れかねない威力があった。
 それが実に3体。
 しかも3方向からだ。
「なるほど?」
 なのに金属製の張り手はヘイゼルを追い切れない。
 全力での体当たりも逆に自称旅人が足場にしてアルベドから離れるための道具にされる。
 つるりとした頭突きの頭は、ヘイゼルの影を踏むことすら出来なかった。
「申し訳ありませんが、今日は最後まで私と踊って頂くのですよ」
 圧倒的な戦闘技術の差があるのに、ヘイゼルはゴーレムに攻撃しない。
 まずは3人の妖精の救助、次にアルベドの中にいる妖精の救出だ。
 倒すのに時間がかかりそうなゴーレムを引き離すのが、今のヘイゼルの仕事である。
「とはいえ」
 引き離すのも十分だろう。
 ヘイゼルは瓦礫の上を飛ぶように歩き、ある瓦礫の上でぴたりと止まって鮮やかに振り返った。
「そろそろ次にとりかかりましょう」
 熱砂の精を喚び砂嵐を巻き起こす。
 鉄人形の表面に無数の傷が刻まれる。
 3体合計すれば甚大な被害ではあるが、ヘイゼルが鉄人形にもたらした最大の被害は別にある。
 重圧で、足が止まったのだ。
「さて、ソアさんと違って随分と子供っぽい性格のようですが……おうちの中までついて行くなんて♪」
 清楚な少女が恥ずかしそうに頬へ手を当てる。
 別の3体のゴーレムの追撃を受けながらだ。
「ああ、そういえば、如何にも彼女の電気で動いてそうですね♪」
 知性の低い鉄人形でも分かるほど、『雨宿りの』雨宮 利香(p3p001254)が纏う気配が変わる。
 臀部や太腿の曲線が艶やかさを増し、バランスのとれていた胸部や豊かにそして美しさ増す。
 青に近い色に変わった肌は、変わる前より強い生命力を感じさせ無生物の欲までも刺激しそうなほどだ。
「丁度いい玩具として使ってあげます♪」
 甘い香りの瘴気が漂う。
 残酷で傲慢な態度がびっくりすほど似合っていて、微笑む様は魔界の姫という来歴にふさわしい妖艶さだ。
 ゴーレム3体が別の3体とまともにぶつかる。
 低い重心と重さで倒れるのは耐えた。
 しかし太い手足が絡まり合って移動はもちろん攻撃も出来ない。
「ぜーんぶ燃えちゃいなさい!」
 魔剣グラムに込めた力の一部を炎に変えて、激しい炎の輪を鉄の塊に投げかける。
 炎はとても気まぐれで、致命的な毒と業火を無作為にばらまき不運な鉄人形の命を削った。

●アルベド・タイプソア
 体温が感じ取れる至近距離でジェイクが銃撃を続行する。
 アルベドは健在だ。
 銃弾が直撃した首は薄ら赤くなっている程度で、鉄でも断てるはずの刃が当たったカ所も途切れ途切れに切り傷があるだけだ。
 ジェイクとイナリの攻撃は直撃した。
 単純に生命力が膨大すぎて、アルベドの外見に変化がほとんど現れていないのだ。
「偽物風情が俺達に敵うわけねえだろ!」
 だが迫力は半減している。
 ジェイクは急所だけを何度も撃つ。
 手加減など不用だ。
 後10発打ち込んでも重傷にすらなりはしない。
 白いソア型アルベドが落ち着きを取り戻そうとした瞬間にだけ魅了にも等しい挑発を叩き付け、イナリの圧倒的防御力を活かす場を整える。
「きライっ」
 アルベドが腕を振り上げる。
 ジェイク達の狙い通りに爪が低い天井に突き刺さり、しかし放電する爪は予想以上の鋭さと力で妖精の家を溶けかけのバターのように切り裂いた。
 複数のパーツに裂かれた家が降ってくる。
 イナリ本人は無事でも、あらゆる方向から巻き込まれたジェイクに多数の打撲傷が生じる
「参ったな」
 ジェイクが苦笑を浮かべる。
 防御は出来た彼とは違って、大きな力を振り回すだけで使いこなせていないアルベド、降ってくる建材に気付きもせず頭部と背中に直撃されていた。
 鉄人形が構えようとした両腕が、力なく垂れて地面にめり込んだ。
 ぎりぎりで押さえ込まれていた炎がゴーレムを包み込んで溶かしていく。
「リカちゃんと鬼ごっこですよ! いひひ♪」
 追うのはゴーレム、狩るのは利香だ。
 指一本触れることも触れられることもないまま、魔性の少女は強力なゴーレムを蹂躙する。
「あら」
 利香の笑みが艶やかさを増す。
 崩れた家から白が飛び出す。
 利香は朗らかな声で、稲妻を思わせる速さで近づいて来るアルベドへ語りかけた。
「ダメですよー、私はお姉さんとは遊んでないんですから!」
「遊びたいなら1分ほど待って下さい」
 利香とヘイゼルが攻撃の手を休めてゴーレムの誘導に専念する。
 アルベドと合流すれば盾役として猛威を振るえたはずの残存4体が、ほんの少し停止すれば合流できたことに気付かずアルベドから離れていった。
 これまで目立っていなかった……小さな家にはサイズが足りないので支援にまわっていた『こむ☆すめ』リアナル・マギサ・メーヴィン(p3p002906)が本格参戦する。
「……ひぇぇ……私も消し済みになりそうな……雷なんて精密機器ぶっ壊れそうな怖いものには関わりたくないな?!」
 術発動コストを下げる彼女の支援のお陰で、イナリはまだ結界を継続可能だ。
 イナリの結界が途切れていれば、撤退するか戦死を覚悟で戦い続けるかという状況だったはずだ。
「その雷、厄介だから早めに打ち止めにさせてもらう」
 半ば以上演技の表情でも目は冷たい。
 特大の射程と威力を持つ雷を見切り、鏡の如く磨き抜かれた戦扇と共に、舞う。
「誰かが残した灯火を、受け止め輝け此の光」
 殺意を感じ取れないことにアルベドが困惑する。
「遺した孔よ明日を写せ、覚悟を穿ち武器を折れ」
 それまでの剽げた態度とはかけ離れた、清らかな迫力がリアナルを通じて戦場へ広がる。
「月夜の鏡花、水面に咲く、私の花 星々の輝きに貴方の光を見せて」
 扇を広げる。
 鏡状の表面から、反射光だけではあり得ない光が溢れようとする。
「ッ」
 アルベドが奔る。
 何かが起きる前にリアナルの心臓ごと貫こうと、激しく放電する爪を突き出す。
 艶やかな漆黒の盾が白い雷を跳ね上げた。
 防いだ少年騎士の体を雷霆の余波が覆い、それでもシャルティエは倒れない。
 だからリアナルは、最高の機と距離で舞いを終えることが出来た。
「私ノ舞・星天晴夜」
 爽やかな風が吹く。
 仄かな光が禍々しくさえある雷を照らす。
 傷らしい傷などついていないのに、アルベドは激しい悪寒に襲われたかのように全身を震わせ両手で己の肩を抱く。
 リアナルの舞でエネルギーの一部を消し飛ばされたことでエネルギーの枯渇が表面化する。
 強力な範囲攻撃は大量のエネルギーを消費する。
 魔種やドラゴンなら違うのかもしれないが、このアルベドは彼等より格が圧倒的に低いのだ。
「そこにいるんだろう? 死なせも、殺させもしない」
 シャルティエが守るだけでなくシールドバッシュを繰り出す。
 雷で皮膚のあちこちが焼けて激痛がある。防御時の衝撃で骨まで痛い。
 アルベドの中に閉じ込められた精霊とは違い、意思表示も出来るし戦える。
 未だ非常に速い白雷虎に、騎士盾の端が激しくぶつかった。
 ヘイゼルが呼び出した精霊が鉄人形を地面に縛り付ける。
 毒と業火で弱ったゴーレムは逃亡の手段までなくし、諦めたように項垂れ最期のときを待つ。
「後は」
 振り返ると、放電が弱くなった白雷虎が見えた。
「色を除いくと今回のは瓜二つですね」
 攻撃と移動速度と反応速度を観察する。
 呼吸が乱れて速度そのものは低下しているが、イレギュラーズという非常に高度な戦闘スキル持ちと戦ったせいか技らしきものも使い始めている。
「しかし、生きた妖精を動力にするとは、制作者は余程の変態なのですよ」
 アルベドの胸から感じた妖精の気配が弱くなっている。
 あらゆる意味で酷く悪趣味で、対アルベド班を治療するヘイゼルの手にも力が籠もる。
「アそばナイノ?」
「遊びか戦いか分からない子とは遊べないよっ」
 むっとした白いソアと、ふしゃーと威嚇するソアの視線が火花を散らす。
 2人分の虎爪と雷霆が、かつては平和だった妖精の村を崩壊世界じみた荒野へと変える。
「俺を忘れるなんてつれないじゃないか」
 聞き慣れた銃声が響き、アルベドの目が一瞬にも満たない間ソアから外れる。
 ジェイクは全身を襲う痛みを顔には出さず、力が入らぬ腕で銃を構える。
 まともに狙いをつけられない状態なのに、これまで徹底的に邪魔されたアルベドはジェイクに対する警戒を止められない。
 ソアは無音だ。
 地面の蹴り方も工夫し気合いの声も出さず、獲物を狩る虎の目つきでアルベドの背中を狙う。
 まずは爪が背中に刺さる。
 次にソアの両足がアルベドの背に着地して、白い少女の姿をしたそれを激しく揺らす。
 反撃は強烈で、放電する爪が音を置き去りにしてソアを狙う。
 けれどソアは、反撃が始まる前に50メートル近く後退していた。
「もうひとーつ!」
 アルベドが追いかけようとしたタイミングでソアも真正面から走り出す。
 雷光すら弾ける速度の拳が、カウンターで白いソアに突き刺さり派手に吹き飛ばした。
「サイズさん!!」
 落下する先へサイズが突撃する。
 どこが上かも分からぬアルベドが雷を乱射しサイズを掠める。だがサイズは絶対に速度を緩めない。
 無理な加速で四肢が軋む。
 魔力で作りだした体だけではなく、本体である魔鎌カルマブラッドも疲労が激しい。
「俺は妖精鎌サイズ! 血の衝動に従い! 妖精を救う!!」
 膨大なエネルギーに震える指を、アルベドの白い肌に突き立てる。
 イレギュラーズ達が徹底的にダメージを与えた直後の今でなければ、サイズは本体の鎌もろとも雷によって燃やし尽くされていたはずだ。
 だが今なら、甚大なダメージを受けた上で全身に衝撃を受けた今なら、アルベドの存在に介入できる。
「帰るんだ、あの3人と!!」
 指先に、加工された存在であるフェアリーシードが触れた。
「ァ」
 アルベドが恐怖する。
「あゥッ」
 ソアなら決して浮かべない、怯えきった幼子の表情で泣き、喚く。
 白い稲妻がアルベドを中心に発生。
 多重の衝撃波がサイズと鎌を襲って真後ろへ吹き飛ばした。
「まだだ」
 サイズは諦めない。
 器用に宙で体勢を立て直して両足で着地。
 再度フェアリーシード奪還を試みようとして、全身に力が入らないことに気付き愕然とする。
 アルベドも追撃する余裕はない。
 胸から微かに突き出した、己の命綱である妖精を両手で庇っているので両手も爪も攻撃に使えない。
 だから、威力だけなら魔種じみた巨大電撃で以てサイズ達を一掃しようとした。
「らだ強いだけの攻撃が」
 イナリが立ち塞がる。
 闘技場でも滅多に見られない超出力攻撃に、彼女はイナリは恐れる気配もなく結界で立ち向かう。
「通用するものですかっ」
 恐ろしいことに、雷の中には結界を砕く技術の萌芽があった。
 が、スキルにまで昇華されていない技術に砕かれるほどイナリの結界は甘くない。
 力が十全に発揮されればイレギュラーズを消し炭に変えたはずの雷霆が、イナリにもイナリが庇うサイズにも全く何の影響を与えられないまま地面に水平に飛び、消えた。
「後は引っ張るだけだねっ」
 ソアが疲労と痛みを隠して笑う。
 白いソアが尻尾を下ろし、気弱げに視線を彷徨わせる。
 虎爪から真新しい雷が放出されると、アルベドは胸元をシードを両手で隠したまま、反撃など思いつきもせず凄まじい速度で逃げ去るのだった。

●強敵撃退の後で
 天地無用と墨書された段ボールが揺れた。
 うんしょ、と元気な声で小さな手が持ち上げて、段ボールの下から3人の妖精が顔を出す。
「ライちゃんっ」
 3人の妖精が笑顔で周囲を見渡す。
 怖いけど頼り甲斐のあるおにーさん?が約束してくれたのだ。
 きっと友達は無事と思って、しかし友達は見つからず見当たらず喜びも消えていく。
「すまない」
 サイズが頭を下げる。
 大粒の涙がいくつも落ち、妖精達がへたり込んだ。
「追撃は無理か」
 シャルティエが自身と仲間の負傷具合を確認し、重い息を吐き出す。
 相手に戦う気があるなら打つ手はある。
 だが、逃走しか考えない、なのに戦闘力はまだ残っている相手を捕まえ妖精を救出するのは至難の業だ。
「んー」
 ソアが爪を宙で動かしている。
 仮想のアルベド相手にシャドーボクシングしてみると、シードを胸から抜き取る機会と、防御に専念する腕を上へ弾く機会が何回か見つかった。
「もう一度戦えばいけると思うんだけど」
「魔種も、あれほどの戦力を使い捨てにはしないと思うのじゃ」
 リアナの発言は慰めではなく事実の指摘だ。
「じゃからの」
 諦めず、後少し待っていて欲しい。
 そう伝えられた妖精達は、なんとか涙を我慢しようとする。
 でも、涙は止まってくれなかった。

成否

成功

MVP

長月・イナリ(p3p008096)
狐です

状態異常

サイズ(p3p000319) [重傷]
カースド妖精鎌
ジェイク・夜乃(p3p001103) [重傷]
『幻狼』灰色狼
シャルティエ・F・クラリウス(p3p006902) [重傷]
不退転

あとがき

 次の機会は絶対にあります。

PAGETOPPAGEBOTTOM