PandoraPartyProject

シナリオ詳細

一骸百害

完了

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

●死の風吹く
 新天地『ネオ・フロンティア』、またの名を豊穣郷カムイグラ。
 豊かな大地、美しい自然が広がるその地は、その地に住まう人々に悠久の安寧を約束する。
 ……ばかりであれば、どれだけよかっただろう。
 人が集まり、社会を形成すればどこも同じところに行き着く。つまるところは立場や環境の格差である。それは容易く、人を殺せる。
 涸れた大地に吹きすさぶ風の音は宛ら、虐げられた者達の悲鳴だ。それを薄気味悪いと思いこそすれ、恐れるような者は鬼人種の兵卒達にはいなかった。
「……ここも死者だけか。次へ向かうぞ」
「あ……あ……!」
 鬼人種の者達をまとめ上げる隊長格の男は、自身が言い終わるを待たずに口を開いた男を不機嫌そうに見た。普段は精悍ななりと自身に満ちた顔をした彼は、しかし今は恐怖と困惑に、薄っぺらいプライドごと表情筋が打ち崩されているように見えた。
「何をしている。冗談なら後に……」
「ひっ……?!」
「な、何だあれ!」
 諌めるように隊長が口を開くと、他の者達も次々と恐慌状態に陥る。流石におかしいと隊長が視線を巡らすと、そこには歩み寄ってくる髑髏の群れが犇めいていたのである。
 しかも、あの骨格は……ほぼ間違いなく、鬼人種のものである。
「何と……冒涜的な……! 者共、退くな、恐れるな! あれが同胞の成れの果てなら、我らにしてやれることは一つ事のみ! 彼らが怨念を此処で晴らし、以て弔いとせよ!」
 隊長ともなれば、尋常ならざる状況に対しても対処が早い。そして、心根が強い。即座に兵士達を叱咤すると、己も刀を振りかざし全身する。
「汝らにも無念があろう、如何様にして魔道に落ちたか存ぜぬが、我こそがそれを果たしてみせよう!」
 隊長の叫びと部下の鬨の声がこだまする。
 ……その日、戦場から帰ったたった一人の兵士は、隊長の勇姿と、咄嗟の判断で真っ先に逃げてしまった自分を心底恥じながら仔細滞りなく報告をあげたのだった。

●増える、溢れる、躊躇う、のたうつ
「神使の皆様に、晴明様より言伝を賜って参りました。我ら獄人では手に余る類の者の討伐にて」
 神使、ことイレギュラーズの前に現れた鬼人種の青年は、建葉・晴明(たけは・はるあき)からの伝言として怪異の討伐の依頼に訪れた。
「敵は我ら獄人の歩む屍。骨となったそれらは手に手に得物を持ち、生前の手練手管にて襲い来ると。近頃上納と消息のなき村々を探しに出た者達の生き残りが、命からがら持ち帰った情報なれば、確実な話かと」
 屍の群れは村々を襲い、部隊をひとつ飲み込み、相当数へ増えているだろう、と彼は言う。
 その数、有象無象が20ほど、手練6、そして隊長、計27に上ると推察される。あくまで参考値だ。増えていてもおかしくはあるまい。
「戦いを見た者が語るには、矢や火礫(銃)の類は当てるのに難儀するだろうとのこと。完膚なきまでに砕けば動けなくなる、そうして彼らを弔ってほしい……そう申していた」
 逃げた者は八百万の方より極刑を言い渡された、と言い残し、彼は顔を伏せ、神使達の反応を待つ。

GMコメント

 そんなわけでカムイグラ一発目。オーソドックスに骸兵からいきましょうか。

●情報精度
 このシナリオの情報精度はBです。
 依頼人の言葉や情報に嘘はありませんが、不明点もあります。

●達成条件
 骸兵の全討伐

●骸兵
 得体のしれぬ秘術、または濃い瘴気を受けた屍の成れの果て。彼らに殺された屍も骸兵となる。
 ありあわせの農具や重量物を武器にした雑兵が20、調査隊の兵士6名、そして隊長。以上が「報告時の総数」。
 すべて元・鬼人種なのでフィジカルは侮れません。反面、術者なし。回復や強力なバフは無いと見て結構です。
 OPの通り、『矢・槍・銃・その他刺突、狙い撃ち系の武器等』は命中が若干下がります。
 隊長は指揮によりBS回復が可能です。他、銘ありの刀と長弓を駆使します。
 調査隊の兵士は数打ちの刀を佩いています。

●戦場
 荒野。僅かに瘴気の混じった風が吹いています(常時「毒」程度のダメージ。この効果はBS回復無効)

 以上、張り切ってまいりましょう。

  • 一骸百害完了
  • GM名ふみの
  • 種別通常
  • 難易度NORMAL
  • 冒険終了日時2020年07月09日 22時15分
  • 参加人数8/8人
  • 相談7日
  • 参加費100RC

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

参加者一覧(8人)

郷田 貴道(p3p000401)
喰鋭の拳
鬼桜 雪之丞(p3p002312)
白秘夜叉
那須 与一(p3p003103)
メイジン
すずな(p3p005307)
介錯人
ニコラス・コルゥ・ハイド(p3p007576)
名無しの
長月・イナリ(p3p008096)
狐です
ソーニャ・カリーニナ・デグチャレフ(p3p008582)
アンブレイカブル
希紗良(p3p008628)
鬼菱ノ姫

リプレイ

●豊穣ノ屍原
「初陣がキサの住む豊穣郷とは、これも何かの縁なのでしょうか」
「なんというか、私の故郷の過去、みたいな印象を受けますね。細かいところは違いますが、他人事とは思えません……」
 『新たな可能性』希紗良(p3p008628)が神使になってまだ間もないが、ローレットの面々が相対す『悪霊退治』にこうして駆り出されたのはある種のめぐり合わせであったと言えるだろう。
 『金星獲り』すずな(p3p005307)にとっても、過去の記憶を想起させるその地は決して他人の住まう場所、として捨て置ける場所ではないのは確か。
 何れにせよ、市井の民に助けを求められ、捨て置くイレギュラーズなどいはしない。
「戦った奴がいたからあいつは逃げ切れた。逃げた奴がいたから情報がここまで繋がった」
「然るに、碌でもない者を討つのは拙らの義務でございましょう」
 『博徒』ニコラス・コルゥ・ハイド(p3p007576)の言葉を『玲瓏の壁』鬼桜 雪之丞(p3p002312)が引き継ぎ、両者はともに荒野の向こうを静かに見やる。
 乾いた風が吹き荒ぶだけの地は、しかし次の被害者を産まぬ為、屍の兵達を押し留める為のいわば防衛線でもある。
「『安心するがよい』とは伝えたものの……面妖な敵が相手なのだ、倫理観に気を遣っている時間はないのである」
「同胞の骸を操られる様を見るというのは気分がいい話ではないでござろう。面妖で、悪趣味な輩もいたものでござる」
 『アンブレイカブル』ソーニャ・カリーニナ・デグチャレフ(p3p008582)は周辺の村の人々に堂々と啖呵を切って回ったが、実際のところ『一騎当千』を名乗れるほどのイレギュラーズは……その手にした運命力と経験による手練手管を考えればほぼ全員がそうだと名乗れるだろう。
 『はですこあ』那須 与一(p3p003103)はこれから現れる者のことを考え、頭を痛めている様子だったが。
「開拓ってのはロマンだよなぁ! さあてやるか、カムイグラでの初仕事!」
 『人類最古の兵器』郷田 貴道(p3p000401)は緩慢に、しかし通り道を押しつぶさんとする圧力でもって迫る骸の群れを視認すると、拳を打ち合わせ、オープンスタンスに構える。
 新たな土地、新たな文明、変わらぬものは、己の拳に賭けた熱。
「動く屍ってのはいつ見ても嫌な存在ね……その姿を見るにしのびない、この場所で安らかに眠らせてあげるわ!」
 『狐です』長月・イナリ(p3p008096)は得物を構え、腰を落とし機を窺う。彼女がやろうとしているのは、中々に……普通ならやろうともしない策である。
 それが吉と出るか凶と出るか……少なくとも、骸を率いる武士は知るまい。
「臭ェな、これが瘴気か」
「これが死体を動かしているのか……かえすがえすも面妖で、不快である」
 ニコラスとソーニャは互いに顔をしかめ、向かってくる屍の群れに対峙する。その数はおそらく30を超えるだろう。だが、イレギュラーズの決意の前には、数の多寡よりもその敵意のほどが重要なのだ。

●骸群がる
「押し通らせて頂きます。……破ァ!」
 雪之丞は骸の群れの間合いに入ると、足を踏みしめ、腹に力を入れた一喝にて前列の雑兵達を吹き飛ばす。密集した陣形でのそれは、後続を巻き込むことで大いに混乱を招き、動きを鈍らせる。……それが普通の軍隊ならば。
 後ろから後ろからと押し寄せる骸の群れは、飛び退った手合を弾きながら前へ進む。周囲を気にせぬ動きは、陣形という概念がない。そこが、付け入る隙でもある。
「私も、進路に大穴開けさせてもらうわ!」
 然るに、イナリが放った黒い霧は、雪之丞がかき乱した隊列にこそ覿面に効く。
 統制が取れていないのなら、骸とて意思の統一がなく、容易に流される……イナリ目掛けて向かってくるのは最早避けられない。
「その穴、広げさせてもらうぜ!」
「普通の矢弾ではガイコツ相手には分が悪いでござろうが、生憎こちらは砲なのででござるよ」
 ニコラスはイナリに引き寄せられた骸達と入れ違いに前進し、右手の大剣を振り下ろす。一気に周囲の骸達を痛めつけた彼の傍らを、火砲により収束した魔力が骸を蹴散らしつつ炸裂する。その一発を叩き込んだ与一は、満足げに笑いながら、しかしなおも前進する敵の数にげんなりする。仲間のブロックは見込めない。対処するなら、自身の力で。それしかないのだ。
「銃だの弓だのが効きにくいって話だが、ミーに関係ねえ。生憎と、コレより強い武器に心当たりが無いんでな、HAHAHA!」
 貴道は仲間達が開いた道を、正面からその両の拳でこじ開けていく。与一の火砲、ニコラスの一撃、他多くの攻撃を隊長格が受けていないのは、調査兵の成れの果てが庇っているからだ。引き剥がすくらいなら、諸共にぶち破る。彼のスタンスはそこから何も変わらない。
「キサは皆さまが本懐を遂げる手助けをさせて頂くのです」
 希紗良は、自身に出来ることが限られている、と認識している。希望のためにとった剣を振るって、出来ることなどたかが知れている、と。
 とんでもない話だ。今まさに彼女が断ち切った骸は、万分の一ではない。30たらずのうちの一体、仲間達が全力で制すべく戦っているそれなのだ。
 三度四度と剣を振り、二体を崩せばそれは上等というものだ。
 そして、彼女が拓いた道は誰かが通る道となる。――今まさに。
「隊長格とお見受けしました、意識があるかは解りませんが――一手、お相手願いましょう……!」
 すずなが、隊長格へと迫るための一歩を生み出したのだ。
「――……」
 刀を抜いた隊長格は、すずなが竜胆から放つ苛烈な連撃を受け、弾き、そしてまた受けながら直突きを放つ。
 単調で、単純で、洗練などされていない田舎剣術のそれは、しかし彼女の卓越した回避力をも貫くように伸び上がり、その頬を割いた。乙女の柔肌を、である。
「無粋極まりないのであるな、此方の剣士というものは」
 ソーニャは続けざまにすずなへと迫った兵隊の足を己の足で蹴り飛ばし、砕かんと試みる。瘴気の力で強化されたそれは破壊までは至らぬが、相応の衝撃にはなったらしい。明確に、動きが鈍ったのが伝わってきた。それで足りぬなら、と二度三度の蹴りを振るう彼女の姿には、最早執念にも似たものが宿っている。
「幾らでもかかってきなさい、私はそう簡単に崩れないわよ!」
 雑兵の敵意を一身に受けたイナリは、しかし群がる骸達を前に涼しい顔で攻め手を受け、そしてさらなる黒霧を発生させ続けていた。
 次々と生まれる霧は敵意を励起させ、彼女を狙う者をより多く、より激しくと煽っていく。だが、自らに物神両面の絶対防御を施した彼女を、たかだか農民の骸が貫けるはずもなし。
 隙あらば両手の剣を振るい、炎に巻き込む戦い方は尋常のそれではありえない。
「おいでませおいでませ。怨みの矛先は此処に。無念の刃は此処へ――一人残らず、正しき流れへお戻ししましょう」
 雪之丞は手を叩き、ゆるやかな足さばきで立ち回る。初手の激しさは鳴りを潜め、骸の同胞にも似た姿はカムイグラにおいてよく映える。だが、その手拍子は鎮魂や哀れみとは無縁の、敵を確実に己へ引きつけるために打たれるもの。狙いは、隊長格の護衛に立つ調査兵。或いは仲間の動きを遮る雑兵だ。
「HAHAHA、出てきたなスケルトンリーダー! 閻魔様のところに送ってやるぜ!」
 貴道はなずなと共に隊長格を攻め立て、反攻を受けていた。拳が貫き、剣がひらめき、交差した刃と拳が互いを狙い、弾かれるように後退する。
 貴道の極限の集中がなくば、今の一撃はもらっていた。彼が築き上げたボクシングの技倆がなくば、今の一発を避けられていた。
 頑丈であることも無論ながら、手練手管も相応にある。並の者なら、貴道と切り結んで幾ばくももつまい。対応しているということは、それほどまでに強力だったということ。
「面倒なアンタは何が何でもとっとと倒す。逃げて俺たちを信じた、アンタの部下のためにもな」
 その乱撃のさなかに、ニコラスが大剣を振り下ろし隊長格へと肉薄する。運命の輪を冠した剣技はその名に恥じぬ振る舞いで、隊長格の進軍という決まりきった運命をかき乱す。
 隙は一瞬だった。イレギュラーズには、それで十分だったのだ。
「その無念、此処で晴らしてあげましょう――お覚悟!」
 すずなの声が、瘴気にまみれた空間でなお凛と響く。続けざまに振るわれた竜胆の軌道は上下左右から相手を襲い、打ち据え、貴道が打ち崩した骨を砕き、ニコラスがつけた傷を広げ、与一が放った砲の余波でついた傷を的確に叩く。
 その連撃を止めるべく飛び出した調査兵の骸は、しかし背後から振るわれた貴道の拳で頭部ごと刈り取られる。
「ヘイ、ボーイ。男女のダンスを邪魔するブルシットは天国にいけないぜ」
 そんなジョークを背景に、隊長格の骸は崩れ落ちる。
 がらんと鳴る骨の音は、やけに無情な響きをしていた。

●宛ら葬列
「いざ、キサと切り結ばん!」
 希紗良は雑兵の振るった農具を半ばから切り落とし、いきおい、縦一文字にその骸を叩き切る。
 何体目だろうか? 正確に数える余裕など彼女には残っていなかった。運命の力を借り、仲間のために血路を拓き、そして己の血で以て自らを凄絶に彩るさまは修羅にも似る。
 倒した数より、切り結んだ数。打ち合った数。傷ついた数。我武者羅に築いたその数は、彼女に確かな成長を自覚させるに相応しい。
「流石にこの数相手は、長続きしないである……な……」
 ひゅう、と息を吸ったソーニャは眼前に現れた雑兵の膝を蹴り砕き、降りてきた頭部を的確に撃ち抜く。動きの鈍った相手は、しかしそれでも攻めの鋭さが鈍らない。喉元へ迫った農具は、しかしイナリが突き出した剣により本体ごと燃え尽きたではないか。
「危ないところだったわね。……無事なら、よかったのだけど」
「お陰様で問題ないのである。そちらは怪我などは……」
 ソーニャはそう問いかけ、背後から彼女に襲いかかった骸達が次々と自壊していく様を見た。呆然とするその様に、イナリはふふ、と笑いながら背後に剣を振るった。
 理解できぬものは、無理に理解しようとするものではない。彼女は高みに立つ相手を見て、首を振るしかできなかった。
「拙を求めるその姿、きっと戦も知らぬ方だったのでしょう。悲しく、つらい定めにあったのですね」
 雪之丞は自らへ迫る骸達の姿に、強い哀れみを感じてもいた。ボロボロの農具、馴染みのない「襲うための動き」を強いられる骨は、瘴気の支えもなければろくに動けまい。
 か細いその骨が物語る哀れみの、一体何処にそうなるべき道理があろうか。
「こうして倒すしか救いの道が無いというのは、悲しいものです……ですが、そうする力がある以上、私達が成すしかない」
 すずなは雑兵達を切り捨てつつ、その一刀ごとに一瞬、瞑目する。
 彼女にできるのは、敵となった者を切り捨てることで悲劇を広げぬこと。悼むのは今ではないと知っている。漂う瘴気を思えば、そう長々とも続かない。だから、瘴気でいられるうちに倒すのだ。
「どんな経緯で骨オンリーのままウロチョロしてんのか知らないが、今日で終わりだ。きっちりぶち壊してやるから、成仏しな?」
 貴道のうねるような拳の軌道は、向かってくる雑兵達を薙ぎ倒す。さきの隊長格とは比べるべくもない……が、その理由が骨にあるのなら、と彼は思わずにいられない。
 それだけの悲劇が、辺境で起きる素地があるという明確な理由なのだから。
 奇怪で、暴力的で、そしてただただ哀れな骸の群れは、次第に数を減らし、瘴気の密度を薄れさせ、そしてついには姿を消した。
 砕けた骨が再び起き上がる様子はない。……死者は、『死者』へと還ったのだ。

 荒野に並んだ小山は、それぞれが骸達の墓である。イレギュラーズ達が、野ざらしもしのびないとその骨を埋葬したのだ。一通り墓作りが終わると、ニコラスが火薬を打ち鳴らす。
「かはは。天まで届くこの轟音が弔いだ。てめぇらの怨みも無念もこれが終わりを告げる。だからよ、ゆっくり眠ってくれや」
 彼は空を見上げながら、祈るようにそう告げた。助けられなかったものに、自分が出来る精一杯の弔慰。
 仲間達も、その残響が響く中でそれぞれのやり方で弔慰を示す。薄れた瘴気も、或いは自分達を弔ってほしいという声だったのだろうか?
「みなさまの剣技や術。キサは惚れ惚れしてしまいました。明日からキサも稽古を再開せねば」
 希紗良は、仲間達に対し目を輝かせながら告げる。耳と尻尾がそれに同期するように動いているので、心からの感動だったようだ。……彼女も戦いの中で成長しているのだと本人が知るのは、もう少し先のことになりそうだ。

成否

成功

MVP

なし

状態異常

那須 与一(p3p003103)[重傷]
メイジン

あとがき

 お疲れ様でした。
 回復などのリカバリー手段が乏しい状況、敵が多数、他諸々、厳しい条件だったと思います。
 それでも実によく戦ったと思います。無事、全撃破と相成りました。
 カムイグラでの冒険は続きます。今回の結果を糧に、次に生かしてください。

PAGETOPPAGEBOTTOM