PandoraPartyProject

シナリオ詳細

<若葉>家族を失いたくない

完了

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

 剣と魔法。それから怪物。文字を知る者は少なく、学校もない。農民は農民らしく、貴族は貴族らしく、それぞれがそれぞれの役割に縛られながら、けれど時々革命が起きる。そんなありきたりな世界。ありきたりな物語。

「オネット、あきらめなさい」
「嫌だ! お母さんが死ぬなんて、そんなの認めない!」
「怪物に呪いをかけられたんだ。ここいらじゃ回復魔法を使える人間もいなければ、うちには術師を雇うお金もない。……あきらめるしかないんだよ」
「嫌だ! 嫌だ! 嫌だ!」

 父親は悲痛そうな顔を浮かべて、オネットと呼ばれた少年を見つめた。家の手伝いを覚えてずいぶん経ったが、この子はまだ幼い。まだ冬を8度しか越していないのだ。『死』というものを受け入れるだけの心が育っていない。

 だから、油断していた。
 子供だからと侮っていた。

 翌朝、父親が朝告げ鳥の声で目覚めた時には、すでにからっぽになったベットと、去年誕生日に買ってやったそこそこの大きさのリュックサックが持ち出されていていたのだった。

「ああ……オネット。そんな」

 文字を読めず、書けない農民である彼らが起き手紙なんてものを知るわけもなく。けれど父親は呪いによって病気にかかった母親の面倒を見るために家から離れるわけにもいかず。

 いなくなったしまった息子がどうか帰ってくるようにと、神に祈るしかなかった。



 どすん、という音と共に木立に留まっていた小鳥がバサバサと音を立てて羽ばたいた。音の正体はオネットで、つい先ほど、足元にあった小石に気が付かず、不注意で転んだのだ。じんわりと広がる膝の痛みに、泣き出しそうになった。彼は怪我をしてしまったのである。

「父さんのばか。……ばか」

 鼻をすすりながら、少年は村の近くの森の中を進んでいた。昔、村長から聞いたことがあるのだ。ここには希少ではあるが、怪物を追い払うことのできる奇跡の花が咲くのだと。怪物を追い払えるのなら、怪物がかけた呪いにも何か効果があるかもしれない。

 母親が死ぬのを黙ってみているよりかはずっといい、少年は革靴のひもを結び直して、大きな木の根っこを登り始めた。



(生まれたばかりの幻想の世界〈グリーニー〉へようこそ)

 クルル、とのどを鳴らして笑うのは『夜明けの境界案内竜』アイリス・エバー・アフターである。少し見ない間に、すっかり人間の言葉を覚えたのか、思念を使うことよって、イレギュラーズの脳内に直接呼びかけた。

(ごめんね、竜の声帯ではまだ、上手に喋れないから。変な感じがするかもしれないけど、最後まで聞いてくれたらうれしいな)

 かの〈境界案内竜〉曰く。この世界で怪物が現れ始めたのはごくごく最近の事らしい。故に、それの対策が全くできていない段階のファンタジー世界なのである。ギルドどころか、冒険者なんてもってのほか。襲われた時に初めて、誰かが対処する程度の法整備。すべてが後手後手に回り、なんの機能も果たさない。

 それがこの世界〈グリーニー〉なのだ。そしてこの世界の何よりもの特徴。それは『この世界にイレギュラーズが関わった・訪れた回数だけ、あらゆる登場人物はレベルアップをする』のだ。これはイレギュラーズも例外ではなかった。

(つまりね、君たちの世界ですっごく強くても、この世界だとすべて1から始まるんだ。……あ、〈旅人〉の君は良く知ってるって顔だね。そうそう。そんな感じだよ。ただ違うのは、この世界は物語ごとにレベルがリセットされる)

 まずは少年を探すのが先決だろう。気を付けてね、と〈境界案内竜〉は目を細めた。

NMコメント

「ローグライクゲームにありがちな『冒険に挑戦する旅にレベルリセット』をシナリオで行ったらどうなるのか」という世界がこの〈グリーニー〉になります。イレギュラーズとしてのレベルが30でも『家族を失いたくない』のシナリオ中はレベル1の扱いになります。とはいえ、習得しているスキルは威力が下がる者のきちんと機能いたしますのであしからず。

  • <若葉>家族を失いたくない完了
  • NM名蛇穴 典雅
  • 種別ラリー(LN)
  • 難易度-
  • 冒険終了日時2020年06月25日 17時50分
  • 章数2章
  • 総採用数8人
  • 参加費50RC

第1章

第1章 第1節

ラダ・ジグリ(p3p000271)
剣砕きの
ノースポール(p3p004381)
差し伸べる翼

『剣砕きの』ラダ・ジグリ(p3p000271)は境界世界〈グリーニー〉に降り立つと、何度か足踏みを繰り返したのちに、掌の開閉を繰り返した。混沌肯定『レベル1』と同じとは、またここ以外では経験できない目に遭いそうだと感じた彼女は、まず、現在できる事が何なのかを確かめていたのだ。
 『差し伸べる翼』ノースポール(p3p004381)はレベル1になった身体の変化をどこか楽しんでいるのか目を細め『嗚呼、あの時は確かに、こんな感じだったなぁ』と懐かしんだ。

 さて、と2人は村へ歩みを進めた。『夜明けの境界案内竜』アイリス・エバー・アフターが言っていた、怪物の呪いによって体調を悪くし、床に伏している母親と、家族を失いそうな予感に絶望している父親の家はたぶんこの小さな家の事だろう。嵐でも来たら簡単に壊れてしまいそうなほど、ボロボロになっている印象を受けた。
 配達人としての仕事をしているラダは眉間をくしゃくしゃに歪める。この様子では隙間風は入り放題、雨だってきっと、家の中に漏れているだろう。こんな家に住んでいたら、仮に呪いから解放されたとして、抵抗力が下がったままの身体でここに暮らしていたら、病気になってしまいそうな環境といえた。
 けれど、今はそれよりも、いなくなってしまったオネットを探さなければならない。まずは父親に声をかけなければとノックをすれば、すぐに父親が顔を出した。ノースポールが進んで自分達がオネットを探すと告げると、一度は表情を明るくさせたものの、すぐに暗い顔に戻った。

「その申し出はたいへんありがたいですが……その、ウチには返せるものが何もなくて」
「気にしないでください。ボク達がオネット君を探したいんです。……お願いします」
「……そういう事なら……」
「ご安心ください。必ず、オネット君と帰ってきますから!」



 村での情報収集だが、芳しい結果とは言えなかった。なぜなら、彼女たちが余所者であったからというのもあるのだろうが、村人たちは畑仕事に忙しく、あまり話す時間がなかったというのも大きい。
 さらには、ここの村にいる大人たちは文字に記録するような学力もなく、財力もないため、生きるために必要となる畑仕事に有益になる情報にしか興味がなかったのだ。頼みの綱であった村長は数年前に亡くなっており、代替わりをしていた。
 故にノースポールがいくら『奇跡の花』について問いかけても、大人たちはそろって知らない、覚えていないと首を横に振ったのだ。

「村長の家に本があるけども、見せてくれるかはわかんねえなぁ。なにせ、代替わりした息子の方は守銭奴なもんで。とてもじゃないがタダで見せてくれるとは思えない」

 日はまだ高いが、はたして調べ物をしている余裕はあるだろうか。
 2人は顔を見合わせてオネットの捜索と『奇跡の花』の情報と、どちらを優先すべきか思考した。

成否

成功


第1章 第2節

 父親は2人の女性が気がかりだった。森へ息子を探してくれるといっていたことを信じていなかったわけでは無い。ただ、純粋に『女性を怪物がいるかもしれない場所に送り込んでしまった』ことに罪悪感を抱いていたのだ。母親の額に玉となっている汗を井戸水で冷やした布でそっと拭ってやりながら、目を伏せた。

 ——もし、もしも、あの2人も愛する人同様に怪物の呪いにかかってしまったら。

 見たところ、2人は見たこともない武器こそ携えていたが、旅人であることには間違いない。兵士という出で立ちではなかったから、きっと護身用程度の物だろう。腕に覚えがあるのなら、猟師として貴族や商人に雇われた方がずっとずっと給与が良いワケだし、わざわざ旅をするとも思えない。それとも、彼女たちの故郷では女は猟師になれない決まりでもあるのだろうか。

「ああ、オネット。愚かな息子よ。なんてことをしてくれたんだ。もし彼女たちが亡くなったら、私はこの数日の間だけで3人も優しい人をこの世から奪ってしまうことになる。オネット。お願いだから早く帰ってきておくれ」


第1章 第3節

イーハトーヴ・アーケイディアン(p3p006934)
秋の約束

 その時、ノックの音が響いた。あまりにも出来すぎたタイミングに、息子が帰ってきたのかと扉に齧りついた父親だったが、現れたのはまたも見たことのない出で立ちの旅人——『おもちゃのお医者さん』イーハトーヴ・アーケイディアン(p3p006934)だった。

「初めまして、俺は旅の者です。男の子が森に向かったと聞いて…お話を、伺えませんか?」

 父親は男もまたオネットを探してくれると聞けばずいぶん救われた顔をした。それは、先の女性だけに息子探しを任せてしまったという罪悪感から逃れられたという独りよがりなものだったが。

「息子は私の腰に満たないくらいの身長です。日に焼けた肌で、髪は緑がかった黒い髪をしています。目は茶色で、奇跡の花については……すみません。息子から聞いた程度ですが、白い花であるということくらいしか……何せ、御伽噺だと話半分で聞いていたものですから」

 白い花。しかし、森にはいくらでも咲いているだろう、けれど、オネットを探す分には充分な情報を手に入れたと思ったイーハトーヴは父親に感謝の言葉を添えたのちに、森へと歩を進めた。少し進んだ先で、大声を出す。

「オネットくん、どこにいるの? お願い、出てきて! 俺は遠くから来た旅人だけど、君を連れ戻しに来たんじゃなくてね、奇跡の花を探すお手伝いがしたいんだ!」

 その声に、返事はなかった。オネットは、どうやら、深い森の奥へと向かったらしい。

成否

成功


第1章 第4節

 森は明るかった。地面は整備されているわけもなく、木々の根が張り出していたし、ゴロゴロと大岩だってたくさんあった。けれど、歩けない程ではない。時々、小鳥や栗鼠がちょろちょろと木の上で動くのが視認できた。

 だが――遠くで、野犬の遠吠えが聞こえた時、イレギュラーズは、この森が決して安全なものだとは言えないと、再度、認識したのである。


第1章 第5節

イーハトーヴ・アーケイディアン(p3p006934)
秋の約束

 『おもちゃのお医者さん』イーハトーヴ・アーケイディアン(p3p006934)は森の中を走り出した。野犬がいる森と分かった今、オネットを探す時間に余裕を持ってはいられない。
 万が一、噛み付かれでもしたら、その怪我を治すだけの治療費をあの家は賄うことは難しいだろう。もちろん、自分が回復すれば話は別だが、オネットを探しに行くだけでも金銭面を気にしたあの一家の様子から見るに、無償で何かを施されることに対し、デメリットがあるのだろう。小さな村では、ありがちな話だ。

「オネットくん! 何処にいるの!」

 彼の呼びかけに応えたのは、泣き喚くような声だった。同じ方向から吠える声も聞こえる。張り出した木の根や岩に気をつけながらなるだけ速くその場へと駆けつけると、木の上に登ったオネットに向かって吠える3匹の野犬を目撃した。

「こっちに来るなよ! ばか! あっちにいけったらぁ!」
「……っ! いた! 今助けてあげるからね!」

 イーハトーヴはその手に魔力を込めた。吐き出された衝撃の青は確かに野犬を数メートル吹き飛ばした。しかし。

「なっ……」

 倒すまでには至らない。それどころか、野犬はまだ、健在だった。なにせ、この世界においての彼は『レベル2』なのだ。……幸か不幸か。木の上にしがみつくオネットから、その狩りの邪魔をしたイーハトーヴへと野犬のターゲットが移ったのは火を見るより明らかだった。

成否

成功


第1章 第6節

レイジ・コールドウェル(p3p008592)
新たな可能性

 野犬がオネットからターゲットを変え、イレギュラーズに襲い掛かった。その瞬間だった。

「よぉ、楽しそうな事やってんじゃねぇか。――オレも混ぜてくれよ!」

 完全な不意打ち。弱点である野犬の横腹に思い切りその拳を叩き込んだのは『新たな可能性』レイジ・コールドウェル(p3p008592)である。ショットガンにも勝る威力を腹部に受けた野犬は、きゃいん、と弱々しく鳴いて、一度離れる。尻尾を丸め、それで群れの仲間と共に敵意を向けた。
 ――そう、彼らは《逃げなかった》のである。

「……ふぅん、おもしれぇ。ただの『野犬』じゃねぇってか?」

 なんらかの"意思"を感じ、レイジは口角を上げたのだった。

成否

成功


第1章 第7節

 怯えながらも、歯を剥き出しにして唸る野犬の様子に違和感を覚えたイレギュラーズ。
 衝撃の青とショットガン・ブロウを受けた野犬は明らかに弱っているのが目に見えてわかったが、それでも倒れそうになる身体をなんとか起こして立ち上がっていた。
 オネットも始めこそパニックに陥り、恐怖に泣き喚いていたが、どうやらイレギュラーズの呼びかけや助けてくれようとしている事実に、幾分かは落ち着きを取り戻したらしく、違和感に気がついたようだ。

「どうして、この子達逃げないんだろう」
「そりゃあ、アタシと契約してるからさ」

 突然、辺りに聞こえたその声に何事かと周囲を見渡せば、いつのまに居たのだろう。オネットよりも高い位置にある太い枝の上、浅黒の肌に濃い紫の服を着た女が立っていた。

「そのコ達はね、母親なのさ。飢えて弱った子供を助ける代わりに、アタシと契約したんだ。『破厄の花』を守る万人になるってね」
「『破厄の花』……?」
「魔物を寄せ付けないよう、家の周りに結界を作るのに必要な材料さ」

 女は木からヒラリと降りると、木のウロに手を伸ばす。優しい手つきで取り出したのは、チューリップにも似た、白い花だった。
 オネットは目を見開いてそれを眺めていた。それは自分が探し求めていた『奇跡の花』そのものだった。かつての村長が自分に語ってくれたあの話は迷信でも、嘘などでもなかった。本当にあったのだ。

「お願い! それを僕に譲って欲しい。僕、母さんを助けたいんだ!」

 女は、その言葉を紫色の瞳で見つめた後に、にんまりと笑い、問いかけた。

「それなら、お前はアタシに何を差し出してくれる?」
「なんでもする! 母さんを助けたいんだ!」

 その言葉にカラカラと女は笑った。馬鹿にしたような笑い方だった。

「お前のようなか弱くて小さくて、これっぽっちも役に立たないような奴が、なんでもするだって? 何ができるっていうのさ。お前のような奴に」

 オネットは目に大粒の涙を溜める。それは、事実だった。

(だって、母さんが呪いを受けたのは――)

――走って、オネット!
――母さん! 母さん!
――振り向いちゃダメ! 村へ逃げて!
――やだよ、母さん! 置いていけないよ!

(僕のせいだから)



第1章 第8節

シャルレィス・スクァリオ(p3p000332)
蒼銀一閃

「待って、オネットくん!!」

 『蒼銀一閃』シャルレィス・スクァリオ(p3p000332)の言葉に、オネットは視線をそちらに向けた。

「お母さんを助けたい気持ちはよくわかる。……でも、君に何かあったらお母さんもお父さんも悲しむよ!」

その言葉に、女は大笑いした。それは、先ほどオネットに対して行っていた馬鹿にしたような笑い方ではなく、面白くてたまらないといった様子であった。

「ハハッ! まるでアタシが何かするみたいな言い草だね」
「貴女は一体何者? 真っ当な取引なら、私がしたっていいよ」

 でも、とシャルレィスは拳を握りしめ、女を睨みつけた。

「子を想う母犬を利用したり、オネットくんにもひどい事を! その花があれば多くの人が助かる筈なのに、一体何が目的? 貴女に他者を想う気持ちはないの?」
「ないね」

 それは、明確な否定の言葉だった。返答を有耶無耶にされるかはぐらかされるかと思いきや、彼女は真っ直ぐにそう答えたのである。
 どうしようもなければ戦うしかない。だが、子犬を思えば、この野犬達を無碍にするのも心苦しい。シャルレィスは唇を噛んだのちに問いかけた。

「どうして……っ!」
「何故アタシが家族でもなんでもない、赤の他人を助けなきゃいけないの? それって、アタシに何かメリットある?」

 シャルレィスが懸念していたアクシデント、――女は野犬をけしかける様子はない。けれど、花を譲る気も無いようだった。

成否

成功


第1章 第9節

イーハトーヴ・アーケイディアン(p3p006934)
秋の約束

「ねえ、お姉さん。貴女にとって、その花はすごく大事なものなんだね。魔物を寄せ付けないための花ってことは、貴女も魔物に困らされてるの?」

 問いかける『おもちゃのお医者さん』イーハトーヴ・アーケイディアン(p3p006934)の言葉に、女はなんだ、わかってるじゃないかと笑みを浮かべる。

「そもそも、この近くの村の魔物除けの結界はまだまだ健在じゃないか。何を懸念することがあるというの」

 オネットはおずおずと事情を話した。まず、この花は魔物除けに使うわけではないこと、魔物から受けた呪いを解く為に使いたいこと。そして、それは自分を庇った母親の為であるということ。

「それで、守った相手が森に来るんじゃ母親も報われないね。魔物に襲われていたらまさに水の泡ってものさ」

 その言葉は正しい。そう、その通りではあるのだ。オネットの行動は、リスクがあまりにも高い。

「俺は、オネットくんも、オネットくんのお母さんも助けたいけど、お母さん犬達を倒して子犬達を悲しませるなんてできないし、貴女とも、叶うなら戦いたくない」

 イーハトーヴの言葉に、お優しい事で、と女は皮肉を漏らす。

「その花を、取りすぎないよう、必要な分だけくれるなら、貴女の望みを叶えられるよう力を尽くすよ。誰かが傷付くようなことはできないけど、貴女が納得できる方法を考える」

 交渉ごとは得意ではないけれど、イーハトーヴは頭を下げて頼み込んだ。

成否

成功


第1章 第10節

 女はイレギュラーズの真摯な姿勢に長くため息を吐いたあと、ひらひらと手を振った。

「わかった、わかった。仕方がないなぁ。……でもいいの? この花が対価でさ」

 ――呪いを解く力なんて、この花にはないのに

 女の言葉に、一同は硬直した。

「呪いを解く力が、ない?」

 オネットの言葉は絶望に満ちていた。イレギュラーズは頭を抱える。そう、確かに『呪いを解く為に』とは言ったものの、その発想はオネット独自のもので、情報源である村長はそもそも『魔物を寄せ付けない』という事しか告げていないのだ。
 では一体、どうしたらいいのか。途方に暮れる一同に手を貸したのは、意外な存在だった。

「ワン!」
「なんだい、犬のくせに人間の味方をするの?」
「ワン!」
「親子の献身に心でも動かされた? 馬鹿馬鹿しい。……まぁ、対価をくれるっていうならどっちでも構わないけどね」

 女が提示したのは以下の通りだ。

「キラービーの女王が蓄えるロイヤルハニーをこれに2瓶と、この森の崖の上に生えているマンネンゴボウを5つ採取してきなさい。満月草とヒカリダケはアタシの貯蓄から出してあげる」
「……え」
「そもそも、その犬が子犬を助けて欲しいと言ったのは魔物から怪我を負わされたから。普通の怪我じゃないのさ、魔物の攻撃っていうのはね。だから、呪いの力を弱めてあげる事ならできる」

 でもね、と女は目を細めた。

「呪いそのものは魔物本体を倒さないとダメ。アタシができるのは、身体を癒して、抵抗力を高め、呪いを軽くする事だけ。普通に生活はできるかもしれないけど、その呪いは確実に命を蝕み、寿命を早める」

 ただ、と女はイレギュラーズに向き直る。

「魔物はとても強い。この人くらいの力が最低3人は揃わないと、難しい」

 先程、真摯に交渉したイレギュラーズを指差しながら女は答えた。

「どうする? 対価はこの森に迷い込んできた魔物を倒す事。それで引き受けてあげる」

 女はイレギュラーズをジッと見つめた。


第1章 第11節

イーハトーヴ・アーケイディアン(p3p006934)
秋の約束

「わかった、……先に魔物を倒してもいい?」

 『おもちゃのお医者さん』イーハトーヴ・アーケイディアン(p3p006934)の言葉に、女は頷き了承した。その間に、倉庫にある材料を出して、薬の下ごしらえをしてくれるようだ。

「お姉さんもお母さん犬達も、本当にありがとう」
「別に、感謝されるような事はしてない。取引が成立したってだけ」

 女は相変わらずの態度でいたが、お詫びにと母犬にメガ・ヒールをかけるイーハトーヴの姿を見て、肩を竦めた。

「お人好しというか、なんというか。呆れるくらいに『お優しい』ね。余裕があるのか、なんなのか知らないけど、この世界じゃ窃盗も簡単に起こる。気をつけなさいな」
「アドバイスしてくれるの? ありがとう、そうするよ」

 ニコニコとするイーハトーヴに、女はいよいよ呆れたように長くため息を吐いた。

「なんか調子狂うなぁ。……変な感じ。魔物を倒せたら教えて」

 去り際に女が残したのは、テントウムシの形をしたブローチだった。空中に放り投げると、道案内をしてくれるらしい。

 かくしてイレギュラーズ一同は、魔物退治へと勤しむのである。

成否

成功

PAGETOPPAGEBOTTOM