PandoraPartyProject

シナリオ詳細

<薄明>羊たちの撃滅
<薄明>羊たちの撃滅

完了

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

●暴走するもの
 幻想南部――。
 蠍たちによる国盗りの傷跡も未だ癒え切らぬ、傷ついた地。
 しかし、そこに住まう人々は懸命に復興を続け、どうにかこうにか、平穏を取り戻しつつあった。
 此処は、そんなとある一村――かつてのオランジュベネ領にほど近い、長閑な場所である。
「オイ、羊の様子を見てきてくれ!」
 村民が、息子へと声をかけた。
 家畜である羊は、先日、毛刈りを終えたばかりだ。最近は気温も高く、熱中症の心配もあるため、目が離せない。
「分かったよ、父さん!」
 息子は返事をすると、羊たちが待つエリアへと向かう。いつも通りの道……だが、息子はその時、妙な違和感を覚えていた。
 音が、聞こえるのである。
 ごん、ごん、ごん、と、何度も、何度も、何かを打ち付けるような音が、響いている。
 得も言われぬ恐怖を覚えつつ、息子は歩みを進める。その音は、間違いなく、羊たちの居る柵のあたりから聞こえてきていたのだ。
 ようやく、柵が見えたあたりで、息子はあっ、と声をあげた。
 ごん、ごん、と――打ち付けていたのだ。
 羊が。おのれの頭を、柵へ――。
 ごん、ごん! 無数の羊が、瞳を血走らせ、柵を、柵を、己の頭で叩きつけている!
 これは異常な事態だという事は、一目で見て取れた。血走った羊の眼からうかがい知れるのは、とてつもない怒気――憤怒の感情。
 べぎり、と。
 柵にひびが入った。
 そうなってからは、決壊するのに瞬きするほどの時間もかからない。
 息子が声をあげる間もなく、解き放たれた羊たちは濁流の如き駆け出し、息子を高く跳ね飛ばした――。

●狂気の羊
「というわけで、皆さんにお願いしたいのは、暴走する羊の討伐ですね」
 と、『小さな守銭奴』ファーリナ(p3n000013)は、集まったイレギュラーズ達へと告げた。
 なんでも、幻想南部の村にて、羊たちが突然暴走を始めたのだという。
 大人ですらい竦むほどの怒気――怒りの唸り声をあげ暴走する羊たちは、時に馬車などよりも恐ろしい凶器となりうる。数名の村人たちが重傷を負ったものの、幸い、今の所死人は出ていないようだ。
 村人たちは村を放棄し、隣村へと這う這うの体で逃げだした。そこで、ローレットへと依頼を行う事になったそうなのである。
「今の所、羊たちは元の村に留まっていはいるみたいですね。ですけど、こいつらが隣村や、付近の森や山へ向かってきたら大変なわけで。そうなる前に、この村に向かって、すべての羊を討伐していただきたい次第」
 たかが羊と侮るなかれ。動物とは、本来人よりはるかに強大な力と殺傷能力を持つ存在なのだ。イレギュラーズ達ならば太刀打ち出来ようとも、一般人ではなすすべなく蹂躙されるだけだろう。
「今から向かえば、お昼ごろには到着できるでしょう。どのような作戦をとるかは、皆様にお任せしますよ。それでは、しっかり働いて、がっぽりと儲けましょう!」
 そう言って、ファーリナはイレギュラーズ達を送り出したのである。

GMコメント

 お世話になっております。洗井落雲です。
 突如、憤怒に駆られた羊たちが暴走を始めました。
 その理由はさておき、この羊たちを討伐しなければなりません。

●成功条件
 すべての『羊』の討伐

●情報精度
 このシナリオの情報精度はAです。
 想定外の事態は絶対に起こりません。

●状況
 幻想南部、とある村が舞台です。
 現在、村中に15匹ほどの、暴走する羊が解き放たれています。羊たちが村を離れ、余所に被害をもたらす前に、ここで一匹残らず討伐してください。
 羊たちは、何やら強い憤怒に駆られているようです。人を見かければ、わき目もふらず襲い掛かって来るでしょう。
 作戦の決行時刻は昼。村全体をフィールドとするため、移動や戦闘に何らかのペナルティが発生することはありません。

●エネミーデータ
 羊 ×15
  特徴
   暴走する怒涛の羊。何やら怒りに我を失っているようです。
   主に近距離~中距離をカバーする、単体物理属性の攻撃を行います。
   また、近距離攻撃では『崩れ』を付与してきます。
   単体ではさほどの強敵とは言えませんが、数が多いです。
   なるべく、少数の敵と戦うように動くと良いと思います。

 以上となります。
 それでは、皆様のご参加お待ちしております。

  • <薄明>羊たちの撃滅完了
  • GM名洗井落雲
  • 種別通常
  • 難易度NORMAL
  • 冒険終了日時2019年08月20日 23時05分
  • 参加人数 8/8人
  • 相談7日
  • 参加費100RC

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

参加者一覧(8人)

清水 洸汰(p3p000845)
雲水不住
ヨハン=レーム(p3p001117)
孤高装兵
コゼット(p3p002755)
跳兎
藤野 蛍(p3p003861)
学級委員の方
桜咲 珠緒(p3p004426)
司令官
ミラーカ・マギノ(p3p005124)
夜天の光
ベンジャミン・ナカガワ(p3p007108)
正気度0の冒涜的なサイボーグ
鹿ノ子(p3p007279)
花紅柳緑

リプレイ

●羊の村で
 べえ゛え゛え゛え゛。
 べえ゛え゛え゛え゛。
 濁ったような、唸るような鳴き声が、村のあちこちから響き渡る。
 幻想南部のとある地。今は、怒れる羊たちにより占拠されたその村では、あちこちから羊たちの怒りの鳴き声が轟いていた。
 羊たちは苛立たしげに頭を振り、角を激しく民家の壁や、木にぶつけて回っている。内側から沸き立つ怒りを、どうしようもなく発散している……そのような様子だ。
 さて、そんな羊たちの奇行を屋根の上から眺める、一匹の猫の姿があった。そしてその目は、耳は、『ツンデレ魔女』ミラーカ・マギノ(p3p005124)のそれと繋がっている。
「……怖っ」
 率直な感想を、ミラーカは述べた。ミラーカ以下八名のイレギュラーズ達は、村のはずれ、羊たちから身を隠しながら、ファミリアーによる偵察を敢行していた。
 ミラーカがそう呟くのも無理はあるまい。羊たちから立ち上る、異常ともいえる怒気。怒りを発散するために周囲に当たり散らす様子。それでも怒りは解消されずにさらに蓄積され、結果に羊たちがあげる苦しみと怒りのうめき声。
 それらを見れば、一般人であれば、たまらず身をすくませ、速やかに逃げだす算段をとり始めるだろう。そんな状況において、それでもミラーカたちが冷静さを保っていられるのは、それなりの修羅場をくぐってきたからに他ならない。
「なだめる……ってのは無理そうね。心苦しいけど」
 ミラーカの呟きに、むぅ、と唸ったのは、『雲水不住』清水 洸汰(p3p000845)である。
「羊って、なんか、穏やかそうなイメージだけど……」
「実際、羊は穏やか……臆病で温厚な生き物よ」
 『学級委員の方』藤野 蛍(p3p003861)が、その言葉に応えた。しかしその目は、はるか上空の小鳥とリンクしていて、村中の羊たちを監視している。
「ここまで暴れるなんて、よほどのことがない限り、有り得ないわよ」
「って事は、何かあったってのは、間違いないか」
 洸汰が頷く。
「なにかやな事、あったのかな? ……ごはんがおいしくなかった、とか」
 小首をかしげるのは、『孤兎』コゼット(p3p002755)である。
「なるほど、食事に何か混ぜられた……ッスかね」
 少しばかりズレた返答をするのは、『ドイメ漫浪』鹿ノ子(p3p007279)である。とはいえ、その言葉は真面目だ。
「多分、怒りの大元はあったと思うんッスよ。これはカンッスけど、小さな怒りを増幅させられた……その結果がこれなんじゃ無いッスか?」
「……まるで狂気の伝播ですねぇ。そんな事が出来そうなのって言ったら」
 『孤高装兵』ヨハン=レーム(p3p001117)が肩をすくめて見せる。仲間たちの脳裏にちらつくのは、魔の影。
 だが、まだ情報は足りない。確証は得ない。
 ひとまずなすべきは、羊たちの鎮圧……それが急務であることは事実であった。
 とはいえ、真正面からぶつかっては、勝てないとは言わないが、それ相応の損害を被ることになるだろう。
 となれば、必要なのは戦術。
「羊の群れって、一匹が動き出したら、それにつられちゃったりするらしいのよね」
 蛍が言った。その言葉に、感心するような声をあげたのは『要救護者』桜咲 珠緒(p3p004426)だ。
「蛍さん、羊にも詳しいのですね……」
「詳しい、って程じゃないけれど」
 蛍は苦笑しつつ、謙遜する。
「だから、ヤギをリーダーとして、一緒に飼ったりするの。ヤギは行動的だから、ヤギの動きにつられて、羊の群れも動いちゃう」
「となると、『ヤギ』がいれば、ある程度は釣りだせる、という事ですか」
 ヨハンの言葉に、蛍は頷く。
「そう。あんな風に」
 その時、蛍は視線を己の下へと戻している。そして、村の方へ視線をやれば、羊たちの鳴き声がひときわ高くなり、その内いくつかが、こちらへと近づいてくるのが感じ取れた。
「やーい家畜ー! 家畜に神はいない! ですぞー! 家畜は大人しく神への供物になるべきですぞー!」
 続いて聞こえてくるのは、何者かの挑発の声。
 声の主――『正気度0の冒涜的なサイボーグ』ベンジャミン・ナカガワ(p3p007108)は低空を飛行しつつ、此方へと突っ込んでくる。その姿は、ヤギとは程遠い、奇妙なロボットの姿である。
「ヤギ……にしてはうるさいわね」
 ミラーカが思わず苦笑する。
「でも、まぁ、囮としては充分だよな」
 洸汰もまた、くすりと笑った。
 ベンジャミンの後方には、3匹の羊がベンジャミンを追うようにかけてくるのが見える。ヤギは、見事に釣りだしに成功したようだ。
 イレギュラーズ達の作戦とは、こうである。流石に、一気に、すべての羊たちと戦うのは、些か危うい。
 そこで、ある程度孤立している羊を見つけ出し、そこを強襲。少しずつ撃退していく、という構図だ。
 ベンジャミンは偵察兼、戦いやすい場所へ羊たちを釣りだす役目、という事。
「……羊、毛を刈った、後だから、ヤギみたい」
 コゼットが声をあげる。はた目には、ヤギと見分けがつかないほどに、羊たちの毛は刈り込まれている。
「成功みたいですね……!」
 感心の声をあげる珠緒。
「でも、あまり時間をかけていては、他の羊たちも集まってきてしまいますね」
 珠緒の言う通りだろう。とはいえ、作戦の第一段階は成功した。後は釣られた羊たちを強襲し、撃滅するのみ!
「皆、準備は良い? ……行くわよ!」
 蛍の言葉と共に、イレギュラーズ達は一斉に、戦場へと躍り出た。

●VS羊の群れ
「ごめんね、羊さん」
 真っ先に接敵したのはコゼットである。『ムーンホッパー』の力を借り、高く跳躍したコゼットは、同時に黒氷を生み出した。
「えいっ」
 鋭く蹴りだした足が、黒氷を蹴り砕く。砕けた氷は黒の礫となって、羊に降り注いだ。
 氷が自身の肉体を傷つけるのへ、羊はべえ゛え゛、と悲鳴を上げ、その細長い瞳孔と敵意を、コゼットへと叩きつける。
 すさまじいほどの雑音が、コゼットの頭をかき乱した。コゼットはたまらず、眉をひそめる。
「さぁ、供物たちよ! 今こそ“俺の神”への贄となる時ですぞ!」
 低空にて奇妙なポーズをとりながら、ベンジャミンが放つロケットランチャーが、追撃のロケットをお見舞いした。爆発と共に羊が横転し、土煙をあげながら横滑りしていく。
「なるほど、近づいてみればわかります」
 『フルムーン』の、月のごとく煌く刃を振るい、羊へと斬撃を与えたヨハンが言う。
「これは……正気じゃありません」
 その眼光、その怒気、いずれもまともな生き物から放たれるものとは思えない。何かが狂っている。そう感じさせる、異常なる雰囲気。
 お返しとばかりに叩きつけられる頭突きを、ヨハンはフルムーンで受け止めた。だが、尋常ではない勢いで叩きつけられる羊の角が、ヨハンの態勢を著しく乱す。
「くっ……この膂力! 確かに一般人なら、よくて重傷、って感じです!」
 イレギュラーズですら抑え込まんばかりのその力。やはり真っ当な状態とはいいがたい。
「レーム君、大丈夫!?」
 放たれる蛍の慈愛の心。委員長としての皆を守るという責任感が、癒しの力となって、ヨハンの身体を癒していく。
「ほらほら、こっちだ、羊!」
 洸汰は、生み出した気弾を『ピンチヒッター』で思いっきり打ち出した。うなりをあげて飛行する気弾が、ヨハンの武器をからめとろうとする羊に突き刺さり、羊はたまらず横転。そのまま動かなくなる。
 その様子に、残る二匹の羊たちはべえ゛え゛と声をあげて突進してくる。ヨハン、そして洸汰は、再びそれを武器を以って受け止めた。
「くっそー、一撃が重い……!」
 ぼやきつつ、後衛へは攻撃を届かせまいと、洸汰は羊たちへと目を光らせる。
「洸汰さん……!」
 珠緒の放つ賦活の力が、洸汰へと降り注ぐ。
「ごめんなさい……耐えてくださって。でも、必ず治療はして見せます……!」
 珠緒の言葉に、洸汰は強く頷く。
「ああ、もう、うるさいっ!」
 ミラーカは叫び、遠距離術式を放つ。放たれた術式が羊の身体を貫き、羊は、どう、と地に倒れ伏した。
「この子たち……言ってることが滅茶苦茶だわ! ハエが飛んでて鬱陶しかったとか、エサが少なかったとか……怒りの原因が、小さい事ばっかり!」
 戦いつつ、羊たちと意思の疎通を試みていたミラーカが、いら立ちの声をあげた。もちろん、会話にはならなかったが、羊たちが何らかの声をあげていたことは分った。
 それは例えば、耳元をハエが飛んでいて鬱陶しかったとか、エサが少なかったとか、足元にいた蛇にびっくりしたとか……小さく、大暴れするにはとてもではないが、釣り合わないような理由ばかりだ。
 だが、コゼットが強いノイズを感じたように、その怒りは爆発せんばかりに羊たちの内部を荒れ狂っている。
「となればやっぱり、怒りを増幅させる何かがいたって事ッスね!」
 鹿ノ子が言って、羊を一刀両断すべく刃を振るう。刃は羊の身体を切り裂いて、血を噴出させた。
 ギリギリで命をつなぎとめた羊が、鹿ノ子を睨みつける。
 やはりその眼には、正気と言う物は感じられなかった。怒りに我を忘れている……しかも、とても小さな怒りを源泉として。こうなれば、ただの羊の暴走事件とは、とてもではないがいいがたい。
「……ッ!」
 小さく息を吐いて、飛び込んできたのはコゼットだ。鋭い蹴りの一撃を、羊へと見舞うと、それがトドメとなって、羊は地へと倒れ伏した。
「ひとまず……」
 洸汰が安堵の声をあげる間もなく、周囲からべえ゛え゛、と言う鳴き声が響き渡る。
「とか言ってられないな」
 肩をすくめる洸汰。
「供物どもの分際で元気でありますな! まぁ、その方が神に捧げるにはちょうどいいかもしれませんが!」
 ベンジャミンが言うのへ、ミラーカは頭を振った。
「あたしは、羊は静かでモフモフな奴がいいわ」
「囮はどうです?」
 ヨハンが言うのへ、蛍は頷いた。
「『ゆりかさん』たちに少し動いてもらってるけど、あんまり無茶はさせられないわね」
 『ゆりかさん』たちとは、蛍、そして珠緒の使役する、小型の子供型ロボットの事である。
「なんにしても、いつまでもここに留まってはいられません」
 珠緒が言う。足を止めてはいられないだろう。ここに羊たちが殺到してこないとも限らないのだ。
「じゃあ、とりあえず移動移動ッス! さ、まだまだ始まったばかり、ガンガン行くッスよ!」
 鹿ノ子のいう通り、戦いはまだ始まったばかりなのだ。

●暴走と静寂
 べえ゛え゛え゛え゛!
 べえ゛え゛え゛え゛!
 鳴き声の響く村を、イレギュラーズ達はひた走る。
 羊の鳴き声など可愛いものかと思っていたが、これがこちらに害意を持った敵の声なのだと思えば、うすら寒い気持ちも浮かんでくると言う物である。
 見つけ次第、叩く。
 反撃を受け、傷つく。
 疲労の色が少しずつ、イレギュラーズ達に蓄積していく。
 ただ羊を追いやる……言葉だけなら、どれだけ容易い事だろう。
 だが、その実態は苦しみと血を伴う激しい戦い。
 羊たちに罪はない……そのことを、イレギュラーズ達は直感していた。
 それ故のつらさが、羊を攻撃するイレギュラーズ達の心に浮かんでいかたも知れない。
 さて、激しい戦いの末、イレギュラーズ達は、あれからさらに4匹の羊を撃退している。残るは、5匹……一気に攻めるならここが決め時だろう。
「蛍、残りはどうなってる?」
 洸汰が尋ねるのへ、蛍が頷いた。その視線は上空を飛ぶ鳥とリンクしている。
「この先……ちょうどいいわ、最後の群れになってる!」
「僥倖! このまま突き進みますぞ!」
 ベンジャミンの叫びに、仲間たちは応じる。果たして家々をかき分けて進めば、広場状になっている地形に、残る5匹の羊たちがいた。
 羊たちはこちらを認めると、べえ゛え゛え゛、と雄たけびを上げて突撃してくる。
「えいっ……!」
 コゼットはタイミングを合わせて跳躍。羊を飛び越えつつ、すれ違いざまに蹴りの一撃を加える。横っ腹に加えられた衝撃に、羊がたまらず転倒した。
「はーっはっはっは! 一丁上がりですな!」
 追撃にお見舞いされたベンジャミンのロケットが、転倒した羊に突き刺さり、爆発。羊はそのまま命を落とす。
「さぁ、こい! 僕の前では誰一人として死なせないぞ!!」
 雷のエネルギーを展開しながら、ヨハンは叫ぶ! 襲い来る羊たちをその剣で、自らを盾として、受け止め、捌く。
「無茶はしないで! 誰も死なせないって気持ちは、ボクたちも同じよっ!」
「蛍さんと……皆と、無事に帰るんです! そのために桜咲も頑張ります!」
 蛍、そして桜咲が懸命に仲間の手当を行う。
 べえ゛え゛え゛え゛っ゛!
 羊たちのさらなる猛攻がイレギュラーズ達を襲った。怒涛の攻撃に、それまでの戦いの傷も含め、さらに傷ついていくイレギュラーズ達。
 しかしギリギリの所で、イレギュラーズ達は踏みとどまる。それは、黒幕への怒り故か。
「こいつで吹っ飛べ!」
 洸汰の放つ気弾が、羊へと突き刺さる。合わせるように追撃の術式が突き刺さり、羊が激しくもんどりうって倒れた。
「残り、3匹よ!」
 術式の主、ミラーカが声をあげる。
「なら、こいつで……!」
「のこり、ふた、り……!」
 鹿ノ子が一刀両断の斬撃を加えたところへ、コゼットの舞うような、しかし痛烈な蹴りの一撃が決まり、さらなる羊がその命を手放した。
「はっはっはぁ! さぁ、残る供物どもも、その命を捧げるがいい!」
 ベンジャミンのロケットが唸る。煙を吹いて直進するそれが、羊に直撃。どん、という音共に羊が吹っ飛ばされるのへ、
「悪く思わないでくださいね……!」
 ヨハンが近づき、一気に斬り捨てる。残り、1。圧倒的な劣勢に至ってなお、羊に恐怖の色は見受けられず、ただただ狂わんばかりの怒りが、羊を支配し続けていた。
 恐怖を通り越し、今はいっそ哀れさすら感じる、怒りに狂わされた羊……もがくように放たれた突進の一撃は、しかし洸汰によって受け止められた。
「もういいよな。ゆっくり休みな」
 呟き、放たれた打撃が、羊を打ち倒す。それが最後の一撃となって、あたりに静寂が訪れた。
 あれほど響いていた、怒りの声は、今はもう聞こえない。
 イレギュラーズ達は、戦いに勝ったのである。

「……こんな所ッスかねぇ」
 ぽんぽん、と腰を叩く真似などしながら、鹿ノ子は言った。
 足元には戦闘の余波や、羊たちが暴れまわった結果壊された建物や柵などの残骸がまとめられている。
「残骸をどうするか……に関しては、村の人たちに決めてもらいましょうか」
 同様に、残骸をまとめていたヨハンが、ふむふむと唸りながら、そう言った。
「すまないな……助かるよ」
 隣村に避難していた村人が何度も頭を下げた。戦闘後、移動が可能な村人たちに、ご足労願った、というわけだ。
 戦いを終えたイレギュラーズ達は、損壊したであろう村の補修や片づけを買って出た。戦闘の余波という点に関しては、蛍の保護結界によりある程度の対策はできてはいたが、結界の範囲外や、戦闘以外での破損は対象外だ。
「まぁ、村の人たちも大変だろうからナァ。ある程度は直せてよかったよ」
 洸汰が笑う。簡単な破損については、可能な範囲で修理を行っている。
「供物もあちらにまとめておきましたぞ!」
 ベンジャミンが言う。供物……つまり、討伐した羊たちだ。
 暴走していたとはいえ、もとは家畜である。その死骸をどのように活用するかは、これも村人たちの意思に沿うべきだろう。
「羊たち……誰かに、操られてた……の、かな」
 コゼットが呟くように言うのへ、蛍が答えた。
「多分……いいえ、確実に、そうね」
 何かの確信を得たように、蛍が言う。
「だったら、絶対に……許せない、よね」
 コゼットの言葉に、頷いたのは珠緒だ。
「村人たちの話によれば、他所から来た人がいた……というのは間違いないみたいです。ただ、印象は凄くおぼろげで、どんな人だったのかは、誰も判らない、と……」
「となると、そいつが主犯かしらね」
 と、些か疲れた様子でやってきたのは、ミラーカだ。ミラーカは隣村まで赴き、重傷を負った村人たちに、少しでも、と看病を申し出ていた。
「何をたくらんでるかは知らないけど……皆に迷惑かけたんだから。絶対に、捕まえてやるわ」
 ミラーカの言葉に、イレギュラーズ達は頷いた。
 事件の裏の黒幕、その影を感じながら……。
 ひとまず、イレギュラーズ達の仕事は、成功の裡に完了したのであった。

成否

成功

MVP

なし

状態異常

なし

あとがき

 ご参加ありがとうございました。
 皆さんのおかげで、村に平穏が戻りました。
 また、色々とご配慮いただいた結果、村人たちもすぐに元の生活に戻ることができたようです。

PAGETOP