PandoraPartyProject

シナリオ詳細

自由闊達詠唱術≪フリースタイルラップ≫――バトル!

完了

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

 この国は天義、試される正義。
 祈りは本気。悪魔にため息。
 教会通い積み上げる公徳。
 今日も甘い誘いはねのけ祈っとく。
 HEYHEY‐TENGI
 HONKI‐TENGI

 セイカ・リリックを口ずさみ歩く信徒の列。
 聖ラッパー教会のブラザー・モロ神父を先頭にしたその列は、町に清らかなる精霊の加護をもたらした。
 町の人々は道の左右に並び、祈りのスリーピースサインを掲げサビを合唱する。
 古来より魔を払うと言い面得られてきたライムという構成術。そしてフロウという詠唱術。
 しかしその型のみにとらわれるべきではないことを、モロ神父は語る。
「俺たちは故郷を飛び出してきらめく都にやってきた。それが間違ってると誰もが言った。なんだそりゃ、誰が決めた、俺はここに立ってるぞ。今ここに至ってんぞ。掲げろピース。夢は抱くその瞬間に夢。叶う叶わないは別! それさえあれば命は輝く――!」
 自由闊達詠唱術<フリースタイルラップ>……それこそがトムのとなえる新時代の詠唱術。
 ここラッパー教会のおさめるヒップホップ町に、新たなる風が吹いていた。

 だがその風をよく思わない者もいる。
「貴様の正義は正義にあらず。今こそ我らが断罪す。
 天義の神はライムを愛した。外れる者を全て廃した。
 震えよ、民よ。あがめよ、神を。
 我らこそが正義なり……!」
 ブラザー・グルーブ。ラッパー教会極左翼派の神父である。
 今、ヒップホップ町に二つの神父が対立していた。
 自由を愛する者。
 制約を求める者。
 そしていま君が立つべきは――自由のための、戦いだ!

●ゆーりからっぷ
「ヘイ、ヨー!」
 『新米情報屋』ユリーカ・ユリカ(p3n000003)は腕を交差して指を突き出した。
「ボクはユーリカ情報ほしーか? マジ優秀な情報屋らしーな?
 天義の町にイカしたとこがある。ラップのリズムで詠唱するボーイ&ガール。
 新しく吹いたフリースタイルの風を、潰したがる奴らが自由を奪うんだ。
 だから立ち上がるヒップホップの民が、ボクらを依頼したんだローレットのイレギュラーズ!」
 途中から型が外れはじめたが気にせず走り抜けるそれがフリースタイルユリーカ。
 要約すると自由派と制約派による争いによって町が脅かされており、自由のための戦力としてイレギュラーズたちが依頼されたというわけだ。
「詠唱決闘<ラップバトル>は決められた日に決められた講堂<ステージ>で行なわれるのです。
 けれど心配ないのです。……祈る心と自由があれば、ボクたちは負けないのです!」

GMコメント

 皆さんはラップ教会自由派の戦力として、自由闊達詠唱術<フリースタイルラップ>バトルの講堂<ステージ>へと呼ばれました。
 しかし肩を張る必要はありません。
 フリースタイルとは自由のスタイル。
 ずんちゃかする必要も韻を踏む必要も本当はありません。
 あなたが『自由』について思うことを言葉にしてぶつければ、精霊たちは必ず応えてくれるでしょう!

●詠唱決闘<ラップバトル>
 9対9のバトル。
 通常戦闘に特殊な判定オプションがついたものとお考えください。
 勿論相手を全員倒したら勝利なのですが、判定の際にリリックブレス<精霊のささやき>が加わります。1D100のダイス時にもう一個精霊ダイスがふられると思ってください。
 このダイス目をあげる方法は主に三つ

・ラップ:自由詠唱<フリースタイルラップ>を紡ぐ
・パーカッション:武器や楽器を奏でる
・ダンス:熱烈なバトルを披露する

 そして皆さんの側はフリースタイルラップ派。
 つまり韻を踏んだりリズムに合わせたりする必要自体はありません。
 ブラザー・モロ神父のように心を込めることと語感の良さこそが重要だったりします。

●敵と味方
 みなさん八人に加えてブラザー・トム神父が味方についています。
 彼は優秀なヒーラーであると同時に優秀な範囲付与スキルを持っています。彼をどんだけ生かしておくかが戦術的にも重要になるでしょう。

 相手チームは制約派筆頭のブラザー・グルーブ神父と八人のラップ騎士たち。
 詠唱剣というリリックを紡ぐのに適した剣を構え整った連携を見せることでしょう。
 自由の力で、制約の力を打ち破るのです!

  • 自由闊達詠唱術≪フリースタイルラップ≫――バトル!完了
  • GM名黒筆墨汁
  • 種別通常
  • 難易度NORMAL
  • 冒険終了日時2019年01月29日 21時45分
  • 参加人数8/8人
  • 相談7日
  • 参加費100RC

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

参加者一覧(8人)

R.R.(p3p000021)
破滅を滅ぼす者
ラノール・メルカノワ(p3p000045)
夜のとなり
ベーク・シー・ドリーム(p3p000209)
鉄壁鯛焼伝説
オラボナ=ヒールド=テゴス(p3p000569)
にんげん
グドルフ・ボイデル(p3p000694)
山賊
コラバポス 夏子(p3p000808)
今日も良い日だ
御堂・D・豪斗(p3p001181)
例のゴッド
ハッピー・クラッカー(p3p006706)
爆音クイックシルバー

リプレイ

●魂のライムが聞こえるか
 ここは天義ヒップホップシティ。ブラザートムの納めるコミュニティ。
 ラッパー教会を巡る二派閥、右翼左翼で目を剥き睨み合う。
 亀裂、避ける、危険な、予感。
「こころせよ、破滅。この俺が滅ぼす」
 ――『破滅を滅ぼす者』R.R.(p3p000021)!
 詠唱(ラップ)でも構成(ライム)でもどっちにしろビギナー。
「うーむしかし依頼とはいえ……いや俺にもできるな!?」
 ――『濃紺に煌めく星』ラノール・メルカノワ(p3p000045)!
 踏みならせ違う足、俺たちは異なる葦。
 世界の壁を越える、集結したサークル。
 奇怪な個性を交えた時約束されたミラクル。
「Nyahahahahahahahahaha!!!!」
 笑う闇がうごめく物語は黒く染まる闇のように暗く始まる夜ように暗幕を開けるステージの高鳴りはスポットライトのいらぬ黒い夜明けのエンゲージ。
 ――『Storyteller』オラボナ=ヒールド=テゴス(p3p000569)!
「物語を始めよう 者が足りない故に集めよ。
 蒐集された貴様等は 収拾憑かぬ愉悦の螺旋。
 されど貴様等は純粋で 逆巻く生粋の大莫迦だ。
 さあ。音の強襲だ 貴様等は今日終了だ」
 ブラザー・グルーブの制約の軍勢が契約の軍勢と対峙する時踏みならされる規則正しい約束の足音。古来より伝承されるライムとフロウは絶対の理であると彼らは言う。異口同音に、響く講堂に。
「一丁聞かせてやるぜ、ホンモノって奴を」
 ――『山賊』グドルフ・ボイデル(p3p000694)!
「演技じゃねえ俺は山賊だ 正義振りかざし弾圧満足か?
 Hey,メーン 奪うぜ全部。
 エイメーン 準備出来たか?
 disで泣かすぜ This day 咲かすぜ。
 カス共の代わりに 沸かすぜ場内」
 山賊刀に静まる雑踏。ブラザー・トムがBGMを求む。
 従う信者たち、荒ぶるターンテーブル。
 来たる助っ人に期待する信徒。槍を下げやってくる影。
 ――『駆け出し』コラバポス 夏子(p3p000808)!
「ダセェオメェら断罪す 言ってろ俺らが弾劾す。
 勝手のたまう お互い様 かつて黙ってたのもお互い様。
 ソレに答える俺らのソウル コレが俺らのアンサーソング」
 胸に突き立てたサムズフィンガー。夢にまで見たサン・フリー(聖なる自由)だ。
 黙って居られぬグルーブの犬。腕を組むライムのポーズで噛みつく。
「黙れ貴様ら全員部外者。だから奇怪で脆弱で無様。正しきライムに清き精霊が宿ると神が決めたのだ」
 そこで颯爽とステージイン。そでから浚う素敵なウィンク。
 ――『皆も一緒にハッピー☆ラッキー♪』ハッピー・クラッカー(p3p006706)!
 畳みかけるたい焼きのディープシー。甘く香るおきまりのディス・イット。
 ――『見た目は鯛焼き中身は魚類』ベーク・シー・ドリーム(p3p000209)。
「Hey,Yo! ぶち上げてイこう!」
「「今日が始まるぜwake UP! make up! get out! check it out!」」
「僕はベーク! Bakedじゃない真の魚介!
 Rhymeについてはよく知らない! Wrapじゃないなら何でもいい!」
「こまけぇ事は気にすんなGuys! それより魂へ向けようぜGaze!
 ライムもリリックも愛してるさ、でもそれより自由に声を合わそうぜ叫ぼうぜOur soul!!」
「包まれない! 僕は鯛! たい焼きじゃないIregullers! DreamとLoveを込めてPass!
 此のTempleにも潮風吹く! 自由の風に耳傾ける! そして僕のSweet Smell!」
「ギフトで鳴らすPercussion! 聴けよこれが私のpassion! 仲間達のフロウにもAction!
 自由な世界へTemptation!超えられるか君達Question!
 魅せろ魂の叫び声、手伝うぜ私が【Quicksilver】の道標」
 騒音響くソウル&ヒップホップ。
 ごちゃまぜのミュージックスターズ。ゴッドのはぜるミュージカルスタート。
「諸君! ゴッドである!
 ブロークン! グッドである!」
 ――『神格者』御堂・D・豪斗(p3p001181)!
 聞けよゴッドラップ。危険なバッドダンス。
 音楽は消え静寂のステージで紡がれるゴッドの言葉は冴え正確でクレイジーなライム。
「破壊と創造は表裏一体!
 誓いと想像は渾然一体!
 つまりはフリーダムとはスターダム!
 されどリストレクト(制約)もまたリスペクト!
 ゴッドにとっては皆フレンズ! 最後にはシェイクハンズ!」
 オールファイトアンドラッパー。
 踊る風前のファイアトーチャー。
 戦いはいま、始まった。

●覚悟
「「welcome!」」
 左翼派筆頭ブラザー・グルーブ。率いる騎士も制約のグループ。
 古式来々ゆかしきライムで精霊のブレスを食らわせる。
「貴様の正義は正義にあらず。今こそ我らが断罪す。
 天義の神はライムを愛した。外れる者を全て廃した。
 震えよ、民よ。あがめよ、神を。
 我らこそが正義なり……!」
 マジックミサイルが間近に迫る。爆発、連発、間一髪回避紙一重、返す言葉は勿論破滅のラップ。ザ、R.R.!
「お前らまずは分かってんのか 過剰な制約は即ち破滅。
 多様性は自由により守られる 制約は多様性を滅ぼす。
 多様性が滅べばやがては限界 訪れた時には文化も破滅。
 つまりお前らは破滅の権化 破滅に滅びを慈悲は無し」
 破滅のフレーズこそが彼のプライス。
 破滅が終わりと決めつけんな、と凍てつくオーラの破滅顕現。
「イエス――さぁ行こう、披露しよう。
 ここのとこコトコトと煮詰めたフロウ。
 トコトコとのろまな輩に トコトンと聞かせてやろう」
 ラノールの拳に宿る言葉。マトックを通じ唸る言霊。
 大物ぶってダンスを挟もう 大得物を担いでステップを決めよう。
「そもそも自由(フリー)も制約(ルール)も思想は同じ 迷える羊(シープ)を救えれば良し。
 ならば雁字搦めのルールより 感じたままなフリーで良し。
 民を救う為にルール繰る なんてきっと誰かが割りを食う。
 より多くの民救うなら ルールなんて無い方がso good」
「否定否定否定!
 制約(ルール)なき国は悪鬼(グール)のすみか。
 欲望と悪が国をむしばむぞ。翌々に飽きて国を捨て去れば、待つのは亡国これ必然」
「これでも駄目か まだ争うか?ならば仕方ない わからせるしか無い。
 さぁ見ていけ 踊って避けてなんて到底どうやったって無理な一撃。
 ダンスマカブル ライムに躓く ならば貴様に終わりくれてやる」
 光るラーノルのマトック。光を払うスイング。
 下がれ。騎士が叫ぶ刹那。
 生まれた愚行を逃さぬグドルフ。
「カミサマ信じて前倣え 下らんな 中途半端。
 クセェリリック オエッ 聞くに耐えねー 耳が腐るぜ。
 ダセェカソック さっさと脱ぎな 猿は全裸がお似合いだ」
 腹から繰り出す低音ボイス。斧から打ち出す暴力。
「まず一番近くのてめえ 用なし ぶった斬り。
 Dopeな一撃 Deepな衝撃 どうだ? この口撃」
 反撃。かさむ。腹の傷が痛む。
 されどトムの言霊が響く。
「俺が彼らを集めたのには分けがある。自由ってやつは夢と希望が好物らしい。
 見てみろこいつらの顔を。面倒ごとに巻き込まれて面食らってる顔に見えるか。
 こいつらは夢だ。こいつらは希望だ。
 半径零メートルの世界を変える自由への力だ」
「Yo兄弟 キマってんな 今日もパンチライン。
 回復 形勢立て直し 口直し。
 敵の泣き顔 つまみに酒がうめえ ざまあねえ!」
 目を瞑ったグドルフに聞こえる海の声。漣の向こうに消えたアイツの顔が今でもまぶたに焼き付いていた。
 いざ響けバンディッドラップ!
「自由を愛し、自由に生きた男が居た。
 そいつは今海の果て 何処に居るか分かりゃしねえ。
 だがそいつに教わった 自由は選ぶ事だ。
 可能性を奪う そいつは誰にも許されねえ――!
 ヨチヨチ歩き オチオチ外も出られんな?
 負け犬は帰りな 勝者は俺ら以外に有り得んな!」
 畳みかけろローレットラッパーズ。トムのかける応援の発破。
 精霊のいぶきに背をふかれ、夏子とグドルフが鳴くように吠える。
「我ら志違うのか?
 彼らココ目指し 地 間違うのか?
 目指す果て変わらず 正義成すトコ。
 目覚すはて? 魔種躱す正義成す事!
 我ら閉ざす魔種の魔の手 民の為なら。
 つまんねぇぞ? 我らがため権威得ること。
 敵降し適時討った時に誰が為の尊し。
 我ら勝利平和得るソレだけが兆し!」
 鳴り響けファンファーレ。刈り尽くせ不安な影。
 飛来する魔力の束を夏子はひらりとかわしていく。嗚呼見よ、槍の冴え渡ること。
「皆言うDisに返答はDo?
 我する事はヘイト稼ぐYeah!
 名乗りあげ奉る俺の名はコラバポス。
 貴殿らハゲあがる敵は俺に来るコラボパスしな。
 構わないの悪くないさソレがダサくないなら。
 なれど俺を放っとくの yu-a-ザ カスでサイナラ。
 目的に殺意ない此方意思通すだけ。
 正義通す 人倒すソレはホント必然?
 行き過ぎた志は味方も敵に回す。
 俺らするは敵味方 区別なく 差別なく。
 気持ちリリック繋ぐだけ!」
 膝を突く騎士の目に落ちる滴は既視感のある誰かの涙か。笑顔を見たことの無い赤子は笑わずに育つと言う。誰かの悲しみを知った者こそが涙を流せると言う。
 ならその涙は誰のものだ!
「肩組めよブラザ! 武器じゃなく手握れよ!
 ライム刻んで行くぞ! CLAP! CLAP!
 来夢願うだけじゃなくライブ!
 今だろ!」
「どうだい後悔まだ早い?
 今ならまだ手を取れる、駄目でも僕手を伸ばす!
 この先の激動、衝動のままじゃ迷走? 通じない信仰?
 So遠く進んだ先君ら原始人に相当?
 それじゃ頑張った君たちには不当?
 それなら周囲を静聴、思考して目指せ器の成長!
 そしてそこが最高のSituation!」
 精霊の波が水しぶきになるさまが見えるだろうか。
 必死に生きる決死の覚悟がベークの力に、夢になる。
「Style凝り固まった信仰なんてKnock it off!
 BumなRhyme決めるくらいならLoveだけ持って祈ろうMy Men!」
「受けなお前ら私の音、【Phantom howling】Sorry,It's a dirty sound」
 ベークドラップ&ハッピーラップ。
 これこそがトムが彼らを呼んだ理由。掛け合わせで生まれる無限のリューン。
「超えられるか? 私の壁をよ、秩序に縛られたその体で。
 そうじゃねぇだろ? 鎖脱ぎ捨てろ。
 捨てちまえcommon! 開け自由の門!
 OK――come on MAKE MY DAY!!」
 開く道筋に光るプリズム。
 聞けよ我らがゴッドラップ。
「ゴッドのスタイル! ヴァンガードヒーラー!
 前に立ちてはキュアーのバッドステイタス!
 共に払うはフィアーとグッドバイ!
 ユー達のブレイブ! 立ち上がるソウル!
 ブラザーのパゥワー! サポートアンドビッグヒールにコンセントレイト!
 ゴッドのパゥワー! サポートアンサングヒーローにコンセントレイト!」
 その一歩が道となり、次の一歩が神となる。
 ゴッドのハンドが光り輝きヘイトとバッドを振り払う。
「ゴッドのアガペ! キリングノット!
 ゴッドのオーラ! リザレクト!
 このハンドはラヴの形!
 されどこのダメージはラヴ(0)で無し!
 バトルはソウルのコリジョン!
 辿るはスタイルのパッション!
 ゴッドのマジェスティ! 湧き上がるサンシャイン!
 トゥエンティフォーセブン! 湧き上がるメロディライン!
 いつでもどこでもゴッドは見守る人の子のライフ(生活)!
 いつかはつながるゴッドを見つける人の子のライフ(生命)!
 辿りつけるかそのハート!
 辿る道のりそもハード!
 高みへ昇るはぶつかり合いてスクラップアンドビルド!
 故に此度はゴッドのシャウトですぐリップアンドビガップ!
 ディスもまたリスペクトのハートなくして生まれ得ぬ!
 ディスタイムユー達のフリーダムが生まれし時!
 ルーザーはなくただウィナー達が立ちあがりそして倒れ伏すファーアウト!」
 スクラッチ!
 言語超えて伝わる力。それこそが精霊のいぶきがもたらす力。声明よりも生命を伝えたい。ゴッドの魂がもたらす輝度と知れ。
「Nyahahahahahahahahaha!!!!」
 破断。物語の声を聞け。本の行間から声を聞け。テラーズラップ!
「インサイダーにアウトサイダーの印は難しいか。
 難しいならば韻を踏まずに陰を履んで去るべきだ。
 経験値が齎すのは 軽兼地に伏す貴様等の輪郭『カタチ』。
 貌『カタチ』を視たならばさようならだ。
 貌『カオ』で逝ったならばさあ、酔うのだ。
 酔い痴れるのは容易だろう!
 Nyahahahahahahahahaha!
 ナイアルラトホテップの無い有る嘲笑『クライム』!
 神『俺』に唾吐く糞餓鬼Nya『ニャ』火照る一撃ぶっ放Nya『な』す!」
 ブラザー・グルーヴの足が下がる。たった数センチだけ? いや絶対的な数値の逃げ。
「今こそ聞かせる時だよな――。
 破滅のラップ!
 マトックのラップ!
 ベークドラップ!
 ハッピーラップ!
 コラバポスラップ!
 バンディッドラップ!
 ゴッドラップ!
 テラーズラップ!
 掛け合わせた時に生まれるかけがえのないラップ。
 俺はそいつの名前を知ってるぞ。イレギュラーズラップ!」
 全てのラッパーが、ファイターが、心(ハート)と肉体(ハード)を一つにしたとき、それは悪を消し滅びのアークを打ち払う希望の光――パンドラ最後の光となる。
「夢を掴むハートそれが今の俺らの気持ち。未来見据えソレを成すの俺らがまとまった時。
 出来る出来る出来る出来るそれは今分かち合った!
 目的は一緒気持ち変わらず。
 敵対こそ敵の利。
 お互い知り合う。
 ソレが一等の正義」
 夏子の放つフィンガースナップで全ての声が一つの歌になる。
「「ぶっこめパンドラとハート! 引っ込め臆病なヘイト!
 自由(フリー)も制約(ルール)選ばない例外(イレギュラー)!
 come on!! callback!!」」
 倒れるブラザー・グルーブ神父に歩み寄るブラザー・トム神父。
 二人はどちらからともなく手を差し出しまようことなく手を握り合った。
 これは勝利よりも格上の勝利。
 自由でも制約でもない例外を生み出したイレギュラーズの勝利、である!

成否

成功

MVP

なし

状態異常

なし

あとがき

 おかりなさいませ、イレギュラーズの皆様。
 相談からプレイングに至るまでラップに尽くすとは、お見それしました。
 韻を踏みながら戦うだけのリプレイでは決して正しいアンサーにはならない。そう考え、魂をかけ全力のラップリプレイをお返ししました。

PAGETOPPAGEBOTTOM