PandoraPartyProject

シナリオ詳細

<永縁の森>銀化粧のフォーリスト

冒険中

参加者 : 8 人

冒険中です。結果をお待ちください。

オープニング


 ――きらいよ。みんな、みんなきらい。


「聞いて! ねえ、ローレットのイレギュラーズ!」
「ニンゲンでもいい人なんでしょう? 聞いてくれるかしら」
「落ち着いて。まずはご挨拶を」
 ふわりと宙を舞い踊った精霊たち。『夜鷹』 エーリカ・マルトリッツ (p3p000117)は彼女たちを「大切な友人」と呼んだ。
 炎、水、風、土、其れから――エーリカを見守っていた精霊たちの内、『自由なる風乙女』シルフィード、『優しき水乙女』ウンディーネ、『星の落とし子』ベガが特異運命座標達の前へと姿を現した。
「偶にはニンゲンにお願いするのもいいかと思ったの。面白そうじゃない?」
「そうね。けど、これは本当に大事なお願いなの」
 明るいシルフィードに頷いたウンディーネはイレギュラーズ達に精霊たちの間での噂を伝えた。

 ――『銀の森』に入るなかれ。

「銀の森……っていうと、あのラサと鉄帝の間の?」
 世界を旅するパサジール・ルメスにとっても精霊は縁深き存在だ。その一員たる『パサジールルメスの少女』リヴィエール・ルメス(p3n000038)は三精霊たちの言葉に首を傾げた。
「ある意味、観光地って称されるほどに平和で、何事もない場所じゃないっすっけ」
「ええ。けれど、星が廻る様、時も駆ける。その姿は、変わりゆく――」
 穏やかに目を伏せたベガ。リヴィエールが知っている銀の森は万年雪が降り積もる穏やかな場所だ。その地は雪景色が肌寒さを感じさせるが砂漠地帯より流れ込む温和な空気で気温は決して高くはない。モンスターの数も少なく、小動物が多いために『観光地』として幻想ではガイドブックに載る場所だ。
「その『銀の森』が最近可笑しいの。森に入った冒険者も、あたし達の『仲間』でさえ、出てこれなくなっちゃって――」
 シルフィードは怯えた様にわざとらしく身を縮め首をふるふると振った。
「精霊まで……?」
「そうなの。精霊(わたし)達は皆、ニンゲンとは違う存在。なのに……」
 リヴィエールにウンディーネは困った様に肩を竦める。
 精霊たちでさえも囚われた様に森の中に封じ込まれている。精霊たちが言うニンゲン達は無力な冒険者達のことも含むのだろう、だが――『観光地』と呼ばれたその場所に踏み入れた人々が返らないというのは可笑しな話ではないか。
「精霊たちさえも出てこれない。このままだと被害が増える、っすか……?」
「そう。だからニンゲンにお願いしたいのです」
 ベガの言葉を聞きながらリヴィエールは特異運命座標に向き直る。
「実は、銀の森に向かったという冒険者が行方不明になっているということ、それを探索してきて欲しいという依頼が方々より出て来たっす」
 それは、幻想貴族が観光に行っただとか、冒険者を派遣したら返ってこなかっただとか、そういうものだが、数が多くなってきたことからローレットも状況の確認に乗り出そうという話になったのだ。
「行方不明になっている10名程度――多分、10名だと思うっす――の救出をあたしからはお願いしたいっす」
 リヴィエールの言葉に精霊たちは「それから森の様子についても教えて欲しいの」と不安げに告げる。
 安心して過ごせないと云う彼らを救うのもまた『特異運命座標』の仕事だろう。
「森の中には黒いワルモノがいるらしいって言ってたわ!」
「ワルモノ……?」
「ワルモノを生み出す魔種がいるという噂です」
「魔種……」
「その魔種が『雪泪』を中心に道を変化させてる見たいって聞いたわ」
 一度入れば、その道は徐々に変化していく。
 リヴィエールは別動隊に『迷宮』の消滅を依頼しながら、特異運命座標たちへと「要救助者の救出を」と願った。
「森の中に火の気配。でも精霊(あたし)達とは違うわ!
 なんだか、何かが『結びついた』みたいな感じなの。……分からないけれど」
 入る事が出来ないから、と申し訳なさそうに告げたシルフィードにリヴィエールは成程と頷いた。

GMコメント

 夏あかねです。

●成功条件
 ・銀の森よりの帰還
 ・行方不明者(10名)の救出

●<永縁の森>
<永縁の森>の冠を持つ依頼は『調査』『探索』が重要となります。
本冠を持つ依頼の達成により、世界に何らかの変化が訪れます。幸運を祈ります。

●情報精度
 このシナリオの情報精度はEです。
 無いよりはマシな情報です。グッドラック。

●『銀の森』
 ゼシュテル鉄帝国とラサ傭兵商会連合の国境を跨ぐ様に存在する森です。
 溶けない万年雪に覆われた雪化粧の美しい森です。その姿とは掛け離れ砂漠地帯から流れ込んだ温暖な空気が優しく、観光地としてもよくガイドブックに掲載される場所です。
 森は中心部に『雪泪』と呼ばれる深い湖が存在し、その湖には鉄帝特有の『失われた古代兵器』の残骸が沈んでいます。もはや起動することのなくなった兵器は深い眠りについたまま一種のオブジェとして親しまれています。

●精霊たち
 雪と氷、そして、星と雨の精霊たちが住まっています。彼らは皆、特異運命座標には好意的ではありますが『何かに怯えている』ようです。言葉は通じますが対話には何らかの工夫があった方がよいでしょう。
 また、魔種が存在しているという事からその魔種の許より飛び出した『黒き獣たち』の対処を彼女立は望んでいるようです。

●要救助者*10
 それはローレットに寄せられた依頼です。
 例えば、貴族の嫡男による観光。例えば、冒険者。其々どこにいるかは解りませんが、放置しておけば獣にころされてしまう可能性もあります。至急、捜索が求められます。
 ……けれど、その近くには『なんらかの他の存在』があるようです。

●黒き獣たち
 それは魔種の生みだした黒き獣です。――と――。そして――の気配を感じさせます。
 ただ、――であるため、その力は弱く、何かを喰らわんと森をうろついているようです。

 情報精度はE。
 よろしくお願いいたします。

  • <永縁の森>銀化粧のフォーリスト 冒険中
  • GM名夏あかね
  • 種別通常
  • 難易度NORMAL
  • 出発日時2019年01月13日 23時59分
  • 参加人数 8/8人
  • 相談5日
  • 参加費100RC

参加者 : 8 人

冒険中です。結果をお待ちください。

参加者一覧(8人)

エーリカ・マルトリッツ(p3p000117)
夜鷹
ヴェノム・カーネイジ(p3p000285)
爆弾
オラボナ=ヒールド=テゴス(p3p000569)
Storyteller
ヨハン=レーム(p3p001117)
キャットリーダー
鬼桜 雪之丞(p3p002312)
守護天鬼
アリス・フィン・アーデルハイド(p3p005015)
煌きのハイドランジア
モルセラ・スペアミント(p3p006690)
特異運命座標
アイリス・アベリア・ソードゥサロモン(p3p006749)
黒鴉の花姫

PAGETOP