PandoraPartyProject

PandoraPartyProject

種族一覧

旅人(ウォーカー)

 旅人とは、『無辜なる混沌』ではない何処か別の場所から召喚された異世界人の総称です。
 旅人の姿形、能力等は様々ですが、彼等はこの世界に召喚されたその時点で例外なく『特異運命座標』の性質を取得します。
 世界法則『LV1』、『不在証明』につき、世界に与える影響は限定的ですが、これまでにも多くの旅人が混沌を訪れています。

 能力値は平均的であり、種族特徴としてメイキングの縛りが緩いという利点があります。また旅人のイラストセキュリティは個別に審査されるので他種族に比べて非常に自由度が高くなっています。

『原罪の呼び声』の影響を受けません。

種族スキル
- ありません
- ありません

人間種(カオスシード)

 無辜なる混沌に最も多い一般的な人型種族タイプです。
 全世界的に存在している、スタンダード的種族です。
 人間と同等レベル、或いはそれ以上の知能を持ち、高い社会性を発揮します。
 基本的に何事においても平均的な能力を持ち、最も器用に多方面に対する対応力を持ちますが、何かの能力に特化している事は無い為、ややパンチ力に欠ける側面もあります。

 種族特徴としてメイキングの縛りが緩く、様々な能力が設定しやすい特徴があります。大器晩成型ですが、種族系スキルを持ち合わせない為、一概に有利という訳ではありません。

『原罪の呼び声』の影響を受けます。

種族スキル
- ありません
- ありません

獣種(ブルーブラッド)

 部分獣化、或いは完全獣化等、獣類の因子を強く発動させた種族タイプです。
 個体数は多く、特にラサ商会傭兵連合に多く見られます。
 獣の本能を備える者も多いですが、同時に知能レベルは人間種と同等である事が殆どで、外見が獣であっても差異はありません。
 フィジカル面の能力に優れますが、メンタル面の能力値は平均に劣ります。基礎値自体はやや前衛寄りですが、敏捷系能力が高い為、様々なメイキングに適します。

 種族特徴として『超反射神経』『変化』スキルを初期から必ず保有しています。

『原罪の呼び声』の影響を受けます。

種族スキル
超反射神経 尋常ではない反射神経の持ち主です。不意打ちを受けません。
変化 人間以外の形状を持つ体の一部を変化させて人間の姿を取れます。このスキルによって変化する姿は常に一定の形を保ちます。

鉄騎種(オールドワン)

 身体の一部ないしは全体が機械化した人型の種族タイプです。
 北方の軍事国家ゼシュテル鉄帝国の主要構成種族であり、かの国の人口の殆どは鉄騎種で構成されています。
 機械生命体のイメージの通り非常に頑健で精強。ただし機械的な外見に関係なく、彼等は交配により増える完全な生命体です。
 フィジカル、メンタル両面の能力に優れている反面、テクニック、キャパシティは少し劣ります。比較的前衛的なメイキングがしやすくなっています。

 種族特徴として『鉄騎』『過酷耐性』スキルを初期から必ず保有しています。

『原罪の呼び声』の影響を受けます。

種族スキル
鉄騎 粘り強く頑健な鋼の肉体を持ちます。
過酷耐性 耐性を持たない生物が活動困難な過酷な環境下においても一定の活動が出来る可能性を持っています。

飛行種(スカイウェザー)

 部分鳥化、或いは完全鳥化、蝙蝠の羽等、飛行能力を持つ生物類の因子を強く発動させた種族タイプです。
 諸島部に位置するネオフロンティア海洋王国を二分する種族ですが、他所でも見かける事があります。
 個体によりますが知能レベルは人間種と同等のものも多く、外見が鳥獣であっても差異はありません。
 テクニック面の能力に優れますが、フィジカル面の能力値は平均以下です。メイキングは他要素にもよりますが、比較的自由です。

 種族特徴として『飛行』『変化』スキルを初期から必ず保有しています。

『原罪の呼び声』の影響を受けます。

種族スキル
飛翼 翼による飛行能力を発揮できます。
変化 人間以外の形状を持つ体の一部を変化させて人間の姿を取れます。このスキルによって変化する姿は常に一定の形を保ちます。

海種(ディープシー)

 水棲生物の因子を強く発動させた種族タイプです。
 主に諸島部に位置するネオフロンティア海洋王国に属している事が多いようです。
 個体によりますが知能レベルは人間種と同等のものも多く、外見がどうあっても差異はありません。
 メンタル面の能力に優れますが、キャパシティ面の能力値は平均に劣ります。種族スキル『水中親和』が水辺系クラスの派生に効果的である為、クラス選択に比較的自由が利きやすいのが特徴です。

 種族特徴として『水中親和』『変化』スキルを初期から必ず保有しています。

『原罪の呼び声』の影響を受けます。

種族スキル
水中親和 戦闘力と【水中適応】の効力を併せ持ちます。
※【水中適応】を所有すると水中で呼吸出来、不便少なく活動する事が出来ます。
変化 人間以外の形状を持つ体の一部を変化させて人間の姿を取れます。このスキルによって変化する姿は常に一定の形を保ちます。

幻想種(ハーモニア)

 世界の根源に近いともされる人型の種族タイプで精霊のような存在で、必ず長い耳を有しています。
 自然と高い親和性を持ち、『生ける幻想』の一種とも考えられています。その為か非常に長命で老化は大変に緩やかです。
 比較的穏和な個体が多いですが、自然と調和したその価値観や文化は他種族と一線を画す場合があります。
 メンタル、テクニック両面の能力に優れ、フィジカル的には脆弱です。後衛的なメイキングに適するでしょう。

 種族特徴として『マナプール』『自然会話』スキルを初期から必ず保有しています。

『原罪の呼び声』の影響を受けます。

種族スキル
マナプール 大気中に存在する魔素を我が身に取り込みます。
自然会話 植物と意思を交わす事で、植物から断片的な情報を得ることが出来ます。

精霊種(グリムアザース)

 混沌世界に存在する数多の自然由来の事象(炎や氷、草等)が混沌に漂う力と結びつき、長い時間を経て形になったものを指します。
 全世界的に存在していますが、その性質上、殆ど観測される事は無かったようですが、『銀の森』と称される特異エリアで確実な存在が観測された上、ローレットの活躍により外界との接触を新たに望み、特異な運命を帯びるようになりました。

 穴の無い平均的な能力が特徴で、個別のイラストセキュリティを有します。

 種族特徴として『世界加護』『異形朋友』スキルを初期から必ず保有しています。

『原罪の呼び声』の影響を受けます。

種族スキル
世界加護 混沌世界との結びつきが少なからぬ加護を与えています。
異形朋友 混沌に存在する知的生命体(人間種をはじめとした一般的種族)に対して変化等を持ち合わせずとも違和感無く受け入れられ、コミュニケーションを取る能力を持ちます。

種族決定の考え方につきまして

ポイント

  • 本作ではプレイヤーキャラクターの設定幅が非常に広くなっております。
  • 判断が難しい境目に位置するような設定も多くあるかと思います。
  • 例えば昆虫は獣種に位置するのか、飛行種に位置するのか。カエル等の水棲生物は海種とするべきなのか、獣種とするべきなのか、等です。
  • そういった境界上に存在し、明確な区分が難しいものに関しましては、プレイヤーであるお客様の『したいほう』を優先して選択して頂いて大丈夫です。
  • 飛行可能な虫(例えばカブトムシ)がベースの場合であっても、羽をつけず、飛行に重きを置かないのであれば獣種分類で大丈夫ですし、厳密に言えば海での活動を行わない生物(例えばカエル)であっても、水中活動を重視したい、イメージ的に水棲の方が強いという事であれば海種で構いません。勿論その逆も然りです。
  • ただし、最低限『その種族として選択して適当である』という分類であり、理屈を造れる状況でなければいけないのでその点だけはご注意下さい。

PAGETOP