PandoraPartyProject

幕間

雲間にて

関連キャラクター:チック・シュテル

花信風のしらせ、幕間
●報告後、帰路
「それじゃあチック、今日はお疲れ様」
 刑部省に少女の身柄を引き渡した僕がゆっくり休んでねと告げれば、チックも「雨泽も」と言ってくれた。
「……雨泽? どう、したの……?」
 くすぐったい気持ちが溢れたのだろう。小さく笑ってしまった僕に、君は不思議そうに首を傾げた。
「いや、だってね。君ってば」
 路地でのやり取りを思い出すと、僕の胸には愉快な気持ちがもっと溢れてくる。
 僕をかばうように前に出た、君の姿。
 正直、あれには少し驚いた。
 報告書でチックの働きは知っていたけれど、君のことは大人しい子だと僕は思っていたから。
「王子様みたいで格好良かったよね」
 僕はお姫様だなんて柄じゃないから口笛を吹きそうになったけれど、空気を読んで飲み込んだんだよね。
「おれに、付き合ってもらってる……のに。雨泽に危ない目、合わせられない……合わせたくない、から」
「うん、うん。そっかぁ。それじゃぁ、危ない時はよろしくね」
 なんて笑えば、君は生真面目そうな顔でしっかりと頷いていた。

 でもね、チック。
 ――それは、俺もなんだよ。
執筆:壱花
いとし花むすび、幕間
●藤の日のお土産
 兎がちょんと座った形の『兎鈴』は、根付に出来るよう紐がついている。
 その紐を摘んで腕を伸ばして揺らせば、視界に広がる藤棚の上を小さな兎がちょこちょこと歩いているようで可愛らしい。
「……あ」
「どうしたの、チック」
「ん……もうひとつ。買おう、かな……」
「もうひとつ?」
 どうするの、と問う視線を向ける雨泽に、チックは淡雪のように柔らかに微笑んだ。
 愛らしい兎の形の鈴は、きっと年端もゆかぬ少女が喜ぶことだろう。
 姉を亡くしたことを刑部省で知ったであろう少女の、少しでも心の支えとなることを願って――。
「ふぅん。それじゃあ僕はお守りでも買おうかな」
「お守りも……可愛い、ね」
「お守りってね、念や思いを吸収するんだよ」
 そう言って社務所に再度向かうチックについてきた雨泽は『藤守り』を買い求めて。
 手にしたばかりのお守りには、神様の加護がある。藤花刺繍が揺れる愛らしいお守りをを両手で包んでから、雨泽はチックへと差し出した。
「はい、あげる。君、結構無茶をするみたいだから」
 これで加護も二倍だよ、と。
執筆:壱花
蜜月は夜明けまで、幕間
●つきあかりの
 シレンツィオ・リゾートを訪れた数日後、ギルド・ローレットに寄った時に偶然雨泽と出会った。
 チックの翼が視界に入ったのだろう。人々の間をするりと猫のようにすり抜けた雨泽はやあといつも通りに笑って、チックへと封筒を差し出した。
「これ、は……?」
「こないだの写真だよ」
 早速確認してみれば、白百合のブーケを手にしたチックがパンツスタイルのドレス姿でステンドグラスの前に立っている。チックの立つ場所にはちょうど月光が差し込み、まるでスポットライトのようだ。写真は二枚。ひとつは全身、もうひとつはバストアップで瞳を伏せているところ――丁度撮った時に瞬きをしていたのだろう。けれどそれは、祈るようでもあった。
「あまり上手に撮れなくてごめんね?」
 カメラマンが夜には居なくなるのは、彼自身の生活もあるが、撮影をするには光源が足りないからだ。それでも夜に撮るのならば沢山の蝋燭に火を灯すけれど、その日の光源は月明かりのみ。薄暗さのなかにぼやけてしまっている。
「大丈夫、……ありがとう」
 大切にするねと胸に両手で封筒を押し当てて微笑めば、雨泽が安堵したように吐息を零すのが解った。

「おかえりなさい!」
「おにいちゃん、なにかいいことあったの?」
 家に帰れば、小さなこどもたちが足元にわらわらと集まってくる。
「ただいま、みんな……ちょっと、ね」
 こどもたちはみんないい子で、帰ってきたばかりのチックをあれやこれやと手伝ってくれる。荷物はこっち、おにいちゃんはそっち。気付けばソファに座らされていて、いいことのお話聞かせてとチックの周りにレムレースたちが集まった。
「撮ってもらう、したんだ」
 封筒から写真を取り出せば、わあ! と歓声を上げてこどもたちが覗き込む。
「おにいちゃん、きれい」
「あのひみたい」
「……あの日?」
 リュケの言葉に瞳を瞬かせて首を傾げれば、「うん」と元気に答えるのは別の子だ。
 こどもたちは顔を見合わせ、せーのとタイミングを合わせてチックへ告げた。
「「「おにいちゃんと、ぼく(わたし)たちがはじめてあったひ!」」」
 月明かりのステージで歌うチックが綺麗で、それがどれだけ嬉しかったか。
 だから、ね。
 今日もお歌が聞きたいな!
執筆:壱花
あやかし道中、幕間
●嚼
 鬼灯提灯揺らして、漫ろ歩き。
「……がおー、噛みつく……するよ?」
 指を軽く折り曲げてがおーのポーズをしたチックに、傍らで狐の手を作っていた雨泽が「えっなにそれ」と吹き出した。
「チックの中の鬼ってそういうイメージ?」
「おかしい、した? ……雨泽は、噛む……しない、の?」
「え。僕? うーん……噛んでもいいのなら噛む、かも?」
「噛む……するんだ」
「好きなものしか噛みたくないけど」
 真っ直ぐに向けられる無垢な瞳に、狐の半面の下で雨泽がえーとかうーんとか暫く唸って葛藤している。
「いや、やっぱり噛まない」
 転じる答えに、チックが首を傾げた。
 結局、どちらなのだろう。
「本気で噛んでも許されるのは猫だけなんだよ、チック」
 鬼灯提灯を揺らして、作り直した狐の手の口部分をパクパクさせながら零した言葉。
 それは静かで、それでいて真に迫るような声だった。
執筆:壱花
幽けき涅槃吹、幕間
●演目前
「雨泽、よろしく、ね」
 何かあったら――危険があったら、逃げて欲しい。
 そうして、刑部省に伝えて欲しい。
 そう告げたチックに、雨泽はいつものようにすぐにうん――とは言わなかった。
「あのね、チック。それは君もだよ」
 前にも似たことを言ったかもしれないけれどと、ばつが悪そうに指先が耳飾りを弄る。
 助けを呼ぶのは大事だし、救いたいって気持ちはわかるし、希望を捨てたくない気持ちも解る。――例え殆ど答えが出ているとしても。
 けれど、それでも。
「俺は君の事を友と思っているから――」
「雨泽?」
 言葉の続きはない。
 情報屋として依頼をしている以上、危険なことをするなとは言えない。
「ううん、気にしないで。今日の公演、楽しみにしているね。チックの歌、僕好きなんだよね。特等席で聞きたいくらい」
 どこかいつもより早口でそれじゃあまた後でと会話を切り上げ、背を向ける。
(……雨泽?)
 チックは首を傾げて彼の背中を見送っていたけれど、やることをやなくてはと関係者入り口に姿を消した。
 チックの気配がなくなってから、雨泽は慌てて路地に入ってしゃがみこむ。
(何かすごく格好悪いこと言っちゃったよね、今!)

 演目を終えて再度芝居小屋の前で合流した時には雨泽の態度はいつも通りで、チックは緩く首を傾げていた。
 気のせい、だったのかな?
執筆:壱花
さいわいの魔法

「付き合ってもらっちゃってごめんにゃ、チック」
「ううん。いい、よ」
 とててと軽い足取りで地を歩く白猫とは視線が合わない。
 いつもは――多少のヒールの違いはあれど――同じ高さだからか、何だか少し不思議な間隔を覚えながら、チックは手に抱えた荷物を抱え直した。
『お願いがあるのだけれど、付き合ってくれにゃい?』
 そう首を傾げた白猫――雨泽は、収穫祭に賑わう町の中を抜け、ケーキ屋さんへと向かった。受け取る予定の手が使えにゃくにゃっちゃってさ、なんてにゃむにゃむ言う雨泽の代わりにチックは荷運びをしてあげているのだ。
 揺らすと中身が崩れてしまうと聞いているから、揺らさないように慎重に菓子の入った箱を運ぶ。今日は収穫祭だから、南瓜のお菓子だろうか。それともお芋? どちらも美味しそう。
「あとは……」
 雨泽が時計台を見上げる。時間を気にしているようだ。
 市場の色とりどりの菓子たちの間を泳ぐように歩む。
「これ……あの子たち、好きそう……」
 レムレースたちが好きそうな菓子を見付けたから買って、お土産にする。
 そうして買い物を楽しむと、再度雨泽が時間を気に掛けた。
「そろそろいいかにゃー」
 帰ろう、チック。
 白猫が鈴を鳴らして笑う。
 可愛い彼らが君の帰りを待っているよ。


「おかえりなさい!」
 明るいレムレースたちの声と、笑顔。
 ただいまとチックがレムレースたちに返す前に、とたたと走った雨泽がレムレース側へと廻った。
 誰かが「せーの」と口にした。
「おめでとう、おにいちゃん!」
「誕生日おめでとう、チック」
 弾けるように、祝いの声が降り注ぐ。
「え……」
「びっくりした?」
「ふふっ、おめめまんまるっ」
「成功にゃね」
 屈んだレムレースと白猫がハイタッチ。
「こっちにきて」
 レムレースが空いている手を掴んで急かし、リビングへ。
「わ……」
 リビングは、チックへのお祝いの飾り付けになっていた。
 雨泽が迎えに来た時は、数日前からレムレースたちがチックと飾り付けていた収穫祭仕様だったはずなのに、いつの間に。
「……あり、がとう」
 いつも以上に、言葉に詰まってしまう。
 箱も開けてと急かす声に倣えば、そこには――
執筆:壱花
南瓜が笑えば猫も歌う

 にゃ、にゃ、にゃ♪
 短く白猫が歌っている。
 否、合わせているのだ。チックの奏でる歌声に。
 今日の雨泽はいつもよりも――心の底から本当に、楽しいのだろう。
 白い尾はピンと立っているし、『ヒゲ時計』は10時10分を指している。
 その姿が感情に素直なことに、きっと雨泽は気付いていない。

「チックのその姿って、歌を奏でるひとだよにゃ」
 小さな猫の身体にはあまり量は入らないからとチックに分けてもらう形であんぱんももなかも口にした雨泽は、腹がくちくなった頃にそう口にした。
「雨泽、ふぁんとむ……知ってる、の?」
 おれは詳しくは知らない。
 目を僅かに丸くしたチックに、雨泽がうんと頷いた。
 雨泽はその物語を知っていた。
 ファントムは、仮面で『醜さ』を隠している。
 だからチックは――。
 水色の瞳が細まって――蕩けるように綻び、思考を隠す。
「彼の有名な言葉は知っているにゃ?」
「……何、だろう?」
「『歌え、私のために』」
 物語内で歌姫と歌の掛け合いがあるのだ。
「一緒に、じゃ……ダメ?」
「ダメ。……ねえ、言ってよ、チック」
 僕に命じて。悪戯だと思ってさ。
 今宵はファントムナイト。君の欲も願いも叶う夜。

 いつもは歌ってと言って目を伏して耳を傾けるだけなのに。
 雨泽は今日のこの日――このファントムナイトの夜だけは、チックの声に合わせて楽しげににゃあと歌っていた。
執筆:壱花

PAGETOPPAGEBOTTOM