PandoraPartyProject

幕間

ストーリーの一部のみを抽出して表示しています。

妖怪の筋トレ日記

関連キャラクター:水月・鏡禍

鍛えるんじゃない、育てるんだ
「強くなって、ちゃんと守りたいんだ……守りたいのにッ……!」
 筋肉を鍛えるにはまず体幹から。そう思って肘をついてプランクに挑戦してみるが、10秒と持たずに鏡禍は臍を床につけてしまう。
 ピクピク、というよりビキビキと腹直筋と腹斜筋が痛む。それは筋力がない彼を揶揄っているかのようだった。
 思い浮かべるのは、ただ彼女の幸せを願いたい恋人の顔。そのために鍛えようとしているのだが現実は非常だ。
 10秒(なお目標は30秒)を繰り返すこと3セット目、ついに情けなさと悔しさから目に涙が滲む。
「他の人なら、もっとできるはずなのに、なんで……」
 床に伏せた低い目線のその先、棚にしまっていた雑誌がふと目に入った。
 筋骨隆々な男が輝かんばかりの白い歯を見せつけて満面の笑みを浮かべている、そんな表紙。

『鍛える時代はもう終わり?! 筋肉は育てる時代へ──』

 黄色い太字のゴシック体で書かれたそのタイトルに、鏡禍は思わずハッとする。
 いったん休憩しよう、と雑誌を手に取ってその特集ページを食い入るように眺める。
『引き締まった肉体欲しさに、食べないなんて馬鹿げたことをしていませんか?』
「うーん、そういうつもりはないんだけど……匂いと味で身体壊したことあったし、ちょっと避けてるところはあるかも」
『筋肉を育てるには睡眠が必要。ちゃんと寝ていますか?』
「そこは大丈夫だと思いたいなぁ」
 大小さまざまな項目が目に入る。一つ一つを振り返る中で、彼の目をひときわ引いたのは、インタビューを受けているマッチョの最後の言葉だった。

『最終的に、トレーニングは【継続】なんですよ。正しい努力をすれば、筋肉は味方になってくれる』

 今はプランクすら長くできない自分でも、その悔しさをバネにすれば。
 それからというもの、鏡禍はどれだけ腕立て伏せができなくても、腹筋が限界を迎えても、毎日トレーニングを続けた。
 初めこそ腕立て伏せ腹筋も5回が限界だった彼も、きちんとストレッチをして臨むことでその回数は6回、7回……と少しずつ増えていく。勿論、毎回彼の全力を出して筋トレをしているので、限界の数に1を足してしまえば息も絶え絶えなのだが。
「少しでも、カッコいいところ、見せたい、から……!」
 苦し気に息を吐きながら、ただその目標のために今日出来ることをやっていく。
 本当は腹部にキレイな縦横の線を入れて見た目も逞しく……と鏡禍は望んでいるが、それにはまだ程遠い。
 何度も床とお友達になっても、その努力が実を結ぶと信じて何度もトライしていく。

 ──その後、初めは10秒出来れば御の字だったプランクが20秒にまで伸びたのは、もっと先のお話。
執筆:水野弥生

PAGETOPPAGEBOTTOM