PandoraPartyProject

ギルドスレッド

キャリー喫茶店

【高速RP】日曜日のお茶会カウンター席(1日20:00~22:00)

▼今日はお茶会の日。
 落ち着いた店内のカウンター席とそれに程近い席は賑やかだ。

○お品書き
・カフェラテ ・カフェオレ ・ココア ・ミルク
・セイロン ・ダージリン ・ロイヤルミルクティー
・サンドイッチ ・カレーライス ・かぼちゃスープ
・砂糖菓子の茶葉ティー  etc...
・【取り置き】アップルパイ 1ホール

 店内席、テラス席の近くにあるカウンターとその周辺の高速RP用スレッドです。
 高速用の店内席、テラス席と平行して参加可能。
 日曜日の20時頃から22時ぐらいまでパーセルが常駐しています。

→詳細検索
キーワード
キャラクターID
暫くはやや涼しい位にしてほしいものね。寒すぎるの苦手……。
男の服かぁ……(目に見えてテンション下がる)
野郎の服なんざ作っても……って露骨に顔に出てやがる。(まあ作って貰うものもないんだが、と首を横に振り)で、オデットの嬢ちゃんはどうする? またココアかい。
毛糸か……もこもこでちょっと気持ちよさそうよねあれ……
あ、ええ、そうね。ココアにするわ。せっかくだし今日はあったかい方で!
逆にスティーブン様は女性用の仕立てる事有ったのかしら?(ふと質問
もっこもこの寝袋にしておいたら……なんかぶら下げたくなるな。
そりゃーソレで飯食ってるからな。アリシアも作るか?(わきわき)
いちいち手付きが不穏なんだよ旦那は。(小鍋に粉末とミルクを注いで温め始める)オデットの嬢ちゃんだったらそのまま毛糸玉の中に潜り込めそうなもんだがな。……外見はミノムシみたいだが。
と、いけない。そろそろ呼び出される時間な予感したわ。美味しかったわ、また来るわね(代金をテーブルに置き退店)
羽の穴開けると寒いかと思って気を遣ったってのに、マスターにも言われてんぞ(ひひひっと笑う)ありゃ、ざーんねん(ヒラヒラ手を振る)
ああ、また来な。……まんまと逃げられたな、旦那。新規顧客獲得のチャンスはまた次回だ。
おぉ、今日もやってるなぁ…こんばんわー。(ドアを開けて入ってくる)
カフェラテ一つ頼めるか?
んもぅ!パーセルもスティーブンも二人そろって!(ぷんぷんと両手を振って)

あら、また会いましょう。(いったん落ち着いて去って行く背に手を振った)
ちょうど入れ違いか。いらっしゃい。カフェラテな。(待ってな、と言いながらエスプレッソの抽出を始める)
仕方ねぇさ。毛糸ミノでも売り出してみるかな(ひっひっひ)よう、零
ありゃ、入れ違いだったか…(それはタイミングが悪かっただろうか、なんて思いつつ)
おぅ、こんばんわー、…毛糸…服とかの話か?
はぁい、こんばんは。
二人ったら酷いのよ?私が毛糸玉の中に入れるだとかなんだとか好き勝手言ってー!
(スチームミルクを垂らしてカフェラテが完成。上谷の前に出す)ある意味服っちゃ服か。いや、それとも棲家の話か?
っと、ありがとパーセル。(カフェラテを受け取って飲み始めつつ)
オデットが毛糸玉の中に……、あぁそれでパーセルも棲み処の、とかいってたのか…
流石に入らない気もするけどどうなんだろうなぁ?(首を傾げて)
入るわけないでしょー、そんな小動物みたいな……
いや、あったかそうだなぁとは思ったけど。
扱いが完全にペットだな。まあサイズ的に気持ちはわからんでもないが。
流石に入らねぇかぁ…。
確かに暖かそうだし……いっそ毛糸で寝袋作るとか良いかも…?
良いじゃねぇかリス。着ぐるみ作ってやろうか?
いらっしゃい、マリアの嬢ちゃん。折り悪くもうラストオーダーだがな。
あら今晩は零。
いっそこの際下着でも編んだらどーなのよ。
リスの着ぐるみねぇ……作ってくれてもいいわよ?無理やりにでもスティーブンに着せるけど。
お、マリアだ。(ひらひら手を振る)あぁ……腹が冷えると大変らしいからな。赤いのは人気らしいぜ?編むか?
サイズが合わなすぎるんだよなぁ・・・・・・頭も入らねぇよ
ふむ。ラストオーダー、か。なに、スティーブンの分を貰えば、問題、ない。
(小さな手を振り返しつつ、髪で体を持ち上げ椅子に腰掛ける)
お、エクスマリアもこんばんわー(手をひらっと振りつつ) リスの着ぐるみを着るスティーブン…(サイズがあった状態を想像した)(なんか凄そう)
芸術家の旦那の分……ってえと、なんか旦那に注文でもしたのか?
あらいいじゃない、そのまま小さくなれば。
なーんてね。ちょっと暇だし久しぶりに片付けの手伝いでもしようかしら。じゃ、またねー。
(先に帰った人の分を引っ込めるとそのまま裏側へ向かっていった)
なれるわきゃねーだろ・・・ったく。おつかれさんだ。オデット嬢ちゃん
スティーブンは、ブラック派、か。芸術家ならば、脳に糖分を蓄えておくほうが、良い、ぞ?
っと、お疲れオデット。(裏側に行くオデットを見送って)
そういや俺ブラックあんま飲んだ事ねぇな・・・(カフェラテ飲みつつ)
食い物でカバーしてるからな。飲み物まで甘いとむな焼けする(弱い)
え、何? 私に?
そうねえ、考えておくわ(肩をすくめて、コーヒーを飲み干した)
さて、今日もこの辺で。またお会いしましょう。
ああ、また、だ。(オデット、ルチアに手を振り)
はいよ、二人共またな。……そんじゃぼちぼち閉店時間だ。それ飲み終わったら気を付けて帰れよ。(残った客たちが帰って行くのを待ってから、店の看板は「Closed」へと変わるのだった)

キャラクターを選択してください。


PAGETOPPAGEBOTTOM