PandoraPartyProject

ギルドスレッド

別邸『イハ=ントレイ』

【フェルディン・T・レオンハート 】われはコン=モスカ

 愛されぬことこそが愛であると、少女は幼いながらに知っていた。
 でなければどうして耐えられよう?

 貴族の社会とは、近現代以降の地球に相当する文化圏が想像するものとは違う。
 貴族とは官僚や軍人など国家の運営に関わるものとして要職を担いながら、しかし同時に所領に於いては実質上の支配者に当たる総合的な”文化の担い手”でもあった。
 そしてそういう話で言えばコン=モスカの社会は、女性が優位にあると言ってもいい。
 なぜがそれが判ったか?
 問うまでもなく廊下を歩きながら感じる――それはもう、ひしひしと感じられるのだ。

『あら、殿方よ』
『畏れ多くも祭司長様にご意見なさったらしいのよ』
『わあこわい、やっぱり陸の男は野蛮ですわね』
『ぜんたいどうしてクレマァダ様はあのような者をお招きになったの?』

 そういう囁きが、先程からずっと聞こえる。
 たまりかねてちらと視線を送れば、それとは逆の方からひそひそちらちらとまた、好奇と軽侮の入り混じった軽口が聞こえるので、これはもうたまらない。
 たまらないがさりとて足を止める気もなく、彼は導かれるままにその一室へとたどり着く。
 もはやその部屋へ入れば、あとは彼女と対面するのみだろう。
 そこで向き合う重たくてどろどろしたものに比べれば、侍女の放言など本当に何ほどのものでもなかった。

 その部屋は、彼女の執務室であった。
 人ひとりが一日過ごすには快適すぎる空間と、丁度、それに椅子。大きなカンバスに豆粒のような人を描くような物足りなさ。それが彼女の今の日常である。執務卓に紙切れは数え切れず、しかし誇りは露ほども溜まっておらず、それらが昨今喉も乾かぬうちに溜まったものであることがわかる。
 そのなかで、その執務卓から前に6、7歩ほど前に歩いた場所に、彼女のプライベートスペースが僅かにあった。
 彼女はすっと立ち上がると、あなたに挨拶をする。
 客間に通すのは人の目が気になるが、本当にプライベートな部屋もまた人目に付く。そういう距離感にはきっとうってつけだろう。
 マホガニーの机を背に、傍にある来客対応用のソファは彼女のぬくもりを吸い、しかしそれを伝えることはない。
 冷たくて哀れで、けれどもふれるとしっとりと濡れたように暖かい。
 つまりそれが、クレマァダ=コン=モスカだったのだ。

「……よう来てくださった。
 茶はいかがじゃ? 海洋は、茶が美味い。それを飲んだら――
 何の用向きか、話すと良い」

 そういうと彼女は、貴方の側の椅子を掌で指し示した。
 あくまでホストを気取るつもりで、それを当然と思っている。
 憐れなれど、それが全てなのだった

----------------------------------------------------------------
【参加者向け】
 あなたは、クレマァダに言いたい事があってここまできました。
 クレマァダは、あなたに言いたいことなど何もありません。
 クレマァダは、救いを求めてなどいません。
 しかし彼女は、他人の言葉を無視などしません。

→詳細検索
キーワード
キャラクターID
……貴女は、違うと?
貴女ほどの方であれば、慕う者も多くいると思ったのですが……
違わぬ。
違いなどしないさ。
ただ、愛され方が少し違ったのみよ。
…………。
…――愛される事を、辛いと思う時がありますか?
我一人のみのことであれば、さほども。

我はモスカ。我こそモスカじゃ。
しかし、他の誰かはそうではなかったかも知れぬ。
そういう話じゃ。それを確かめぬまま……誰よりもモスカの者として役目を全うした誰かの話じゃ。

それは……まあ、辛いなどと懦弱なことは申さぬが、やはり、それは、気になるのじゃ。
……先日の海戦は、私も末席に参じておりました。
あの奇跡は、歌声は……お姉様のものなのでしたね。

(瞼を閉じて、暫し黙する)

……外の事など知らなければ。
誰かと心を交えなければ。愛など受けなければ。
結果は、今とは違っていたかもしれない……?
いえ、まさか。

カタラァナさんは、自らの意志で本懐を遂げられたはず……
そう言って、自他を慰める声は多くありましょう。私自身、そのように信じる他なかった……

ですが、貴女が抱くその想いを否定する資格は誰にも――当のお姉様にも、ありはしないでしょう。
家族を喪う事に、納得のいく理由など、決してありはしないのだから。

…………。
ただ、私はこうも思います。
仮に私が故郷の民を護るため、自らの命を賭す事があるのなら……きっと、懺悔の念が残る。
きっと哀しんでくれるだろう家族――ああ、特に妹は、年甲斐も無く泣き叫ぶかもしれませんから――本当に申し訳ないと、思うでしょう。
けど、それでも。どうかいつか。泣き止んで、また笑ってほしいと。そう願うだろうな、と。

――カタラァナさんは、どうだったのでしょうね。
……どうじゃったかなどと、問うまでもない。

ああ、きっと歓んでいたろう。
この世に生まれた意味——そんな途方もないものの答えを、得られたのじゃから。

のう、そうじゃろう?
誰しも己の意味を望む。
しかし最善の結末どころか、次善にすら至れる者は稀じゃ。
……まぁ、その答えは彼女にしか分からないのでしょうね。

己の意味、生まれた意味……なるほど、確かに心惹かれる言葉です。
果たして我々は、その最善の結末に辿り着けるのか否か……
ただ、全てを満足できる結末など、本当にあるものなのかと……私などは思ってしまいますよ。
……あるさ。あるに決まって居る。
……のう、お主、霊魂、というか……その。

いわゆる、死後の世界、というものをどう思う?
そうですね……
こちらから干渉する方法があるにせよ、ないにせよ。
きっと存在はしていると、以前から思っております。

ひょっとすると、今この会話を聞いている誰かが、ここにもいるのかも……なんてね?
……そうか。

我は……そうじゃな。
どちらかと言えば、無い方が良いと思うておる。
……このようなこと、表で祭司長たる我がとても言えぬが。

だって。
……そのような世界があると仮定し。
そして姉が未練を残し現世にとどまって居るとすれば、姉は我に逢いに来てくれておらぬのじゃから。

じゃから、無い。
もしくは、あっても、未練などなく、綺麗さっぱり、満足のいく結末を迎えたと。

我はそう思うて、己を慰めて居る。
じゃが……次、また次の次、姉が出てきて恨みつらみを言いつらね始めるかも知れぬ。
……目に見えぬもの。
魂だの、心だの、そういうものは、じゃから苦手で……

我は、近頃そういうことばかり考えてしまう。
そういうものが、無ければ良いのにと、そう思ってそういうものばかりに近づいてしまう。

…………しゃべり過ぎたのう。
お主が、何でも聞くという顔をするから。
ふふ、恐縮です。

確かに、不確かな物というのは、誰しも少なからず、怖れを抱くのでしょうね。
なので……まぁ、これは手法の違いなのだと思いますが。私であれば、それを確かめたくなってしまいます。

どうして逢いに来てくれないのか。
本当に満足出来ていたのか。
恨みつらみがあるのであれば、それは一体どういう恨みで、どう詫びれば良いのだろうか……

だって。
そうしないと、怖いままになってしまいますから……
実は私、かなりの臆病なのです。だからきっと、耐えられません。
(——ふ、と。
初めて彼女から、笑いのような声が漏れた気がした)
……臆病故か。

今、少し、お主に共感できた。
……そこに共感されてしまうのですか?
(眉を下げながら肩を竦めて)

ええ。私など、偶然"そう"生まれただけの凡人ですよ。
臆病だし、怖がりもする。何も特別な事はありませんとも。

……ですが。
貴女もそうだと仰るのであれば、やはり私はもう少しだけ勇気を持たねばなりませんね。
良い。強いて勇者であらんとすることはない。
勇とは心より滲み出るものである。さすらば敢えて己を奮起させ煽り立てずとも、然るべき時に我はそれを感じよう。

……お主がさにあらんとする凡人ならば尚更、我は……うん、なにと言うべきか。

つまり、我ら、相身互いに臆病同士なら、少しだけ無理をやめても許されるのではないか?
おや、それは……
ふふ、素敵なご提案ですね。

本当に許して頂けるのであれば、私もそのように思いますが……?
(心なしか、これまでとは少し違った笑みを浮かべながら、流し目を向ける)
許す、とは言わぬ。
我が、そうお頼み申す。

……肩と肘はな。
張ると、人に当たって、痛くさせてしまうのじゃ。
さりとて畳み方も今更わからぬから…
…………。
(彼女――クレマァダの言葉を聞き遂げて、男はコホンと一つ咳払いを漏らして)

…――承知しました。
でも、畳み方が分からないのは、実はボクも同じなのですよ?
無理をせず誰かと話すだなんて、それこそ家族――いや、妹の前ぐらいだったものですから。
(頬を掻いて言いながら、やや上目使いの照れ笑いを向ける)
……それ。
少し、興味が湧いた。語って聞かせてくれぬか。
妹御……ん、待て、待て、確か会ったことがあるのう。
たしかそう、リディアとか。
ええ、そうです。リディアです。
いやはや、なんというか、本当に元気な子でして。
こちらに来て早々、幻想に店を構えたんだとか……まったく、羨ましくなるような行動力です。

そういえば丁度、年の頃は貴女と同じくらいかもしれませんね?
まだ十歳にもならない頃は、ボクの後ろに隠れてばかりいたものですが……
いけませんね。成人すると、急に月日が短く感じられるようになって。
うかうかしていると、剣の腕なども追い抜かれてしまいそうですよ。

(心なしか語り口調が早く、抑揚がハッキリと感じられるかもしれない。
出された紅茶を一口含んで喉を潤しながら、実に朗らかな笑顔を浮かべている)
おぉ……
何というか。

かわいいのじゃな、妹御のこと。
……歳の離れた兄弟姉妹というのは、そういうものなのか?
あぁ、すみません……

ええ、何といいましょうか……
在りのままに振る舞えるし、振る舞ってくれる……
そんな相手も、今まであの子しかいなかったというのもあって……
歳の部分もあるのでしょうけど、ね。
なるほど。
……いや合点が行ったわ。それで我のあしらいが手慣れてあったのじゃな?
んん……!?
いや。いやいやいや。クレマァダさんには、きちんと敬意を持って接しておりますとも!?

……あー。
でも……そうですね……
何かこう、不思議と。妹に似た親近感というか、そういうモノは感じていたのかもしれません。
割と表情豊かなところとか……ふふ、似ているかもしれませんね。
ふぅん。
なるほど、つまり我は妹のようなものであったか。
なるほど、なるほどなあー。

(茶を飲みながらそう嘯いている)
(……おやぁ〜?
と、同じように紅茶を飲みながら、男は内心冷や汗を流していた)

……い、いや、ですからそんな事は……
親近感を感じたのは確かですが、クレマァダさんは、きちんとクレマァダさんとして……ええ、一人の女性として、見ておりますとも……
(サラッとこういう事を言う男なのである)
ですが……
えぇ。そのように笑って頂けたのであれば、まぁ良しとしましょうか……
うむ。
やはりお主も人の子であるな。それは……少し安心した。

……って、今は我は、笑っておったか?
ええ、笑っていらっしゃったように見えましたが……?
自覚がないという事であれば、本当に自然に零れたモノという事でしょうか……

そうであれば、ええ……私も少し、安心しました。
(まるで自分の事のように、嬉しそうに微笑んで)
……そうか。
(さっきより意識的にぐっと眉毛を吊り上げている。
別にいやそうな、と言うわけではないが、気を緩めてしまった自分を恥じている感じではある。
扉の外で侍女達がキャーキャーと騒ぐ声がする。
つかつかと扉へ近寄り、ごんごんごん! と扉を叩くと外はシーンと静まり帰った)
――ぶふッ…!
(扉を叩いたクレマァダの後ろで、吹き出すような笑い声が漏れた。
彼女が振り返って確認すれば、口元を抑えて視線を外している男の姿が確認できるだろう)

いや――ふ、ふふふっ……!
すみません……ですが、無理はやめるのではなかったのですか?
無理はしておらんが恰好悪いところは見られとうないじゃろ!!!!
〜〜ッ!?
ははっ…!あははははっ!!
(クレマァダの叫びに口元を歪め、とうとう腹を抑えながら笑いだす。
その笑い方は、まるで無邪気な少年のように見えた事だろう)
…いや。いや!格好悪いだなんて、そんな……!
良いじゃないですか、とても可愛らしかったですよ?ふふふっ……!
(人差し指で、目尻の涙を拭い取りながら)
かわ……
お、主のう。
褒めておるつもりか? それともからかっておるのか?
……いえ、どちらでもないですね。

ボクはただ、思った事そのまま口にしてしまっただけですよ。
(ふふふ、と笑いの余韻を鎮めつつも、彼女に向けた瞳は真っ直ぐとしていて)
変わった男よ。

……のう。
我はそういうことが分からぬから率直に申すぞ。
そのカワイイという言葉は、男女の機微に通じて居る言葉か?
…………。
…――ええ。恋仲であれば、そのように使われる言葉でありましょうね。

ですが、先ほどボクが漏らした言葉に対してであれば……
これは少々、違います。

普段、皆の前で堂々と振る舞う貴女が。
日々懸命に、より良くあろうと努力している貴女が。
先ほど垣間見せて下さった、一人の女性としての姿。
それがボクにはとても魅力的で、愛おしく思えたものですから……
(男が紡ぐ言葉は、肝心な部分がどうにも破綻している。
だが同時に、その瞳は変わらずに真っ直ぐとクレマァダを見つめ、彼の真摯な心を伝えていた)
……まあ、そのあたりは、いったん、おいといてじゃな。<魅力的で愛おしくとか
我がその、言いたいのはじゃな。
…………

我(カタラァナ)はな。
まったくこれほども、コン=モスカの使命であるとか、そういうものを気にも留めて居らんかった。
あれはいつだって心のままに動いていた。
じゃから、召喚されて、これを幸いと遊んで、楽しみ、人々を愛し人々から愛され……

そして、コン=モスカとして死んだ。

であればよ。
我は……我が例えば、心のままにしたとしよう。
それは、“コン=モスカ”として、とならぬかな。
わからぬのじゃ。
己の意志とは、どこからが己の意志だ?
己が己の意志と思っているものは、実は誰かの言葉をそのまま繰り返しているだけではないか?
そんなで、本当に善い道というのを……見つけられるものなのか?
なるほど、どこからが己の意志か……
…………。
私見で宜しければ、このように答えましょう。

――如何様に振る舞おうとも、それは全て貴女の意志です。
己が心に従って自由に振る舞うのも、
伝統を重んじて厳格に生きるのも、
全てモスカたる貴女の意志でありましょう。そこに是非はないと存じます。
肝要なのは、己として悔いなく歩む事。
その中で、可能な限り己が"善し"とできる道を模索していく事かと思います。

……大丈夫、貴女はとても清らかな心を持っていらっしゃいます。
終わり方など、その時が来るまで分かりません。
今はただ「我こそがモスカ」と謳いあげて下さい。願わくば、ありのままの貴女が選んだ道を進みながら。
……
(ふん、と鼻を鳴らした。
我こそがモスカであると言い続けるのはできる。
そのなかから己が生まれてくると彼は言う。
それはまことか?
……分からぬが、それを信じたいとは、思った)

……あと半刻ほどで午後の執務を始める。
ご苦労じゃった。呼びたてた無礼を詫びると共に、今後ともの友誼を……
そう。
いや。

また、会いたい。
……畏まりました。
本日は長くお時間を頂きまして、ありがとうございます。
(ご馳走様でしたと付け加えながら、茶器を置いて席を立つ。
やがて――)

身に余る光栄にございます。
必ずやまた、お目にかかりましょう――姫様。
(男は流れるような動作でその場に跪き、誓いを立てた――)
…――では、また。
(立ち上がり、ウィンクを一つ残しながら彼女に背を向けると。
ゆっくりと出口へ向けて、歩みを進めていった――)

キャラクターを選択してください。


PAGETOPPAGEBOTTOM