PandoraPartyProject

真読・流雨

陰獣
夜を行くもの。陰に潜むけもの。飢えた捕食者。

黒蜥蜴
夜統べる影の女王
IDp3x007296 デスカウント 25
種族 ぢごくぱんだ Lv 109
クラス 陰獣 エスプリ 黒蜥蜴
初ログイン日 2021/04/23 性別 女性
身長 普通 外見年齢 Unknown
髪色 体型 豊満
肌色 やや色白 目の色
特徴(外見) 【安産型】 【無表情】 【ケモ耳】 【儚い】 【脱ぐとすごい】
特徴(内面) 【ぼうっとしている】 【悪気はない】 【エゴイスト】 【マイぺース】 【シニカル】
一人称 二人称 ~君
口調 だ、だろう?(言い切り)
アクセスファンタズム名 生殺与奪
アクセスファンタズム詳細 暗殺者としての知識と技術の集大成。生物を効率よく殺し、時に延命させる知識と技術。人型に最も効果が高く、未知の存在や不死者に対しては著しく精度が落ちる。

僕の名前は真読流雨。通りすがりの「ぢごくぱんだ」だ。

STP 1775
成長 バランス型
経験値 19177/60040
HP 33367 AP 14546
物理攻撃力 980 +156 神秘攻撃力 260 +0 EXF 15
防御技術 87 特殊抵抗 66 EXA 64
命中 71 回避 121 クリティカル 2
反応 241 機動力 4 ファンブル 0
その他パッシブ効果:【ロスト60】【BS緩和2】
スキル名 基本 消費 威力 命中 CT FB その他
ぱんだくろー
ぱんだくろー
真読・流雨の第一のアクティブスキル。抜けば魂散る氷の刃です。ぎらんぎらん。
物至単5001510121-30物至単:AP500:物攻+530、命中+50、CT-5、【防無】【追撃40】【変幻50】【復讐200】【必殺
汎用型ぱんだすきる
汎用型ぱんだすきる
真読・流雨の汎用型アクティブスキルです。状況にあわせ、なんやかんやしたりします。
付自単490-7120自付与:AP490:EXA+15、【】、【自付】【
笹ぐにる
笹ぐにる
真読・流雨の第三のアクティブスキル。竹槍を投げたり刺したりします。ぶすりぶすり。
物超貫30088071-30物超貫:AP300:物攻-100、CT-5、【万能】【必中】【鬼道40】【致命】【恍惚
捕食
捕食
真読・流雨の第四のアクティブスキルです。笹とか別に食べません。ばりばりむしゃむしゃ。
物至単36088071-35物至単:AP360:物攻-100、CT-5、FB+5、【必中】【HP吸収300】【攻勢BS回復50】【邪道40】【スプラッシュ2
パッシブスキル1
パッシブスキル1
真読・流雨の第一のパッシブスキルです。
------反応+35、EXA+10、回避+15
パッシブスキル2
パッシブスキル2
真読・流雨の第二のパッシブスキルです。
------回避+10、EXA+10、【ロスト15
パッシブスキル3
パッシブスキル3
真読・流雨の第三のパッシブスキルです。
------回避+10、EXA+10、【ロスト15
パッシブスキル4
パッシブスキル4
真読・流雨の第四のパッシブスキルです。
------EXA+10、【BS緩和1】【ロスト15
パッシブスキル5
パッシブスキル5
真読・流雨の第五のパッシブスキルです。
------EXA+10、【BS緩和1】【ロスト15
闇のけもの
闇のけもの
自らの気配を非常に希薄にする事が出来、隠密な移動にも優れます。ただし発見されている場合には無効です。
------
空気男
空気男
瞬く間のうちに、どこの誰でもない人物になりすまします。極限まで存在感を殺し、凡庸な人物のように錯覚させますが、効果は相手の性質や注意が予め自身に向いているかに左右されます。
------
大熊猫娘
大熊猫娘
愛らしい仕種と容姿で、他者の魅了を試みます。ごろごろしてるだけともいいます。あんあんうふふ。
------
装備 コレクション
アイコン 名前
ソードスレイヤー
相手の武器を打ち、有利な状況を作るための武装。盾の代わりに持つ剣。 
レイヴナスエッジ
狼のような柄の短剣で、グラフィックが中二カッコイイ。より強い武器を手に入れても、グラフィック投影を行うプレイヤーも居る。 
immutable(IDEAScript)
この属性を纏ったオブジェクトは何者にも侵されることはありません……ハックされない限り。 
餃子
美味しいけど素手で握りたくはない。 
餃子
美味しいけど素手で握りたくはない。 
餃子
美味しいけど素手で握りたくはない。 
餃子
美味しいけど素手で握りたくはない。 
イルシオンスタイル
スタートダッシュと同時に金の力で全てを整え、そのまま高額課金を続けて逃げ切るプレイスタイル。石油王または貴族向け。 
プレイスタイル・スタンス
R.O.Oを良く解っていない恋屍がアバターを設定するにあたり、その時に読んでいた伝奇ライトノベルの登場人物を模して適当に登録されたアバター。(「ぢごくぱんだ」とは、ぱんだの耳と尻尾が生えた人間のような姿の種族とのこと。衣装は、何だかんだでリアルの思い入れが反映されているらしい)

もっとも、模しているのは名前と外観のみであり、普段から「人間ごっこ」をしているような恋屍にとって「ロール」などは、あまり興味がなく、言動はリアルとほとんど変わらない。

とりあえず「依頼」というスタンスで R.O.Oに挑むが「ヒューマンタイプ」に近い形でアバター登録したため、衣と食などリアルとの違いに戸惑う事も多い。(クエストは「依頼」というスタンスのため、基本的に真面目ではあるが、本来の精神的な幼さや酷薄さが顔をのぞかせる事もある。真面目なのかふざけてるのか解らないスキル名などは、そのいい例である。)

ゲーム内においても「守りたいモノは守る。狩りたいモノは狩る」というスタンスは変わらず、必要以上の殺生は厭う傾向がある。(殺したモノが食えるのか食えないのか解らないから)

月閃使用時は、混沌世界においての本来の姿をとる。
感情

  • お気に入り

  • 食材

  • 気になる存在

  • 同志

  • 可愛い

感情一覧へ

通信欄

PAGETOPPAGEBOTTOM