PandoraPartyProject

バンビール




IDp3y000245
種族 カオスシード Lv -
クラス エスプリ
初ログイン日 2022/01/04 性別 男性
身長 大柄 外見年齢 Unknown
髪色 特殊 体型 精悼
肌色 色白 目の色
特徴(外見) 【ピエロ】 【引き締まった体】 【実は美形】 【脱ぐとすごい】 【お尻が大きい】
特徴(内面) 【トリックスター】 【優しい】 【ちょっと早口】 【お調子者】 【情が深い】
一人称 二人称 頻繁に変わる
口調 です、ます、ですか?
アクセスファンタズム名
アクセスファンタズム詳細

ん~まっ! いいお天気! 今日も良い一日になりそうですねぇ!

スキル名 基本 消費 威力 命中 CT FB その他
--------
--------
--------
--------
--------
--------
--------
--------
--------
--------
--------
--------
装備 コレクション
アイコン 名前








プレイスタイル・スタンス
彼はアバターではなく、R.O.O世界の『NPC』である。

ネクストにおけるシルク・ドゥ・マントゥールの団長……で、あったのだが。その座は易々とR.O.Oのジャコビニに譲り渡して自らはバグNPCとして各地で暗躍していた。

その理由は須らく、この電子の世界に己が存在の爪痕を刻む為。
――どうしても全てが無意味にしか見えなかった。
創造主の気分一つで明日にも全て吹き飛ぶこの世界が。
愛しいサーカス団員達の修行の場面ですら何もかもが無意味の一端なのだと――

許すまじ。

彼らを無意味のままでは許せない。
愛しき者達が此処に確かに存在してたのだと――示してやる。
狂おしい叫び。
白塗りの笑顔の下には涙の憤怒が其処にあった。

……最終的に彼はイレギュラーズに敗北する。
この世界を護らんとした数多の意志によって打ち倒されたのだ。

――この世界には意味があったのだろうか?
――我々には意味があったのだろうか?

その答えはきっと、世界の存続を望む声の中にあった。
彼は死間際に答えを得たのだ。
感情

感情一覧へ

GM 茶零四
通信欄

PAGETOPPAGEBOTTOM