PandoraPartyProject

公認設定一覧

アト・サインが公開している公認設定の一覧です。


設定中観光客基本設定(全員に公開)
自称観光客。
しかし観光客の定義が一般常識とずれている。

前人未到の地を求め冒険を繰り替えす、冒険者そのものを体現したような人物。
生まれや育ちに関わる記憶を持っておらず、またそのことを気にした事もない。

混沌にたどり着いたアトが最初に調べたことは誰も踏破したことのない深い洞窟等が無いかである。
『果ての迷宮』の噂を聞いたとき、アトは自分がこの世界で何をすべきかを確信した。

迷宮の先に何が待っているのかわからない。
何かの魔除けや幸せになれるアイテムなのか、それとも恐るべき強敵(ラスボス)なのか、もしくは何も待ってなくて無限ループなのか。

それでもアトは『果ての迷宮』を目指したのである。
(289文字)

遺跡群の領主(全員に公開)
アト・サインは深緑のレルタ・ロッホ遺跡群の領主である。
しかし、これは厳密には深緑の土地を領有しているわけではなく、遺跡の発掘と調査の権利を借り受けているだけである。
遺跡群の真の所有者は『森林迷宮研究者』グゥル・ケネドリル。

広大なレルタ・ロッホ遺跡群は膨大な探索隊の人数が必要であるが、その人員の確保の目処が立たず、長年放置されてきた。
アトも一人で踏破するのは実質不可能と考え、所有者のグゥルと交渉。
結果、グゥルによる発掘物の優先的な調査と買取権と引き換えに、アトは仮の領主の地位に就いた。

グゥルが外の世界の人間とも社交的に接する性格であることが幸いし、アトも迷宮に熱心なグゥルと交友を深めている。
(298文字)

PAGETOPPAGEBOTTOM