PandoraPartyProject

SS詳細

ゆきのあしおと
ゆきのあしおと

登場人物一覧

アイラ(p3p006523)
瑞花


 ボク――アイラ(p3p006523)には、赤い瞳がありませんでした。
 いえ、目はあるます。
 でも、ボクのイチゾクは炎の魔法を伝承するイチゾクとして有名です、ます。
 その証明になるのが、炎のような赤い瞳です。
 それがないボクは、イチゾクには必要はアリませんでした。
 それに気づいた、とき、まわりの、大人の赤い目が青い目のボクを、蔑んで、いるようなでした。
 ボクはそれが怖くて、
 怖くて、
 怖くて、怖くて、怖くて――。

 逃げたました。
 あの赤い瞳の大人がいつか自分を殺すますかも、と、思った、からです。
 ボクはまだ、なにもしらないます。こんなだれもこない、土蔵の、奥、ひとり。
 放置されて、死ぬます、のが、きっとこの先の未来だと思ったです。
 だから、逃げたました。
  
 なにも持たずに、窓から飛び出したです。
 初めて触れた地面は、裸足の足にチクチクしました。
 でも、それを、初めてしったます。
 ふわふわとましろい、なにか、がそらから、ふってました。
 さわると、白くて、ふわり、溶けました。

 あとでお師さまから聞いた話、よると、それは、ゆき、というものでした。
 せかいには、ボクの、知らないもの、たくさん、ありました。
 それがとてもきれいで、ボクは上向きになって、くるくる、回りました。
 そうすると、まるで、ゆきがボクに向かって飛び込んでくるみたいで。
 ボクは、ゆきに、必要とされて、いるみたいで、うれしかった、です。

 お恥ずかしい、話ですが、ボクはなにもしらな、すぎました。
 さむいひ、薄着で、裸足で、雪のなか、歩くと、倒れます。
 白い、ゆき、嬉しくてくるくるしていたら、なんだか目の前が暗く、なりました。
 そのまま倒れたらゆきが、ボクを包みこんで、くれ、たから、怖くはなかったのですが。

 ぱちぱち。
 なにかおとがします。それは暖炉、というもののなかで火が、燃える音だとあとでしり、ました。
 ゆきはきれいでとても素敵だった、ですが、冷たすぎていけません。暖炉は温かい、ものです。
 ボクは、テイタイオン? で倒れたらしいです。見かけたその人が、助けて、くれた、みたいです。
 それから、ボクはその人と一緒に過ごす、こと、なりました。
 そのひとは氷の魔法使いでした。
 しっているますか? 炎以外の魔法もあるます。
 ボクは炎がだせないます。炎のイチゾクあるますのに。だから出来損ないのあおの目。
 でも、そのひとはバカ、には、しないました。
 そのひとはボクに、雪の、氷の魔法をおしえてくれたました。炎は難しいのですが、氷はなぜか簡単にできるます。
 ボクはそのひとをお師さまと呼ぶますようになりました。
 お師さまはたくさんのいろいろを教えてくれました。
 お師さまのとなりにいつもいる動物は使い魔というらしいです。お師さまは使い魔をずいぶんとだいじ、してました。
 使い魔もお師さまが、とてもだいじしてました。
 ボクもきっとお師さまがだいじしてますし、お師さまもボクがだいじしてくれてたとおもいます。
 お師さまと暮らす時間はボクにとって、とても、とても、とても、だいじ時間ます。
 使い魔とお師さまのとりあいしたこともあります。確かに、使い魔は、お師さまが作った、ですが、ボクだってお師さまが助けてくれたます。たちばはきっとイーブン、です。
 
「お師さま、あしたは、強い魔法おしえてくれるの、楽しみます」

 お師さまがおおきな魔法をボク、に教えてくれる言いました。ボクはそれが楽しみで仕方なかったです。
 それがあした。眠れません。目が冴えるです。
 あしたまでの時間はまだまだあります。
 眠れなかったボクは、枕をだいたまま、お師さまのいる部屋にむかうです。すこしお師さまとお話したくなったからです。
 使い魔もいるますが、まああいつとも話してやってもいいます。

 足をすすめると、鉄さびのにおいがしました。いやなやつです。
 お師さまの部屋に近づくたび、その匂い強いです。
 
「おしさま!」
 
 へやの中には誰もいませんでした。
 いえ、それはうそです。
 使い魔が血まみれのまま、氷の中でうごかなくなってました。

「――!」
 使い魔の名をよびますが、反応ありません。
「おしさま!」
 お師さまを呼びながら家の中を探すます。
 だけれども。
 だけれども――。
 
 ボクはまた、いらなく、なったのでしょうか?
 なんども、なんども、なんどもお師さまをよびます。返事はありません。
 ほほにあつい水がこぼれました。
 
 ボクはそうして、ひとりになったのです。

  • ゆきのあしおと完了
  • GM名鉄瓶ぬめぬめ
  • 種別SS
  • 難易度
  • 冒険終了日時2019年06月02日 19時00分
  • 登場人物1人

PAGETOP