PandoraPartyProject

SS詳細

小さな誰かさんから少しだけ大きな誰かさんへ

登場人物一覧

リトル・ドゥー(p3n000176)
動物好きの
アルヴァ=ラドスラフ(p3p007360)
航空猟兵

名前: アルヴァ=ラドスラフ
一人称:僕、俺
二人称:~さん、(リトルに対して)リトル
口調:基本敬語、最近男らしくなってきた
特徴:【旅人風】【眠たげ】【無表情】【犬系】【年下に見える】

 リトル・ドゥーLittle Doは若きパサジール・ルメスの民である。物事を学ぶ為、主要国家を出歩いたりする事がよくあった。
 その最中に数々の出会いがあり、イレギュラーズとも遭遇し、その中にアルヴァ=ラドスラフが居た。
「ねぇねぇお母さん。今日はね、アルバお兄ちゃん達と一緒にこんな事したんだよ」
 親子で眠りにつく時、ドゥーはイレギュラーズの話をする事が日に日に増していった。その中でもアルヴァの事を話す機会も多い。
 母親は親心として小さな嫉妬を覚えながらも、親としてもパサジール・ルメスの民としても彼らイレギュラーズを頼もしく思う。リトルにおいてもアルヴァはそういう意味合いで身近な存在なのだろう。

 リトル・ドゥーは兄弟姉妹と呼べる存在が居なかった。そもそも、拾われ子であってルメスの血筋ではない。
 放浪のキャラバンという性質上、彼女が唯一の例外というわけではない。他のルメスの子達と共に学び、共に働き、大人になれば他の子供と変わらずキャラバンの誰かと結婚して子を成すだろう。だから誰もが別け隔て無く彼女を愛した。
 ――私達のLittle Do(e)小さな誰かさん。今日はどういう体験をしたんだい?
 薄々、リトルはアルヴァに近しいモノを感じていた。リトルにとってそれが何かは分からない。だが少なくとも、自分の事を『妹のような存在』として目に掛けてくれている事は気付いている。
 近頃ではその事を思い返してニヘニヘと笑みを浮かべているリトルの姿が目撃されたとかなんとか。

 とりあえずリトルはアルヴァの教える事を心がけているし、彼に心配かけないように危ない事に手を出したり怪しい人についていく、などはしないように気をつけているようだ。
(アルヴァ=ラドスラフ自体がキャラバン内で「年端もいかない女児にパンツの値段を教え込むイレギュラーズ」という形で怪しい人物扱いされてる事実は知らない)
 舌っ足らずな彼女はアルヴァの名前も発音出来ない。いつかちゃんと「アルヴァお兄ちゃん」と呼んであげようと日々練習。
 その時になったら、おそらく親近感の原因に気付くだろう。自分が『Doドー』という個人ではなく『Doe』である事に。

  • 小さな誰かさんから少しだけ大きな誰かさんへ完了
  • GM名稗田 ケロ子
  • 種別設定委託
  • 納品日2020年12月15日
  • ・アルヴァ=ラドスラフ(p3p007360
    ・リトル・ドゥー(p3n000176

PAGETOPPAGEBOTTOM