PandoraPartyProject

シナリオ詳細

<竜想エリタージュ>ドジっ子バニー喫茶を守れ

完了

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

●今ホットで幸せな場所
 竜宮城って知ってるかい? 
 今、一番ホットなスポットさ。
 深海に存在する海底の都で、一見すると『夜の繁華街』のようなイメージがあるんだ。
 暗い海底にネオンサインがにぎやかに光り輝いて、カジノやキャバクラやホストクラブのような『楽しく遊べる場所』が多く立ち並んでるんだ。
 おっと、夜の繁華街は危ないものじゃないかって? そんなことはないさ。 
 此処のお店は純真で優しい人たちによって運営されているから、竜宮の民によるボッタクリや詐欺店舗は存在しないんだ。
 ただし、竜宮が外に開放されたことに伴い、厄介な悪党や、竜宮の民を騙す悪いもの、店を乗っ取ってしまった悪党などは出てくるかもしれないらしいな。怖い話だぜ。
 で、だ。肝心のスポットについてだ。竜宮にはいくつかの通りが存在するんだ。
 例えば『中央通り』。ここは主だったサービス店が存在してる。
 例えば『CLUB RYUGU』は多くのバニー……竜宮嬢たちが在籍する最大手のクラブが存在してる。
 カジノ『ドラゴンズ・ドリーム』は巨大なカジノで、竜宮を代表するものともいえるだろうな。
 こういった遊興施設が中央通りに存在し、中央通りの奥には『竜宮城』、乙姫の住まう神殿が存在するんだってよ。
 『ケルネ通り』には飲食店が多く並んでるんだ。ちょっとお高めの飲食店から、手軽な食堂までなんでも並んでるんだぜ。
 『マイスター通り』は、少し特殊なお店が並んでるんだが……なんかこう、趣味的だな!
 『裏通り』は、メインの三つの通りから外れたエリアに存在するんだが、此処はバッティングセンターやカラオケ店、ダーツ場やちょっとした軽い酒場などが存在するエリアだ。

 ……さーて、じゃあ今日の俺のオススメだ。
 マイスター通りに行ってみな。『ドジっ子バニー喫茶・トラ☆ブル』っていう店があってな。
 見てても巻き込まれても盛大に笑える、そんなすげー店なんだ。
 でも最近、客層に変なのが混じり始めててな。心配だよな……。

●チンピラを追い返せ
「お客様にこんなことを頼むのもいかがなものかとは思うのですがあ……」
 ドジっ子バニー喫茶・トラ☆ブル。
 その店長である寅子は、やってきたマグタレーナ・マトカ・マハロヴァ(p3p009452)にそう切り出した。
 ……気のせいだろうか、閉店の札のかかった店内は少し暗く、お店のあちこちに修繕の跡がみられる。
 まるで何かに脅えているようにすら見えるが、一体どうしたというのだろう?
 周囲には店員の姿もなく、マグタレーナは「これは只事ではない」とトラブルの匂いを感じ取った。
「あの……わたくしでよろしければ、ご相談にのりますが」
「ええ、ほんとですかあ!?」
 まるで待っていた人が来たとでもいうかのようにパアッと表情を明るくする寅子が言うには、どうにも最近竜宮城にやってきた「外」のチンピラたちが店に嫌がらせをしにきているのだという。
「元々このお店はちょっと派手なトラブルを楽しむお店なのですけどぉ……」
 そう、店員が転んで飛んだケーキがぶつかったり、ドリンクをこぼしたり。
 そういう健全で普通「ありえない」トラブルをアトラクションとして楽しむ喫茶店なのだ。
 しかし、そういうコンセプトにも関わらず激しいクレームをつけてきて、脅える店員をしばらく休ませるような状況になってきているのだという。
(なるほど、乗っ取り狙い……ですのね)
 マグタレーナはそう看破するが、相手があくまで「客」というていで来る以上はそれに対抗できる手段は限られる。
 つまり、ドジっ子バニー喫茶流での追い返し……!
 頼りになる仲間を集めれば、そう難しい話でもないだろう。
 自分のサイズを測るべく制服のバニーとメジャーを持って近づいてきている寅子を見ないふりしながら、マグタレーナは計画を立て始めていた。

GMコメント

ドジっ子バニー喫茶・トラ☆ブルの店員バニー(バニー服)となり、お店のアトラクションのていでトラブルを引き起こしチンピラを撃退しましょう
(例:おっと足が滑ったキック)

なお制服はバニーです。
え? 男はどうするか? そっかあ……バニー、着る?

●チンピラ×それなりの人数
海洋からやってきたチンピラ集団です。
お店に嫌がらせして閉店に追い込み、そのまま乗っ取りを企んでいます。
コンセプトは分かった上でトラブルに対しクレームをつけるクズなので、一撃必殺のドジっ子ムーヴを叩き込みましょう。

今日一日を乗り切ることでチンピラ集団を撃退可能です。
レッツドジっ子バニー!

●名声に関する備考
<深海メーディウム>では成功時に獲得できる名声が『海洋』と『豊穣』の二つに分割されて取得されます。

●情報精度
 このシナリオの情報精度はBです。
 依頼人の言葉や情報に嘘はありませんが、不明点もあります。

●特殊ドロップ『竜宮幣』
 当シナリオでは参加者全員にアイテム『竜宮幣』がドロップします。
 竜宮幣を使用すると当シリーズ内で使える携行品アイテムと交換できます。
 https://rev1.reversion.jp/page/dragtip_yasasigyaru

  • <竜想エリタージュ>ドジっ子バニー喫茶を守れ完了
  • GM名天野ハザマ
  • 種別通常
  • 難易度NORMAL
  • 冒険終了日時2022年08月31日 22時05分
  • 参加人数8/8人
  • 相談7日
  • 参加費100RC

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

参加者一覧(8人)

橋場・ステラ(p3p008617)
夜を裂く星
ニル(p3p009185)
陽だまりに佇んで
マグタレーナ・マトカ・マハロヴァ(p3p009452)
想光を紡ぐ
エーレン・キリエ(p3p009844)
特異運命座標
リドニア・アルフェーネ(p3p010574)
『蒼熾の魔導書』後継者
テア・アナスタシス(p3p010620)
特異運命座標
トール=アシェンプテル(p3p010816)
女装バレは死活問題
ソル・アンノウズ・トレーンズ(p3p010817)
街角の廃れた人型金属

リプレイ

●開店準備!
「はぁ、バニー喫茶、此方ではバニー衣装が正装? みたいな話は耳にしましたが……はい? ドジっ子バニー喫茶?? 普通に実力行使した方が手っ取り早いのでは」
 『夜を裂く星』橋場・ステラ(p3p008617)が、そんな身もふたもないことを言う。
 ドジっ子バニー喫茶・トラ☆ブル。外から来たチンピラどもの嫌がらせを受けている店だが……そんな店を守るためにステラたちは来ていた。
 しかしながら、竜宮には竜宮のやり方というものがある。そこはもう、仕方のないことだとステラは諦めていた。
「いえ、これもお仕事ですから、頑張りましょう。衣装は、まぁバニーですよね、えぇ。あ、せめて露出は低めでお願いしますね。こう、バニー衣装に燕尾服を合わせるみたいな感じで?」
 幸いにも燕尾服もあり、なんならタイツだって存在する。ステラの望む組み合わせのバニーも可能だ。
「やっぱり言葉を尽くすのは大切だと思うんです。お店とチンピラ相互にメリットのある根本的解決を目指すためにチンピラを説得しましょう!」
「まあ、店を守ればいいのだろう? 任せておけ、ゴロツキどもにはキツめの灸を……と思っていたのだが。彼らに対しても更生の余地を与えるのか、さすがだな。そういうことであれば俺も喜んでトールたちに協力しよう。なあに、ムチがキツければその後のアメの味も引き立つというものだろう?」
 『すごく女の子。だが男だ。』トール=アシェンプテル(p3p010816)に『特異運命座標』エーレン・キリエ(p3p009844)が頷く。
 そのトールの優しさが通じるかは不明だが……その美しい心は大切にされるべきだ。
 そんなトールは支給品のバニー服+付け襟+胸の谷間を隠せる丈のあるネクタイ。
 胸にはヌーブラ的な素材を仕込んであるので並乳に見える程度に誤魔化せる……はず、ということで誤魔化している。
 一方のエーレンはバニーだが……まあ、ひとまずさておこう。
「民のためならこの程度の服装、どうということはない。どうということはない」
 どうということはないらしい。安心である。自分に言い聞かせているようにも聞こえるが、本人が大丈夫って言ってるから大丈夫なのである。エーレンを信じてほしい。エーレンは嘘なんかつかない善性の男だから。
「誠心誠意真心を込めて、ドジっ子バニー?をしますね! バニーのお洋服、ニルは初めてです。コアが見えるのは、なんだかちょっと、そわそわするのですよ。あ、エーレン様のバニー、とってもとってもかっこいいですね!」
「ああ、ありがとう」
 『なめらかなふともも』ニル(p3p009185)の純真な誉め言葉にエーレンが遠い目になるが、さておいて。
「みなさまのドジがお店を傷つけてしまわないようにニルは保護結界はちゃんと用意しておくのですよ。これからもずっとドジっ子バニー喫茶としてみなさまに「おいしい」とたのしいを届けなきゃですもの」
 ニルはお店に保護結界を展開し、ファミリアーも飛ばしていた。
「まずはターゲットが来店するまでに、可能な限り店内の補修整備といきましょう。この雰囲気のままではお店のコンセプトにそぐわないでしょうし、ね? 大丈夫です、修理は割りと得意なんです、SPY的に工作作業とかで修理もするかもしれませんし。おおまかな補修が終わったら、食器類までピカピカに掃除辺りもしておきたいですが、まぁ其処は時間と相談ですかね」
 ステラも言いながら仲間たちに指示を出し動いていくが……事前の準備は大切。そういうことなのだ。
「ところでドジっ子ってなんですか? ええと、はわわっとお茶をこぼしたり、お料理をぶちまけ……いえ、それは、ニルはあんまりしたくないのです。ごはんはだいじなのです……食べるためじゃなくぶつける用に作ったパイ? それなら、いいのかな?」
 店長の寅子に「ぶつけるパイ」をそっと示されて納得するニルだが、こういう店はそういう計算がちゃんとされている。
 だからこそ乗っ取りなどしても上手くいくはずもないのだが……。
「乗っ取りはヨクナイなのです。嫌がらせは屈せず、皆に受け入れられる喫茶店への手助けができればと思いますなのです」
 胸が強調目のメイドバニー服にハイヒールの『特異運命座標』テア・アナスタシス(p3p010620)もそう頷く。
 そう、その為に今、『夢先案内人』リドニア・アルフェーネ(p3p010574)と『街角の廃れた人型金属』ソル・アンノウズ・トレーンズ(p3p010817)の2人は偵察に出ていた。
 目的ははチンピラ達に「おい、今日はあの店、これまでの迷惑(クレームを受けて)のお詫びとして俺らのために貸し切りになるらしいから遊びに行こうぜ」だとか伝えて誘い込むことであった。
 遠目にでも見つけたらリドニアからテスタメントをかけてもらって強化した闇の帳とソル自身の外見(浮浪者風のボロボロの服)を利用して仲間の振りをしながら話しかける手はずになっていた。いたのだが……。
「……見つからない、か」
 しかし、それならそれで作戦の第2弾はある。店の近くの物陰に戻って待ち伏せして同じことをするつもりなのだ。
「スペシャルなバニータイムをお届けしますわよ! ドジっ子も出来てお得ですわね。こんなにスーパー嬉しい喫茶にクレームを付けるとは許し難し。究極のドジっ子でご満足いただけるよう努めますわ!」
 リドニアのそんな決意が響く中、お店でも準備が整い『想光を紡ぐ』マグタレーナ・マトカ・マハロヴァ(p3p009452)が声をあげていた。
「なるほどお話は承りましたので、まさに多士済々というべきドジっ子バニーの皆様にお集まり頂きました。えっ一部見えない方がいる? それは見ない振り……とは行きませんか。兎耳を付けたら大体バニーということで?」
 誰のことだろう、サッパリ分からないがきっとエーレンではないに違いない。
 ともかく、ソルとリドニアが上手く誘導してきたチンピラたちへの「おもてなし」が今、始まろうとしていた。

●やっつけろチンピラ連中
 たとえ客とは言えぬチンピラであっても来店した以上はお客さん。
「幸せな不幸を享受できない生き方って、とても切ないと思うんです。このお店はそんなトラブルを与えてくれる場所だから、戸惑いながらもすごく魅力的に見えたんですよね? 無関心なら何度も足繁く来店したり、ましてや乗っ取りなんて考えません。男の子が好きな女の子にいじわるしちゃうみたいに、素直な向き合い方を知らないだけで……だから、お願いします。せめてお店にいる間だけでも、素直な心でバニーとトラブルを堪能しませんか?」
「ハッ」
「何のことか分かんねえなあ! イチャモンかあ!?」
 ああ、なんたることか。トールの優しさはやはり通じなかった。
 とはいえ、相手があくまで客を装うというのであれば、対処法はちゃんと用意している。
 だからこそステラはキチンと笑顔で接客を心掛けていた。
 しかしやるべきことはドジっ子だ。塩と砂糖を間違えるのは「あるある」だが、ステラがやっているのはそれの応用のようなものだ。
「ドジっ子的な動きとしては、料理の味付けを間違えるとかどうでしょう?取り敢えず、食べ物飲み物は全部激辛にしておきますね!」
「ひええ……」
 寅子が恐ろしさに震えているが……実際恐ろしかったのはそれを食べてしまったチンピラだろう。
「ぐあー!」
「ぐげええええ!?」
「あっ! お塩とデスソースを間違っちゃいました! みたいな?」
 のたうち回るチンピラがステラの服を掴もうとすると、ステラの拳がチンピラの顔の隣の壁を軽く砕く。
「あ、お触りは厳禁ですので?」
 勿論後で直すとして、尊い犠牲である。
 チンピラとはいえ直接当たると大怪我させそうですし……と、わざわざ壊していい場所を確認していたのだ。
 そしてチンピラ自身、すでに口の中が地獄でもうどうしようもない。ほうほうのていで逃げていくが……ソルたちの調べた限り、どうにもこれで終わりではない。幾つかの小集団が存在しているようなのだ。故に、各個撃破せねばならない……!
「いらっしゃいませ!」
 だからこそ、次に来た集団の相手はニルだ。
「おう、味噌ラーメンバリカタで」
「俺はビール。キンキンでな」
 なるほど、メニューを見てもいない。どうやらそういうタイプのチンピラクレーマーであるらしい。ニヤニヤしているのがよく分かる……が、そうと分かれば容赦はいらない。
 勿論スルッと避けたが、ニルバニーのお尻も触ろうとして来た。ギルティである。
 何もない場所で転んでのショウ・ザ・インパクトはもはや芸術的なニルのドジ(故意)である。
「ぐはあー!? な、何すんだてめえ!」
「はわわ、おきゃくさま! こんなドジでは足りない? もっと楽しんでいただけるようなドジが必要なのでしょうか? 運んでる途中で足を滑らせて転んで、お客様の胸に飛び込む……? むむむ? それは楽しいのでしょうか?」
「きゃ、客だぞこっちは!」
 チンピラが叫べば、ニルは可愛らしく首をかしげてみせる。
「ドジっ子をめいっぱい楽しんでもらうお店でドジっ子に文句を言うのは、激辛専門店に行って辛すぎるっていうのと同じような
中華料理店に行ってなんでスパゲティがないんだって言うような、とってもとっても不思議な気持ちなのです。逆にそういう文句をつけるのはドジなのでは……? おきゃくさまも、ドジっ子……?」
 言いながらも、圧はかなり凄い……強者のオーラが垣間見えるかのようである。
「じょ、冗談じゃねえ!」
「くそっ、行くぞ!」
 ほうほうのていで逃げていくチンピラたちは、脅えた様子でもう戻ってこないだろうと確信できる。
「ドジで楽しませるのも大事ですけどやっぱり「おいしい」もだいじなのです。どちらも堪能してもらえるよう、ドジしないところはしっかりしますよ」
 それはニルのこだわりであり、トラ☆ブルの正しい楽しみ方でもあるだろう。
 そう、コンセプトさえあっていれば色々とやりたい放題ではある。
 たとえばマグタレーナは煌めくライトを背に歌って踊れるバニーであるらしい。
 すなわちライト(チェインライトニング)を背に歌(ディスペアーブルー)うバニーですね、とのことらしい。怖い。
 他のメンバーの「ドジっ子むーぶ」も良く耳を澄ませながらフォローも兼ねているが……。
「うっかりジュースが零れてしまわれたようですが……ここはそれを楽しむお店ですから、うっかり電気が伝って感電することもありましょう」
「ふ、ふざけんな!」
「2度と来るかこんな店!」
 ニッコリスタイリッシュバニー営業スマイルを向ければチンピラは逃げていくし、それで逆上するようなら手段もある。
「わたくし謹製とっておきのクリームブリュレをお出しいたしましょう。お席にて炎で炙り焼き色を付ける事で熱々で香ばしく仕上げますのよ。甘さ控えめ男性にも食べやすく仕上げております。それメイスにしか見えない? いえいえバーナーですよ。うっかり飛び火したり頭上に落ちるトラ☆ブルがあったりしないか? ドジっ子ですからどうでしょうね。おまじないもかけておきます?」
 恐ろしい。ぼったくりバーでも、もう少し優しく脅してくれるだろう。
「前進せよ。恐れるなかれ。主はドジっ子バニーを守り給わん……ええ、主というか友誼が守り給うでしょう。きっと」
 守ってくれる友誼が何処にあるかは知らないが。
 そうして客未満のチンピラが逃げていった後は、テアがしっかりと片づけをしていく。この辺りは適材適所だが。
「皆さんがゴロツキ対策をしている間は、自分への視線誘導や皆さんが動きやすいように支援するように動こうと思うなのです」
 わざと転んだり、ヤンデレ気味な様子を見せつけたり。そうしたテアの努力は評価されるべきだろう。
「いらっしゃいませー! ああ。勢い余ってヘッドバットですわ!必殺つけたら言葉も返せませんですわよね?誓って殺しはやってませんわ。事故ですわ。ドジっ子バニー♡ それと足が滑ってしまいましたわー! ああ、お客様大丈夫ですの?猪鹿蝶でトドメを刺しておきますわね。ヴォーパルバニー……ってああー」
 リドニアがソルに引きずられて行ったり……ということもあったが、チンピラが撃退されて行ったことに気付いたのだろう。いよいよ閉店も近づいて来た頃……チンピラの総大将のようなものが来店する。
 一体何があったのか。それを確かめに来たチンピラの総大将は……現れたバニーを見て、目を見開いた。
 そう、それはバニーと呼ぶにはあまりにもたくましかった。
 そこそこ鍛え上げた、180cm弱しなやかに絞り込んだ長身ボディ。
 そのボディラインを余すところなく見せつける肌色のボディスーツ(手首足首までの丈)の上から編み上げバニー衣装と網タイツ。当然全てピッチピチのパッツパツだ。
 もちろん首元には蝶ネクタイ装備、頭の上にはウサミミが揺れている。足元は当然ピンヒール。
 誰がやったのか、しっかりと紅も引かれている。本当誰の仕業だろう。
「いらっしゃいませお客様。鳴神抜刀流、霧江詠蓮だ。当店こだわりの最上級トラブルをお楽しみいただこう」
 そう、既に俺との遭遇からしてトラブルなわけだ……とはエーレンの談だ。
 ジッサイコワイ。
「おおっと俺ってばおドジさん☆ バニー衣装とセットのステッキではなくいつもの日本刀を持ってきてしまった♡」
「な、なんだテメエ! 何処の手先だ! ち、近づくんじゃねえ! もっこりさせやがって!」
「あっ☆ うっかり反射的にいつもの抜刀術をしてしまう♡」
 ちょっとイラッときたエーレンが鼻先に抜く手も見せない居合斬りを披露するが……勿論ケガをさせないギリギリ、刀の風圧を直に感じる距離だ。
「いっけない♡ いつもと違う服だからちょっと動きにくーい☆ ……次はうっかりお客様に当たっちゃうかもしれないな♪」
 表情だけは笑っていつつも視線に確かな殺気を込めて、ついでに鯉口も切って、『次やったら死ぬ』ときちんと分かってもらおうとしているのだ。別にもっこり言われたから怒っているわけではない。
「う、うわああああああ!」
 チンピラの総大将が逃げていくが……あの様子ではもう戻ってくる事はないだろう。だって怖いし。
「や、やったー! 勝ちましたああ! えーっと、もっこ……エーレンさん! うちで働く気は!」
「ない」
 即答したエーレンに寅子は残念そうに言うが……実際、今回の攻撃的ドジっ子はよく効いたのだろう。
 チンピラどもは店に二度と姿を見せなかったそうである。

成否

成功

MVP

エーレン・キリエ(p3p009844)
特異運命座標

状態異常

なし

あとがき

めでたしめでたし。

ご参加ありがとうございました!

PAGETOPPAGEBOTTOM