PandoraPartyProject

シナリオ詳細

略奪に異を満たし

完了

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

●略奪に異を満たし
 鉄帝国北部、ヴィーザル地方。
 その最北部に広がる海は、冬は氷が浮かび海に進むのも一苦労な程に、厳しい環境の地。
 しかしながら春も過ぎたこの季節ともなれば、氷もそこまで宇冠で織らず……本当に短い、過ごしやすい時期である。
 そんな時期故に、鉄帝国の国の様々な所に棲まう人々は一時の避暑を求めて、観光やレジャーの為に、北方を訪れる人も多い。
 そして、そんな村の一つ『アルディック』村は、そんなレジャー客に向けて海の家の様な事を町を挙げて催していて。
『さぁさぁ、いらっしゃいいらっしゃーい! 短い夏に向けて、是非ともたのしんでいってくださいねー!!』
 商魂たくましく、街の人々は自分自身が出来るお店やサービスで、訪問者達をおもてなししていた。
 ……でも、そんな彼等の生活を見た、妬み深いノルダインの一族『メレディブ』一族が。
『赦せねえ……あいつら、あんな楽して生活してやがんのか』
『ああ。客を泳がせたり、食事出すだけでいい生活してやがる。これはいっちょ、粛清してやらねぇとなぁ……!』
『ああ、そうだそうだ! 夜ならよぉ、アイツらの不意を突けるかもしれんしなぁ……殺ってやろうぜぇ!!』
 サービス業は楽ナ仕事という、極めて拗くれたひがみで村の人達に恨みを向けるノルダインの者達。
 そして深夜……観光客らも寝静まった深夜の刻。
『っしゃぁ、いくぜぇ!!』
 小型船にから次々と飛び出し、鋭利なシミターや長剣を手にした彼等は……寝起きで混乱する村の者、そして環境客諸共に殺戮と略奪を始めるのであった。


「イレギュラーズの皆さーん! ちょっと、大変なのですよ!!』
 『新米情報屋』ユリーカ・ユリカ(p3n000003)は君達ににピョンピョンと飛び跳ねながら召集を掛ける。
 そして、君達が集められた所で、早速。
「あのですね、まーたノーザンキングスの連中がやらかしてるようなのです! それも今回は、鉄帝国の都会の方からレジャーに来た人達をも被害に加えようとしているようなのです!」
「海を望む『アルディック』村には、海水浴場があって、村の人達はこの季節には海の家みたいな事をして、おもてなしをしている様なのです。でも、それを『楽してる』と歪んだ感情で僻んでいるノーザンキングスの『メレディブ』一族の奴らがブチ殺そう、とキレてる様なのです!』
「メレディブの奴らは、村の資材やらを奪った上で、更に観光客の金品も纏めて奪えばいいっておもっている様なのです。無実の人達が被害に逢うのは、万が一にも避けなければならないのですよ!』
「という訳で、こんな考えをしてる困った奴らは放置しておく訳には行かないって訳なのです。という訳で、イレギュラーズの皆さん、宜しく頼みます、って訳なのです!!』
 と、ユリーカの満面の笑みに、キミ達は苦笑。
 とは言え一般人に危害を加えるというのであれば、放置しておく訳にも行かず……ユリーカの言葉に頷き、向かうのであった。

GMコメント

 皆様、こんにちわ。緋月 燕(あけつき・つばめ)と申します。
 今回の依頼は『海の家』と『レジャー施設(民宿とか)』が一緒になった様な村『アルディック』村の救出依頼となります。

 ●成功条件
  『アルディック』村を襲う『メレディブ』一族を殲滅する事です。

 ●情報精度
  このシナリオの情報精度はBです。
  依頼人の言葉や情報に嘘はありませんが、不明点もあります。

 ●周りの状況
   今回は海に面した海水浴場みたいな村に、深夜の刻に海の方からやって来ます。
   深夜においても視界は余り制限されない、暗視に長けた人々で構成されている様なので、皆様も暗視の能力とかは必要になるでしょう。
   民宿の方には鉄帝国からの観光客が泊まっているので、そこに行かせないようにしなければなりません。
   加えて余り大きな音がたつと、様子を見に来る村の人達がでてくるかもしれませんので、その辺り音を余りさせないように戦う必要があります。。
   勿論……終わった後は、レジャーに興じるのも良いでしょう。

 ●討伐目標
  ・妬み僻みの『メレディブ』一族(30人程度)
    暗視能力を持った一族で、魔法剣士の様な風体の一族の様です。
    武器として持って居るのはシミターや長剣ですが……どうやら魔法も使えるようで、遠距離に届く攻撃が可能です。
    この攻撃は攻撃力は高くないものの、一般人を殺せる程度の能力はあるので、この攻撃は一般人に通さない様に十分注意して下さい。

 それでは、イレギュラーズの皆様、宜しくお願い致します。

  • 略奪に異を満たし完了
  • GM名緋月燕
  • 種別通常
  • 難易度NORMAL
  • 冒険終了日時2022年06月24日 22時05分
  • 参加人数8/8人
  • 相談7日
  • 参加費100RC

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

参加者一覧(8人)

イグナート・エゴロヴィチ・レスキン(p3p002377)
黒撃
マニエラ・マギサ・メーヴィン(p3p002906)
記憶に刻め
ロゼット=テイ(p3p004150)
砂漠に燈る智恵
オリーブ・ローレル(p3p004352)
鋼鉄の冒険者
イズマ・トーティス(p3p009471)
誠の鋼に至る者
エーレン・キリエ(p3p009844)
特異運命座標
フロイント ハイン(p3p010570)
謳う死神
セシラー=アヴァシン(p3p010594)
桃の花のトラベラー

リプレイ

●身の丈のおもてなし
 鉄帝国北部に広がるヴィーザル地方。
 最北部に広がる大海原は、いつもならば氷が浮かび、厳しい光景を垣間見せる。
 しかしこの時期は氷も殆ど溶けており、海は一時の優しい顔を垣間見せる。
 だからこそ、そんな時期を活かし避暑地としてこの地を遠路遙々訪れる鉄帝国南部の人々もちらほらと居る。
「確かに過ごしやすそうな気温ですね……だからこそ避暑地の一つとして選ばれているのかもしれませんが」
 目を細めるは、『鋼鉄の冒険者』オリーブ・ローレル(p3p004352)。
 長い間ここ、鉄帝国北部にいるからこそ……こうして街の人々が活き活きと働いている光景を見るのは、内心心が躍る。
 だがしかし、そんな村の人々を脅かす存在が居るのもまた事実。
 彼等が人々をもてなし、笑顔で帰って貰う事を『楽している』と曲解してしまっているのは、ノーザンキングスに属する一族『メレディブ』達。
「……接客業が楽……か」
 溜息を吐き、肩を竦める『無名偲・無意式の生徒』マニエラ・マギサ・メーヴィン(p3p002906)。
 それに『特異運命座標』エーレン・キリエ(p3p009844)と『青き鋼の音色』イズマ・トーティス(p3p009471)の二人が。
「ああ……楽な仕事だと思うのであれば、自分らでやってみればよかろうに。何故そこから危害を加える方向に行くのだろうな?」
「ああ。誰かをもてなすっていうのは楽な仕事じゃない。俺も音楽という、自分も楽しみ誰かを楽しませる事に人生を捧げてきた。内容は違えど、村の方々も、表に出ない努力や大変な苦労があるのだろう。俺はそれを軽視する奴らに怒りを覚えるし、それで手を出すのなら許しはしない」
 拳を握りしめるイズマに、そうだな、と頷くエーレン、そしてメーヴィンも。
「そうだね……こいつら再現性東京でコンビニバイトさせたら、少しは判るんじゃないかな? まぁ、私もやったことないんだけどさ」
 苦笑するメーヴィン。
 それに小首を傾げながら『友人/死神』フロイント ハイン(p3p010570)が。
「再現性東京でのコンビニバイトって言うのも……そんなに難しいものなのですか?」
 きょとんとしているハインに、『砂漠に燈る智恵』ロゼット=テイ(p3p004150)は。
「まぁコンビニという名前の通り、何でもあるお店だだ。そこで働く人となると、相応に大変なのだろう。ま、今回の本題はそこではないんだけどね」
 とハインに言いつつ、更に。
「今回の様に他人の生活の想像が出来てない輩っていうのは、まあろくすっぽ学がないところに端を発するのだろう。まぁいっても通じないならどうしようもないよね、とは思う。大きな目で見ればまともに生活出来て居場所のある人々と、最早どこにも居場所のない彼等。一体どちらが幸福であるのだろうな?」
 そんなロゼットに『桃の花のトラベラー』セシラー=アヴァシン(p3p010594)は。
「そうだね。やむにやまれぬ事情があるのかもしれないけど……でも、だからといって人の生活を脅かしていい訳がないよね」
「その通りだ。つまりは今回の奴らは随分とシンプルな山賊さんであるという事。複雑に考え無いでいいのは良い事だ。怠惰な証拠と言えば、確かにその通りではあるのだけど。個人の暴力が物を言わぬ社会になれば、多少なりともマシになるのだろうけど、それもまた、現状雲を掴むような話ではあるよなぁ」
 空を仰ぎ見るロゼットが、少し難しい表情を浮かべている。
 それにオリーブも。
「全くです。似たような連中が次から次へと現れる。ノーザン・キングスにも色々居るのは知って居ますけれど、出逢うのはこういう奴らばかりです。後どれくらい斬れば、いなくなってくれるのでしょうね。ともかく、いつもどおり一人として生かして帰しません。砂浜の汚れは波がかっさらっていってくれるでしょうが」
 中々に辛辣な言葉を吐き捨てるオリーブに、『業壊掌』イグナート・エゴロヴィチ・レスキン(p3p002377)は。
「まぁ、そうだネ。兎に角敵は30人程度って話! 数は多いけれど返ってイイ運動になるし、終わったらリフレッシュに遊ぼうね!」
 快活な表情を浮かべるイグナート。
 ……そして、イレギュラーズ達は襲われることなど何も知らぬ『アルディック』村へ足を踏み入れるのであった。

●幸せな一時
 そしてイレギュラーズ達が訪れるアルディック村。
 当然ながら村の人々は、自分達が襲われる羽目になるだなんて考えて居る訳もない……なので。
『遠路遙々お越し下さりありがとうございますぅ~。是非ともこの村でゆっくりなさっていって下さいねぇ~』
 ちょっと間延びした口調だが、おもてなしに対する意気込みと姿勢は強く感じられる。
 そんな村の人々……イレギュラーズ達を見るなり、ようこそやらゆっくりしていってくださいね、と歓迎の言葉を次々と掛けてくる。
 ……そんな人々の態度、受け取る方としては嬉しい物だが……件のノーザンキングス達は、その温かさが楽をしていると感じてしまったのだろう。
「……他人が妬ましい、羨ましいと思う気持ちはわかります。ですが、それ故に他人に攻撃する、となる理由……ボクにはわかりません。いや……わからなかった、と言うべきでしょうか。今はわかります」
 とハインは感情を零し、更に。
「メレディブなる者達がそうなった理由……典型的な『自分への甘え』によるものでしょう。自意識と社会の折り合いをつけようとせずに、周囲が自分の思い通りにならない。その責任を全て周囲に転嫁し、その恨み辛みを残虐行為で発散してきたからに他なりません」
 そんなハインの思慮にうんうんと頷くイグナート。
「そうだネ。彼等にとっては、自分達の生活が第一、周りの人達の生活がどうなろうと知った事ではない、という事なのかもしれない。でも、そんな自分勝手は赦されないよネ」
「ええ……弱い心を暴走させただけの彼等に、負ける訳にはいきません。必ず此処で止めて見せます」
「ああ……取りあえず彼等が襲撃してくるのは、皆が寝静まる夜という話だ。取りあえず今の内に、事前に出来る事は済ませておくとしよう」
 そうロゼットが仲間達を促すと共に、イレギュラーズ達は行動開始。
 取りあえず村の人々が生活する……というよりは、この村が活発に動いている時間が、ノーザンキングスの襲撃時間と被らない事を確認すると共に、一旦砂浜を下見。
 敵が襲撃を仕掛けるという海岸線の状況を視察し、小型船が着けやすそうな場所をピックアップ。
「ここなら……大丈夫そうかナ?」
 と砂浜の上にスネアトラップやトラバサミを仕掛け、その上を軽く砂で覆い隠す。
 勿論、観光客や村の人が掛かってしまっては大変なので、その近くには近寄らないよう、仲間達で手分けしてその周囲には、人々を立ち入らせない。
 そして……段々と陽も落ちてきて、砂浜は灯りも無く暗闇に包まれた所で……砂の下に身を隠し、敵の襲来の時を待つ。
 ……数時間が経過し、時は深夜を回り始めた頃。
『……!』
 遠くの方から聞こえ始める声。
 明らかに温和に語り合うのでなく、どこか荒々しい声色。
「……うん。来てる来てる。あっちの方だよ」
 温度を感じ取れる視覚で以て、海の上から近づきつつある反応を指し示すメーヴィン。
 段々とその温度反応は近づき……暗視視界の中でも、舟影とそれに乗船している男達の姿が見え始める。
「間違いない……彼等が罠に掛かったら、一気に仕掛けよう」
「うん、了解」
 イズマに頷くイグナート。
 そして船は……狙った位置に着岸し、そこから次々と降りてくる。
『ここか! 楽している奴らがのさばっている村はよぉ!』
『ああ、んじゃあ目に物をみせてやろうぜぇ!!』
『『『おおーっ!!』』』
 どうやら気合いは十分な彼等が、意気揚々と砂浜を駆ける。
 そして彼等の進む先には……トラバサミとスネアトラップの罠。
『ぐわぁっ!!』
 不意を突かれて、先陣の者が転倒。
『な、何っ!?』
 突然の事に驚くものの、後ろからの勢いは直ぐに止まることは無く……将棋倒しに次々と倒れていく。
 彼等を上手く足止め出来たその瞬間に、砂浜からバッ、と姿を表すイレギュラーズ。
「こんな夜中にいらっしゃい、メレディブの皆さん。俺達が相手になるよ!」
「ああ! 本当飽きもせずに一般市民にメイワクをかけてくれるよね! なんて部族だっけ? まぁどんな無名部族でも、キッチリぶっ飛ばしてやるから死にたいヤツからかかって来なよ!」」
 声高らかにイズマとイグナートが口上を述べる。
『何ぃ!? てめぇらか! こんな罠仕掛けやがったのはよぉ!!』
『ふざけやがって、その言葉、まんま仕返してやらぁ!!』
 売り言葉に買い言葉の如く、彼等の注意と怒りは瞬く間に最高潮。
 罠に掛かって転んで、ジタバタしている仲間達を踏み越えながら、先ずは数人のメレディブ達が長剣で以て斬りかかる。
 暗闇の中であるが、その太刀筋は迷いは無い……一般市民であれば、避ける事はまぁ無理だろう。
 だが。
「……全く。暗闇が得意なのは君達だけではないのだよ」
 とロゼットは溜息を吐きつつ、そんな彼等に向けて超常現象を巻き起こす。
 砂が舞い上がり、まるで竜巻の如く姿が形取られると……生き物のように蠢き、敵に纏わり付く。
『ぐぁっ……! い、息がっ……!』
 当然舞い上がる砂により、その中で呼吸する事は困難……藻掻く彼等にロゼットはきっぱりと。
「これでは身動きもままならぬだろう? 簡単には略奪なんかさせたりするものか。空には月、そして大地に砂舞う夜は、他ならぬこの者の領域でもあるのだ」
 そんなロゼットの言葉に、明らかに後ろから続こうとした者達は足を止める。
 ……だが。
『お前達! 何恐れてやがる! いいか、奴らを殺せ! 俺達をバカにしやがっている奴らには死あるのみだ!!』
『お……おう!!』
 発破を掛けられ、その砂嵐を避けるように回り込む敵陣。
「左右に分かれて来るよ」
 と闇の中でもはっきりとした視界を誇るロゼットが仲間達に指示を与え、それに応じオリーブ、エーレンの二人は左右に散る。
『邪魔すんじゃねえ!』
 と威圧しようと声を上げるが、オリーブは表情をぴくりとも変えず。
「……お前達を通す訳にはいかない。村の方々には指一本触れさせはしない」
 冷酷な声色で宣告を与えると共に……強力な城を打ち砕かん一撃を叩き込む。
 流石にその一撃を食らい、無事でいられる訳もない……その場に崩れ墜ちる敵。
『何だとっ!? 一撃でっ!!』
 流石に仲間が一閃で殺されるだなど思ってもいない。
 更に間髪入れず、逆側に回り込んだエーレンが。
「鳴神抜刀流、霧江詠蓮だ。『他人が悪い』としか思わないお前たちは楽で生意気だと思わないか?」
 と静かに告げると共に、闇の中鋭い踏み込みと共に一閃を斬る。
 ゴロツキ上がりのノーザンキングスに対し、百戦錬磨の死にも面する戦いを繰り広げてきていたイレギュラーズが相手。
 彼等が魔法を組み合わせて使えども、そんなのは些細な違い程度でしかなく……二人目も、無惨に臥す。
 そしてオリーブとエーレン二人の行動の後、イズマ、イグナートの挑発した二人も重なり加勢。
「ほらほら! 先に行きたいんだったらオレ達を倒してからだヨ!」
「そうだ。この村は奪わせない……だから動くな、静かにしていろ」
 二人の攻撃は、敢えて敵に恐怖を与えるべく圧倒的な力の一閃。
 そう前線の仲間達が敵を足止め、更に罠も効率的に働き動けない者を生み出す。
 加えて動けない輩達には、メーヴィンとハインが少し離れた位置から。
「音は余り出したく無いけど、仕方ない。さっさと潰して行くに限るか」
「そうですね」
 等と頷き合いながら、高濃度の魔力の放出と精神力の弾丸を撃ち抜き、確実にトドメを刺していく。
 ……そんなイレギュラーズ達の初撃に、30人程のメレディブ一族の5人程が、瞬く間に散る。
『くそったれが! てめえら、死ぬ気で行くしかねえぞ! いいか、退くんじゃねえ!!』
 更に発破を掛けるのは、恐らくこの一族の族長だろう……だが、流石に死への恐怖。
 破れかぶれで攻撃してくる者もいれば……魔法の一撃がぶれる者も居る。
 そんな彼等を、確実、かつ的確に倒して行くイレギュラーズ。
 30人居た敵陣が、数刻の内に……族長一人を残す結果へ。
『くっ……!!』
 焦りの表情を浮かべる……それにハインが。
「来世ではもう少し上手くやるように。来世や輪廻転生が存在するなら、ですが。それでは、さようなら」
 確実なる精神弾を撃ち込み、吹き飛ばす。
 そして、吹き飛ばされた先にはエーレン。
「……斬る」
 短く一言を紡ぎ、機動力を活かした一閃をその身に叩きつけると……敵は、断末魔の声を上げる暇もなく崩れ去るのであった。

●恨みを超えた先
「……ふぅ」
 と、息を吐くメーヴィン。
 倒れたノーザンキングスの輩達を目の前に、先ずは一息を付く。
 そして……少し時間が経つと。
『……え? う、うわぁぁ、これは何ですかぁ……!!』
 様子を見に来た村の人が、驚きの声を上げる。
「ああ、すいません……彼等はこの村を襲撃に来た奴らです。俺達はその噂を聞きつけてきた、って訳です」
 とイズマが説明すると、そ、そうですかぁ……ありがとうございますぅ……と頭を下げる村の人。
 ……そして。
「取りあえず朝になる前には、この場は片付けておく。村の方々には済まないが……彼等を埋葬する場所を提供して貰えないか? 共同墓地でも構わない。彼等も……生きていたのだからな」
 エーレンの言葉に、えっ……と呆気にとられた表情を一瞬するが。
『わ、判りましたっ!』
 頭を下げ、村へと舞い戻る彼。
 ……そして、倒れた屍に向けてエーレンが。
「……屍になってしまっては罪も何もないだろう。来世があれば、健全な楽しい生がある事を祈ろう」
 と弔いの言葉を掛け、祈りを捧げる。
 それに仲間達も幾人かが応じ、彼等の冥福を祈り弔う。
 ……そして村の共同墓地にその骸を埋葬すると共に、砂浜に仕掛けた罠も。
「罠とか残すとマズイからね! しっかり全て解除していくヨ!」
 と設置したイグナートを中心に確りと回収。
 一通り回収と埋葬が終わる頃には、すっかり陽射しも昇っていて……また砂浜には、レジャー客らがやってくる。
 そんないつもと変わらない、夏間近の光景に。
「さて、と……それじゃあ折角だし、一時のレジャーを楽しんで行くとしようか」
 とイズマが仲間達に提案すると、メーヴィンは。
「……私は海が苦手でね。いや、磯臭いのとか、ベタベタするのとか……だから自由にさせて貰うよ」
 とそこから一歩退く。
「そう? まぁいいや。せっかくだし泳いだり、酒を飲んだりバーベキューしたりするのもイイネ!」
「そうだな。まぁ……村を助けたのだ。少し位楽しんでも問題は無いだろうさ」
 とイグナートとロゼットは頷く。
 そして、海のレジャーの一時を楽しむ仲間達……それをハインは観察。
「……」
 じっと眺めている彼へ、エーレンが。
「どうした? 楽しまないのか?」
 と問い掛けると、ハインは。
「いえ……こうして見ているのだけでも、楽しいですから」
 ……自分の中に芽生えた愛おしくも羨ましい感情に、優しい笑顔を浮かべるのであった。

成否

成功

MVP

フロイント ハイン(p3p010570)
謳う死神

状態異常

なし

あとがき

ヴィーザルの夏の一時、愉しんで戴けたでしょうか。
ノーザンキングスの者達にとっては、普通に過ごしている人々が妬ましくも羨ましいのかもしれません……苦しい生活があっての事かもしれませんが。
勿論それを看過は出来ませんが……

PAGETOPPAGEBOTTOM