PandoraPartyProject

シナリオ詳細

悪の証を拡めし手

完了

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

●悪の証を拡めし手
 天義(聖教国ネメシス)の首都、フォン・ルーベルグより離れた海沿いに存在する独立都市『アドラステイア』。
 各層は大きな壁により隔てられており、各層の間を行き交うのはかなり難しい……そして、各層事においては神様『ファルマコン』を強力に信奉する事を強いられており、信じぬ者は救われる事は無い。
 ……そして、そんな『アドラステイア』に深く根強いているもう一つの悪巣……救済の秘薬『イコル』。
 真紅の色が目にも鮮やかなその薬を接種する事により心の安寧を得ているのが、この『アドラステイア』の大多数の市民達の日常である。
 ……そして、そんな『イコル』を製造しているのは、アドラステイア下層の『実験区画フォルトゥーナ』と呼ばれる区域。
 アドラステイア下層の一角に広がるこの区画だけで『イコル』が製造されており、その製造方法は一切の秘密に包まれていた。
 ……ただ、そんな実験区画にてイコルが作られているという話を聞きつけた『探偵』サントノーレ・パンデピス(p3n000100)は、下層の地面に煙草を擦りつけながら。
「……全く、本当アドラステイアの奴らは碌な奴がいねえぜ……ま、こちらとしてはその対抗策も考えて居るんだが、な」
 と吐き捨てると共に、彼は依頼の手紙を一つしたためると共に、それを鳥の足に括り付けて。
「これで……良し、っと。んじゃ、あの嬢ちゃんの元へしっかりと届けてくれよ!」
 と、鳥を飛ばすのであった。


「もう……まーたあの人から手紙が来たのですよ。本当、勝手に送りつけるだけ送りつけてきて、自分勝手なのですよ……!」
 と、ギルド・ローレットでプリプリと怒りを露わにしているのは、『新米情報屋』ユリーカ・ユリカ(p3n000003)。
 彼女の怒りに触れないように、そーっと通り過ぎようとした君達……だが。
「……あ! そこのイレギュラーズの皆さん! ユリーカ、すっごく困っているのです! だーかーら、力を貸して下さいなのですよ!!」
 ニコッと笑みを浮かべたユリーカに捕ま……いや、依頼を御願いされた君達が仕方なく、彼女の誘いに乗って集められると、ユリーカは机の上に手紙を広げる。
 その署名を見ると、『サントノーレ』と記されていて、何度もアドラステイアに向かった君達ならばピンと来る事だろう。
 それを鋭く察知しながらユリーカは。
「そうなのです。またアドラステイアに潜入している探偵さんから依頼のお手紙が来たのですよ。今回は、イコルを製造する『実験区画フォルトゥーナ』の幹部の一人を秘密裏に暗殺してきて欲しい、という訳らしいのです」
「この手紙には、幹部の一人『アグラネウス』という人の行動パターンをつけてきた結果が記されていて、これを元にアドラステイア下層の人気の無い所で待ち伏せれば、きっと始末を付けられる筈なのです!」
「とは言え幹部の一人ですから、簡単には倒せない様なのです……周りには護衛の子ども達を付けており、更にいつでも聖獣を呼び出せる笛を持って居る様なのです。彼から笛を奪い、彼を取り巻く人達を倒す事……それが今回の探偵さんからの依頼なのです」
「フォルトゥーナの幹部の一人を倒せば、少なくともイコルの流通を脅かす事態にも発展する事が出来るかもしれないのです。ま、子ども達を殺さざるを得ないのは、正直な所悲しい所ではあるのですけれど……でも、やるしかないのです! という訳で、イレギュラーズの皆さん、本当に宜しく頼むのです!!」
 と、ユリーカはぐぐっと拳を振り上げるのであった。

GMコメント

 皆様、こんにちわ。緋月 燕(あけつき・つばめ)と申します。
 アドラステイア下層が生産拠点とされている『イコル』。
 油断した幹部の男を討伐するのが今回の依頼、となります。

 ●成功条件
  アドラステイア下層でイコル生産施設の幹部である『アグラネウス』を暗殺する事です。

 ●情報精度
  このシナリオの情報精度はBです。
  依頼人の言葉や情報に嘘はありませんが、不明点もあります。

 ●周りの状況
   今回アグラネウスは、アドラステイア下層を訪れています。
   彼は幹部として、下層にイコルがどれ程流通しているか、そして……そのイコルの被害がどれだけ出ているかを観察する為に下層を巡っている様です。
   その為、イコルの長期摂取などで聖獣が出現した所、など、人気が余り無いけれど一般人達が多く住んでいるという……そんな場所を選びます。
   又、彼の周りには四、五人の聖銃士の子ども達と、更なる護衛として聖獣を1体連れています。
   更に笛を吹くことによって更なる聖獣を周囲から呼び寄せる……という事もする様なので、迅速なる退治が必要です。
   尚、彼は心底まで悪に染まりきっているので、説得自体は全く不可能です。

 ●討伐目標
 イコル製造施設の幹部『アグラネウス』
   中肉中背のミドルエイジな、幻想種の男性です。
   幻想種ながらすっかりアドラステイアに染まっており、悪事に手を染めること自体は全く悪と思っていません。
   彼はとても口が硬く、秘密は墓場まで持って行くタイプの様ですので、一思いに殺して頂いても構いません……いや、むしろ殺さないと、更なる被害が出てしまうので、そうする必要があります。
 
 護衛の子どもの『聖銃士』達
   アグラネウスに雇われて、護衛についている聖銃士の子ども達です。
   マスケット銃や銃剣を扱い、アグラネウスを護るが為に戦います。
   戦闘能力は高いですが、体力は少ない様です。
 
 護衛をせし『聖獣』
   アグラネウスより一回り大きい位の体躯をした獅子の獣です。
   その背中に白い両翼を生やし、飛行可能です。同時にかなりすばしっこくて、回避率が高めです。
   勿論攻撃力も、防御力も高く強敵ですが、最初は一体のみしかいません。
   (アグラネウスの笛により、笛が吹かれれば2、3刻後に2、3体程が追加の増援としてやってきてしまうので、ご注意下さい)

 尚、このシナリオは〆切りまで短めですので、ご注意下さい。

 それでは、イレギュラーズの皆様、宜しくお願い致します。

  • 悪の証を拡めし手完了
  • GM名緋月燕
  • 種別通常
  • 難易度NORMAL
  • 冒険終了日時2022年05月20日 22時05分
  • 参加人数8/8人
  • 相談6日
  • 参加費100RC

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

参加者一覧(8人)

志屍 瑠璃(p3p000416)
遺言代行業
白薊 小夜(p3p006668)
盲御前
カイン・レジスト(p3p008357)
数多異世界の冒険者
フラーゴラ・トラモント(p3p008825)
星月を掬うひと
イルマ・クリムヒルト・リヒテンベルガー(p3p010125)
含牙戴角
ヴュルガー(p3p010434)
フラッチェ
マリエッタ・エーレイン(p3p010534)
炯眼のエメラルド
玉ノ緒月虹 桜花(p3p010588)
神ではない誰か

リプレイ

●神のみぞ知る事
 天義首都、フォン・ルーベルグより離れた海沿いの独立都市『アドラステイア』。
 首都にて信じられている神を『偽』とし、街独自に作り上げられた神『ファルマコン』を信じる事を是とされたこの街。
「……また、来てしまったな、アドラステイア。ここを訪れるのは、何度目だろう……」
 『星月を掬うひと』フラーゴラ・トラモント(p3p008825)は、見覚えのある風景に、目を細める。
 周りの様相は、まるでスラム街……そんな街に広く流通するたいせつなもの……神より授かりし救済の秘薬『イコル』。
「救済の秘薬、イコルですか……まぁ、麻薬の類いでしょう」
「ええ……教えて貰いましたよ。イコルというのはただの薬にあらず、長期摂取で人間がバケモノになる、と……」
「はい。救いは日々の精進が心に宿るものであり、まやかしの救済……幸せなんてもので至福を肥やすもの。それを赦せる筈がありません」
 『フラッチェ』ヴュルガー(p3p010434)に、『神ではない誰か』玉ノ緒月虹 桜花(p3p010588)は瞑目しながら、苦々しく言葉を紡ぐ。
 この救済の秘薬『イコル』は、アドラステイアに棲まう人々にとってはなくてはならないもの。
 ただ、ここ最近においてはその長期摂取から突如として聖獣になり、それがアドラステイア周りの街にまで被害を及ぼしているという。
 ……とは言えその話は、この街に棲まう人々には秘匿されている状態。
 むしろ『イコル』を貰う事はご褒美であり、幸福な授かり物であるとまで信じられている。
『わーい、ありがとー! ティーチャー、ぼく、もっともっといい子にするね! いい子にしたら、もっとイコル、貰えるんだよね?』
『ええ……ちゃーんといい子にしていれば、たくさんイコルを上げるわね?』
『わかった!!』
 目をキラキラとさせている子供達と、慈愛の笑みを浮かべるティーチャー達。
 ……どちらも、このイコルがバケモノを生み出すものであるだなんて、露ほど思っていない事だろう。
「……本当、アドラステイアは相変わらず酷い有様ね……」
「噂では聞いてたけれど、なるほど、救済の秘薬か……これは酷い代物だね……」
「ああ。訳も分からん薬で人体実験を繰り返してきた有様がこれか……」
 『盲御前』白薊 小夜(p3p006668)、『数多異世界の冒険者』カイン・レジスト(p3p008357)、『含牙戴角』イルマ・クリムヒルト・リヒテンベルガー(p3p010125)三人が、溜息と共に言葉を零す。
 そんな『イコル』を作る製造施設が、今イレギュラーズ達の居る『実験区画フォルトゥーナ』。
 ただ入口は閉ざされており、その中を窺い知る事は出来ない。
「ここなんだね……あの救済の秘薬イコルを作る施設は……」
 と、フラーゴラが瞑目。
 それに『遺言代行業』志屍 瑠璃(p3p000416)が。
「ええ……ここからイコルが運び出され、街の方々に配分されている……と言う事です。その流通状況や被害の調査、真面目に行っているなら状況改善の余地があるのかも、などとつい思ってしまいます。改善の方向は、どうせろくでもないのでしょうけれど」
「そうだね……薬はまやかし。薬も過ぎれば毒になる……そんなの、止めないと」
「はい。彼等に時間や情報を与えて良い事はありません。護衛の子供達には申し訳無い事をしますが、刃を止める理由には出来ませんしね」
「そうだな。彼等はタブーに触れている。人間は人間のままで生きて死ぬべきだ」
 瑠璃とフラーゴラ、ヴュルガーの言葉に、更に。
「何はともあれ、悪の根をこれ以上広めさせない為にも、ここの狂信はここで止めにしないとね?」
「そうだな。そんなもので人々を支配する事は出来ない、絶対にな。私がこの手で証明してやる」
「ええ。これを変えられるように、今は一つずつ依頼をこなして行きましょう」
 カインの言葉にイルマと小夜が力強く頷く。
 そう、今回の依頼はそんな『イコル』を作るこの施設の幹部の一人を秘密裏に討ち取ってきて欲しいというもの。
 表からの正攻法ではなく、裏を掻いての暗殺。
 このアドラステイアに潜むサントノーレからの依頼で、確かに合理性はあるものの……。
「強引なお仕事からその……暗殺ですか……」
 『炯眼のエメラルド』マリエッタ・エーレイン(p3p010534)が唇を噛みしめる。
 余り気が乗らない雰囲気なマリエッタに、桜花は。
「そうですね……気が乗らないのも仕方ありません。私も……神職としては殺生は御法度です。ですが……外道に説法する気はありません。神道ですから」
 割切った桜花の言葉に、マリエッタは。
「……ええ、大丈夫です。何とかやってみますから……不思議と、その言葉に拒絶感はありませんので。冷静に、確実に……失った記憶の中で、そう言われて居る気がするんです……運が悪かったと思ってください、ね」
 そう、マリエッタの言葉にフラーゴラが。
「……取りあえず、サントノーレさんの情報を元に、追跡しよう。あ、皆も……アドラステイアの住人の振りは、忘れないで……下手に警戒されたら、不味い」
 と、周り伊のスラム街の人々の姿に合わせるよう服を差し出す。
 そしてイレギュラーズ達は服を替えると共に、サントノーレの記した場所へと向かうのであった。

●救いを与え
 そしてイレギュラーズ達は、アドラステイア下層を移動。
 サントノーレの記した訪問先のリストと時間を照らし合わせつつ、一番襲撃に都合の良さそうな人気があまり無い所。
 スラム街の一角、教会の様な建物と少し大きめの一軒の建物……どうもこのエリアの孤児院の様である。
 そして時間になれば、彼は子供達と共に、その孤児院の扉を開く。
 すると……。
『あ、せんせーだ!! せんせー、おかえりなさい!!』
 目をキラキラと光らせながら、彼の周りに駆け寄っていく子供達。
『ははは。よしよし……みんな今日もいい子にしていたかな? いい子にしていたら、ちゃんとイコルを上げるからな?』
『うん、いい子にしてたよー!! イコル、楽しみだなー♪』
 爛々とした子供達の声は、正しくご褒美を心待ちにしている様な、そんな感じ。
 そんな彼らのやりとりを見ていると、正直な所……微笑ましい光景だと思う。
 だが、待望のイコルを食べ進めて行けば……聖獣と化してしまう。
「全く……知らぬ状態だからこそ、彼らは幸せなのかもしれんな……」
 息を吐くイルマにヴュルガーと小夜が。
「全くだ……取りあえずここなら他の所よりは周りの人気は少ない様だ。となれば……ここで別の場所に誘い出す様にすると良さそうだな」
「そうね……どうもここは、あの『アグラネウス』の出資している孤児院とか、そんな感じなのかしらね? ……だから毎日訪れているのでしょう」
 二人の言葉の通り、彼は教会の中に入り、子供達との触れあいを暫し行い……出てきて、次の場所へ。
 特に次の場所に向かうという際には、教会の子供達がついてくるという事はなく……護衛と思しき子供達と共に歩いていく。
 そんなアグラネウスの動きを観察し、作戦を組み立てて次の日。
 同じように教会を訪れ、子供達と触れあい……教会から出てきた彼の前にそっと近づくフラーゴラ。
『……ん? どうした?』
 と声を掛けるアグラネウスに、下層の服装に身を包んで偽装したフラーゴラが。
「アグラネウス様……突然、声を掛けてすいません。アグラネウス様がこちらに来ていると聞いて……いつもはすぐ帰ってしまいますが、今日はせっかくいらっしゃってくれたのですから、おもてなしをしたくて……」
 立ち位置としては、この辺りの地域の住人。
 その容姿が幼いのもあるので、子供達の発案で、彼をおもてなししたい……という様な感じ。
 ……そんなフラーゴラの言葉に瑠璃も。
「ええ……アグラネウス様をお迎えしたく。是非とも……施しをお恵み頂ければ、と……」
 暗に『イコル』を求めているという事を示す。
 ……そんな二人の言葉に、ほう……と密かに笑みを浮かべる彼。
『……そうかそうか。施しが欲しい、という訳か。勿論、対価は……用意されているのだろうな?』
「ええ……こちらに」
 袋に入れた金貨をちらりと見せる瑠璃。
『そうかそうか……いいだろう。では、施しをするとしよう!』
「ありがとうございます……では、こちらに……」
 そっと瑠璃が彼を先導する。
 ただ、周りの子供達はそんなイレギュラーな事態に。
『せんせー? ……どこに行くの? つぎのところにいかないとー?』
『まぁまぁ……大丈夫。次の場所には少し遅れていっても問題無い』
 子供達が咎めようとするのも、笑って窘める彼。
 そして……アグラネウスを連れていくのは、近くにあった、少し広めの広場。
 勿論、周りに誰もいない……いや、いるのは隠れたイレギュラーズ達。
 彼が広場の中央までやって来た所で……。
『……ん……? どこに施しを求める者が居るのだ?』
 と言う彼に、不意に放たれるイルマの魔弾。
『っ!』
 突然の攻撃ではあったが、ギリギリ回避する彼……その間に、その広場に通じる入口全てに立ち塞がるイレギュラーズ。
「人の皮を被った化け物は腐る程見てきた。貴様を抹殺することなど、何とも思っちゃいない」
 辛辣なイルマの言葉に、何だとっ……と険しい表情を浮かべる彼。
 しかしながら、そんな彼の言葉にイルマは更に。
「たとえこの身が朽ち果てるとして、貴様を地獄へと連れて行く」
 更に辛辣な言葉を投げかけながら、じっと睨むイルマ。
 そんなイルマの横で、先程まで子供を装っていたフラーゴラもフードを脱いで。
「……イコルを売りさばいて、人々を苦しめるのは……許せない。絶対に、ここで……倒す……」
 並々ならぬ気合いを口にして戦線布告。
 そんなイレギュラーズ達の動きに、彼の周りの子供達は。
『やっぱり! せんせー! たおしていいよね!?』
『あ、ああ! 倒した子には、イコルを沢山あげるぞ!』
『やったぁ!! ぜったいにたおすぞー!!』
 満面の笑みを浮かべて、彼の下から早速散って攻撃を開始する子供達。
 一方で彼は、胸元に手を潜り込ませて……そこから何かを取り出す仕草。
『させない……!」
 と、高い反応を活かし、フラーゴラが呼び出した蔦を伸ばし、その手元を素早く弾く。
『痛っ!!』
 弾き飛んだのは、小さな笛……彼はすぐに、それを取り戻そうと動くのだが、すぐにヴュルガーが。
「させるか」
 と、その笛に精緻な射撃を放ち、それを更に弾き飛ばし、後方から近づいて来ていたカインの足元へ。
 ガッと笛を足蹴にし、破壊しながらカインは。
「取りあえず笛は壊したよ!」
 と仲間達に宣言。
 笛を奪われた彼はぐぬぬぬ、と顔を紅くしながら。
『子供達!! いいか、絶対にこいつらを殺せ!! 殺すのだ!!!』
 と、余裕が無くなったかの様な言葉で叫び散らす。
 いつもの雰囲気と全く違う、切羽詰まった彼の言葉に子供達は驚きの表情。
 だが……そんな子供達の気持ちを理解する余裕はもはや彼に無い……自分のボディーガードとなる筈の『聖獣』を呼び出す手段が奪われてしまったが故。
 そんなアグラネウスの声に、ちょっと戸惑いを覚えつつも彼の身を守る為に攻勢を仕掛ける子供達。
「本当は……彼らは殺さずに済ませたいですけどね。でも……不思議と、何とも思わず撃てますけれど……ね」
 そんな子供達に向けて、マリエッタは仲間達を補助する様、仲間達に英霊の号令を掛けて命中力を高める。
 そして強化を受けた小夜が。
「さぁ……子供達。私が相手してあげるわ」
 と子供達に呼びかけながら怒りを自分に向けさせる。
 ただ、その攻撃に対し棘の反撃にて子供達にチクチクとダメージを与える。
 ……勿論子供達の攻撃の手数が多いので、流石に小夜自身にも結構なダメージが及ぶのだが。
「これくらい……私の剣は、その為に研ぎ上げたのだから」
 と、決して倒れる事無く立ち塞がり続ける。
 更に瑠璃も、そんな子供達を惑わすが如く目眩ましの雲を生み出して、敵の混乱を誘っていく。
 ……そして子供達がある程度ばらけた所で、カインが前進して彼の元へ。
『ぐっ……来るなぁ!!』
 護身用のナイフで斬り付けるアグラネウスだが、カウンター気味にカインが放つ高攻撃力の魔砲。
「狂信に身を捧げるのも自由だけども……だからこそ、その行いの沙汰も自身で受けて貰わなきゃね!」
 一撃を食らい、吹き飛ばされる彼……更に追い打ちを駆けるように、桜花が。
「外道は磔刑に処す」
 と一言言い渡しながらの、高速の射撃一閃で撃ち抜く。
 その一撃で苦悶するも……まだ生きながらえている彼。
 子供達の数人が、彼の所まで戻って来て彼の身を守ろうと移動してくるが、そんな子供達にヴュルガーが。
「容赦はしない。恨まないでくれよ」
 と迷う事無く、子供達を貫く。
 ……勿論、出来る限り殺したくは無いが……身を呈して立ち塞がるのならば、倒す他に手段は無い。
 ただ、出来る分には殺さないよう不殺の程度で子供達を気絶させる様にし……子供達の肉壁を抑え込む。
 そして……壁を失った彼に。
「弱点さえ外す事などない……そうでしょう?」
 桜花の放つ高速の弓射が、敵を蜂の巣に撃ち貫き……子供達を差し置いて、彼の命を仕留めるのであった。

●命の価値
 そして……。
「ふぅ……取りあえず暗殺完了、ですね」
 息を吐く瑠璃。
 倒れたアグラネウスはピクリとも動かず、息もない。
 とは言え、まだ数人の取り巻きの子供達は生きているし。
『……せ、せんせいが、せんせいが……!!』
『ひ、ひとごろしぃぃぃ……!!』
 イコルを与えてくれる、自分達にとっての大切な人が亡くなったという事に、罵声を浴びせる子供達。
 そんな子供達の言葉に少なからず心に傷は刺さるものの。
「……みんな、撤退しよう。あの子達には、罪は無いからな」
「そうだな……」
 短く言葉を紡ぐと共に、子供達の罵声に振り返る事無く、その場から離脱するイレギュラーズ。
 ……彼等の声も姿も見えなくなる所まで離れると共に、一旦息を吐きながら桜花は。
「全く……こんなものを考える知恵を正道に使えるなら、道を踏み外す事はなかったものを。いずれ私も、いや……今こそが外道であるか」
 曇天包まれし空を見上げながら、自嘲気味に零す桜花、そして。
「そうだな……ま、僕達の事は、極悪人だと子供達からは言われ続けるんだろうな。でも、これで少しでもイコルの流通が落ちつけばいいんだけど」
「ええ……すぐに効果が出るかは判りませんし、これからも暫くの間……観察し続けていく必要があると思います」
「ああ、そうだな……ただ今の所は、一旦アドラステイアを後にするべきだろう。下手に残っていると、更なる追っ手が来るかもしれんからな」
 カインとマリエッタの言葉に、イルマが注意喚起。
 にわかに騒ぎが大きくなりつつある『実験区画フォルトゥーナ』から、捕まらぬうちにイレギュラーズ達は急ぎ離脱していくのであった。

成否

成功

MVP

フラーゴラ・トラモント(p3p008825)
星月を掬うひと

状態異常

なし

あとがき

アドラステイアの闇を暴くために力を貸して頂き、ありがとうございます……!
今回幹部を上手く誘い出せる状況だったので、かなり優位に進められましたね。
これで少しはイコルの製造に影響が出ればいいですね……。

PAGETOPPAGEBOTTOM