PandoraPartyProject

シナリオ詳細

<アニマルドラゴン>大喝采のライラックブレステッドローラードラゴン

完了

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

●この世で一番の悪
「大変ッス! 大変ッス!」
『可愛い狂信者』青雀(p3n000014)が扉を勢いよく開けて飛び込んできた。
 普段は情報屋らしく振る舞う彼女が、このように焦った風であることは珍しい。
 緊急の依頼か、もしくはまた異常な信仰にでも目覚めたかと勘ぐったが、どうやら前者であるようだった。
「アニマルドラゴンが現れたッス!」
 彼女曰く。
 アニマルドラゴンというのは幼体時は普通の動物と全く変わらないが、成熟するとドラゴンに酷似した身体を持つようになるという珍しい種族なのだそうだ。
 成熟するまで見分けることができず、また通常種のコミュニティに混ざって生活するため、変異後でなければ発見することは不可能なのだという。
 一体であればさほど問題はないのだが。
「三体現れたなら話は別ッス! こいつらは三体が揃うと合体して恐ろしい呪いを撒き散らすッス! 合流する前に討伐しないといけないッス!」
 そこで、3チームに分かれてこれらを個別に討伐するのだそうだ。
「一体でも残したら他を吸収して合体しかねないッス! なんとしても討伐するッスよ!」
 そうは言うが、相手はドラゴンの身体を持つのだろう。一体一体でも驚異的なのではなかろうか。
「これが他チームで討伐する相手の見た目ッス!」
 そう言って青雀はイラストが刷られた用紙を掲示板に貼り付ける。
 そこには、ゴリラの頭をしたドラゴンと、マグロの頭をしたドラゴンが描かれていた。
 なんだろう、これ。
「ゴリラドラゴンとマグロドラゴンッス!」
 まんまだった。
「そしてこれが先輩方のチームで戦う――」
 そう言って、小鳥の頭をしたドラゴンの絵を見せると、
「ライラックブレステッドローラードラゴンッス!」
 長い長い長い長い。
「合体してアルティメットゴリラックマグロテッドローラードラゴンになる前に討伐するッスよ!」
 言いにくい言いにくい言いにくい言いにくい。
 緊急と言われてもなんだろう、微妙に緊張感に欠ける話だ。
 そういえば、合体することで撒き散らす、恐ろしい呪いとはいったいどういうものなのだろう。
「アルティメットゴリラックマグロテッドローラードラゴンの呪い、それは――」
 うん、もうちょっとこう略称とかないのかそれ。
「米が不味くなることッス!」
 そいつは一大事だ!!

GMコメント

※注意!!
このシナリオは『<アニマルドラゴン>粉砕のゴリラドラゴン』『<アニマルドラゴン>玉砕のマグロドラゴン』の2つとは同時参加ができません。予約は可能ですが、ご注意ください。
>>予約:いくつでも
>>当選:ひとつだけ



皆様如何お過ごしでしょう、yakigoteです。

アニマルドラゴンが3匹出現しました。
これらは合体すると強力な『米が不味くなる呪い』を撒き散らすため、極めて迅速に討伐する必要があります。
このシナリオではライラックブレステッドローラードラゴンを討伐します。

【エネミーデータ】
■ライラックブレステッドローラードラゴン
・ライラックブレステッドローラーの頭とドラゴンに酷似した身体を持つ全長3mくらいの生物です。
・鳥なので飛びます。でも体が重いので長時間は無理です。
・鳥なので火を吐いたりはできません。せいぜい足で掴んだり嘴で啄んでくるくらいです。
・大きいので体当たりされると痛いです。
・大きいので転がられると怖いです。
・ゴリラドラゴンとマグロドラゴンの2匹と合体することでアルティメットゴリラックマグロテッドローラードラゴンになり、強力な呪いを撒き散らします。


【シチュエーションデータ】
・ライラックブレステッドローラーは南アフリカに生息しています。
・行ったことはないですが、サバンナな感じのとこです。
・大体そんなとこで戦います。

  • <アニマルドラゴン>大喝采のライラックブレステッドローラードラゴン完了
  • GM名yakigote
  • 種別通常
  • 難易度EASY
  • 冒険終了日時2018年07月11日 21時40分
  • 参加人数 8/8人
  • 相談7日
  • 参加費100RC

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

参加者一覧(8人)

アルプス・ローダー(p3p000034)
二輪
チャロロ・コレシピ・アシタ(p3p000188)
魔動機仕掛けの好奇心
武器商人(p3p001107)
闇之雲
イシュトカ=オリフィチエ(p3p001275)
世界の広さを識る者
ブーケ ガルニ(p3p002361)
兎身創痍
ライア(p3p004430)
嘘憑き
ちくわちゃん(p3p005218)
ご当地ゆるキャラ
フォーガ・ブロッサム(p3p005334)
再咲の

リプレイ

●ドラゴンと戦うのは冒険者の夢
 アニマルドラゴンの生態は非常に不可思議だ。擬態した生物の群れで生活していて、ある日突然アニマルドラゴンとして変化する。奇妙なことに、変体の途中経過というものを目撃した例がまったくないのだ。

 見通しのよい大草原。
 木々はまばらで、遠くの方に川が見える。
 鳥の鳴き声が聞こえたので、ぎょっとしてそちらを向いてみたが、どうやら目的のそれではないらしい。不思議なほどにカラフルな群れが飛び去っていくところだった。
 だが、警戒心は解かない。このどこかに、想像を絶する呪いを潜めた生物がいるのだから。
「ライラックブレステッドローラードラゴン、実在したとは……」
『バイク便』アルプス・ローダー(p3p000034)がまさに戦慄したというふうに独白を漏らした。そう、いかなる障害が待ち構えていようとも、ライラックブレステッドローラードラゴンが他のアニマルドラゴンと融合してアルティメットゴリ(以下略)ゴンになるのは防がなければならないのだ。
「呪いの強度にもよりますがサーカスよりも人に与える影響は大きいでしょうね……!」
「なにこの、カラフルな鳥の、ドラゴン……」
 これまで聞いたこともない生物に驚く『魔動機仕掛けの好奇心』チャロロ・コレシピ・アシタ。
「えと、ライラックブレステッドローラードラゴン……だっけ。名前長いよ、ライラックドラゴンとか略してもいい?」
 いいと思う。書く方も助かるし。
「しかも合体したらお米をまずくするなんて。そんなのやだよ。おいしいお米とみんなの食卓のためにも絶対勝ってやる!」
「いやぁ、ライラックブレステッドローラードラゴンの脅威とはかくもピンポイントで恐ろしいものだね」
 どこかタガの外れた明るい調子で、『闇之雲』武器商人(p3p001107)。実際に、米が不味くなるというのは恐ろしいことだ。空気から酸素がなくなるというレベルの事態に匹敵すると言えるだろう。
「我の”従者”が、米の不味さに嘆いてしまわないように尽力しようとするか。ヒヒ!」
「……この世界の創造主は、いったい何が悲しくてこのような生物を生み出すのだろうね?」
『世界の広さを識る者』イシュトカ=オリフィチエ(p3p001275)が空を仰ぎ見た。小さな鳥の頭に、ドラゴンの身体。どうにも、アンバランスで仕方がない。魔合体ってロマンだと思う。
「まあ素面でなかったことは間違いない。ビジネスの相手として会う機会があったら、その時は取扱品目に二日酔いの薬を入れておこう」
「ライ……なんて? けったいな顔だけ小鳥ちゃんやねぇ」
 聞き慣れない単語に思わず聞き返してしまった『兎身創痍』ブーケ ガルニ(p3p002361)。
「南国っぽいカラーリングしてはるし、かわええなぁ。ちっこかったら飼いたいくらいやわ」
 残念ながら身体は3mのドラゴンだ。
「せやかてお米が美味しゅうなくなるんはアカンなぁ。実家は小麦農家してはったんやろうか」
 え、パン派とライス派って一次産業レベルで喧嘩してるの?
「ライ……なんだって? 長い、長すぎる。寿限無と同じくらい長い」
 覚えづらく呼びにくい名前に抗議する『嘘憑き』ライア(p3p004430)。いや、あそこまでは長くない。
「よし、今日から君の名は『マツモトさん』だ!! 宜しくマツモトさん! そして出会ってすぐで悪いが倒されてくれ給え!」
 急にジュウシマツ系の命名をされるライラックブレステッドローラードラゴン。ところで、和名はライラックニシブッポウソウらしいよ。
「ちくわという存在がみんなに忘れられちゃうかも!?」
 己のアイデンティティすら危うい結論に達した『ご当地ゆるキャラ』ちくわちゃん(p3p005218)。お米が不味くなる→皆が和食を食べなくなるという論理展開をしたようだ。じゃあ洋食にいれたら良いんじゃないのとか言ってはいけないぞ。
「それは困る! ちくわのゆるキャラとして絶対許せないよ! ちくわ自体の知名度が下がったら私生きていけない!」
 販促キャラって大変だな。
「ライラックブレステッドローラードラゴン……なんと恐ろしい」
 慄いたようにゆっくりと首を振る『再咲の』フォーガ・ブロッサム(p3p005334)。
「東方人間種の主食たる米を不味くするとは、なんと残酷な呪いでしょう……」
 なんとも恐ろしい。人類未曾有の危機と言って何ら差し支えない。
「これは我々の手で、確実に、なんとしても阻止せねばなりません! 侵略者であり、捕食者であるフォーガの民が、その呪いを食らいましょう!」
 奇妙な羽ばたき音が聞こえる。
 視界に急な影が差し、何事かと見上げてみれば。
 巨大な図体が日差しを隠したところだった。

●大きな体に小さな頭脳
 飼っていた動物がアニマルドラゴンだったという例もある。昨日まで一緒に寝ていたペットの猫が、朝起きるとドラゴンボディだったというものだ。一区画で複数のペットがアニマルドラゴンであったと発覚した際には、すぐに合体して大変だった。米が食えなくなった食糧難で。

 それはなんというか、降ってきた。
 空を飛んで移動しようとしていたのだろう。だが、事前情報にあった通り、ライ(略)ゴンは長時間の飛行ができない。
 小鳥のはばたき力では3mものドラゴンボディを浮かすのに限界があるからだ。
 その結果、落ちてくる。
 巨体が落ち、砂埃をあげ、コロコロと転がって。
 それが起き上がった。
 鳥らしい仕草ですばやく首を動かし、動かし。
 ああ、視線があった。

●飛べない翼、飛べるけど落ちる翼
 ドラゴンが出たので討伐部隊を結成し、多大な費用をかけて遠征を行ったところ、コモドオオトカゲのアニマルドラゴンだったことがある。領主はあまりの大赤字に怒り狂ったとか。

 車輪と地面の摩擦により、土が弧を描いて車体の後方へと飛び散った。
 落ちてきたライラックブレステッドローラードラゴンの横をアルプスがスピードを上げて通り過ぎ、バックを取るべく急旋回をして見せたからだ。
 アニマルドラゴンは小さな可愛らしい頭を素早く動かしてそれを追っていたが、体のほうがついてこない。
 鳥のボディであればちょっとジャンプして体を反転させるなどわけないが、成長して3mのドラゴンになれば話は別だ。それ以上にまだ体勢すら整っていなかった。
 その隙だらけの背中に向けて、エンジン音をあげながらアルプスが衝突する。
 バイクのボディはドラゴンの体に激突することを前提に作られているわけではない。インパクトの反動が磨き上げられた本体を軋ませる。映し出されたホログラムが痛そうなそれと共に少しだけ乱れた。
 これは覚悟だ。絶対にこれを逃しはいないと。けしてアルティ(この文章は省略されました。詳細を出すにはここをクリックしてください)

 ライラックブレステッドローラードラゴンがおよそドラゴンらしくない悲鳴をあげる。
 ビャッビャッ、ビャッビャッ。頭が鳥であるからか、その鳴き声も鳥らしいものだった。ライラック(以下略)の鳴き声とか聞いたことないけど、ブッポウソウの仲間ならこんな感じのはずだ、うん。
 そうやってまだ動けないでいるアニマルドラゴンに向けて、チャロロが手にした大盾を叩きつけた。
 3mの巨体がたまらぬとばかりに鳴き声をあげ、逃げようというのか、再度空を飛ぼうと翼をはばたかせる。
 逃がすものかと、チャロロは自らの式を編み込んだロープをその翼目掛けて射出した。
 絡め取った際に、思っていたよりもその体が軽いことを知る。なるほど、ドラゴンと呼ぶべきは、本当に名ばかりのようだ。本当に何なんだろうこの生物。
「こい、ライ……なんとかドラゴン! オイラたちがおいしいお米を守ってみせる!」
 力を込めて、ぐいっと引っ張った。

 落ちてきたライラックブレステッドローラードラゴンが懸命に起き上がると、また忙しなく首を動かし始めた。
 よく見ると、体を少しねじれさせている。鳥の頭に比べてドラゴンボディである部分が大きすぎるため、足元とかあんまり見えないのだ。
 地面をよく踏んで感触を確かめているところに、花が開いた。
 武器商人の編み込んだ塵状の魔力が着火し、小規模な爆発を起こしたのだ。
 驚いて、数歩分飛び退るライラックブレステッドローラードラゴン。動物であった頃の習慣が残っているのだろう。つまり、火が怖いのだ。
 連続して爆発する小花火。だが、追い詰められた獣は牙をむくものだ。
 自分よりもずっと小さい武器商人目掛けて、鋭いくちばしを繰り出したのである。
 こう、つんつんって。

 よくよく考えれば、元はライラックブレステッドローラーとして生きてきたのだから、体が急にドラゴンになったところで、そこまで凶暴で獰猛な生物になるわけでもないのではなかろうか。
 しかし、とイシュトカは考える。油断は禁物だ。力が強くなくとも、大きいというのはそれだけで脅威なのだから。
「何しろ合体すれば強大な呪い……強大なのかね? まあともかくそういったものをまき散らすということだから、これは防がねばならないだろう」
 そう、やはり問題はその特性だ。ドラゴンの体、比するにはあまりに小さい小鳥の頭。なんというか、乗り込んで操縦するタイプの巨大ロボットに見えなくもない。
 3度めの飛翔を試みるライラックブレステッドローラードラゴン。しかしもう限界なのか、ちょっと浮いたところで落ちてしまった。
 巨体を浮かび上がらせるのは想像以上に骨なのだろう。喘鳴でもあげそうなそれに向けて、イシュトカは呆れながらも思い切り鞄を叩きつけた。

 心底、ライラックブレステッドローラードラゴンの担当でよかったとブーケは思う。
 ドラゴンの体に小鳥の頭。非常にアンバランスだが、それでもてっぺんに乗っているのが可愛らしいそれであるだけに、まだ心の平穏は保たれている。仕草もなんだかそれっぽいのでOKだ。
 これがゴリラドラゴンやマグロドラゴンの担当だったらと思うとゾッとする。ゴリラドラゴンとか手足もゴリラらしい。マグロドラゴンとか既に瀕死らしい。なにそれ怖い。
 合体しようとしているということは近づいてきているということ。万が一にもなかろうが、もしかしたらそのへんの草むらからゴリラの顔が、マグロの顔が、飛び出してくるかもしれないのだ。
 ナイフでライラックブレステッドローラードラゴンを切りつけながら、ブーケは思う。本当にこちらでよかったと。
 と。
 草むらから何かが飛びだした。まさかと思いつつも首を回す。
 うさぎだった。
 胸中で全力のため息を付いた。

 ただ合体するために移動する謎生物、とうだけでは面白くないとライアは自分の中でライラックブレステッドローラードラゴンの設定を継ぎ足していく。
 ライラックブレステッドローラードラゴンは恋をしたのだ。相手は人間の男性で、農家の一人息子だ。たぶん害獣扱いも甚だしいだろう。鳥だし、でかいし。
 彼と一緒に過ごすひと時が彼女の幸福だった。シーンを想像してみたが、Z級映画か何かだろうか。
 しかし、彼女はその時気づいてしまったのだ。自分がいると、彼が丹精込めてつくった米が、不味くなってしまうのだと。収穫前に食っていく鳥のほうが余程問題だと思うが。
 それが周辺住民にも伝わり、彼女は出ていかざるを得なかったのだ。
「そう、これは……今に至る遥か前、悲劇の始まりの戯曲」
 …………うん。
「ただ倒すだけでは画面の向こうのオキャクサマも飽きるだろう?」
 倒されるのがライラックブレステッドローラードラゴンじゃなきゃね。

 ちくわちゃんが、腕で自らを支え、頭頂部をライラックブレステッドローラードラゴンへと向ける。
 そのポーズは完全にただの腕立て伏せだが、やっているのがちくわちゃんであれば話は別だ。
 ちくわちゃんのちくわっぽい頭頂部が光を集めだす。それはまさに砲台だ。なんちゃら粒子砲とかなんとかキャノンとか出せそうなやつだ。
 エネルギーを集め、今まさに放とうとしている。
 狙いは一点。イレギュラーズに攻撃され、最早ふらふらになったライラックブレステッドローラードラゴン。
 最後の意地を見せ、ぼろぼろの翼を羽ばたかせて飛行による離脱を試みているのだ。
 逃がすわけにはいかない。なぜなら、あれを行かせることはちくわの未来が失われるに等しいのだから。
 必死の形相を見せるちくわちゃん。
 エネルギー充填完了。
 腕立て伏せ砲台から集められた光が一条のビームとなって獲物を襲う。
「逃がすかぁぁぁっ!!」

 息も絶え絶え、という様子のラブテロを前に、フォーガは戦いの終わりを感じ取っていた。
 ラブテロというのはフォーガが名付けたライラックブレステッドローラードラゴンの略称だ。
 なんというか、愛で地球を救いそうな名前である。
「……しかしこれは、なんとまあ。見た目がちぐはぐしていて、不味そうですね」
 結局、この生物はなんだったのだろう。
 おそらくライラックブレステッドローラーよりは強かったのだろうが、ドラゴンには遠く及ぶまい。
 他の班はどうだったのだろう。マグロドラゴンはマグロより強かったのだろうか。ゴリラドラゴンはどうだろう。ゴリラより強かったら自分たちよりよっぽど苦労をしていそうだ。健闘を祈るばかりである。
 可愛そうだが、ここで始末しなければならない。コメを不味くするとか絶対悪もいいところだ。
 剣を振り上げ、狙いを定める。
 振り下ろす瞬間につぶらな瞳と視線があった気がしたが、まあ気のせいということにしておこう。

●コメヘイト
 合体すると、身体はドラゴンで、頭がそれぞれの首を持った姿になる。つまり、きしょいキングギドラだ。

 なんとも恐ろしい相手だった。
 辛くも勝利できたが、今後も同じように戦えるとは限らない。
 きっとまた、第二、第三のアニマルドラゴンが現れるだろう。
 その時はもっと強力な生物かもしれない。
 カピバラドラゴンとか、ホタテドラゴンとか出てきたらとても強そうじゃないか。誰か代わりに書いてくれないだろうか。
 そのときにはまた、イレギュラーズが集められるのだろう。
 頑張れイレギュラーズ。戦えイレギュラーズ。
 コメの未来は君たちの手にかかっているのだ。

 了。

成否

成功

MVP

なし

状態異常

なし

あとがき

もう一生分ライラックブレステッドローラーって書いたと思う。

PAGETOPPAGEBOTTOM