PandoraPartyProject

シナリオ詳細

遊園地をつくろう

完了

参加者 : 10 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

●急募!
 それは依頼というより相談だった。

『一緒に遊園地を作る方法を考えてくれませんか?』

 掲示板に貼られたそれを見つけたゴロリンは、文末に記された依頼主の名前に目を丸くする。
「おや? 面白いものを見つけましたねえ」
 ゴロリンの視線に気付いた連れの糸目の少年は、そう言ってつま先立ちでそれを剥がした。
「このシーナさんがふわトラ遊園地のオーナーさんですか。ずいぶん困っているみたいだし、これは協力するのもやぶさかではありませんね」
「えっ、り、李さん。本当に参加するんですか!?」
 動揺するゴロリンへ、彼の現在の雇用主、李 娜仁ことナレンは鷹揚に頷いた。
「だって、面白そうなお仕事じゃないですかー! ふふっ」
「ええぇ~……」
 ナレンはローレットと組んで希望ヶ浜学園の生徒を探しているPCだ。その中には彼が個人的に探している人物も居るらしいのだが、そこまで緊急を要しているわけでもないらしく、のんびりと堅実にゲーム世界を周っているらしい。
「さてさて、シーナさんは私たちの登場に驚きますかね?」
 悪戯っぽく笑ったナレンは依頼の紙をポケットへと仕舞い込んだ。


●遊園地とは?
『一緒に遊園地をつくる方、大募集』
 そのクエスト募集の張り紙を見て集まったローレットの面々は広がる荒野に目を丸くした。
「ようこそ、ふわトラ遊園地建設予定地へ!」
 現われたのはふわふわ髪の美少女──ではなく、黒髪三つ編みの少年だった。
「私は李 娜仁。ナレンと呼んでくださいね。今回、シーナさんの遊園地建設のお手伝いをしています」
 少年がくるりと勢い良く振り返ると、おずおずとシーナが進み出る。
「こ、こんにちわ。シーナです。遊園地、一緒に作ってくれるカナ?」
「えっ」
 目を丸くするゴロリンを無視してナレンは揃えた掌で荒野の端に固まって建っている仮設建築物群を指した。
「あそこに私がお願いした作業員のドワーフさんたちが待機していらっしゃいます」
 ナレンが契約したドワーフたちは驚くべきスピードで建築と、それに使う材料を作ってくれるらしい。
 そう言えば、何件か並んだ建物の上に『1/10』とか『2/5』などというアイコンが浮かんでいるが、アレは建材作成の進行状況だろうか。
「受付に素材を置いてくれれば、あちらで必要そうな建材を作ってくれて、それを建設作業員のドワーフさんたちが絵図を元に建築しはじめます」
 仮設ハウスの前のカウンターに並ぶ受付役のドワーフが愛想よくヒラリと手を振った。
 そこで、とナレンは指をみっつ立てた。
「皆様にお願いしたいことは三つ!
 一つ目はアトラクションを考え絵図にしたためること。これは説明できれば簡単なイラストでも構いません。
 二つ目は建築用の素材集め。
 三つ目は建築や内装のお手伝いです」
 後に控えていたゴロリンが思わず叫ぶ。
「ええっ、アトラクションもですか!」
 どうやら彼は運営側ではないようで詳しくは知らなかったらしい。
「そうなんですよ。やっぱり楽しい夢の場所を作るには、作る人にパワーが必要なんですね」
 ナレンは困ったように笑うシーナを見た。
「シーナさんはオーナーさんですが、今その元気がちょこっと無いみたいなんです。だからその辺も皆様の力をお借りしたいなあって思いまして」
 ね、シーナさん、とナレンに呼び掛けられて、シーナは一瞬俯き、それから顔を上げて集まってくれた人々を見た。
「遊園地をつくろう、みんなが笑って自分のままでいられる、そんな場所を。
 疲れた時に遊びに来て、笑顔に戻って後にできる、そんな素敵な場所を。
 ここにそんな場所を作りたいから──ご協力を、どうかよろしくお願いします」
 シーナは静かに頭を下げた。


●彼女の掟
 シーナとナレンはまず入場ゲートを作る事にした。
 夢の国への入口らしく、ポップで夢溢れる感じがいい、とシーナは言う。
「カラフルな色で丸みを帯びたカワイイ感じの門ってことですかね?
 うーん、異世界にアリスというお話があるんですが、少女が夢の世界に迷い込むお話なんですよ。モチーフとしてとても人気なのでそれを参考にしてみましょう」
 小さくなったお客様が大きな門を見上げる、というイメージで、とナレンはスケッチブックにパステルカラーでデフォルメされた大きな門を描く。
「ここら辺にドワーフさんたちにお願いしてかわいい意匠なんかを散りばめて貰って、バルーンも浮かせましょうか」
「す、すごい……! これでお願いします」
 驚くシーナへナレンはペン先を突きつける。
「ぼんやりしないでください。これで行くなら、素材はくまデビル、フイフイ、ドド―ボール、全部必要ですね! ほら、さっさと行きましょう!」
 草原でフイフイの花に酔って、くまデビルにはひどい目にあった。
 それでも、不器用ながらゲートの素材を半分ほど集めたシーナは、そっと仕事を抜け出して少し汚れた看板を入場ゲートの側に立てた。
 壊れた元の遊園地から持って来たその看板にはこう書いてある。

ふわトラ・ソサエティーの掟
1☆ROO外(リアル)の関係は持ち出し禁止!
2☆ROO外(リアル)の話題はしちゃダメ!
3☆ROO外(リアル)の正体を探っちゃダメ!
4☆ふわトラではROO外(リアル)をわすれる!
5☆ふわトラでは皆で仲良くしあわせになる♪

 最後に『5』の項目を指でなぞって、シーナは頷いた。
「うん、がんばろっ!」
 向こうから建材を運ぶナレンがシーナを呼ぶ声がした。
 ナレンの連れてきたドワーフたちの仕事は凄まじく、もうすでにゲートの土台は出来ている。

GMコメント

ご注意! 相談期間が5日間と短いのでお気をつけください

目的:楽しんで遊園地を作る

『ふわトラ遊園地』『<Genius Game Next>踏み躙られる無垢の夢』
以上のシナリオの続編になりますが、「R.O.O.世界で楽しい遊園地を作る」ということだけ理解していれば
どなたでも参加できるかと思います。
このクエストには何日という時間経過の区切りがなく、クエスト終了後に夕暮れになる仕様です。
遊園地の完成または適当な進行状況でナレンがクエスト終了を告げます。

●アトラクションを考えよう
PC一人※につき一個のアトラクションを考えてください(※EXキャラは含まない)
複数人でグループを作って一つのアトラクションを作るのも可です。
PCたちが考えたアトラクション以外にもシーナやナレンの考えたアトラクションが並ぶので全体の数を気にせず、
作りたいものを考え、その拘りポイント(ハロウィン風お化け屋敷)を書いてください。
 例)ジェットコースター、お化け屋敷、ティーカップ、お土産物屋など
 ※固有名称、その他こちらの判断でマスタリングやストップが入る事があります。ご了承ください。

人手が足りないと思った時はNPCを指名してください。
後は一緒に必要そうな素材を工夫して集めてアトラクションを作りましょう!


●ドロップ素材
戦闘ではなく、イレギュラーズにとってはとてもゆるいゲームのようなハントです。
手分けしたりしてアトラクションとして好きなものを楽しんで頂ければと思います。
ただ、あまりに舐めてかかると意外に時間がかかるかもしれません。
可能性は低いですが、万が一素材がうまく集まらなかった場合は規模やスケールが少し小さくなります。
もちろん、ドワーフたちはシーナたちNPCも同時に素材集めをしているので、最低限の数は確保できます。

・くまデビル
硬い外皮を持つごっついクマ
意外に柔軟なレスリングを仕掛けて来る
生息地:森
素材:なんだか硬い建材、鉄など

フイフイ
甘いお酒のような香りがする花
数分間酔っぱらった状態になる。酔い方は人それぞれ
生息地:草原
素材:布、糸、染料

・ドド―ボール
子供の膝丈ほどの小さなモフモフ羊
「ドー」と鳴きながら自由にバウンドする
生息地:草原
素材:わた、クッション材

・あまいモコ
虫取網で捕まえる、ふわふわした雲のような生き物
ゆるい感じの癖に捕まりそうになると超スピードを出す事がある
生息地:川辺
素材:前述のアイテムで補えないよくわからないレアっぽい建材に変化する


●NPC
・シーナ
かわいい小柄な商人の女の子で遊園地のオーナー
見た目はリーナ・シーナ(p3n000029)そっくりだが、彼女を知っている人は印象が違うと言う

・ゴロリン(p3n000031)
ローレットの新米冒険者。姿も性格も現実と同じ
外見こそゴブリンに似ているが、性格は心優しい先輩方に憧れる少年
ナレンの依頼を受けて一緒に人探しをしている

・ナレン
李 娜仁という名の人探しをしているアジア系少年
糸目で黒髪三つ編み、ジャケットを着ていてフォーマルっぽい装いをしているが半ズボン

・ドワーフさんたち
お客様の要望に応えて何でも扱える、パーフェクトクリエイター。
小柄で三角帽を被っていてたくさんいる
可愛い顔やごつい顔など様々な個体がいる

・透明な従業員
アトラクションが完成すると何処からともなく現われてそれを動かす


※重要な備考
 R.O.Oシナリオにおいては『死亡』判定が容易に行われます。
『死亡』した場合もキャラクターはロストせず、アバターのステータスシートに『デスカウント』が追加される形となります。
 現時点においてアバターではないキャラクターに影響はありません。

●情報精度
 このシナリオの情報精度はBです。
 依頼人の言葉や情報に嘘はありませんが、不明点もあります。

今回はアフターアクションを下さった方を優先としました。
いつも感想やアフターアクションをありがとうございます。
励みになります。
できるだけ応えたいのですが、忙しい時期などが重なると中々出せなくて申し訳ありません。
楽しい遊園地ができることを楽しみにしています。

  • 遊園地をつくろう完了
  • GM名
  • 種別通常
  • 難易度EASY
  • 冒険終了日時2021年09月15日 23時40分
  • 参加人数10/10人
  • 相談5日
  • 参加費100RC

参加者 : 10 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

参加者一覧(10人)

ユグゴト・ツァン(p3x000569)
全ては愛
スキャット・セプテット(p3x002941)
切れぬ絆と拭えぬ声音
九重ツルギ(p3x007105)
殉教者
アンジェラ(p3x008016)
当機、出撃す
黒子(p3x008597)
書類作業缶詰用
イズル(p3x008599)
夜告鳥の幻影
ネコモ(p3x008783)
ニャンラトテップ
アマト(p3x009185)
うさぎははねる
いりす(p3x009869)
優帝
フローレス・ロンズデーライト(p3x009875)
もう一人の聖頌姫

リプレイ

●クリエイターたち
 ゲートの前で『描く者』スキャット・セプテット(p3x002941)は絶句した。
 そこには嬉々としてドワーフたちに色味とバランスの指示を飛ばす『七色Alex』小昏 泰助の姿があったからだ。
(なんでここに!?)
「違うねぇ。そこの色味はもっと、こう、だろ?」
 その指示は繊細な芸術を生み出してゆく。
 こちらに気付いた泰助はアバターを纏った弟子ではなく、シーナへ機嫌よく両手を広げた。
「やあ。あんなに楽しかった遊園地が無くなってしまうなんて
 ……嗚呼、なんっってストレスフルなんだ! 感動をありがとうシーナ君! お礼と言ってはなんだが、俺の芸術を再建の役に立てようじゃあないか!!」
「ア、ハイ!? ありがとうございマス?」
 ストレスフェチによる発言にシーナは戸惑い、スキャットは心の中で詫びた。

「あの時みんなで遊んだ遊園地が……」
「むむ。まさかこのようなことに……」
 『かつての実像』いりす(p3x009869)と『最高硬度の輝き』フローレス・ロンズデーライト(p3x009875)は言葉を失った。
 そこへ跳びこんで来たのは『うさぎははねる』アマト(p3x009185)だ。
「お父様! お母様! またみんなで遊園地に来られるなんて、夢みたいなのです!」
 アマトを受け止めるいりすとフローレス。そんな三人にスキャットも思いがすんなりと出た。
「家族とまたここに来れて嬉しい。ROOで一番、お気に入りの場所だから……。新たに来てくれてた仲間やシーナ達も一緒に、楽しく遊べる場所を作ろう!」
 フローレスもいりすにも微笑みが戻っていた。
「ええ、良いでしょう良いでしょうとも! ワタクシも力添えさせていただきますわ!」
「今は感傷に浸っていてもしょうがない、できることを……!」
 『殉教者』九重ツルギ(p3x007105)も『家族』との再会に喜んだが、ふと眉を下げた。
 幽玄な麗人が首を傾げる。
「おや、これは……ツルギさん、もしかして私は間男ポジションで?」
 『夜告鳥の幻影』イズル(p3x008599)の一言にぎょっとするフローレス。
 『母胎』ユグゴト・ツァン(p3x000569)お母様のアクセスファンタズム『同一奇譚』によりスキャット・フローレス・いりす・アマトが四姉妹(?)となった時に、ツルギは父親役を引き受けてくれた。その後も彼ら『家族』の絆は残ったのだが認識障害はすでに解けており──つまりは父の窮地察するに余りありまくる。
 焦るフローレスを制したイズルは理知的な振る舞いだ。イズルの情の深さに甘える形になったなとツルギは察した。
「ふふ、大丈夫。『皆で仲良く』だろう? お邪魔はしないから気兼ねなくやるといい」
「ありがとう。しかし、現実の恋人とネット家族の妻に挟まれて依頼を受ける日が来るとは……ともあれ俺にとっても思い出の場所です。再建には全力を尽くしましょう」
 ちなみに当事者である筈の母は「今日も子供たちがいっぱいね」とご機嫌で、すわ修羅場かと固唾をのんだナレンとゴロリンもほっと肩の力を抜く。

「楽しそうにゃ! さてさて、どんなアトラクションがいいかにゃー?」
 会議用のテーブルに『にゃーん』ネコモ(p3x008783)が着くと、スキャットが筆記用具を出して真っ白な園内予定図を広げる。
「当機構の記憶が参考になれば、以前はこういうものがありました」
 記憶を元に語る『汎用型アンドロイド』アンジェラ(p3x008016)。
「にゃるほど! ……そうにゃねー、アトラクションといえばジェットコースターは欠かせないにゃ!」
 『書類作業缶詰用』黒子(p3x008597)も自分の草案をまとめた紙を並べる。
「私は売店もしくは休憩所を提案致します。身嗜みを整えたり、休める場所があった方がいいでしょうし、まあこういうのは『何かがあった時』にも役に立つでしょう。その何かがあった後ですしね」
「……うん。そうだねぇ、今度こそ」
 シーナが頷くと、いりすが提案する。
「わたしは前に乗った感じの観覧車を作りたいな」
「アーム・コンピュータでシミュレーションができるようなら協力します」
 ツルギがそれを示す。

 白い予定図がどんどん埋まっていった。
 フローレスはお城の形のミラーハウス。
 スキャットは屋内型アトラクションは「スプラッシュペイントハウス」。
 アマトのゴーカート。
 イズルはエッグハント迷路。
 ツルギは「不思議の国のラビット・ホール」。
 ユグゴト・ツァンのティーカップ。
 ネコモのジェットコースター。
 最奥に、いりすの大観覧車。
 アンジェラはお菓子の家を模した土産物屋を、黒子はコンパクトにまとめた休憩所を提案した。
「任務受諾。これより作業を実行します。ふわトラ・ソサエティー二号店開発開始です」
 アンジェラが『建設着工』の看板をゲートに掲げた。


●素材を求めて
「どんな素材を集めればいいものやら。生垣がメインになりそうだから……私は森と川辺かな?」
 試算した必要素材を記したメモを眺めるイズル。
「前回はひどい目に遭ったから激しいのは造りたくないんだけど──お酒なら仕方ないわね! でも、匂いを嗅ぐだけなの?」
 フイフイに興味津々のユグゴト・ツァン。
「必要素材は……おおう……流石にえげつねぇ数字にゃ……」
「え、えぇぇ……!? な、何この建材と電飾の必要量……!?」
 一方、素材のメモを見てぐうと喉を鳴らすネコモ。そして、いりすの瞳からはハイライトが消えていた。観覧車の素材数に覗き込んだ家族たちも目を丸くする。
 そこへ、すかさず黒子が声をかけた。
「どうでしょう、材料調達のお手伝いをする代わりにどなたか私のデザインの助勢をお願いできますか」
 結局、素材は皆共有し合うことになるだろうが、その前提の上で優先的に集めてくれるという。
「そうだな。私の義姉妹を手伝ってくれるなら」
 スキャットのBlue Againに気付いた黒子は満足そうに頷き、いりすは頼もしく姉を見上げた。

 森の上空を飛ぶイズルは視認した複数のくまデビルへ、挑発を交えてのヒット&アウェイで誘導する。
「2,1,0!」
 アンジェラの放ったローカストウォーが凶悪な顎を開けてくまデビルに襲い掛かる。
「素材運びはお願いします」
 追い立てられた敵を黒子がスキル3と4を使い分けて仕留め、ドロップ品の回収をドワーフたちに頼む。
「あるーひー、森のなかー、くまさんにー、であえこるぁ!」
「ふふ、キラキラしたものはたくさん必要……こちらは剛よく柔を断つ! ですわ! この拳で、お相手して差し上げましょう!」
 挑発からの猫道拳によるハメ殺しを仕掛けていくネコモ。その後ろでフローレスが防御力無視攻撃を仕掛ける。
『でびぃいい!』
「古今東西レスラーキャラは弾が弱点ニャ! 飛込みは絶対落とす。対空は昇猫拳で撃墜、とどめにタゲ取って協力プレイニャ! 場合によってはインファイトも辞さぬ」
 くまデビルに対策しながらネコモが叫ぶ。
「丈夫な素材が不可欠よね」
 如何物に引き寄せられたくまデビルたちを体力に自信のあるユグゴト・ツァンはスキルでゴリ押す。
 スキル2を駆使して追い詰めスキル4で止めを刺すツルギは、ばっと上半身を脱ぎ筋肉を晒した。
「この肉体美を見ても挑むおつもりですか?」
 可愛らしいクマの額に汗が滲んだ、ような気がした。
 昇る太陽のように広がる入場曲の幻聴。ランブル形式で飛び掛かるくまデビルたち。
「フッ……ならばかかって来なさい!」
 そんな乱戦が落ち着いた頃──ボソボソと囁くような暗い声。
「ボスのレアドロ周回よりはまし、ボスのレアドロ周回よりはまし……」
 フラフラと現れたのは目の下のクマを濃くしながら、集めた素材を数えるいりすだった。
「……パーティ組んで効率的に集めるにゃね。交換も吝かではないニャ……がんばるにゃ……」

 次に一行は川辺と草原へと別れた。
 L/Bで透明化したアンジェラはドド―ボールをある程度集めると、安全地帯を確保してフイフイの採取に移った。
 しかし、一定数集める度にどうしても止まってしまう。
「全身筋弛緩や酩酊状態に陥りまerror,error.時間経過し酩酊への耐性獲得後に採取再開継続、同様の筋肉弛緩を感じerror,error」
「楽しく酔いたい方を勝手に邪魔するような無粋な真似はしないけど、キミには必要そうだね」
「回復を確認──感謝します」
「中々面倒な花のようだ。ツルギさんも酔い覚ましにポーションでも飲んでおく?」
 イズルの毒無効のスキルとポーションファウンテンで作り出したポーションを回す。
「折角だからそのまま活けたいわね」
 念願のフイフイを集めようとしたユグゴト・ツァンも同じく酔いに囚われていた。
「別の意味で目が回るけれど、子供達の為なら頑張れる──ああ。ふわふふ、今度お家で楽しむ為にこっそり集めようかしら?」
 真っ赤に染まった顔がニンマリとして、ちろりと母の顔から闇が覗いた。
 ──悪酔いしそう、AHAHAHA、頭が揺れるな。
「大丈夫ですか?」
「あ?」
 顔を上げると、ドド―ボールのターゲットを集めているツルギや素材を集める子供たちが見えた。
「?? お母さん、酔ってしまったみたい。誰か手伝ってくれないかしら? 私動けないのよね」
 花はいつの間にかだいぶ集まっていて、用意した虫取網に持ち替える。
「あまいモコが動けないのをいい事に弄んでくるかもしれないわ。そうしたら私でも捕まえられそうだ」
 ──そうね。チーズケーキなんて如何かしら?

「へえ、さすがドンパン社コラボ」
 試しに置いてみたドンパンのプラモデルに近づくあまいモコを見て思わず感心するスキャット。
「あまいモコは捕まりそうになる瞬間を意識させない事が肝要ですわね! でしたら、ワタクシに任せて」
 アクセスファンタズム『キラキラとかがやくもの』を発動させるフローレスが川辺での注意を引き付ける。
「さあ、皆さん!」
 次々合流するシーナやゴロリン達と皆であまいモコを捕まえながら、アマトは家族を見た。
(遊園地でできた家族、遊園地にいるときだけの家族……)
 まるで家族でレジャーに来たようだと思ってしまった。
 いりすはドワーフたちと素材を回収するシーナに声をかける。
「シーナ様がまた遊園地を作ろうって思ってくださったから、家族がこうやって会えたのですね」
 いりすもまた、アマトと同じことを感じていたのだ。
「……同じ出会いでも、家族を作ったのはいりすやアマトたちだよ」
「それでも、またみんなで仲良くしあわせできるのは遊園地とシーナ様のお陰です……今、アマトはとってもとっても嬉しいです」
 そして、耳をぺたりと伏せながらシーナに囁く。
「前にシーナ様に会ったときにじょーじ様が言っていたのをアマトはおぼえているのです。だから、じょーじ様たちが遊びに来たとき、今度は違反ダンディにならないように、すてきなごーかーとを作らなくっちゃ」
 いりすも笑顔を浮かべ、ひと段落したフローレスも近づいて胸を張る。
「みんなで頑張って作った遊園地、絶対素敵な場所になるのです!」
「一度壊れても、再起する、再起しようとする意志を持つ……それもまた尊い輝きですわ!」
「ね、シーナ様! 悲しい景色じゃなくって、すてきな楽しい遊園地を見せられるように、アマトはがんばりますね。だってここにはシーナ様の想いだけじゃなく、アマトの思い出もたくさんあって、これからもたくさん思い出を作るのですもの」
 シーナはいつもとは違うへたくそな笑顔で応えた。


●プレオープン
 最後に泰助が残しておいた一筆を刷くと、夕陽に照らされたゲートが息を吹き返した気がした。
「ふわトラ遊園地、改めて完成です」
 着工の看板を外したアンジェラが宣言すると、食い入るように園内を見つめるシーナに代わってナレンがゲートを開く。
「そして、慌ただしくプレオープンです。さ、時間もありませんがクリエイターであり最初のお客様方。当園へようこそ! お楽しみください」
 いつの間にか、スピーカーから楽しげな曲が流れている。
「まずは試乗が必要です」
 黒子の一言が聞こえたのか、見えないスタッフたちの手によってあちこちで遊具が動き始める。
「好い感じに出来たかしら? 早速皆で試乗しましょう」
 ユグゴト・ツァンがにっこり笑った。

 先回りしたフローレスが小さな城で来訪者を出迎える。
「遊園地となれば非日常感は重要ですわ!」
「ほうほう、ミラーハウスかにゃ」
「ただのミラーハウスではありませんわ!」
 迷宮を形作る鏡は飾り付けられ、映るその姿は不思議に輝いている。
「装飾と照明の当て方に工夫してありますの。迷いながらでも少し足を止めて、ステキな自分を見つめ直してみてはいかがかしら!」
 鏡に映る輝く自分を見ていたネコモは、ふっと息を吹きかけて鏡の中の自分の顔に指で『(*´ω`*)』と描く。
「ネコモさんー?」
「にゃん!?」
 いりすが自分を呼ぶ声に慌てたネコモは振り返り、背後の鏡の前で跳ねた。

 綺麗な青の屋根の建物はペンキを充填した銃などで撃ち合う、屋内型アトラクション「スキャットのスプラッシュペイントハウス」だ。
 屋内の真っ白なステージに入ると、スキャットがペイント銃を手に待っていた。
「新たな仲間やシーナ達も一緒に、楽しく遊べる場所を作ろうと思ったんだ!」
 プレイヤーに貸し出される銃は色を切り替えるスイッチが付いており、それで室内のモノに自由に彩色して模様替えをするゲームのようだった。
「アマトも……頑張るのです!」
「任務了解。求められているのは正確な着色でしょうか」
 完成した部屋はAIが判定しそれぞれ賞状が贈られるのだが、それを受け取った泰助が素っ頓狂な声を上げた。
「色褪せないカリスマなんて聞き慣れた言葉だろ、ストレスフルだねぇ」
 賞状をくるりと丸めた泰助を見送るスキャットの口角は少し上がっていた。

 次はゴーカートのレース場だ。
 シーナが息を飲む。
 グリフォンがひく荷馬車をシーナは知っている。跳ねる兎たちのようなメルヘンな動物はかつての遊園地のメリーゴーランドで並んでいた。
「荷馬車にはふかふかのクッションを詰めて、揺れても体が痛くならないように、あとは手綱とか、かっこよくしました! お母様が乗っても酔わなくて、お父様が乗ったらかっこいいように。──あと、だんでぃーな人が乗って似合うように。なってますか?」
 尋ねるアマト。
「うん。とっても、素敵。乗ってみてもいいですか」

 園内にはいくつかのお菓子の家を模した店があった。
「アイスハウスやケーキバージョンも見かけましたが、このシリーズはお土産物屋さんなんですね~。なるほど!」
 脳内で算盤を弾くようにナレンがしきりに感心する。
「子供だけでなく大人や高齢者も来る事を考慮した結果、飲食できる休憩所や思い出を持ち帰れるスーベニアショップを提案しました」
 アンジェラが答える。
「あ、これにしよう!」
 ゴロリンが店頭に並ぶキーホルダーを選んだ。
 ドワーフ、そして眠たげな少女や兎と猫、ロボット、スーツ姿や角や翼、面布のようなもので顔を隠した各種個性豊かなキャラクターたちが仲良くデフォルメされた巨大ハンマーを担いでいる。いや、二人は絵筆かもしれない。

 園内のあちこちにグッズやフードを満載したリヤカーが停まっている。
「もう料理が出来ているんですわね!」
 フローレスが思わず身を乗り出すと、黒子がトランプ型のチュロスを差し出した。
「まだ試食だけですが、どうぞ。これだけではなく、催事や繁忙期をフォローできるプランも用意しています」
 そのまま、オープンを祝うカーニバル仕様のオープンテラスへと誘う。

 赤白の薔薇を生やした緑の生垣には『エッグハント迷路』と書かれた看板があった。
 小型ゴーレムを抜けた先、休憩ポイントのお茶会をイズルは優雅に楽しみながら挑戦者を待っていた。
「アリスモチーフに便乗してみたんだ。中々だろう」
 スタート地点はランダムで、チェックポイントを探し出してカラフルな卵を集めるゲームだ。手持ちの籠に難易度ごとに違う規定数の卵が集まると出口が開く。お一人様でも、二、三人のグループでも楽しめる。
「さて、ギブアップはトランプ兵へご用命を」
「いいえ、まだ楽しみます」
 紅茶を飲み干したイズルはにっこり笑った。
「──皆さんと作った遊園地。ここは前よりいい物になったと思います」
「そうだね、私も楽しいかな」

 ドロップ・タワー型絶叫アトラクション『不思議の国のラビット・ホール』。
「……俺はアリスのテイストに合う物をと。降下する様子がほら、うさぎの穴を落ちるアリスの様でしょう? 見た目はkawaii、乗れば本格派を目指します」
「本格派絶叫アトラクションですか」
 アンジェラが淡々と語る。
「仕組みは大変興味深いのですが基本的にこれはゲーム世界であって飛行も可能な当機構にとっては特に脅威になるはずの無い物ですので今回の同乗は行わなくとも問題はないという結論に達し──すみません、まだ発言、中っすね!?」
 いつもより微妙に早口を増したアンジェラが流れるように乗せられてゆく。
 その後をほんのり酔ったユグゴト・ツァンが続いたのだが。
「お母様はやめた方がいいです」
 ツルギが真顔で止めた。
「まあ、みんなのにぎやかな声」
 残された母は慈しむようにタワーを見上げた。

 誘惑の香り漂う巨大チーズケーキの上には、ブランデーを垂らしたかのような色合いの大きなティーカップが並んでいる。
「子供達が言うのなら乗ってみようかしら」
 見学を宣言していたはずのユグゴト・ツァンは子供たちとカップに乗り込んでいた。
「ゆっくり、ゆっくり楽しみましょうね……」
「アマトがしっかり支えるのです」
「お母様はあまりハンドルを回さずに」
 前回の悲劇を知っている家族は丁重に扱う。
「そうだわ、子供たち。今度のティーカップはね、『ハンドルを回さなくても加速する』の」
「なんておっしゃいました?」
「それから、重さの傾きでよりぐるぐるするのよ」
「えっ」
 ……結果、四姉妹と彼女を乗せたティーカップはきっちり企画通りに回った。
「とびちる濃厚さが美味しそうじゃない? あっ──かお、貌に!」
「お、おかあさま──っ」
 フイフイの匂いが充満し飛び散るチーズケーキを被る惨状の中、シーナはドワーフへ調整を依頼していた。

 遊園地を囲むようにぐるりと巡るジェットコースター。刹那のスリルを楽しむはずのその上で何度目かの上昇中に一行(お母様を除く)を代表して黒子がネコモに尋ねた。
「素晴らしいアトラクションですが、だいぶ続いている気がします──!」
「アップダウンは激しく、ながーく絶叫を楽しめる世界一を目指したすんげー長いジェットコースターニャアアアア!」
 下降の強風に煽られながらイズルふと笑う。
「ゴールより水面が近いようだね──」
「んにゃ! 最後は水に楽しくどぼーんにゃ!」
『どぼ……!?』
 こちらでも企画通りの盛大な水柱が上がった。

「『何かあった時』に身嗜みを整える場所があって良かったです」
 黒子の作った簡易更衣室から出てきた一行はスタッフ用のアリスモチーフの衣装に着替えていた。
「ジェットコースターの角度はもう少し変更された方がいいのでは」
 アンジェラが提言する。
「ゲームの中の遊園地とは言え、ちょっとハードでしたわね」
 と、フローレス。
 辺りはもうすっかり暗くなり、一行は最後のアトラクションの前に来ていた。
 イルミネーションが美しい遊園地に浮かび上がるのは、懐かしき空飛ぶ大観覧車だ。
 『お家』が大好きないりすの徹底的なこだわりが反映されたゴンドラに乗れば、安心感に包まれる。外側からは見えにくく工夫されていたが、中からは空を散歩しているかのように夜の輝く遊園地が見えた。
「頑張ったかいがありましたね」
 発言した黒子だけではなく、皆が同じことを感じていた。
 乗客をダメにするゆったりとしたソファーに沈みながら、最高のひとときに身を委ねる。


●Fw: tragedy
 新たな遊園地が息を吹き返した。
(言葉やアイデアは『世界』を変えることができる)
 景色を眺めるシーナの脳裏に金言が過る。
「さて。そろそろ商売にも影響しますので返してもらってもいいでしょうかね?」
 囁かれた言葉ももうすんなりと受け入れられる。
「……学園で見かけた可愛い女の子になりたかったんだ。そうしたら、全部変わる気がして。ごめんね」
「そうですか」
 ゴロリンを伴うナレンは意外にも穏やかだ。
「よかったですね」
「うん、よかった」

 オープンした新しいふわ・トラ遊園地は透明なスタッフたちと、救出された一人の希望ヶ浜学園生徒『シーナ』によって運営されている。
 今日もオーナーは待ちに待ったお客様へと笑いかけた。
「ようこそ、ふわトラ・ソサエティーへ! ここでのルールはたったひとつ。
 皆で仲良く楽しく過ごして、しあわせな想い出を作ること!」


成否

大成功

MVP

なし

状態異常

なし

あとがき

新しい生活様式に慣れず大きく体調を崩してしまいまして、
大変お待たせしてしまい、申し訳ございませんでした。
毎度のごとく今回も文字数がぎりぎりになってしまいましたが、
イレギュラーズの皆様の行動をできるだけ反映させて頂きました。
しばらくリクエストは受けられないのですが、今回たくさんのリクエスト頂けてとても嬉しかったです。
皆様の楽しい思い出になってくれれば、と心から願います。

PAGETOPPAGEBOTTOM