PandoraPartyProject

シナリオ詳細

イ=ルーナクの今夜も無茶振りNight vol.13

完了

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

●湿気すごい
「ぴん、ぽん、ぱんぽーん!深夜■■時をお知らせします!
今夜も始まりました、イ=ルーナクの今夜も無茶振りNight!!

6月ですって、6月。
実は6月って私の誕生日なんですよね。
いや、今言うことに他意はないんですけどね。
うん、でも私の誕生日なのよ。

うん、『6月生まれだからこんなじめっぽい性格なんだー』って眼をやめろスタッフ。
私以外の6月生まれに謝れよ。

はい、スタッフの謝罪も頂いたところでね。
まーあれよ。いい年になるとなかなか他人に誕生日祝ってもらうことないから寂しいよね。とか。
まったくそんなことは思ってないってことになってるんでお便り読んでいきますね。

RN『氷山まるごとかき氷』さんからー。
いいわねー。一回やってみたいよね、でっけぇかき氷。
絶対途中で後悔するたぐいの夢だけど。

『イ=ルーナクさんこんばんは』

はいこんばんは。

『早速なんですけど、私には一つの夢があるのです。
とてもとても大きな夢です』

ほほう、この世知辛い世の中夢を持ち続けるのも大変だからねー。
一体どんな夢かしら。

『どんな夢かと言えば……』

いえば?

『そう、それはとても一言では言い表せず』

壮大な夢なのね。

『ちょっと緊張してきたのでお水飲んできていいですか?』

はよ言えや!!!!
水くらいちゃっちゃと飲んできなさいよ。
そしてお便りにわざわざこれ書く意味よね。
しばらく行稼ぎが続いてるから飛ばさせてもらうわ。

で、えーと。

『というわけで私の夢は「山みたいに大きなアンパンを食べたい」でした!応援してくださいね!!』

しょっぺぇ!
いや、甘い夢だけどね。
この夢言うためだけにめちゃくちゃ引き伸ばしてくれたわね。つーかかき氷じゃないんかい。
うん、正直ちょっと面白かったです。
というわけで程々にその夢応援しておきますね」

●境界図書館にて
『ご自由にどうぞ』

 境界案内人、カストルがいつもいる場所にはそんな書き置きと、何本かのペン、便箋だけが置かれていた。まあ、いつも同じ場所にいると疲れるものね。
 イレギュラーズがそんなふうに自分を納得させながらペンを手に取りお便りを認めることでしょう。

NMコメント

皆さんこんばんは、自分でもよく続くなと思う、イ=ルーナクさんのラジオ系ラリーシナリオ、今回で13回目です。

・いつもの説明
 このシナリオの舞台である世界は、一つの大きな屋敷と、その中の各部屋に据え付けられたラジオ、そしてお便りを入れるためのポストだけが存在する小さな世界です。
 住人らしき人は見当たりませんが、屋敷は常に清潔に保たれ、ラジオからは常に誰かの声が流れています。ポストに入れたお便りはラジオの番組宛てに送られたものとされ、番組の中で読み上げられたりします。
 このラジオがこの世界で唯一動きのあるものであるため、お便りを出すことで世界の活性化、ひいては滅亡からの救済となるという理屈はつけられますが要するにラジオにお便りを出して楽しもう、という趣旨のシナリオになります。

 章ごとに違うお題が設定されていますので、それに沿った内容のお便りを送ってください。

プレイングという形で皆様のキャラが出したお便りをラジオパーソナリティのNPCが読み上げる、という形のシナリオになりますので、キャラの描写自体はかなり少なくなります。ご留意ください。

・プレイングについて
 お便りとしてNPCに読み上げてほしい部分を『』で囲んで書いてください。
 それ以外の、キャラクターがこういう心情でこのお便りを書いている、などの読み上げてほしくはない部分は『』の外に書いてください。
 RN(ラジオネーム)をつけたい場合は併記してください。書かれていない場合はキャラクター名での読み上げになります。

 また、イ=ルーナクさんが認識している世界は現代日本に近いものです。ゲームの舞台となる無垢なる混沌の知識は持ち合わせていません。お便りを書く際の参考までに。

・今回のお題について
・第1章
『教えて!イ=ルーナクさん』
 いつものやつ。皆様のキャラクターが抱えるちょっとしたお悩みや疑問をイ=ルーナクさんがズバッと解決、できたら良かったのにね。ってコーナーです。無茶振り歓迎。

・第2章
『乾燥な間奏の感想を聞きたい』
 タイトルに意味はねぇです。6月になって雨も多く、じめっぽい日が多くなりましたね。というわけで、湿気やら雨やらに関するエピソードをお聞きしたいなってコーナーです。最近あったことだけじゃなく昔のエピソードでもなんでもオーケー。あるいはこんな湿気対策してるとかしてないとかそういうお話でも歓迎です。

 そんな感じです。
 それでは皆さんのお便りお待ちしております。

  • イ=ルーナクの今夜も無茶振りNight vol.13完了
  • NM名小柄井枷木
  • 種別ラリー(LN)
  • 難易度-
  • 冒険終了日時2021年06月26日 21時30分
  • 章数2章
  • 総採用数9人
  • 参加費50RC

第1章

第1章 第1節

メリー・フローラ・アベル(p3p007440)
虚無堕ち魔法少女

「んでは次のお便りでーす。
RN『RNで悩みすぎた』さんから。

『日記付けようとして続かない人って居るじゃない?』

お、私の話かな?

『学校の宿題とかじゃなくて、自主的に日記付けようとして何度も挫折して、そのたびに日記帳が増えていくような人の話ね』

私の話だったわ。

『続かないってことは書きたくないってことよね?
なら最初から始めなきゃいいのになんで日記つけようとするの?』

いや違うんスよ。
書きたくないってわけじゃないの。でもね、なんもやる気が起きなくて、一日中布団に寝転がって青い鳥のアプリをしゅぽんしゅぽんやってただけの日に日記に書くようなことってないじゃん?
そういう日が何回かあって日記の日付が虫食いだらけになると美しくないなってやる気がね?わかるでしょ?

『書きたいことがある日だけ書くなら分かるけど、「毎日かかさず」書こうとして書けないことを嘆いてる人は何を考えてるの?
やりたくないならやらなきゃいいのに』

いやね、まったくもっておっしゃるとおりなんだけどね。
そもそも日記をつけ始めた理由がね、私個人の意見なんですけども。
あれよね、私だってマメなことができるんだぞって証明っていうかね。誰も得しない反逆っていうか。
だから日付が途切れた時点で当初の目的不達成っていうか、続ける意味が消えるっていうか。

うん、わかってくれとは言わないけど、そんな駄目な大人がいること、心の片隅においておいてくれると嬉しいナ☆」

成否

成功


第1章 第2節

ノリア・ソーリア(p3p000062)
半透明の人魚

「次のお便りですって。
RN『透明しっぽの人魚姫』さんから。

『唐突ですけれど、今月は、6月ですの!!
6月といえば、どうやら、ジューンブライドというイベントが、ある月のようですの。
そこでわたしも、ほんとうは、まだ早いのですけれど…結婚式の、予行演習をしようかと、おもっていますの』

はーん、いいんじゃない?
何事も備えあれば嬉しいなって言うしね。

『そこで、イ=ルーナクさん…教えてくださいですの!!
イ=ルーナクさんは…わたしには、どんなウェディングドレスが、似合うとお考えでしょうか!』

へい、無茶振り。
いや、私にそういうセンス求めちゃだめですよ。ほっとくと終日ジャージで過ごしてる人間ですから。
そもそもお顔すら知らないですからね。前提に無理がね。

『といっても、いきなりでは、いくらイ=ルーナクさんでも、無理でしょうから
顔写真を、同封しておきますので、真面目に考えてみてくださいですの』

とか言ってたら何という気配り。
へへ、言い訳が立たなくなっちまったぜ。

『なお、「RNから考えればマーメイドドレスだよね」なんていう、安易なアイディアは、禁止としますの


そんでお茶濁そうと思ってたネタも潰されるっていうね。
こうなると無残なこと言うか無難すぎるかになってくるわよ。

まぁ無残になるよか無難な方がマシですよね。ってわけで私なんかより旦那さんに好みを聞いたほうがいいわよ、って感じで。
結局割と無残な意見だった気がするわ」

成否

成功


第1章 第3節

皿倉 咲良(p3p009816)
正義の味方

「次のお便りですよー。
RNは『100万ドルの夜景』さんから。
100万ドルって具体的に何基準の金額なんでしょうね、夜景の。

『イ=ルーナクさん、こんにちは!
ごくごく個人的な悩みなんですが、最近つまらないケアレスミスが増えています』

奇遇ですねぇ。私も多いのよ、ケアレスミス。最近っていうか昔からだけど。

『テストでは答案用紙に名前を書き忘れるし、学校行く時は忘れ物するし』

あるある。私も学生の頃よくやったわー。

『この前はうっかりモンスターに衝突してしまいました(泣)』

あるあ、それはないわ。
さすがの私も存在しないものに衝突するだけのうっかりパワーは持ってないわ。

『本当に大したことではないのですが、なぜこんなにも私はドジを踏m......
ぎゃー!最悪だこれ鉛筆じゃなくてボールペンだ修正できないよぉ…!』

そしてここ、うっかり書き損じちゃってますね。
まぁ二重線で消したくらいじゃ判読できるんで読み上げちゃうんだけどね。
恨むなら恨んで。でもあなたのうっかりをリスナーの皆さんにお届けするのが私の仕事だから……!
今考えた仕事だけど!

『…なんでも良いので、おっちょこちょいをしないで済むような良い方法、ありませんか〜(泣)』

それがわかれば私も通知表に毎回『もっと落ち着きを満ちましょう』って書かれないんですわ。
というわけでそのうっかりは一生モノだから、大事にしてあげてくださいねぇ」

成否

成功


第1章 第4節

志屍 瑠璃(p3p000416)
遺言代行業

「んじゃ次ねー。
RN『仕事帰り 光芒に紫陽花白く』さんから。
詩的で素敵なお名前ね。

『人は何故争うのでしょう』

ヘイ、哲学。

『すみません、あまり壮大な問いかけのつもりはなくってですね』

おっと、こっちも早とちりだったかな?
とりあえず拝聴しますよ。聴ってか読み上げるんだけども。

『先日スラムの闇市――もとい、近所の市場で聞こえてきた話でして』

OK、本筋に関係ないならスルーしますね、怖いから。

『仮にAとB二種類あるとしまして、割とセットで扱われたりもするのですが、Aを好む男はBを嗤い、Bを好む男はAを貶め……あんまり喧しかったので、まとめて市から叩き出しました』

わー、アグレッシヴ。まぁ市場で喧嘩は迷惑よね。

『そうですね、私がAを好む者だとしたら、仲間が増えれば自分がAを食べる可能性は減りますし、相手がAを手に入れた際に貰うことも出来るので、変にAの良さなど教えず、Bを好む者にはBを手に入れたらあげるよとか言っておけばいいのに、などと思うのですが……』

なるほどねー、光芒さんはそのタイプか。
や、気持ちはわかりますよ。私も独り占めしたくなる質だから。
けどやっぱり自分が好きなものを他の人も好きだったら嬉しいじゃない。 
だからある程度派閥ができるのは仕方ないのよね。
もちろん、だからって他のものを悪く言っていいわけじゃないけど。

まぁというわけで人が争うのは遺伝子に刻まれた古の罪業です。
適当言いましたよ」

成否

成功


第1章 第5節

フラーゴラ・トラモント(p3p008825)
オリーブのしずく

「ほいじゃぁ次行こうかね。
RN『恋するオオカミ』さんからです。

『イ=ルーナクさんお誕生月だそうで
おめでとうございます』

ありがとー!
その言葉で一生生きていけるわ。

『思い人とはずっと仲良くやれているのですが』

あらあら。

『よく考えたらワタシ達はまだ付き合ってもいないしキスもしていないのでした…』

えっ、マジで?
キスはともかく付き合ってないは嘘でしょ。

『ワタシはそういう事がしたいのですが良しとしてくれません
思い人は気さくだったり奔放のように見えて
とても真面目で繊細なのかもしれません
思い人が「キスぐらいしてもいいかな」と思わせるにはどうしたらいいでしょうか?』

恋愛クソ雑魚な私にはハードル高い質問きましたね。

『うう…ちゅーしたいよお…』

けどまぁなかなか切実さを感じるし一肌脱ごうか!
って思ったんだけどね。

『追伸・先日ママになってきました』

追伸が気になりすぎるのよ。

『大の大人が幼児退行する病気があって
ミルクをあげてよしよししたり子守唄を歌ってあげました
好きな人も日々で疲れているようなのでこんな感じで癒せばいいですかね?』

なるほど、病なら仕方ないね。心のかな?
多分その癒やし方はやめておいたほうがいいと思うよ。
いやでも疲れてるって言うなら母性で包み込むのも間違いじゃないのかしら?
イ=ルーナクさん何もわからない……。

まぁ、これまで着実に進んでいるのだから、慌てずにまた歩みを進めればいいんじゃないかしら」

成否

成功


第1章 第6節

「おっと、そろそろ次のコーナーの時間ですねー。
今回も世界はお悩みに満ちていました。私の悩みは誰が聞いてくれるのでしょうね。

なんて言いつつ、一旦CMでーす。チャンネルはそのままで!」

PAGETOPPAGEBOTTOM