PandoraPartyProject

シナリオ詳細

地の底這いし声の主

完了

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

●地の底這いし声の主
 ネオ・フロンティア海洋王国を構成する海域の一つ、フェデリア海域。
 過去の大きな戦いがあり、色々と因縁が繰り広げられた場所ではあるが……今となっては海上においては海賊騒ぎこそあれ、昔のような大騒動は見かけられなくなっていた。
 そんな大騒動が落ち着きつつあると、心湧き踊るような事件を求めてしまうのもまた然り。
『そうなんだよなぁ……この海域には、お宝を積んだ船が沈んでいるってな話なんだぁ……!』
 と、フェデリア海域に属する一つの島、『ケイスター島』の島民は、そのような事を口にする。
 島近くの海域に船が沈み、そこにお宝が残されている……というのは、よくある話。
 勿論その真偽を島民達が確かめたわけではないのだが……そういった噂話は尾ひれがついて、大きくなって伝わってくるというもの。
 ただこの島民が言うには、最近新たに向かった漁場で行っていた延縄漁の仕掛けが、海底の『何か』に引っ掛かり、壊れてしまったという。
『俺らには海に潜るような道具もなけりゃ、稼ぐ術は漁しかないだべさぁ……はぁ、困っただなぁ……』
 照り付く空の日差しを見上げながら、深い溜息を吐く島民達。
 ただ、そんな島民達のぼやきは、島を訪れた人々の口づてを経て、様々な人達へと伝わり。
『ほう……それはおもしれえじゃねぇか! 海底にあるお宝を手に入れれば、一生遊んで暮らせるんじゃねぇか!?』
 と鼻息荒く息巻くのは……最近この海域に辿り着いた海賊達。
 そして海賊達は、お宝を独り占めにしようと……他の船の居ない深夜にその海域へと向かう。
 海底を救う網を投下し、海底の物を根こそぎ手に入れようとする……のだが。
『……ウォォォン……!!』
 引き上げるにつれ、聞こえてきた鳴き声。
 そして船は大きく揺れると共に横転……そして海上に出てきたのは、巨大な蛸の姿をした狂王種「『吸荒』スッツキィ」なのであった。



「ん……ああ、皆、集まってくれていたのか。んじゃ、早速だが始めるか」
 と、『黒猫の』ショウ(p3n000005)は、集合していたイレギュラーズに振り返ると共に。
「今回はな、海洋のフェデリア海域にある『ケイスター島』近海に出張ってほしいんだ」
「皆もすでに知っての通りだが、フェデリア島の近海には過去の戦いで沈められた船が多く眠っている。そんな船に宝があるとか、この海域においては良く聞く噂話ではあるがな」
「だが、そんな海底に沈められた船には、時々凶暴な奴らが棲み着いてしまってる様なんだわ……今回もその一つをちと退治してきてほしい、って訳になる」
「さっきの噂話に目が眩んだ海賊船が、船をサルベージしようとしたら、船と共に棲み着いてる狂王種もサルベージしてしまった様でな……まぁ自業自得だからって切り捨てる事も出来なくはないんだが、それはそれで寝覚めが悪い。ま、狂王種を下手に海域にのさばらせておく訳にもいかねえから、とっとと退治しちまおう、って訳なんだわ」
「つまり、だ……簡単に言うと狂王種に襲われている海賊船を助けて、一緒に狂王種も海の中に沈めてきてほしい、って訳だ。ま、皆ならそんなに苦戦する事はねえと思うが……よろしく頼むぜ?」
 ニヒルに笑いながら、君達一人一人の肩をぽん、と叩くショウなのであった。

GMコメント

 皆様、こんにちわ。緋月 燕(あけつき・つばめ)です。
 今回は狂王種討伐シナリオ……ですが、狂王種に襲われている海賊船も助けてほしい、という依頼になっております。

 ●成功条件
   最低条件は狂王種の討伐です。
   海賊船についての救出は必須事項ではありません。

 ●情報精度
   このシナリオの情報精度はBです。
   依頼人の言葉や情報に嘘はありませんが、不明点もあります。

 ●周りの状況
   フェデリア海域の『ケイスター島』から数時間ほど南方に航海した海域です。
   時刻は深夜、周囲は真っ暗……海賊船の船の灯位しか見受けられない状態となりますので、皆様の方で灯は必須です。
   海賊達は狂王種に襲われており、混乱状態に陥ってます。
   救出後に彼らが敵になる事はありませんが、彼らは狂王種から逃げようと戦場を駆けずり回りますので、識別のない範囲攻撃は彼らを巻き込む危険性が高いでしょう。
   ちなみに海賊団の人数は、10人程度と小規模の様で、ある程度正気を取り戻せば、自分の身を守ろうと足掻く事は出来ます。

 ●討伐目標
   狂王種「『吸荒』スッツキィ」一体です。
   姿形は蛸の如く……蛸の触腕8本がそれぞれ攻撃や防御の行動を取ることが可能です。(つまり8回行動出来ます)
   また、その行動の中の1回を消費しで、タコ墨を口から噴射して、近接範囲の視界を奪う(暗闇効果)攻撃が可能です。
   触腕の攻撃は、基本的に横に振り薙いでの攻撃で、近距離を範囲としての単体物理攻撃、かつ『体勢不利』『呪縛』のどちらかの効果を与えてくる攻撃となります。
   更に狂王種の特徴なのか、かなり体力が多くてしぶといので、持久戦になる可能性が高いでしょう。

   それでは、イレギュラーズの皆様、宜しくお願い致します。

  • 地の底這いし声の主完了
  • GM名緋月燕
  • 種別通常
  • 難易度NORMAL
  • 冒険終了日時2021年04月22日 22時10分
  • 参加人数8/8人
  • 相談6日
  • 参加費100RC

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

参加者一覧 (8人)

エイヴァン=フルブス=グラキオール(p3p000072)
波濤の盾
カイト・シャルラハ(p3p000684)
鳥種勇者
海音寺 潮(p3p001498)
揺蕩う老魚
秋宮・史之(p3p002233)
若木
クーア・ミューゼル(p3p003529)
めいど・あ・ふぁいあ
ジョージ・キングマン(p3p007332)
絶海武闘
モカ・ビアンキーニ(p3p007999)
Meteora Barista
築柴 雨月(p3p008143)
夜の涙

リプレイ

●海中潜踊
 広大な海が広がるネオ・フロンティア海洋王国。
 そこを構成する海域の一つ、フェデリア島周辺に広がる海域。
「昔は此処で大きな戦いがあった訳だが……もう、その面影も無いな」
 と『波濤の盾』エイヴァン=フルブス=グラキオール(p3p000072)が溜息と共にぼやく通り、広がるは穏やかな大海原。
 波もそこまで高くなく、平穏を取り戻した……かの様に見えたが、そのような平和な海にぽっと出てきたのは、海底に沈む、お宝満載の沈没船の話。
 似た様な噂話自体はこの海洋においてはさほど珍しくなく、良く聞く話。
 ……だがここ、『ケイスター島』の近海における噂話には、延縄漁で投下した網がボロボロになって、使い物にならない状態で引き上げられたという実害が発生しており、その噂話が真実なのではないか……と広まってしまった。
 そんな信憑性を信じた海賊が海域へと向かい、そいつらが襲撃されてしまう様だから助けてほしい……と言うのが、今回ショウから頼まれた依頼。
「しかしまぁ……今回は賊という割には、それなりに愉快な連中のようなのです」
 と『めいど・あ・ふぁいあ』クーア・ミューゼル(p3p003529)が苦笑と共に肩をすくめ、『夜の涙』築柴 雨月(p3p008143)も。
「そうだね。今回の事件、海賊さん達の自業自得……のような気がするんだけど」
 と、たまらず苦笑する。
 確かに今回の事件、海賊達がそんな噂話を信じ込まなければ事件が起こることは無かっただろう。
 ただ、例えこの海賊達が行動を起こさずとも、また別の海の男達がその噂を聞きつけ、同様の事件を起こしかねない。
 更にこの事件を起こしているのが、タコが巨大化し凶暴化した狂王種である、という事。
「ったく、海賊が狂王種ごとき恐れるんじゃねーよな……それに名前が吸い付くからって『吸荒』スッツキィ……ってな」
 と『風読禽』カイト・シャルラハ(p3p000684)が天を仰ぐと、『若木』秋宮・史之(p3p002233)が。
「確かに、名前だけ聞くとかわいいんだけど……でも今回の敵はあなどれないやつみたいだし。8本の足で連続行動とか、ね」
 と真剣な表情を浮かべる……それに雨月が。
「確かに、ね……俺は戦いには不向きだけれども、少しでも皆さんが戦いやすくなる様に、全力でサポートしよう。出来る事はなんでもする! そして海賊さん達を助けるぞ!」
 と自分に活を入れる。
 それに『Meteora Barista』モカ・ビアンキーニ(p3p007999)と『揺蕩う老魚』海音寺 潮(p3p001498)、『絶海武闘』ジョージ・キングマン(p3p007332)の三人も。
「こういう噂は得てして不明瞭で不正確な情報だからな。情報の裏を取らないのは三流のやる事だ」
「うむ。いい話には裏があるという事じゃ。だいぶ時も過ぎた事じゃし、本当にお宝があるのなら、とっくに皆が取り尽くしとるはずじゃしのう♪ 嘘を信じてはいかんぞよ、と」
「ああ。一攫千金を夢見る者は多いが、ある意味これも大当たりを惹いたようだ。しかし、話を聞く限りは遅かれ早かれ、漁師が犠牲になっていた可能性が高い。今回海賊には身代わりになってもらったと思う事にしよう。その代わりに手助けをしてやろうと言う事で。そして梁上を広げる為にも、邪魔な狂王種にはご退場願おう」
「そうだな。私たちにとってはうっとうしい狂王種を発見出来て、退治する仕事が出来る。大当たりだ」
 三人が静かに笑みを浮かべると、カイトもやれやれと言った感じで。
「そうだな。船がひっくり返っちゃしゃーないか。助けに行くぜ!」
「うん。今は一端置いておこう。理由はどうであれ、人を助けたいっていう気持ちは変わらないしね」
「そうなのです。見放すのも後味悪いので、さっさと助けて恩を売っておくのです」
 雨月とクーアと言葉、そして。
「女王陛下の海に狂王種なんて必要無いよ。速やかに駆逐しなきゃ」。ついでに海賊船の人も助けよう。あんなんでも女王陛下の民だから」
 史之も決意の炎を燃やす。
 そしてイレギュラーズ達は、幾つかの船に分乗し、『ケイスター島』へと急ぎ向かうのであった。

●海の底の主
 そしてケイスター島南方に向けて出向し、数時間。
 周囲の海は暗闇に包まれており、波もそこまで高く無い……まさしく順風満帆な航路。
 聞くところによれば、海賊船は僅かな灯を灯し、海底をサルベージしている筈だから……暗闇の中ならば、その灯は目立ちそうな物である。
「取りあえず、ちょっと飛んで調べてみるとするか!」
 とカイトが言うと、その翼をばさりと広げて空高く飛翔。
 高高度からぐるりと周囲を見渡すと……。
「……! 5時の方向に灯発見だぜ!」
 僅かな灯をも暗視で鋭く見極め、仲間達を導く。
「分かった……5時の方向だな、みんな、ちょっと揺れるよ!」
 そしてカイトの導きに応じ、その方角に操舵輪を回す史之。
 更に船の上で、潮が発光で自らの身体を光らせて、ピッカピッカと灯を灯す。
 夜の帳が落ちた中に、ピカピカ光る船が近づいてくる……平時の海賊船船員達であれば、何だあれは、と怪訝がるだろう。
 しかし、その時すでに海賊船は。
『うわぁ、何だ何だぁ!!』
『網が……取られる……! 凄い力、だ……!!』
 海底の狂王種に網が引っかかり、その網を振りほどこうと巨体を海底で蠢かせている。
 当然網は引っ張られ、船は大きく左へ右へ……と揺れる様な状況。
 船の上の海賊達は予想外の揺れに慌てふためき、悲鳴を上げるばかりで網を手放そうともしない。
 混乱状況に陥った海賊達は、すでに冷静な判断を取れなくなっていて、大揺れの結果船の甲板に海水が入り込んでも、何も出来ない。
 段々と揺れが大きくなり、甲板への浸水が増えてきて、船は少しずつではあるが、沈み始める。
『おい、何か沈んでるぞ!?』
『知るかよ! こんな状態じゃ、手離したら海に投げ出されちまうだろうが!』
『うわーーー!! やめろーー!!』
 更なる悲鳴が上がり、混乱極まる海賊船。
 そして……網を引きちぎるようにしながら海上に姿を現わす巨大タコ……いや、狂王種『スッツキィ』。
 八つのタコ脚を海賊船の船体に絡みつかせ……力尽くで転覆させ、海賊達は海へと投げ出されていく。
「しっかりしろ、チキン海賊ども!!」
「特異運命座標クーア・ミューゼル、あなた方を助けに来たのです!」
 急速航行していたモカの『ステラビアンカII号』が海賊船に横付けすると共に、史之の船を狂王種に向けて突撃させ、更にクーアが海賊達に仲間である事をアピール。
 だが、海上に投げ出された海賊達は、更に混乱。
 そんな海賊達の頬をモカはパシッと叩いて。
「生きて帰れば、私が美味い料理を作って貴方達に食べさせてやるぞ! だから正気に戻れ!」
 と半ば力尽くではあるけれど、混乱に陥っている海賊共に正気を取り戻させ、船へと押し込んでいく。
 一方、不意を突かれたタコは、海賊船からタコ脚を一端退避し、僅かに怯む。
 怯んだ隙に、潮、モカ、史之らが夜の海へと飛び込み、混乱している海賊達を、各々の船に強引に放り込んでいく。
 ただ救助作戦をしている最中に、狂王種をフリーにしておく訳には行かないので、カイト、クーア、ジョージの四人はタコに対峙。
「『風読禽』のカイト、ココに見参ッってな! さぁ、巨大タコよ、俺達が相手してやるぜ!」
 とカイトは飛行し、タコの背面へと回り込むと共に、否定の翼からの緋色の大翼を広げ、堂々と名乗り口上で挑発。
 更に周りが暗い状況なので、雨月がシャイニーランプを、ジョージが鬼灯の燈會を灯して視界確保。
 そして怯んでいる狂王種に向けて、素早くクーアが先手のデッドリースカイの一撃。
 消費は激しいが、強力な一撃を最初から叩き込む事で、狂王種の体力を一刻も早く減らすことに注力。
 しかしその一撃を食らっても、簡単に倒れる位ヤワではない狂王種。
「やっぱり、しぶとい様なのです」
「分かった。じゃ、続けて行くぜ!」
 狂王種を挟んだ背後より、カイトも残影百手の一撃を躊躇なく叩き込み、ターゲットを逆転させるように仕向ける。
 だが、更なる攻撃の手は、又逆の方からジョージが瞬天三段。
 狂王種の急所と思しき三箇所を、三つの矢で次々と射抜きダメージを加えていく。
 と、三人が攻撃した後での、狂王種の反撃の手番。
 八本の触腕を全力で振り回し、波しぶきを縦ながら近寄るイレギュラーズをなぎ払う。
 高い所に居るカイトに対しても、ぐいーん、と触腕を伸ばして反撃の一閃をしたり、タコ墨をプシュッと吹きつけて視界を奪おうとしたり。
 だが、そんな墨攻撃を受けたカイトは。
「大丈夫だっ!」
 と即座に高度を下げ、海中を潜り抜ける。
 ……すると顔に張り付いていたタコ墨は、みるみる内に海水に溶け出していく。
「そういえばタコ墨は粘性が低いのですね。水で顔を洗えばそんなに懸念するような物でも無いのです……まぁ、進んで被りに行きたいとは思わないのですが」
 クーアがぽつりと零し、それに雨月が。
「そうだね。海賊さんはまだ居るから、もうちょっと耐えて」
 と海賊救出作戦の状況を報告しつつ、船に上がった海賊の傷を雨月はライトヒールで応急手当する。
 次の刻、救出作戦を並行して進めつつ、クーア、カイト、ジョージ三人の攻撃は変えること無く前、後ろ、前と挟撃。
 触腕のターゲットも前と後ろに縦横無尽……狂王種の身体は海上に大きな波を立てて動き回る事になる。
 そんな狂王種の動きにカイトは。
「ふふん。高い所でも風は俺の味方だからな! お前の攻撃なんて喰らってたまるか!」
 と声え高らかに叫び、挑発は欠かさない。
 更に数刻……海に投げ出された10人の海賊達が、やっとイレギュラーズ達の船に積み込み終わる。
「よーっし、海賊共は全員保護出来たよ! 後はこいつを倒すだけだ!」
 とモカが仲間達に叫び報告、そして史之も。
「海上の方は皆に頼む。俺は……水中から仕掛ける! 虎穴に入らずんば虎児を得ず、というしね」
「了解! さぁ、蛸もどき! 貴様を倒して、その縄張りを解放してもらおうか!」
 ジョージはそう言うと共に、狂王種の触腕一つへ攻撃、更に。
「皆、触腕を一個ずつ仕留めて行こう! そうすれば手数を減らすことが出来るからな!」
「了解じゃ!」
 潮は狂王種の真っ正面に対峙し、ブレッシングウィスパーで自己強化しながら盾役として立ち塞がり、引き付け。
 その背後よりクーアが再びデッドリースカイを叩き込んで……一腕を海中へと切り落とす。
『……!!』
 己が一腕を切り落とされ、狂王種は別の触腕をバタバタと海へ叩きつけて悶え苦しむ。
 水飛沫が辺りに飛び散るものの、それをカイクグリナガラもかの流星双撃と、残影百手による連続攻撃。
 更にカイトもモカに連携し、追加の残影百手をグサリと刻み込み、二腕目も一刀両断。
 瞬く間に二腕を切り落としたのは……今迄仲間達が、本体に攻撃を加え続けていた結果。
 無論狂王種側も、残った触腕と蛸墨を吹き付けて反撃の狼煙を上げる。
 だが……喰らったダメージは、速攻雨月がミリアドハーモニクスで早々に回復。
「海賊含めて、回復は俺に任せて……皆さんは、狂王種の退治に集中してください」
 そんな雨月のバックアップを受けて、狂王種に容赦なく集中砲火。
 海賊達の避難の為に少し時間は掛かったものの、足手まといが居ない戦場に火力全開。
 8本あった触腕を一つずつ確実に切り落としていけば、攻撃の手数も減り一石二鳥。
 そして……8腕を全て倒した所へ。
「さぁ……これでトドメだよ!」
 トドメとばかりに史之が海中からの、ギガクラッシュ。
 その一撃に狂王種の身体は爆散していくのであった。

●狂いの弊害
 そして……何とか狂王種を倒したイレギュラーズ。
「ふぅ……どうにか終わったか」
 汗を拭いながら、少し空を飛んで周囲を確認するカイト。
 ……もはや半分以上沈没している海賊船……ここから立て直す事は不可能だろう。
 まぁ……すでに海賊船の船員達は、モカとジョージの船に乗り込んでいるから、船が無くなっても問題は無いだろう。
 とは言え船を失った海賊……商売道具を失った訳で、これから生きるには大変な困難が伴うだろうが。
「ちょっとまわりをもうちょっと調べてくる。ここは頼めるかい?」
「うむ、了解じゃ」
 カイトに頷く潮。
 そしてカイトは空から灯を照らし、辺に反射するような所がないかを確認する一方で、潮は怪我をした海賊達の保護と治療を行う。
『はぁ……はぁ……あ、ありがてぇ……』
 狂王種に襲われるという……普通に生きていれば経験する事の無い事を経験した海賊達は、治療を受けて、本当に安心した様である。
 ……そんな海賊達に、更に史之とモカが食べ物やら飲み物を振る舞い、喉の渇きと腹の虫を収める。
「どう、美味しい?」
『あ、ああ……』
「それなら良かった。ちゃんと飲んで舌が回るようにしておきなよ。これから余罪を吐いて貰うからさ」
『……え? お、俺達、そんなまだ海賊なんて……し、してたけどよぉ……』
「していたんだね? ちゃんと悔い改めて貰わないと、ね」
 にっこりと笑う潮、そしてモカも。
「そうだねぇ……あらいざらい吐いて貰おうか。変な点があったら、うちの店の客に笑い話として言いふらしちゃっても良いしね」
 と微笑む。
 二人の圧に折れて、余罪を吐き出す海賊達だが……さして大きな海賊行為は行っていない模様で、海賊としては小物だった様で。
『ほ、本当にこれだけだって……だから、許してくれよぉ……』
 洗いざらい吐いて、まるで泣き出しそうな声を絞り出す彼ら。
「そうか……まぁ、嘘は無さそうだし、な。という訳で、後は今後どうするか、だ。足を洗い、働き口を探すなら俺の元に来てもいいぞ? 海賊行為を続けるというのなら……突き出すだけだしな」
「うむ。もしくは……そうじゃ、この近くの島民達は、延縄漁の網が壊されて困っている様じゃ。助けた御礼に、漁の仕掛けを直す……ってのはどうじゃ? 海賊行為をしてたとしても、そういった事をすれば許してくれるかもしれぬしな」
 ジョージと潮の提案。
 船が壊れた彼らにとって、すぐに海賊行為をする……というのも難しいだろうけど。
 それにカイトやジョージが見た限り、周囲の海域には、お宝というのも眠っていなさそう。
『……なぁ、どうするよぉ……』
『そんなの……すぐ決められねえよ……』
 顔を見合わせ、ぼやく海賊達。
「まぁ、今すぐ決めなくても良いと想うのです。取りあえずケイスター島までは数時間かかりますし、その間に色々と相談して決めると良いのです」
「そうですね……二度目はもう、ないですよ?」
 クーアと雨月が釘を刺し、そして元海賊とイレギュラーズ達は……噂話の発端となったケイスター島へと引き返して行くのであった。

成否

成功

MVP

なし

状態異常

なし

あとがき

アクエリア近海シナリオに参加頂きまして、ありがとうございました!
今回の海賊達は、まだ駆け出し海賊というイメージだったので、ちょっとヘタレな感じでした。
皆さんの説得勧誘に従うかどうかは分かりませんが……あんだけ怖い思いをしたから、もう海賊船稼業は出来ないでしょう……。

PAGETOPPAGEBOTTOM