PandoraPartyProject

シナリオ詳細

竜と成りて人と戦わん

完了

参加者 : 4 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

■小さな小さな砂漠のオアシス
 とある世界。剣と魔法が世界を支配する大多数の世界の中の一つ。そこでは人は領土を得る為に争い、竜が覇を唱えんと戦う。戦乱の世の中であった。
 竜は強大で人は苦戦を強いられたが、八英雄と呼ばれる者の登場と、竜殺しの武器の開発により次第に数を減らし、今では僅かな数ばかりが生き残るのみとなった。
 やがて竜達は野心を失い、穏やかな暮らしを求め人が来ない砂漠の真ん中にオアシスを作り、そこでひっそりと暮らすようになる。
 彼らは自らの力を封じる為に人の姿をとるようになり、時折現れる迷人を救いながら慎ましく生き。竜の境遇に涙した八英雄の中の一人と協力し、小さな小さな国とも言えない町を作る。
 それはいつの頃からか、外では秘境と呼ばれるようになり多数の宝が眠る土地とされてきた。

 それが一つの悲劇を生む事になる。

「そうか……来てしまったか」
 数少ない竜……人と交わるようになり混血児も生まれるようになったが……達が身を寄せ合い、恐怖に震える。
「長、こうなれば仕方ない。戦いましょう!」
「……しかし、我らが人と争うとなると……」
 長と呼ばれた男が懸念するのは、混血児の子。そして竜に救われ尊敬し、自ら守り人を買って出た人間の気持ちであった。
 しかし、彼ら彼女らは首を振る。考えるまでもないと。
「長達は我らを救って下さった。ならばその恩に報いねば、人として生きられません」
「そうか……有り難い。しかしこちらの戦える者は数少ない……」
 竜の力を開放できる者は、純粋な竜族のみ。混血児が多数となった今では僅かな数しかいないのだ。
「せめてあと四人……」

■人と戦い竜を救え
「……このままこの竜族が滅んでしまうと、世界の均衡が崩れ戦争が終わらなくなり、結局人々も死んでしまう」
 境界案内人のカストルが、世界の行く末を説明する。世界全てを救う為には、人を倒さなくてはいけない。なんとも皮肉な話である。
「特にこの竜達の中でたった一人だけいる、光の竜の子は死んじゃいけない存在なんだ。だから、皆には戦いに介入し竜を救って欲しい」
 皆は向こうでは竜族の一員となって戦える、圧倒的に強くなるからね、と加えて。
「……ただ、竜殺しの武器には気をつけてね」
 最後に、イレギュラーズの身を案じる一言が彼らの背を押した。

NMコメント

 前にドラゴンライダーという竜に乗って戦うシナリオを書いた以下略です。
 今回は皆様に竜自身となって戦って頂きます。なので元々の能力値は多少は参考にしますがほぼ意味がないものになります。
 以下、選べる竜の特徴。

■火属性
 燃え盛る火炎のブレスが得意な竜。中距離戦闘型。接近されても打撃で戦えるが、他の竜に比べ打たれ弱い。
■水属性
 激しい水流のブレスが得意な竜。遠距離型。接近戦は不得意だが、味方の回復を唯一できる属性。
■風属性
 唯一飛行できる竜。近接戦闘タイプ。命中、回避、機動力に優れるが攻撃、防御は低め。ヒット&アウェイが可能。
■地属性
 他の竜よりも強靭な肉体が特徴な竜。近接戦闘タイプ。遠距離攻撃は全くできないが、戦場が砂漠なので他属性よりも更にタフに。

 以下味方NPC
■光の竜の子
 上位種の竜です。かんなり強いですが、子供なので油断しやすいので注意。この子が死んでしまうとバッドエンド。
■砂漠の人々
 竜に変化できない混血児や、純粋な人族です。彼らは魔術や弓矢で遠距離からサポートしてくれます。

 以下敵詳細
■一般兵×1000
 数だけは多い一般兵です。竜の敵ではありません。後衛の人々に攻撃が向かわないようにだけしてあげてください。
■将軍×5
 それぞれが剣、槍、斧、弓、魔法を極めた将軍です。彼らは五人とも竜殺しの武器を持っているので単独で戦うと危険です。但しソレに驕っている部分があるので連携して戦いはしませんので、そこにつけこむと良いでしょう。

 以上となります。
 竜となってどのように戦うか、ブレスを使うか、肉弾戦で戦うか。空から奇襲、地中から急襲。様々な戦法が取れます。
 それを楽しんでいただけると幸いです。

  • 竜と成りて人と戦わん完了
  • NM名以下略
  • 種別ライブノベル
  • 難易度-
  • 冒険終了日時2020年09月22日 22時10分
  • 参加人数4/4人
  • 相談4日
  • 参加費100RC

参加者 : 4 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

参加者一覧 (4人)

バルガル・ミフィスト(p3p007978)
長月・イナリ(p3p008096)
狐です
隠岐奈 朝顔(p3p008750)
天色に想い馳せ
ノア・ザ・ミドルフィンガー(p3p009034)

リプレイ

■吼えろ竜よ
 異世界の大地に降り立ったイレギュラーズ達は、己の身の内に今まではなかった力が芽生えたのが感じられた。それは強大な力。己の気の向くままに全てを破壊できそうな、偉大で、危険な力を。
 これに振り回されてはいけないと心に留め、そして、猛る力を開放するかのように砂漠の空に向かって吼える。
 竜の力よ、目覚めよ! と。
「なるほど……このようになりますか。これも貴重な体験、蹂躙するとしましょう」
 『夜に這う』バルガル・ミフィスト(p3p007978)が変化したのは、鱗の一枚一枚が正しく岩、その体は雄大な大地の如く巨大な、地を司る竜。一歩歩くごとに、小さな地響きが辺りを支配する。
「なるほど、竜の姿ってこんな感じなのね」
 『狐です』長月・イナリ(p3p008096)はトカゲ……体躯は比べ物にならないほどに大きいが……に変化し、大地を見下ろしながら一つ呟く。
 普段は小柄なイナリだが、竜の身体は巨大。違った視点で見えるモノに少しばかりの感動を覚える。口から吐息と共に炎が漏れるのも、少しばかり面白い。
「まさか竜に成る日が来るなんてね」
 翼を持つワイバーンに姿を変えながら、ノア・ザ・ミドルフィンガー(p3p009034)が感慨にふける。混沌世界に喚ばれてからというもの、摩訶不思議な体験ばかりをしてきた彼女だが。まさか竜になるという経験までするとは夢にも思っていなかった。
「お姉ちゃん達、誰?」
「オキナ達は、味方だよ!」
 光輝く体毛を持つ竜、光の竜の子。その隣に姿を見せた碧き体躯の竜は『天色に想い馳せ』隠岐奈 朝顔(p3p008750)が変化したものだ。
 突然の来訪者に驚く光の竜に、力強くそう伝える。里を、君を、助けに来たと。
 四匹の竜が吼える。目前に群がる不埒者を成敗する、その合図として。

■竜の力
 まず仕掛けるのは翼を持ち空を駆けるノアだ。眼下に広がる砂漠に布陣した人間達を見下ろし、狙いを定める。狙いは、密集地から少し外れた部隊だ。
「グガァァッ!」
「ぎゃあぁっ!?」
 ノアの羽ばたきで人が揺らぐ。ただの体当たりなのに人が吹き飛ぶ。人と竜の力量差は凄まじい。
「竜が来たぞ!」
「あちらに兵を回せぇ!」
 しかし統率され訓練された兵は簡単には怯まない。即座にノアに向けて、前線部隊が圧力をかけようと殺到する。
 が、しかし。
「グラァァ!!」
 大地の竜となったバルガルが、兵とノアの間へと身体を滑り込ませる。巨体の竜の中でも一際大きいバルガルだ。ただ走っただけで衝撃が、大地の揺らぎが人を襲う。
 姿勢を崩した兵達へ、バルガルが尻尾を振り回す。鞭、いや、大木というのも生易しいほどに太い尾は、兵の身につけた鎧ごと骨を粉砕してしまう。
「くそ、こいつの相手はするな!」
「弓部隊、ワイバーンを狙え!」
 強靭すぎるバルガルの相手を一度諦め身を固める前衛部隊。その後方で弓兵達が空を舞うノアへと狙いを定める。
 一斉に放たれる矢。一つや2つなら軽々回避できる空駆ける竜だが、雨となると回避しきれるものではない。そう、一匹であったなら。
「ゴガッ!」
 炎の竜と化したイナリが、遠方より吐き出した炎のブレスが。ノアに襲いかかる矢を全て焼き払ってしまう。
「ありがとう!」
「どういたしまして!」
 体勢を立て直し、再び降下するノアが一言礼を述べ、炎を漏らすイナリが返す。次に狙うは、指揮系統の乱れ。遠方より注意深く兵を見渡す。
「お姉ちゃんお兄ちゃんすっごーい!」
「オキナと離れないでね。…多分、油断するなって言っても難しいだろうし」
 イレギュラーズの活躍に竜の姿のままはしゃぐ光の子に、朝顔が一つ注意をする。はーい、と返事をしたものの生返事だ。やはり、子供故に無邪気すぎると朝顔は考え、傍を離れる訳にはいかないなと改める。
 しかし朝顔が変じた水の竜は遠距離に優れた竜だ。先の矢雨で多少傷ついたノアの身体に、癒やしの力が込められた水を降らす。
 小さな矢傷がまたたく間に癒えていく。ノアと同じく前衛に出ているバルガルを見やるが、彼はまだまだ無傷に近いようだ。
「ただの人間では相手になりませんね」
 挑発するように、四肢のうちの前足をあげちょいちょいと手招きするバルガル。それに怒り狂った愚かな兵は一人で突貫するが、彼の腕に踏み潰され大地に沈む。
「あれが小隊長かしらね?」
「間違いないだろう」
 イナリとノアが、2方向より見定めたのは先程より命令を飛ばしていた兵。他の兵よりも少しばかり目立つ出で立ちのソレを潰せばひとまずは隊列が乱れるはず。
「よーっし、任せて!」
 それを聞いた光の子が、口より一条の光を放つ。敵味方、全ての者の視力を奪う程に眩い光が砂漠の彼方まで奔り、消えた後にはヒトの姿は跡形も残っていなかった。
「どう、強いでしょ!」
「……確かに。強いのはいいけど、油断しないでね?」
 やはり調子に乗りやすい子供。傍にいる朝顔は気が気でなかった。
 後方からの魔法と矢の援護もあり、竜の里側が圧倒的有利で戦は進む。

 一方。人間達の陣は慌ただしく動き始める。竜が出たと聞いて、ようやく一人の将が歩み出たのだ。

■竜を狩る者と護る者
 馬に乗って現れたのは明らかに他の兵よりも豪華な鎧兜に身を包み、装飾の派手な槍を手にした者。四人のイレギュラーズは即座に理解した。アレこそが竜殺しの武器である、と。
 馬の腹を蹴り騎士が砂漠を駆ける。方向からして、狙いはノアだ。まずは空を飛べる優位性を持つ者を潰そうという心づもりなのであろう。そう簡単に話が進むはずもないが。
「ここはお任せを!」
「わかった!」
 バルガルの背を蹴り、疾く空へと退避するノア。一方のバルガルは騎士の駆る馬へと身体をぶつける。いかにも訓練された立派な軍馬であったが、流石に竜との力比べでは分が悪く。騎士は砂場へと投げ出される。
 しかしそこは手練の騎士。体勢を直すとバルガルの身体へと槍を突き出す。足場は砂、ただの槍ならば踏み込みが足らずに通じないのだがこの武器は違った。
「ッグ、ァァア!」
 頑強な身体のバルガルが叫ぶ。大地そのものというべき鱗を裂き槍の穂先が肉にまで到達したのだ。
「まずいわね」
「お兄ちゃんから離れろぉ!」
 イナリと光の子が将へ向けてブレスを吐く。如何な手練といえど竜の吐息を二重に受けてはひとたまりもないと、バルガルに突き刺さったままの槍を手放し回避する。その隙に朝顔が癒やしの水を傷口にかけていく。
「今だ!」
 ノアが回避の隙を狙い、将の頭を足の鋭い爪で切り裂く。しばらく痙攣していた将は、どう、と倒れ動かなくなった。
「助かりましたよ」
「そうも言ってられないわ」
 イナリの眼が鋭く光る。はるか彼方より四人の人間が、それぞれ竜殺しの武器であろうものを手に現れたのだ。
「分断する気かしら」
「大丈夫、オキナが皆を支えるから」
 ノアが相手の動きを読み取ろうと上空より見下ろし、朝顔が変わらず皆を癒やす。先の将に傷つけられたバルガルの身体も完治した。
「これならいけそうです。お任せを!」
 そう宣言したバルガルは、野太い前足を砂場に突き刺し。力の限り砂を巻き上げる。矢と魔法を使う者から狙いを逸らす為の煙幕代わりだ。こちらには空から眼の働きができるノアがいるからこそできる芸当。
「動きが止まってる、今だよ!」
 ノアの声に合わせて、イナリが、朝顔が、光の子がブレスを一気に放つ。砂が巻き上がる直前に見えた場所へ向けて撃てば良い。撃った後に反撃に備えて少し動けば良い。皆が意思疎通をし、狙いを合わせる。
「くそっ、竜が連携するなど……!」
「ありえないと思いましたか?」
 紙一重でブレスを避ける魔道士。その背後に突如姿を見せたのはバルガルだ。砂を巻き起こした後に生じた穴から穿孔し、後ろを突いたのだ。
「なっ……!?」
「お別れです」
 魔道士故に貧弱な身体を、無慈悲に踏み潰す。本当ならば、人である彼は。いつしかこうなるのかもしれないと少しばかりの悪寒を飲み込みつつ、次へと狙いを定める。
「クソがっ!」
「甘い、大甘だよ」
 斧を持った将の前へノアが躍り出る。大振りの斧は当たればでかいが、その分隙が大きい。空を悠然と舞うノアに当たるはずもなかった。
「光の竜をやらせはしない。風に巻かれて死んでいけ!」
 急降下の勢いをプラスして、胸を蹴り裂く。これで残りは二人。
「……爆炎に自ら突っ込んでくるとはね」
「炎の竜を切り裂いたこの剣、再び力を見せてやる!」
 砂嵐、ブレス。全てを耐えきりイナリの前に現れたのは剣の将。細身の体に不釣り合いな大剣を軽々と振り回す姿はたしかに歴戦の将であろう。
 しかし、竜殺しの逸話がある武器といえど。振るうのはただのヒト。竜となったイナリに傷をつける事はできても、力負けというのが出てくる。
「ぐ、ぬぅぅ……!」
「確かにその剣なら、竜を殺せたでしょうね」
 斬られた体に力を込め、刃を逃さない。腕力勝負ならヒトと竜なら……勝つのは竜だ。将がムキになり剣を引き抜こうとしている横合いを、殴りつけて首を刎ねる。後は一人。
「最後は弓の……危ない!」
「え? ギャンッ!?」
 光の竜の子の眼に、一本の矢が突き刺さる。残った一人は弓の将。砂嵐の中でなお、狙いを違えずに射抜いた腕は見事。
 されど、たった一人。五体の竜を前にはどうしようもなく。一度の傷をつけるのが精一杯。
「お手上げだ。好きにしな」

「……大丈夫、まぶたがちょっと切れただけ」
 痛みに暴れる光の子へ癒やしの水をかけながら手当をする朝顔。やがて落ち着いた光の子と、四人はヒトの姿へ戻る。
「……その、ありがとうね、お兄ちゃん、お姉ちゃん」

 照れくさそうに笑うその子は、ヒトの子のようで。
 いつしかこの里のように、ヒトと竜が別け隔てなく暮らせる世界が来れば良いのにと願ったのは誰であっただろうか。

成否

成功

状態異常

なし

PAGETOPPAGEBOTTOM