PandoraPartyProject

シナリオ詳細

限界ギリギリのところまでイカ墨色に日焼けしてくれない?

完了

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング


 美しい仕上がりだった。
 しっとりと汗でぬれた褐色の肌の下には鍛え上げられた大殿筋がみっしりと詰まっている。
 キュッとしまった尻に様々な色の面相筆が滑っていく様子は、まさに夏の精霊に捧げる価値のある生きた美術品と言えるだろう。
 ひんやりとした染料をたっぷり含ませた筆が太陽に捧げられてほてった肌を滑るたび、青年はかまされた布に歯を立て、小さく息をついた。細く呼吸が継がれ、寄せられた眉根が甘い苦悶を物語っている。
「動いてはいけない。図案がずれる」
 精霊使いの老婆の年齢を正確に知るものは村には誰もいない。青年が子供の時にはもう今と同じように見える老婆だった。
 青年の肌に図案を書きこんでいるのは青年より年若い少年たちだ。青年自身も自分より年かさの者に精霊のための図案を書きこんでいた。
 記憶が確かなら、このあと、日に焼けていないところ――内もも、わき、足の裏、耳の裏も忘れてはいけない――にも図案が書きこまれる。
 書きこんでいない部分は、精霊が自分に捧げられたものだと持ち帰ってしまうからだ。だから、筆と染料を甘受しなくてはならない。
 青年が、気合を入れ直した時、小屋の戸が激しく叩かれた。
「婆様、大変だ! 祭壇に座る奴が貝に中った!」


「日焼けしてくんない? できるだけ広範囲で。ぶっちゃけきわどいとこ以外全部火傷するほど日焼けしてほしい」
 『そこにいる』アラギタ メクレオ(p3n000084)は死んだ魚の目をしながらずるずるとクラッシュゼリーを吸い込んでいる。手元だけ涼し気だ。グラスとストローを支えている手が小刻みに震えている。
「とある精霊を封じる儀式に参加予定だった村の若い衆が食中毒。じっと座ってるだけの簡単なお仕事なんだけど、腹下ってそれどころじゃないのね」
 でだ。
「幸い、人種・性別は問わないんだけど。あ、太陽の恵みを一身に集めた肌にボディペインティングするのよ。そんで、日焼け具合がプルーお姉さま曰く『バーントシェンナが最低条件かしら。いっそセピアでもいいくらいよ』という――割と過酷」
 赤土色通り越してイカ墨じゃないか。
「あ、赤くなる体質とか心配いらない。俺謹製日焼けオイルで全員小麦色通り越した焦げたトースト色にしてみせる」
 どんと置かれるあやしい液体。ぬっとんぬっとんしている。掛け値なしでオイルだ。
「終わったら速攻、日焼けさまし処方するから。もう、安心して。一夜で元の肌色に戻してみせる。オプションでそった毛も生やしてみせる。自信作だから。気に入ったらリピートしてね? ローレットの仕事ってすぐ焼けるもんね? ね?」
 メクレオさんってそういえば薬師さんでしたね。
「悪い仕事じゃないと思うよー。オイルぬって浜辺でごろごろしてー、夜ちょっと座ってるだけの簡単な仕事だよー。プライベートビーチ用意したから人目を気にする必要ないし。さすがにすっぽんぽんはあれだけどね? なるたけ焼いてほしいんで―工夫してほしいなーって。衣装来て白いとこあるとカッコワルイから。想像できるでしょ?」
 揉み手している。
「んー、ネックがあるとするなら。先方の指定装束が、布っていうかほぼ紐? な、感じ? 女の子は目のやり場に困るから、もういっそ野郎でいいんじゃねって、俺的には思うんだよね。いや、女の子でもいいんだよ。でもね。なんていうか、俺の倫理観がね」
 つうか野郎だけの方がのぞき対策めんどくさくない。と、すげえ勢いでぶっちゃけやがった。

GMコメント

 田奈です。
 見せられるギリギリまで、オイルぬるぬるぬって、灼熱の砂の上でじりじり焼かれてください。
 あなたの限界ギリギリはどこですか。全年齢なのでご安心ください。きわどい描写は一切しません。匂わせるだけです。大丈夫。がっさー、恥ずかしがり屋さんだから。
 ですが。この依頼における行動によってあなたのイレギュラーズとしての生活に影響が及んでも一切の責任を持ちません。覚悟完了と書きこんでいただけると、がっさーが神妙な顔をして頷きます。

場所:部族提供プライベートビーチ(灼熱)
 *青い海、真っ白な砂浜。よく焼けるように銀色シートにデッキチェア。死なないように各種ドリンクが用意してあります。パラソル? そんな軟弱なものはない。でも、男子と女子は別の浜にするから心配しないで! 叫べは声は通るかな!
 *対策したので、のぞきはいない。見ているのは同性のお互いだけです。
 *海に入るとオイルが流れるので入れない。
 *ひたすら、砂浜で体を焼きます。つまり、自ら進んで低温火傷しに行くのです。熱中症で意識がもうろうとしても仕方ないですね。

オイル及びアフターケア
*オイルはメクレオ謹製です。完全に無害です。染料も完全無害です。薄い本にありがちな成分は全く入っていませんが、入っているかもしれないと邪推してプラシーボ効果が発生し、あとから赤面するこれまた薄い本展開もがっさー嫌いじゃありません。
 オイルをぬるタイミングはお任せしますがぬらないと地獄を見ることは確定です。火傷BSが適宜付与されます。今回の日焼けによる肌の色などの影響は他シナリオには影響を及ぼしません。

祭りで着る装束。
 布というにはあまりにも頼りなく、紐というにはあまりにも主張が激しい。
 下半身は褌、上半身はうつっちゃいけないところはギリ隠せるレベルです。体中にボディペイントするので、完全に裸じゃないよ、大丈夫。ボディペイント書いてるところやお祭り部分はは描写予定ではありませんのでご安心くださいね。

 半数以上が「完璧な日焼けをした」と書きこめば成功です。

絶対忘れてはいけないポイント
<描写NGライン>
 で、具体的にあなたの描写しないでほしいとこってどこからどこまでよ。
 オープニング第一段落を参考にしてくださいね。
 忘れると、がっさーに白紙委任と解釈します。その場合、まったくチャレンジしない旧型スク水な描写で終わります。色物シナリオで中途半端はよろしくありません。意思表明は明確に。

  • 限界ギリギリのところまでイカ墨色に日焼けしてくれない?完了
  • GM名田奈アガサ
  • 種別通常
  • 難易度EASY
  • 冒険終了日時2020年08月19日 22時10分
  • 参加人数8/8人
  • 相談5日
  • 参加費100RC

参加者 : 8 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

参加者一覧 (8人)

ノリア・ソーリア(p3p000062)
半透明の人魚
マリア・レイシス(p3p006685)
白虎護
リウィルディア=エスカ=ノルン(p3p006761)
銀なる者
モカ・ビアンキーニ(p3p007999)
Stella Cadente
水月・鏡禍(p3p008354)
鏡面の妖怪
観音打 至東(p3p008495)
破竜一番槍
ザハール・ウィッカ・イグニスフィア(p3p008579)
一歩ずつ
ビスコ(p3p008926)
軽快なネイキッド

リプレイ


 じゅ~。
 輝く砂浜でお肉が焼ける。
 太陽は偉大である。太陽の前ですべての生命は等しく幼子である。その恵みの前にただ首を垂れ、帰依し、夕闇の中で慰撫され、その慈悲を知る。
 見よ。祭りの夜が来る。
 帰依を示せ。もっとも太陽に愛された証を示せ。
 友よ。焦げたあなたは美しい。


すっさまじい晴天である。
『銀なる者』リウィルディア=エスカ=ノルン(p3p006761)は、熱気で浜辺にたどり着けませんでした。めでぃーっく。めでぃーっく!!
「躍進! ビスコちゃんねる~!!」
『特異運命座標』ビスコ(p3p008926)は、練達出身の新米アイドル。
「はい、始まりましたビスコちゃんねる、今回はプライベートビーチにお邪魔しております!」
 白い浜辺、青い海! 輝く日光ではレーションが起きそう。
「この衣装はスポンサー様より提供されたお祭り衣装です! どうですか? 似合ってますか?」
 9割8分肌色。ほそぉい、説明不要!
「で、今日のお仕事は真っ黒になるまで日焼けをするという至極簡単な依頼です。と、いう事で参加者の皆様に意気込みをインタビューしてみましょう! よろしくお願いしまーす☆」
 アーイキャーッチ! チャンネル登録、お願いします!
「ここで皆さんの様子を見てみましょーう! カメラさーん、よろしくお願いしまーす」
 新人アイドルにカメラさんはついてない。というか、ローレット・イレギュラーズ以外立ち入り禁止だ。カメラは固定である。察してあげてほしい。
「恥ずかしがってる姿がひっじょーに可愛らしいです! あっ、大事な所は編集されますから安心してくださいね! だから、脱いじゃってくださーい!」
 ショートパンツぐいぐい。水着かわいいですけどね!と、フォローを忘れないアイドル、好感度キープ大事。
「え!? 待って?? 日焼けして、お祭りに参加するだけじゃないのかい!? きわどい格好するまでは聞いてないんだけど!?」
『雷光・紫電一閃』マリア・レイシス(p3p006685)さんが慌てている。ほぼ全裸のアイドルに詰め寄られて、なんでショートパンツはいてるの? と聞かれてビビらないのは訓練されたローレット・イレギュラーズで、マリアさんは訓練されてない。
「えっと、友達に誘われて――その友達は、またの機会によろしくねされたんだけど――そんな感じで慌てて依頼を受けたから、そこらへんよくわかってなくて」
 聞くも涙、語るも涙。かわいそうはこの子でござい。因果律バグってるとしか思えない。インタビューされることもどの程度の範囲にどの程度の日焼けするのかも聞いてないなんて。いや、情報屋が泣いていい案件じゃないか、これ。あんなに一生懸命しゃべったのに。
 ローレット・ハイルール! 依頼遂行に全力で取り組むのはぜったーい!
 という訳で、挙動不審である。おい、満遍なく焼けてなきゃ依頼達成できないぞ。そんな猫背だと綺麗に焼けない。太陽光線に素直になっていただきたい。というか、この時点でマリアはショートパンツを死守したのである。武闘派だから。
「えっと、他には――はうっ!」
 加工なしで動画UPすると、BANされるぞ!
 すっぱーんっ!
『そのバスト、不正行為につき』モカ・ビアンキーニ(p3p007999)に夏の太陽の祝福をっ!
 スイカでは非現実が過ぎる、オレンジでは夢がなさすぎる。メロン――それも切りの墓に詰められる類ではないメロンが僕らの夢と現実を一番しっかり結びつけてくっると思うのだがあくまで個人の見解です。
 そんな素敵な不正行為の産物をひっさげて――失礼、大胸筋でバッチリ支えて――一糸まとわず、惜しげもなくさらしていただいている。羞恥心は駆逐されている。
「このモカ・ビアンキーニ、日に焼けていない場所が無いよう、完璧を目指す!」
 その心意気やよし! ほぼ生体部品使用アンドロイドだからできる所業というなかれ。
 美しく整備された庭園を、人工物だからみる価値はないというようなものだ。
 ノータッチなのだから、それがポリマーだろうがたんぱく質だろうがどっちでもいい。ならば、ただ眼前の絶景に僕らは首を垂れるべきだ。アンドロイドだから、ボックス型を選択する余地もあったのに、ボンキュッボンを選択してくれている魂に敬意を。滴るオイルで、砂に残る足跡が黒く塗れる。やけムラなど残らないようむり込まれたオイルがおへそのくぼみに集まりそこから更に下腹の曲線をたどり――ところで、ヨガの死体のポーズをご存じだろうか。脚は肩幅、砂に五体を預け、要するに開きである。この状態でも山脈のようにそびえたつ頂に平伏するがよい。
 実を言えば、ずっとじっとしてるのは関節部に負荷がかかるのであんまりやっちゃいけないのだ、揺らぎや遊び動作を入れないと重さが可動部に負荷がかかる。
「ぐむむ……正直苦しいが、これも完璧を目指すため! 耐えてみせる!」
 ありがとうございますありがとうございます。冷却に気を付けてください。
「えっと」
 おしゃべりしながら和気あいあいという空気ではない、太陽光線と自分との戦い。
 こんな修行場みたいな依頼だったのか。神聖な太陽への帰依の証を紫外線で刻むので合ってる。
「人の限界は……どこにあるのか……!」
『破竜一番槍』観音打 至東(p3p008495)のつやつやした肌に隠さねばならない場所はない。
 潔い、よすぎる。モカより隠している場所が若干ある分、なんか余計に趣深い。色香は恥じらいの上に匂い立つもの。
「常識? 否。時の権力、あるいは時勢による常識を外れてこそ、歴史はめぐり候。ワールドレコード? 再び否。塗り替えられ過去になった記録は、限界はそこに無いことを示しており申す。想像力? 三度否。ひらめきは雷光のごとく訪れて、世に窮極など未だ無いこと告げてござる」
 ハリ扇がないのが残念な名調子。
「人の限界は、きっと……己のうちに、探して見つけ出さねばならぬもの、ござるよ」
 すっぱーん! 擬音でどういう状況なのか察していただきたい。
「なるほどですね! ビスコもここでオイルぬることにします! 焼くからには完璧に全部焼く……ビスコちゃんサービスシーンです!」
 無料配信、ここまでです。
「オイルぬるぬる~気持ちい~。あんまりエッチな目で見ちゃダメよ……☆」
 ほとんど紐でも布は布。ハラリハラリと落ちる肝心のところはフレームアウトだ。カメラさん(概念)、職人芸である。
「恐れ入るが、拙者にも塗って頂きたいがよろしいか。打ち上げられたマグロのごとく、おとなしくしております故、存分に施術なさるがよろしうござる」
 営業百合はアイドルのお仕事の一つです。
「裏からか? それとも表からか? さ、ムラになるまえに、手早く塗っていただければ」
 オイルの塗りっこは浜辺で花がほころぶが如し。
「……あ、背中を塗るときは――んっ、その、わたし、弱いから……優しく、ね?」
 素人のギャップ萌え。くそ、かわいいな、おい!
「あ、ちっちゃい女の子もいますね!」
 よし、ほのぼの。
「わたしにとって、『真っ黒になる』ということは、特別な意味を、持ちますの……」
 マアナゴの幼生の人魚、『半透明の人魚』ノリア・ソーリア(p3p000062)の意気込みは成人儀礼の様相を呈していた。バンジージャンプは大人への登竜門が原型だよ。
「なぜなら、それは、『大人になった』を、意味するのですから!」
 マアナゴの妖精は半透明である。背骨とかすっけすけである。そんな幼気な生き物が真っ黒くてぶっとくて長くなるんです。神秘ですね。かば焼きとか天ぷらにするとおいしいです。
「だとすれば……恥ずかしがっては、いられませんの」
 はらり。
(わたしにとって、いちばん恥ずかしいのは、透明な、つるんとしたゼラチン質のしっぽの側から、銀色の腹膜に包まれた内臓を、見られてしまうことですけれど)
 内臓が透けちゃう。ノリアちゃんのかわいい心臓が恥ずかしさにいつもよりちょっと早くトクトクして血液が全身に回っていくところが見えちゃう。消化管がむぐむぐ動いてるところも見えちゃう!
 そんな恥ずかしそうなノリアちゃんがしっぽの先まで焼けるように恥ずかしいの我慢している。大人への第一歩だから!
(……オイルのおかげで、しっぽが、黒くなってくれるのであれば、その心配も、なくなるでしょう)
 うっとりジェットブラックの光沢スレンダーボディ。大人だ。すごく大人だ。
「オイルをまんべんなくぬらなくてはならないのです」
 バスタブ――もとい、体の入るほどの大きさの、槍紋三日月砂丘鉢――に、度ぼ度ぼオイルを注いでいくノリアちゃんのの横顔が覚悟ガンギマリ。
「この中で満遍なく、体をくぐらせれば…きっと、全身に、オイルが、つきますの」
 食材に満遍なくオイルをまぶしてくださいね。
「しかも……これを使えば、周囲に対する、目隠しにもなりますし、凹面鏡効果で、太陽光が集まって、焼けてないところも、ピンポイントで、集中日焼けすることが、できるはずですの――つまり、完璧ですの!」
 どやさあっ! という輝く笑顔だが。
 ほてりを取り除いたり、肌の潤いを保つためとか、薬屋さんが作ったオイルは薬草成分ぶっちゃけスパイスがいっぱい入っているわけで。それが太陽光線でじっくり温められているわけで。それにレンズ効果でピンポイントで香ばしくなっちゃうわけで。
「マアナゴの低温調理。ハーブの香りを添えて」になりかけていることになるべく早く気が付いてほしい。グルメ番組になっちゃうから。
 

 アイドルがほぼ全裸の殿方とキャッキャうふふするのは落ち目になってからで間に合うので、男性側の放送はありません。あしからず。
「ヒャッハー! これが海かァ!」
『特異運命座標』ザハール・ウィッカ・イグニスフィア(p3p008579)は、砂浜を跳ねるように歩いた。
「俺のいたところは砂漠と森でな、海なんておとぎ話の中の存在だったぜ……え、入れない? そっか……そっかー……」
 今日はごめんな。オイルが流れちゃうから。ごめんな。
 男性用に用意されたビーチは二人っきりだ。これがベーコンレタス空間だと、「何も起こらないはずもなく」と煽り文句が入るのだが、全然そんな気配はない。ないと言ったらない。なぜなら。
「肌が白いので少し心配ですけど、夏の風物詩だとよく知ってますので楽しみです」
 『鏡面の妖怪』水月・鏡禍(p3p008354)は、事の重大さを全く理解していない元二次元的存在の妖怪だからだ。
 ほっそい体に身に着けてるのはブーメランパンツである。よくサイズがあったな。というか手縫いでは。村の真心では。とてもザハールと同デザインとは思えない、こんなの身に着けてもらっていいのかな的背徳感に、ザハール君がそういうセンサー全然ないタイプでよかったと胸をなでおろしています。
「オイル一丁頼むぜ! 俺がこう、格好良さそうなポージングするから、バッチリ塗ってくれよな!」
 ザハール君にそういうセンサーが全然ないタイプっぽくてよかったと胸をなでおろしております本当です二人っきりの海辺でほてった素肌が触れ合った拍子に熱気と太陽に後押しされてひと夏の経験してしまうようなことが起きなくて本当に何よりというかまかり間違えるような組み合わせにならんかった現実におそらきれい。
「……僕もこういうのが似合う男っていうのにちょっとなってみたいです」
 お互いにオイルを塗り合った。散文的事象しか起きなかった。
「なあ、ところで俺の肌色、焦げトーストならぬ焦げパン色らしいんだがイカ墨色ってことは…消し炭色?」
 イカ墨は褐色である。帰ったら、どなたかザハールにセピア色の写真という情緒を植え付けてやってください。セピアとはイカ墨です。はい、この先、皆さんに古びた写真を見るたびイカ墨色の写真という単語が浮かんでくる呪いをかけました。がんばって解呪してください。BS解除判定の抜き打ちテストです。
「人類の限界に挑戦してるみたいでヨシ! がっつり焼くぜー!」
 こうして、ヒトはたどんになっていく。
 じりじり。じりじりじり。じりじりじりじり。
「………………うあー! ゴロゴロしてんの、飽きた!」
 世の中には、インスタントトラーメンができる間の静止を強要すると死んでしまう生き物がいる。
「早いって? 仕方ねーだろ!」
 ザハールはそういう生き物なのだ。
「女性側、大丈夫でしょうか。気のせいか、こう素っ頓狂な声が――」
 ビスコチャンネール! とか聞こえる。
「俺思うんだけどさ。女子ビーチを覗こうとするヤツは普通の変態だが、野郎ビーチを覗こうとするヤツはちょっと気合入った変態だよな。そういう意味ではどっちも覗き対策大変だよな」
 今、こうしている二人のために見張りが周囲をパトロールしているらしい。
「うあ~。めちゃめちゃ暑いですし、痛い気もするんですけど気のせいなのかもよくわからないです……」
 鏡禍は小さくうめいた。
 こんな状態のところを襲われたら、反撃もままならない。
「……ちょっと動いてくるか。大丈夫、動いてる方が万遍なく日が当たる筈!」
 白い歯がまぶしい。
「……鳥狩るのは流石に良くないよな……俺は今猛烈に我慢している」
 とかいいつつ、全力ダッシュとか、スクワットとか、無駄にポージングしてみたり。きっと、止まったら死ぬのだ。
「あっ汗かいたらオイルヤバい? ヤバい? おーい、オイルおかわりしたいんだけどー!?」
 鏡禍が了解とハンドサインを送った。
「あ、でもやっぱり痛いですぅ……」
 泣いたらだめだ。オイルが流れる。と、自らを戒めた鏡禍は、ザハールの背中にオイルを塗りたくった。


 日焼けは真昼にやるもんじゃない。
 日光がさらに暴力的にガチ殴りされる前に撤収撤収。準備もあるしね。そろそろいろんな穴からいろんな汁が吹きだして、ヒトとしての尊厳がなくなりそう。
「いい匂いがしますの。こんがり黒くなれましたの。大人ですの。透けてませんの!」
 大人! というよりはおいしそうに拍車がかかっているノリアはずっと小さく笑っている。
「二度と日焼けはするまい……誓います、何にかはわからないけど」
 鏡禍がうめいている。
 そろそろ撤収!
「はい、今回も終わりの時間がやってきてしまいました。いやー暑かったです☆」
 ピスコも、カリカリのトースト具合である。これ、メイクの方向間違ったら化け物と間違えられて狩られる奴。
「みんなこんがり焼けましたー! お仕事無事完了です。同志、いかがでしたか? 
次回もすていちゅ~ん!バイバイ☆」
 ビスコがカメラに手を振ってるのを聞きながら、マリアは満足げにため息をついた。
(範囲はともかく、日焼け自体は完璧じゃないかな!)
 そんなマリアをほとんど紐のコスチュームと日焼けチェックが襲う。検品大事。
「いけません」
 ノーグッド。検品落ち。
「はい?」
 マリアのお肌はいい感じにイカ墨色にやけたのに。
 村のおばば様は、マリアのショートパンツに包まれた腰を指さした。必要以上に触らない。
「おへその周りにも骨盤周りにも太陽の光の色でボディペイントします。あなたの肌の色では、それが隠れてしまいますのでそこも黒くなってもらわなくては」
 描写はしないが、焼かなくていいとは一言も言ってない。等しく焼くのだ。
「それに、おひとりだけ、その肌の色では夜目にも大変目立ちます」
 かがり火の下、真っ黒に日焼けした肌は見えにくく、白いボディペイントが映える中、このままではマリアの日焼けしていない部分が悪目立ちである。こう――描写しないけどね。こう。ショートパンツで隠れてた辺りだけが。こう、蛍のように。祭りに出ないという選択肢はない。
 つまり。
「もう一回焼けてきてください。そこだけで結構ですので。もう、誰もいませんからそんなに恥ずかしがらないでいいですよ。お風呂だと思って。ね?」
 おばば様は孫に言うようにやさしく言った。
「そ、そんなあああああっ!」
 頭隠して要所隠さずで。もう一回浜辺にゴーとなった。
 アフターケアの際、お腹周りが、ちょっと縞々になって、「虎だ」と言ったケア要員という名の情報屋のことは殴っていいよ。

成否

成功

MVP

なし

状態異常

なし

あとがき

お疲れさまでした。みなさんのおかげで祭りは無事に終了しました。お肌はメクレオがきっちりケアしたので、元の白肌でも、しばらく日焼けを楽しみたい場合も、お好きになさってください。次のお仕事頑張ってくださいね。

PAGETOPPAGEBOTTOM