PandoraPartyProject

シナリオ詳細

急募:救世主

完了

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

⚫︎争い、絶えず
 とある世界。
 人間が平穏に暮らしている中、邪悪な生き物である魔族が何処からか飛来し、世界を覆い尽くさんと侵略を仕掛けた。
 人々は必死に抵抗を重ねながらも、次第にその数を減らしている。
 そして今ではたった一つの国……セフィラ王国しか残っておらず、このままでは滅びを迎えてしまうだろう。
 人間達に残されたものは五百の王国軍。
 それに相対するは──五万の魔族軍。 そして四人の四天王と、本陣最奥に控える魔王である。
 その戦力差に誰もが絶望している中で、暗雲立ち込める戦場に一筋の光が差し込んだ……。

⚫︎立ち塞がる強敵
「──なんだ? 何が起きている?」
 魔族軍本陣中央、議事の間。
 暗闇に満たされた空間の中に、魔族軍四天王と呼ばれる四体の怪物が揃って集合していた。
 そして僅かな沈黙を破り、言葉を発したのは魔族軍四天王のうち一体──剛角のガイビート。
 焦茶色の堅固な外殻に覆われた身体を持ち、頭部に巨大な一本角を携えた異形。
 有り体に言ってしまえば所謂カブトムシがそのままヒト型と化したような姿をしており、六本ある脚のうち二本で地に足を着けたその全長はおよそ三メートルにも達するだろう。
 そんな彼が本陣の外へと興味を持ったのは、ひとえに「強者の気配を感じたから」だ。
「……ほう。これは中々面白くなりそうだな」
 くつくつと笑いながら、彼は今にも戦場へ乗り込もうとする──が。
「待ちなさい。貴方が其方へ向かえば作戦が成り立たなくなる。……魔王様から御叱りを受けるわよ?」
 そう言ってガイビートの首元へと針を突きつけたのは彼の同僚たる四天王のうち一体、崩毒のクインビー。
 そのままハチが巨大化したような容姿に加えて異様な程に発達した複眼と毒針を備えた彼女は、神経質な声でガイビートへと語り掛ける。
「貴方がそうでは、世界を魔王様の掌中に収めたとしても何が起きるか分かったものではないわね?」
「ふん。忠誠を誓っているのは構わんが、オレの邪魔はしてくれるなよ……クインビー」
 それだけ告げれば、ガイビートは何処かへと姿を消す。
 何処へ向かったかは定かではないが、我の強いガイビートの事だ。ロクな事にはならないだろう──と、残された三体は推測する。
 暗闇が再び静まり返るが、そんな事は関係無いとばかりに三人目の四天王……瞬撃のメントローチが二人へと話し掛ける。
「……今からでも追いかけるかィ?オレッチなら追い付けるけどヨ」
 軽い調子でありつつも、真面目な声音にも聞こえるような声で話す彼は所謂『黒光りするアレ』をベースとして、ヒトを模した姿を備えている異形だ。
 ……見るものが見れば今の姿でさえ生理的嫌悪感を持つだろうが、魔族軍にとっては些事である。
 そして彼の発言は事実であり、ガイビートが何処へ向かっていようと数秒以内には見つけられる程の疾さが彼にはある。
「否。それは不要であると思います。……ガイビート殿は、きっと此処に残られますから」
 ──が、しかしその行動は四天王最後の一人によって制止された。
 四天王最強、終拳のブレイアント。
 二足歩行のアリとでも呼ぶべき姿を持ち、魔王を除いた魔族軍において最も筋力に優れた存在。
 丁寧な口調でこそあるものの怒らせては恐ろしい事になる……と、魔族軍の誰もが知っている。
「なんだヨブレイアントォ。ガイビートのヤツを信用してるのハ構わねえけド、ここの万が一の防衛ハオレッチ達の役目なんだゼ?」
「それは理解しています。しかしあの方は案外利口ですし、何某かあれば素直に情報を持ち帰って来るでしょう」
 にこやかな雰囲気でそうブレイアントが告げれば、クインビーとメントローチが揃って嘆息する。
 ……ああ、こいつ案外加虐趣味があったな、と。

⚫︎
 ──では、仮に。
 君たちに、そんな世界を救ってもらうとしたら──どんな方法で世界を救うのかな?

⚫︎世界を救う為には
「……早速だけれど、君達には世界を丸ごと一個救って欲しいんだ。 やり方は任せるし、どんな過程を辿ってもいい」
 そうイレギュラーズ達へ告げたのは、境界案内人たる『ホライゾンシーカー』カストル・ジェミニ。
 銀髪紅眼の青年は淹れたての紅茶が注がれたティーカップとソーサーをイレギュラーズひとりひとりへ渡すと、依頼の詳細を話し始めた。

NMコメント

 はじめまして、先日よりNMを務めることになりましたコウガネと申します。
 色々ぐぬぬとなりながら考えた結果、PPPにおける初めての作品は「とりあえず世界救っちゃおうぜ」というノリで始まるLNと相成りました。
 
⚫︎目的
 魔族軍を殲滅する
 
 魔王とその配下である四天王、そして五万の魔族軍を倒し切ることが目的です。
 何章かに分かれるかと思いますが、想定としては全部で三章を予定しています。
 一章は「魔族軍本陣へ乗り込む」が主な目的となっており、そこに到達するまでに二万の魔族軍が待ち構えています。
 二万の軍勢に対処しながら突き進んでください。
 味方をどう扱うかはお任せします。
 
 本LNにおいては参加したイレギュラーズ全員に特別な火力支援……「聖なる加護の付与」が行われます。
 これにより一度の攻撃で倒せる敵の数が劇的に増加し、回復や付与などの支援の効果が増大します。
 では加護がどういった形で付与されるのか、に関してですが、イレギュラーズ全員が所有する武器または魔法、または特殊な戦闘法に有形無形を問わず付与されます。
 具体的に言うと武器が本LN限定で、名前は据え置きですが何故か聖剣とか聖槍とかの冠詞が付きます。 冠詞は自由に設定して頂いても構いません。
 また、加護の効果を更に強める方法として「必殺技の名前を全力で叫ぶ」「格好いい・可愛いなどのポーズを決めながら技を放つ」が存在します。
 これらの行為を行うと、イレギュラーズが行う行動はより良い成果や特殊な効果をもたらすでしょう。

 そして戦場に降り立ったイレギュラーズに出来る事は二つに分かれており、どちらも重要になるかと思われます。

1.敵を倒す
 とにかく敵をなぎ倒して魔族軍本陣、そしてその最奥の魔王城まで向かいます。
 先述の「聖なる加護」の効果で元来非力なイレギュラーズや『レベル1』だったイレギュラーズであっても相当の数が倒せるようになっていますが、必殺技の名前を叫んだりすると加護が強化されて更に敵を倒すことが出来るでしょう。

2.味方の支援
 五百人の味方軍や同行することになったイレギュラーズをサポート出来ます。
 「聖なる加護」の効果で支援効果が強化されている為より多くの味方を癒したり、味方への強化の効果を引き上げる事が出来ます。
 そして、行動によっては味方陣営へ特殊な効果をもたらす事もあるでしょう。


⚫︎状況
 一章の戦闘フィールドは荒野となります。
 途轍も無く広く、大きな岩などはありません。
 上空には暗雲が立ち込めており、イレギュラーズ達が降り立った地点の真上だけ青空が覗いて見えているでしょう。
 地面の石ころなどは存在していますが大きな岩などは無く、地面が所々ひび割れています。
 また、イレギュラーズが降り立った地点は戦場のド真ん中となっています。
 ちょうど両軍が真正面から激突する直前であり、そこにあなた達が現れました。


⚫︎その他
 プレイングは出来うる限りノリノリで書いて下さると助かります。
 緊張しながら書いているので文体がやたらと硬いですが、これからゆるく出来ればなと思います!

 それでは、皆様渾身のプレイングをお待ちしております!

  • 急募:救世主完了
  • NM名コウガネ
  • 種別ラリー(LN)
  • 難易度-
  • 冒険終了日時2020年07月03日 20時55分
  • 章数2章
  • 総採用数13人
  • 参加費50RC

第1章

第1章 第1節

コレット・ロンバルド(p3p001192)
破竜巨神
ウィズィ ニャ ラァム(p3p007371)
私の航海誌
ルネ=エクス=アグニス(p3p008385)
書の静寂

⚫︎
 ──その光は、王国軍にとって絶望的な戦局を覆す程の戦力を世界へと齎した。

⚫︎開戦の狼煙
「いやでも、いきなり世界を救えは無茶振りだと僕は思うよ」
 最低限の説明だけで別の世界に放り投げ出された『探究の冒険者』ルネ=エクス=アグニス(p3p008385)は愚痴を言いつつもその表情は楽しげだ。
 御伽噺や英雄譚のようなシチュエーションで、多少なりとも興奮していない筈がない──と言った所だろうか。
「でもこういう不利な状況から逆転なんてコッテコッテな王道展開は嫌いじゃないかな」
 彼はそう言うと眼鏡を一度押さえてから、いつの間にか「よく分からない加護」、もとい「聖なる加護」の効果で聖杖と化した神託者の杖を敵へと向けて構えた。
「よし、まずは開戦の一発ぶちかましますか──! 何か格好良く技とか叫ぶといい感じに加護が発動するみたいだし、取り敢えずこうかな?」
 ロマンチックに、劇的に。
 それを座右の銘とする彼が撃ち放とうとする魔法はある意味それを体現していた。
 複雑な魔法陣が彼の足元を中心として構成され、魔力がルネの持つ聖職者の杖へ収束する。
「行くよ──アンリミテッド・エメスドライブ!!」
 そして杖の先端より形成され、嗾けられるのは普段の創鍛よりも遥かに多い数百数千という数の擬似生命体。
 彗星のようにほんの一瞬で掻き消える程に儚いモノ達が、主の命に従い蹂躙を開始した。

⚫︎我が道行くは──
 そして攻撃を行い続けるルネの隣に立つのは『私の航海誌』ウィズィ ニャ ラァム(p3p007371)。
「シンプルで良いですね、分かり易いのは好きですよ!」
 大きな海賊帽子を被ったボブカットの女性が巨大なテーブルナイフを両の手に持ち構えているその姿は、何処か可笑しなようでとても様になっている。
 それこそ何年も前からずっとそうしていたかのように。
 そして彼女は不敵に笑い、今も撃滅され続ける魔族軍へと視線を向けた。
「はっは、相手はざっと二万でしたっけ?」
 数え切れない程の敵と戦うのは、ウィズィにとっては初めてでも何でもない。
 だから今更恐怖を感じるようなモノでも決して無い。
 ──それこそ、あの絶望の海の方がもっと恐ろしかったのだから!
 どんな状況であっても冒険者として臆する事なく歩むと決めたのだ!
 その歩みはひとつひとつが彼女の『誓い』。
 何人たりとも邪魔は出来ず、止まる事も決して無いだろう!
 さあ、世界を踏破する一歩を、踏み込め、踏み抜け、踏み鳴らせ!
「さあ、Step on it!! 私が通りますよッ!!」
 そう叫ぶとウィズィは全力で敵陣へと踏み込みテーブルナイフを構え、振りかぶって一気に叩き付けた。
 滅海を薙ぎ、海を凪ぎしめた……あの戦いで幾度も振るった、これが彼女の必殺技!
 その名を聞いて震え上がれ!
「喰らえ、私の‪──‬通常攻撃ッッッ!!!」
 「聖なる加護」と自身の力を限界まで引き出したその攻撃は大地を割り、地平線の彼方へと破壊痕を刻み付けた──!

⚫︎破壊の化身
 そんな二人を見届けてコレット・ロンバルド(p3p001192)は王国軍の方へと向き直り、五百人の軍全員へと伝わるようにハッキリとした声音で告げる。
「私達はセフィラ王国を助けに来た者です。安心してください、危害を加えるつもりは有りません」
 彼女はそれだけ言うと彼らの反応を待たずに踵を返して、魔族軍を破壊せしめんと動き出す。
「あいつらが魔族か。沢山いるみたいだけど関係ないわね」
 そうして翼を羽撃かせて低空飛行を敢行すると敵陣へと一直線に突っ込み、大立ち回りを始めた。
 ──ゴウ、とただのひと振りで剣圧が巻き上がる。
 大剣アナァイアレィシャンを軽々と振り回すことで、敵を斬り捨ててはまた次の敵を倒し続ける。
 作業か何かの光景のようだが、その実彼女(破壊神)でなくてはそうなり得ない状況だろう。
 全力の薙ぎ払いで広範囲の兵士を破壊されても、魔族軍は死を恐れずに彼女へと襲い掛かる。
「死にたい奴はかかってきなさい……とでも言うつもりだったけれど、これはこれで好都合ね?」
 そう呟くと目の前にいた巨体の兵士へ、助走も無しにドロップキックを叩き付ける。
 五メートル程の巨体が兵士を巻き込みながら遠くへ吹き飛ばされて行くのを横目に、コレットは殲滅を再開した。
 
⚫︎
 魔族軍殲滅数、凡そ一万三千。
 本陣到達まで七千体。
 

成否

成功


第1章 第2節

コレット・ロンバルド(p3p001192)
破竜巨神
ティスル ティル(p3p006151)
銀雀
ティフォン・テンタクルス(p3p007865)
仕事の後の一杯
只野・黒子(p3p008597)
群鱗

⚫︎王国軍の意志
 コレット・ロンバルド(p3p001192)らが残された魔族軍を破壊し尽くさんとまでに大立ち回りを続けている最中、やや後れを取りつつもセフィラ王国軍が行動を開始した。
 陣形を組み変えつつ後方に控える魔法使いと弓兵が遠距離攻撃を仕掛ける中で、前方の騎兵部隊に属する複数人が即座に作戦を発案している。
 彼等からすれば「突如現れた得体の知れない超戦力」であるイレギュラーズだが、完全に頼り切れるという考えを持つ者は王国軍には誰一人としておらず。
 作戦が無いとしても自分達が何もしないよりマシだ、という発想の元に全員が動いていた。
「──彼女等は、何者だ? こちらの味方であると言っていたが……」
 そして作戦を纏める最中、鞍上で疑問を発したのは武装騎馬を乗騎とした騎士甲冑の男──王国将軍ランドルフ。
 普段から気難しそうな強面を備えていた彼だが、今は常の三倍増しで眉間に皺が寄っている。
 けれども、その疑問に答えられる者はその場にはおらず──。
「私達はイレギュラーズ……『特異運命座標』って呼ばれているよ!これで疑問は解決かな?」
 しかし彼等の上空から掛けられた声が、それを解決した。
 ばさり、と白い翼を広げて天使の如く。
 『白雀』ティスル ティル(p3p006151)が上空でホバリングしながら、精一杯の声量で王国軍へと告げる。
「私の名前はティスル ティル。仲間達と一緒に、あなた達を助けに来たよ!」
 そしてそれに応えるはランドルフ。
 強い意志を秘めた瞳をティスルへと向けて、力強く返答した。
「……感謝する、イレギュラーズよ。──だが、この戦いは我等の戦い。故に我々も戦わせて欲しい! 助けられるばかりでは、セフィラ王国の名が泣くのでな!」
 そう言い切ると、全軍へと「一斉突撃の用意を始めろ」と即座に通達した。
 不退転。決して戻らない覚悟を決めろと。
 彼は部下達にそう告げた。

⚫︎敵陣渦中
「──まだまだ敵が沢山いるようね」
 そう呟くと、コレットは自らから見て右手側へと移動しながら大剣を振るう。
 左翼に遠距離からの射撃や魔法を仕掛けてくる敵手がいる、という情報を攻撃を受けて得た為だ。
 数体は剣圧から生じた遠距離衝撃波で斬殺したものの、弾幕を見るにまだ数は多いらしい。
「……面倒ね。圧力がかかる」
 彼女はそう判断すると、一足で最左翼へと辿り着かんとして──跳ぶ。
 三.〇二メートルの恵体が跳躍して、上空から急降下しながら斬撃を放つ。
 それだけでも脅威だとして兵士達が対空魔法や強弓を次々と撃ち放つが、それらのほぼ全てがコレットには意味を為さなかった。
 あるものは風の魔法で逸らされ、あるものは打ち消しの魔法によって掻き消され。
 それが誰によって成されたかを認識した時、彼等は既に絶命していた。
「タイミングの良い支援ね。良い指揮官でもいたのかしら」
 そうコレットが認識する通り、先程の防御はイレギュラーズとは系統の異なる魔法による防御支援。
 ──即ち、王国軍が誇る魔法使い達の援護である。
 
⚫︎共同戦線
「よし、支援が成功したぞ! 騎兵部隊、用意は良いな!?」
「ハッ! こちら騎兵部隊五〇名及び歩兵部隊二〇〇名、準備完了しております!」
 短い時間の中、慌ただしく伝達し合い『共同戦線』の作戦をティスル含めたイレギュラーズ数名と王国軍とで決定した。
 ここで作戦の立案に一役買ったのが『群鱗』只野・黒子(p3p008597)であり、大まかな流れはランドルフが立てつつもイレギュラーズの戦力を交えた策を進言していたのが彼だ。
 「献策は俺の柄じゃないですが」とは言っていたものの、取り纏めに関しては彼が居たからこそでもあるだろう。
「では、短いですが再確認です。まずテンタクルスさんが注意を引いて、その後に俺達を含めた王国軍がまた突っ込む」
「おう。任せな、全力でやってやる」
 黒子の言葉に対してそう鷹揚に頷くのは、ティフォン・テンタクルス(p3p007865)。
 そしてランドルフとティスルもまた頷き、同意の意を示す。
 ──そして、遂にその時が来た。
「我こそは万夫不当の豪傑也、一気呵成に攻め立てるぞ、者共続け!!」
 そう全力で叫びながら、ティフォンが敵陣へと突撃した。
 敵手の注意を引き受けつつ、彼もまた長刀で襲い来る兵士を薙ぎ払う。
「さあ、天を廻し地を廻し海を廻し、捩れ回れ!戦鬼暴風陣ッ!!」
 剣圧で風が巻き起こり、兵士達が鎌鼬と剣撃に切り刻まれる。
 そう、彼こそまさしく一騎当千。万丈不当の豪傑の姿がそこにはあった──!

⚫︎全軍突撃!
 ティフォンの口上と戦果により王国軍の士気が俄かに上がった事をその場の皆が確信する。
「……では、行くぞ! ティフォン殿に続けェッ!!」
 そして号令を掛けられた五〇の騎兵と二〇〇の歩兵が共に突撃した──!
 オオオオオオと兵士達が喊声を上げながら、鶴翼の陣形で騎馬を駆り突進する。
 そしてそれに混ざり、ティスルと黒子も加勢し援護を行う。
「最後まで倒れちゃダメだからね……!」
 その言葉と共に自らの白い翼を光り輝かせたその瞬間──舞い落ちる羽根が如く、光の刃がティスルの周囲に展開する。
 光刃は敵を切り刻み、味方を癒す。
 ──その光景は、まさに天使のよう。
「……ああいう派手な事は出来ないが、やってやろうじゃないか」
 ティスルが周囲に齎す支援の力を目の当たりにしながらも、黒子は自分に出来る事を堅実に熟す。
 明確な脅威と見做されるティフォンやティスル、そして遠くで暴れ回る事で敵を引きつけているコレットとは違い、兵士達と協力しながら敵を倒し続けているのだ。
 黒子が目の前の敵の体勢を崩し、その隙を騎兵が轢き潰し兵士が槍や剣で念入りに突き殺していく事で彼は自分の仕事を確実に熟して行った。

⚫︎
 そして幾ばくかの時が経ち──二万の魔族軍は全滅し、本陣までの道が開かれた。

成否

成功

PAGETOPPAGEBOTTOM