PandoraPartyProject

シナリオ詳細

<菓想世界>お菓子の世界で遊ぼう!~森林編~

完了

参加者 : 4 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

オープニング

●お菓子の世界『ドルフェイト』
 ドルフェイド。それは、ありとあらゆるものがお菓子でできている世界。雲は綿菓子、屋根瓦は焼き八つ橋、海はサイダーで、小石はチョコレート。

 一番の特徴は『この世界は【イノチの核】と呼ばれる金平糖によく似たモノさえ残っていれば翌日には修復されるから、いくら食べても大丈夫』という夢のような世界。

 とはいえ【イノチの核】を奪われてしまうと修復されなくなってしまうのだという。【イノチの核】は生物や人によって身につけていたり体に埋まっていたりとそれぞれ違うようだが形は全てが星の形をしているらしい。
 取り外し可能なので、たまにおっちょこちょいな生き物は【イノチの核】を盗まれたりするんだとか。【イノチの核】は他人に装着しても効果があるが、有限でもあるようで、溶けて消えてしまうらしい。

 男女という概念はなく、その代わりに、毎年、金平糖が降り注ぐといわれる流星の日に7つ、世界に【イノチの核】が産み落とされるのだという。

●バスケット森林地帯
 甘い香り漂う木々。君は様々なフルーツが実っている。
 しかしよく見ると木々の葉は砂糖細工、枯れ葉はシュガーパイ、木の幹はバームクーヘンでできている。見たところ『イノチの核』は見当たらず、誤って食べてしまう、なんてことはなさそうだ。
 ここでティーパーティをするのも悪くないかもしれない。

「せっかくだから、スイーツ作成対決なんてどうかしら?」

 ポルックスが瞳を輝かせて問いかける。おいしいものが食べたいと如実にその目は訴えかけていた。イレギュラーズがその様子に苦笑したのを見れば、頬を膨らます。

「だってだってだって! 毎日毎日観測してばかりで、疲れちゃったんだもん!
 それに、カストルだってこの世界を探検するって言っていたもの!
 こんなにおいしそうな世界を独り占めするなんてずるいでしょう!?」

 後半がおそらく彼女の本音だろうなぁなんて思いつつ、けれど、境界案内人が頑張っているのは事実。たまにはねぎらうのも悪くない。……はずだ。

NMコメント

●メイン目標
バスケット森林地帯で面白おかしくティーパーティをする

●サブ目標
この世界を好きになる

  • <菓想世界>お菓子の世界で遊ぼう!~森林編~完了
  • NM名蛇穴 典雅
  • 種別ライブノベル
  • 難易度-
  • 冒険終了日時2020年02月24日 22時10分
  • 参加人数4/4人
  • 相談7日
  • 参加費100RC

参加者 : 4 人

冒険が終了しました! リプレイ結果をご覧ください。

参加者一覧 (4人)

エクスマリア=カリブルヌス(p3p000787)
金色のいとし子
華蓮・ナーサリー・瑞稀(p3p004864)
嫉妬の後遺症
スノウスノウ・プラチナム・メルヘニア(p3p008056)
白妙の吸血姫
片白・蘇芳(p3p008107)
メサージュ・ド・ローズ

リプレイ

●お菓子の世界はおかしな世界
 菓想世界〈ドルフェイド〉。——それは、ありとあらゆるものがお菓子でできている世界。雲は綿菓子、屋根瓦は焼き八つ橋、海はサイダーで、小石はチョコレート。地面はパフェで出来ていて、掘った深さで味が変わる。コーンフレーク、生クリーム、はたまたどうなっているのか、ホワイトチョコレートでコーティングされた果物がでてくる始末。……だけれど、イレギュラーズが踏んだとしても沈まない。魔訶不識なコトワリを持つこの菓想世界〈ドルフェイド〉。
 だが、一番の特徴は『この世界は【イノチの核】と呼ばれる金平糖によく似たモノさえ残っていれば翌日には修復されるから、いくら食べても大丈夫』という夢のようなコトワリによって構造されている世界という事だ。

「あちらを向いてもこちらを向いてもお菓子ばかり……。これは間違いなく乙女の夢の世界なのだわ……!」

『お節介焼き』華蓮・ナーサリー・瑞稀(p3p004864) が瞳を輝かせて、森を見つめる。 『金剛童子』エクスマリア=カリブルヌス(p3p000787) が、バウムクーヘンで出来た木々に触れては、良い匂いを胸いっぱいに吸い込んだ。

「全てが菓子で出来た世界。すごいものだ、な。そよ風にさえ、バニラの香りが、入り混じっているよう、だ。」

 なるほど、ポルックスがはしゃぐのも無理はない。 『メサージュ・ド・ローズ』片白・蘇芳(p3p008107) も高鳴る気持ちを抱えつつ、 『白妙の吸血姫』スノウスノウ・プラチナム・メルヘニア(p3p008056) の提案に頷いた。

「お菓子の家を作るですの! お料理は苦手ですけれど、皆様と一緒ならきっとうまくいく気がするですの!」
「私達4人と手伝って貰えるならポルックスさんの5人では、流石に大きなものは難しいかしら?
お茶会ができる小さな小屋…くらいが目標だわね」
「重いものは、マリアがやろう」

 自分も、とポルックスは大はしゃぎだ。
 さて、少女たちは夢にまで見た『お菓子の家』を作り始めた。材料は事欠かない。なにせ、周りにあるすべてがお菓子で出来ているのだから。バウムクーヘンの大木をエクスマリアが切り倒し、立てていく。飴玉を敷き詰め、踏み石としてチョコレートの小石を嵌めて、庭を造る。飴細工で出来た木の葉を溶かして、窓ガラスに加工していく。樹液はキャラメルで出来ていたので、それを接着剤にすれば、簡単に家は固定できた。屋根にはチョコレートを載せていき、アクセントとしてイチゴジャムを塗り、赤い屋根に加工していく。さらに、そこへ枯れ葉のシュガーパイを載せていけば見た目も愛らしい家ができた。

「せっかくパーティーをするなら、飾りつけも欲しいわね」
「そういえば、さっき、地面を掘ったら生クリームや果物が出てきたの。それを使ったらどうかしら」
「なるほど、素敵なアイデアですね。……ワタシは花の細工物を作るのが得意なので菓子でバラでも作りましょうか」

 蘇芳は頷いてから、地面を掘り、出てきたイチゴをキレイに加工していき、薔薇のように見立てた。それを見たポルックスとスノウスノウはきゃっきゃっと大はしゃぎだ。一方エクスマリアと華蓮は、ホワイトチョコレートの小石を溶かした後、きれいにバウムクーヘンの壁に沿ってプレッツェルを立てたそこに下半分を塗って見た目を良くしていく。そこに、ペタペタと掘り当てた果物を張っていく。薔薇見立てたイチゴを飾りつけ、さらにみかんやキウイフルーツも貼り付けていけば、はなびらのようだ。

「ママ、……華蓮、地面にはウエハースを敷き詰めよう」
「ええ、そうしましょう! 素晴らしいわ。マリアはいい子ね」

 母親のように慕っている相手に褒められれば、エクスマリアはぱたぱたとダークゴールデンロットともゴールデンロットとも言えない色合いの髪を犬の尻尾のように振っては、上機嫌にクッキーを敷き詰めていく。マシュマロのソファーをその上に乗せ、クッキーで出来た机を運び入れた。

「ついに……」
「完成ですね……!」

 5人の前には、小さいけれど、しかし、立派な『お菓子の家』が出来上がった。


●甘いサンジョウ
 それにしても、と一同は自分たちの服を見る。チョコレートやジャム、生クリームですっかり汚れてしまった。洗おうにも、この世界だとただの水がない。泉の水さえジュースで出来ているこの世界では、体をキレイにすることは難しそうだ。

「でも、でも、今日くらいはこのままでもいいんじゃない? どうせこの世界にいるうちは、きっとこうなるに決まっているもの」

 ポルックスの言葉に、笑いながら一同は頷いた。さぁ、ティーパーティーの始まりだ。マシュマロのソファーに腰かけて、クッキーのテーブルに、華蓮が持ってきた食器を使って紅茶をいれる。(水はきちんと混沌から持ってきたものだ)

「それにしても、素敵な家ができましたね。……準備はなかなか楽しかったですね。普段はもっと荒事専門なのでたまには菓子も良いものです。此処の住人たちにも気に入ってもらえると嬉しいのですが」
「お菓子の家って、小さいものしか見たことがないけれど、こうしていると、まるで自分たちが小さくなったみたい」
「そう、だな。 ジンジャークッキーくらいのサイズだろうか」
「あら。……それじゃあ、ちょっとしたドールハウスって感じね?」


 ワイワイと楽し気に話が盛り上がる少女たち。そこへ、ドスンドスンと、すごい音が聞こえてきた。

「……いったい、この音は……?」

 飴細工のガラス窓を覗き込めば、そこにいたのは……。

「……!?」

 ——巨大なチョコレートで出来た猫だった。

「みやおう……はて。吾輩の記憶では、吾輩のテリトリーにこんな家はなかったはずなんだがにゃあ。『流星の日』は先だったはずなんだがにゃあ。」

 お菓子の家から出てきた少女たちは巨大な猫に説明を始める。

「ごめんなさい。テリトリーを犯すだなんてそんなつもりじゃなかったの。ただ、お菓子の家を作りたくて……」
「作る……?! 諸君らはパティシエールだったんだにゃあ?」
「パティシエール?」

 謝罪するスノウスノウ。すると、猫は説明をする。彼曰く、空も雲も大地もすべて、パティシエールが作ったのだという。世界は『ハイティースタンド』と呼ばれる3段の層で出来ていて、天空層、地上層、地底層があるのだと。そして、……世界は平面で有限なのだと。

「パティシエールなら、吾輩に新しい器を作って欲しいにゃぁ……」
「器?」
「肉体や家、あらゆるものを創造できるのはパティシエールだけにゃ。吾輩はこんなに大きいから、街に行ったことがないにゃ。だから、同胞である小さな猫たちに話を聞くだけだったにゃあ……」

 『イノチの核』を移植すれば、器は簡単に変えられるのだという。

「なるほど、……でも、猫の型がないから……それは難しいですね」

 でも、いつか彼の願いを叶えられたら、と蘇芳が眉を下げれば、巨大な猫は嬉しそうに頷いた。

「嬉しいにゃあ。お友達が早く吾輩にも欲しいにゃ」
「あら、それなら今からでも叶えられるわ」

 私たちとお友達になりましょう? と華蓮の言葉に、スノウスノウ、エクスマリアも頷いた。蘇芳ももちろんその言葉に賛成し、『ワタシは片白・蘇芳と言います。どうぞよろしく』と言って、どこかから薔薇を取り出して猫に渡す。

「吾輩はヴァレンティーンという名前にゃ。よろしくにゃぁ、パティシエールの娘さん達」

 ヴァレンティーンは嬉しそうに目を細めた。これが、彼女たちにとって初めてこの世界の住民と邂逅した瞬間であった。

「よかったら、ヴァレンティーンもお茶会にしましょう? 紅茶は飲める?」
「吾輩、紅茶は大好物である! サイダーより好きである!」

 猫がサイダーを飲むのか、とちょっぴり不思議な感覚がしたが、異世界であるここなら、あり得ない話でもないのだろう。かくして、お茶会は5人と1匹の楽しいものに変わっていったのだ。

成否

成功

状態異常

なし

PAGETOPPAGEBOTTOM